• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

大学1年生向き 力学参考書は?

某旧帝大、工学部1回生のものです。 力学(古典力学)のお勧めの参考書を教えて下さい。 授業指定の教科書が『ファインマン物理学(1)力学』なのですが、理解の範疇を超えています。 そこで他に代わる参考書を探しているのですが、調べた中では、 ・物理学序論としての力学(東京大学出版会) ・物理入門コース(1) 力学(岩波書店) の評価が高く、購入を迷っているところです。 しかし、前者の方は近くの本屋で販売しているところがなく、読み比べられないので困っています。 そこでお聞きしたいのは、 1.力学(古典力学)のお勧めの参考書とその理由(上記の本以外でもかまいません) 2.上に挙げた2つの本の違い(大雑把で構いません) の2点です。 どちらかだけでも構いませんので、ご存知でしたらご教授ください。 よろしくお願いいたします。 ※因みに力学分野は得意というほどではありませんが、高校範囲において苦労しなかった、というレベルです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数10527
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#101199

ファインマン物理学が指定教科書なんてうらやましい限り… 私は授業で ・物理入門コース(1) 力学(岩波書店) を使って、 自分で ・物理学序論としての力学(東京大学出版会) を読みました。 前者は淡々と物理の概要について述べてる感じです。 No.1さんのおっしゃる通り、無難です。 とりあえずこれをやっておけば初年度の力学なら大丈夫という感じ。 工学部生ならこれで十分だとは思います。(私も工学部ですがw いかにも教科書って感じのヤツですよ。普通にわかりやすいです。 でも私にはあまり役に立ちませんでした(高校で結構物理は勉強していたので)。 後者はとても面白いスタイルの本でした。 まさに"物理学序論としての"という感じ。 数式の物理的意味とか、物理の概念なんかを知りたいのならこちらがいいと思います。 面白いです。 ただ、問題を"解ける"ようになるのは前者かなぁと思います。 問題集なんかを買ってちゃんといっぱい解いていった方がいいかと思います。 個人的には読み物ならやっぱりファインマン物理学を気合いれて読むといいと思うんですけどね・・・ 私のように機械系に関係する感じだったら、剛体運動の場合には、機械力学や工業力学関係の本なんかで勉強するのもいいかなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

『物理学序論としての力学(東京大学出版会)』について触れて下さり、参考になります。 >数式の物理的意味とか、物理の概念なんかを知りたいのならこちらがいいと思います。 それは面白そうな本ですね! 根本的なところを理解するのは正確には難しいでしょうけれど、 理解出来たらきっとそれぞれの事象ごとに関してでなくて、1つの考えで様々な事象が分かるのではないかと思います。 しかし、練習不足の感があることからしても、きっと『物理入門コース(1) 力学』から読み進めた方が良さそうですね。 『ファインマン物理学』にはまだま程遠いようです・・・。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 大学の力学の参考書について質問です!

    僕は今年大学の電気電子学科に入学しました。そこで力学の参考書についておすすめのものを教えてほしいです。初級と中級用のものをほしいと思っています。 今、初級用に「力学 (物理入門コース1)- 戸田 盛和」か「物理学序論としての 力学 (基礎物理学1)- 藤原 邦男」中級用に「力学 1 質点・剛体の力学- 原島 鮮」か「ファインマン物理学〈1〉力学」を買おうかと思っています。どちらがいいか教えてほしいです。また他におすすめの参考書がありましたらそれも教えてください。

  • 物理の参考書

    理系学部の1回生です。夏休みに自分で物理を勉強したいのですが、お勧めの参考書はありますか。最終的には流体力学、気象力学あたりを目標としています。どの分野から手をつけるのがいいでしょうか。 まずは微積やベクトル解析をやってから取り組むのがいいのでしょうか?それとも必要に応じて数学の参考書を読むのがいいのでしょうか?

  • 力学の参考書について

    今年大学生になったばかりで、講義で基礎物理学Iの力学が必須なんですが、高校生の時に生物と化学を取っていた為、物理を習うのは今回が初めてになります。 授業を聞いて、ノートも取って、復習もしているのですが、全く分かりません。 そこで、大学1年生にも理解出来て、物理初心者にも理解出来る(特に力学)参考書ってありますか? 学校の図書館でも探したんですが、高校時代に物理を履修したということを前提に説明されていまして… 回答よろしくお願いします!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

私としては、「ファインマン物理学」を腰を据えてお読みになることをお勧めします。 それが難しいとすると、高校までの物理をすこし勉強しないといけないのかもしれません。 その場合は、駿台の参考書で、山本義隆さんがかいたものが(昔は)あったのですが、それなんかがよいような気がします。 あとは、積分が面倒だから力学がわからないのか、 そもそも力学がわからないのかを見定める必要がある気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

『ファインマン物理学』、確かに良書という声を聞きますが、 それが解るためにはやはり基礎からやり直さなければならないのでしょうか・・・。 積分に関しては問題がないと思うので、力学自体があまりつかめていないのかもしれません。 むしろ数式ばかりを追いかけているばかりになってしまって、実態としてつかめてないといいますか・・・ 自分でも"分からない"ということを説明するのは難しいものです。 >駿台の参考書で、山本義隆さんがかいたものが(昔は)あったのですが 『新・物理入門』(山本義隆著)とは違うのでしょうか。 そういえばこの本は先生が授業で参考書として薦めていた本でした。 参考にしたいと思います。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

>・物理入門コース(1) 力学(岩波書店) これが一番初心者向けのオーソドックスで無難だと思います。 これを教科書に指定している大学も結構見かけます。 とりあえずすぐ力学を使えるようになりたいという人向けです。 その他、私が分かりやすいと感じた教科書では、 ●力学・解析力学 (岩波基礎物理シリーズ 第一巻) があります。 初学者には分かりやすく纏められていると思います。 ファイマン物理は、中級者向けで、もう一歩踏み込んだ理解をしたい人向けです。 ファイマン物理を読むなら、 ●「ファインマン物理学」を読む 力学と熱力学を中心として(講談社) を読んでからファイマン物理を読むと、多少理解しやすくなると思います。 私としては、力学をやるなら、 ●ゴールドスタイン 古典力学 上巻(吉岡書店)がオススメなのですが、 ファイマン物理と同じレベル位です。(ちなみに下巻が解析力学中心の内容です。) これ一冊理解すれば古典力学は制覇という本だと思っています。 >・物理学序論としての力学(東京大学出版会) については、手元に無いので分かりません。 とりあえず、自分にあった本を見つけるのが一番です。 教科書選びに失敗しないコツは、 図書館へ行って、自分の目で本を見てみて、 読みやすい本を選べば間違いありません。 その本に不満を感じるようになれば、次のレベルの本を買えば良いのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

先々のことを考慮して、たくさんの参考書を挙げて下さり助かります。 愚かなことに、図書館へ行けばいいということを失念しておりました。 昨日早速足を運んで、まずは初級者向けとして挙げられていた2冊を借りて読みすすめているところであります。 あとは自分に合うか合わないかの問題になってくると思うので、ご回答を参考に検討したいと思います。 情報が少なく困っていたところを、ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 微積物理の参考書

    微積物理をはじめようとしている高校生です。 そこで微積物理の入門となる参考書と問題集を探しています。もしご存知なら教えてください。 受験参考書でなくてもよいです。また大学生向けの超入門書でもかまいません。 探した範囲では 受験参考書 新・物理入門 理論物理への道標 大学生向け ファインマン物理学 大学生なら知っておきたい物理の基本 力学編 理系なら知っておきたい物理の基本ノート 電磁気学編 問題集 SEGハイレベル物理 入門者向けの本はあまり見当たりませんでした。

  • 電磁気学・力学の参考書

    はじめまして、某芝○業大学の学生です.! 高校時代授業で,物理をやっていません. そこで電磁気学・力学の体系を簡単に見つめられる参考書はありませんか? (数学の30講見たいな参考書) もしありましたら紹介してください.

  • 力学と解析力学の本

    力学と解析力学について質問があります. いま,ゴールドスタインの古典力学,ランダウの力学,ファインマンの物理学,の本を持っているのですが,ゴールドスタインとランダウが解析力学で,ファインマンの本が力学という理解であっていますでしょうか? また,力学の名著は,プリンシピアの他に何かありますでしょうか? よろしくお願いいたします.

  • 物理本(ゴールドスタイン,ファインマン,ランダウ)

    物理学の専門書で,よく以下の3つが名著と言われていると思いますが,それぞれどういう点で名著なのでしょうか? ・ゴールドスタイン古典力学 ・ファインマン物理学(力学) ・ランダウ=リフシッツ理論物理学教程 また,読む順番はどれがいいでしょうか?いま私はゴールドスタインを読んでいて(と言ってもまだ20ページくらい),読み終わったらファインマン,ランダウの順に読もうかと思っているのですが,お勧めの順番はありますでしょうか? よろしくお願いいたします.

  • 電磁気学の参考書について

    こんにちは。 私は物理学科の2年生です。 前期に電磁気学の1を習得しましたが、後期に入って理解がついていかず、不安を覚えたので学校指定の教科書と別に参考書を購入したいと考えています。 学校指定の教科書は、岩波書店の物理入門コース電磁気学のIとIIで、現在はIの6章あたりをやっています。 前期の授業では教授のフォローもあり、5章までなんとか進むことができましたが、後期に入って担当の先生が変わり、解説が少なく演習が自力ではできません。 高校のころから電気のところは苦手だったため、そのあたりの基礎からやるべきなのでしょうが、電磁気学入門にあたって何かいい参考書があれば教えていただきたいです。 調べたところでは、教科書に指定されている物理入門コースも容易な方であること、他に砂川重信先生の本がいいと書かれているのをよく見かけました。 問題の解説が丁寧であることと、物理学科の学生にふさわしいレベルであること、を求めています。1冊でなくても構わないので、回答よろしくお願いします。

  • 量子力学、熱力学の参考書について・・・

     量子力学または、熱力学の参考書でお勧めの物ありますか?大学院の受験の参考書として探しています。特に量子力学の参考書のお勧めを教えて頂ければ本当にありがたいです。それぞれ1冊程持っているのですが、以下に関する記述が少ない(特に量子力学)ので困ってます。  キーワードの羅列で申し訳ないのですが、    量子力学では、ハミルトン演算子、フェルミ準位、フェルミ分布関数、フェルミ気体、ハミルトニアン、ヘルムホルツ自由エネルギ、ボルツマン定数、1次元調和振動子、1次元井戸方ポテンシャルに関して...  熱力学では、サイクル系、ファンデルワールス状態式に関して... 問題集でも参考章でもいいのでよろしくお願いいたします。

  • 力学について

    力学がよく理解できません。専門書に書いてあることは導出過程も含めて理解できるのですが、普段の生活の中で何気なくふと目に入った力学現象や、ふと疑問に思った日常の中の物理現象を力学的に解析することができま せん。そんなに難しいことを考えている訳ではなく、物理学の専門家であればすぐにわかるレベルです。どうすればわかるようになるでしょうか?力学の専門書はゴールドスタインの古典力学を理解している(と思うの)ですが、ランダウや原島さんの本も勉強するべきでしょうか?それとも同じ本を何度も勉強して極めた方が良いでしょうか? ご助言のほどよろしくお願いします。

  • 量子力学の参考書を教えてください。

    大学で物理を専攻している者です。量子力学が、今年から始まったんですが、さっぱりわかりません。何かいい参考書は、ありませんか? できれば、演習問題が多く、馬鹿な私でも、挫折せず読み通せるもので特に波動についての説明が詳しいものがベストです。 出版社や著者名も教えていただけると助かります。

  • ゴールドスタインの古典力学の本は、なぜ日本の大学で

    ゴールドスタインの古典力学の本は、なぜ日本の大学で、物理学の教科書としてあまり採用されていないのでしょうか?

  • 良い参考書を

    大学一年生ですが工業高校だったので物理をちゃんと学んでいません。 だから大学での力学や物理学基礎という授業を受けてもイマイチわかりません。 なので自分で自習とかしようと参考書等を探しているのでが何を選べばいいかわかりません。 よければオススメの参考書とかを教えくれれば嬉しいです。 高校ではほぼ物理を習ってないというレベルです。 すいませんが、そんな奴でも大丈夫って感じのがあれば嬉しいです。