• ベストアンサー
  • 困ってます

物理本(ゴールドスタイン,ファインマン,ランダウ)

物理学の専門書で,よく以下の3つが名著と言われていると思いますが,それぞれどういう点で名著なのでしょうか? ・ゴールドスタイン古典力学 ・ファインマン物理学(力学) ・ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 また,読む順番はどれがいいでしょうか?いま私はゴールドスタインを読んでいて(と言ってもまだ20ページくらい),読み終わったらファインマン,ランダウの順に読もうかと思っているのですが,お勧めの順番はありますでしょうか? よろしくお願いいたします.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数101
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ファインマンのやつは、ほかの教科書のどれとも似ていません。 ファインマンの思考方法に触れるための本というか。 なので、順番を考える必要はなく、最初に読んでも構いませんし、最後に読んでもかまいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 力学と解析力学の本

    力学と解析力学について質問があります. いま,ゴールドスタインの古典力学,ランダウの力学,ファインマンの物理学,の本を持っているのですが,ゴールドスタインとランダウが解析力学で,ファインマンの本が力学という理解であっていますでしょうか? また,力学の名著は,プリンシピアの他に何かありますでしょうか? よろしくお願いいたします.

  • 名著とそうでない物理学の専門書の違い

    名著と呼ばれる物理学の専門書(例えば,ファインマン,ランダウ,ゴールドスタインなど)を読んで理解するのと,そのようなものでない物理学の専門書を読んで理解するのでは,何が違うと思いますか? 名著を読むメリットは何だと思いますか?もしくは研究や仕事にどう役立つと思いますか?

  • ゴールドスタインの古典力学の本は、なぜ日本の大学で

    ゴールドスタインの古典力学の本は、なぜ日本の大学で、物理学の教科書としてあまり採用されていないのでしょうか?

  • 物理学(力学・熱力学・量子力学など全般)の名著を教えてください。

    物理学(力学・熱力学・量子力学など全般)の名著を教えてください。 昨日、電磁気学について質問しましたが、その他の物理学(力学・熱力学など)での名著を教えてください。理学系の物理を学んでいます。ちなみに、ファインマンは全巻持っていますので、ファインマン以外でお願いします。ファインマンを読んでみたところ、よく理解できなかったので、日本語で書かれたオーソドックスな物理学書を知りたいです。

  • 力学について

    力学がよく理解できません。専門書に書いてあることは導出過程も含めて理解できるのですが、普段の生活の中で何気なくふと目に入った力学現象や、ふと疑問に思った日常の中の物理現象を力学的に解析することができま せん。そんなに難しいことを考えている訳ではなく、物理学の専門家であればすぐにわかるレベルです。どうすればわかるようになるでしょうか?力学の専門書はゴールドスタインの古典力学を理解している(と思うの)ですが、ランダウや原島さんの本も勉強するべきでしょうか?それとも同じ本を何度も勉強して極めた方が良いでしょうか? ご助言のほどよろしくお願いします。

  • 物理…

    物理学には熱力学、相対論、量子論、古典力学・・・といろいろあるなかで、メインとなる分野はどれなんですか?物理学という自然現象を扱う学問の定義にも少し疑問もあります。誰かわかりやすく物理学について教えてください。物理学全般に対して理解したいです。

  • 古典力学(上):ゴールドスタイン著について

    古典力学(上):ゴールドスタイン著を理解するのに,事前に解析力学を理解しておく必要はありますでしょうか?高校物理と高校数学は理解済みです.

  • クライン-ゴルドン方程式について

    こんにちは、 1. この方程式を解いて、スピンは出てくるのでしょうか? 2. 「ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 相対論的量子力学」で、    P404の計算(コンプトン散乱)は、Dirac方程式を使用しておりますが、    Dirac方程式のかわりにクライン-ゴルドン方程式を使用した    計算例は、どこに記載されているのでしょうか?

  • 物理学の基本法則

    物理学の基本法則は、古典力学、一般相対論、量子力学すべて微分方程式で表されています。ということは初期条件が与えられると、この宇宙の全未来と全過去が決まってしまうということです。たとえばモーツアルトの音楽はモーツアルトの誕生以前の初期条件の中にすでに存在していたこのになる。したがって我々の創造性も倫理も意味をなさなくなってしまう。 物理を勉強している皆さん、あるいは生業にしている皆さん、そんなことが信じられますか。ご意見をお聞かせ下さい。 因に、量子力学の不確定性原理は単に微分方程式に従う実態が数ではなくて、演算子あるいは波動関数だと言うことを主張しているだけですので、演算子に対する物理学の基本法則のこの初期条件による決定論的性格は変わりません。 また、フォン・ノイマンの観測の理論は物理学の基本法則の枠外の理論ですので、これを認めてしまったら、そもそも物理学におけるの基本法則の概念も無意味になってしまいます。

  • 大学1年生向き 力学参考書は?

    某旧帝大、工学部1回生のものです。 力学(古典力学)のお勧めの参考書を教えて下さい。 授業指定の教科書が『ファインマン物理学(1)力学』なのですが、理解の範疇を超えています。 そこで他に代わる参考書を探しているのですが、調べた中では、 ・物理学序論としての力学(東京大学出版会) ・物理入門コース(1) 力学(岩波書店) の評価が高く、購入を迷っているところです。 しかし、前者の方は近くの本屋で販売しているところがなく、読み比べられないので困っています。 そこでお聞きしたいのは、 1.力学(古典力学)のお勧めの参考書とその理由(上記の本以外でもかまいません) 2.上に挙げた2つの本の違い(大雑把で構いません) の2点です。 どちらかだけでも構いませんので、ご存知でしたらご教授ください。 よろしくお願いいたします。 ※因みに力学分野は得意というほどではありませんが、高校範囲において苦労しなかった、というレベルです。

専門家に質問してみよう