回答 受付中

運動と(高度な)勉強は正の相関はないのでは

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9617017
  • 閲覧数44
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 46% (62/133)

周りや自分を見るに、あまり運動と高度な勉強には正の相関がないような気がします。
個人的にも、あまりごちゃごちゃ考えないほうが運動はうまくできます。考えると動きがぎこちなくなったり、思った通りの動きができなくなります。
単純計算のような簡単で反射的に解けるものや、短期記憶など、単純な勉強であれば、運動能力と正の相関があるかと思います。
しかし、大学レベルの、多くの情報を頭の中で整理し、解を導出するような勉強の能力は運動能力とは独立に捉えたほうが良いと感じます。
私は運動するときと勉強するときで頭の使い方を切り替えています。

皆様はどう思われますか?ご回答お願いいたします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (195/886)

訓練によって得られた運動技術は
 シナプスなどの配置構造として蓄積されますが
その動きを阻害する、プレッシャーを呼ばれる神経系の乱れは
高度な勉強ができるほど、根深くなるでしょうね。

>私は運動するときと勉強するときで頭の使い方を切り替えています。
人の脳は左右脳の接合部(海馬?)が小さく、切替に向いているでしょうね。
しかし、運動野は左右脳にそれぞれあります。
ひょっとして、左右をまんべんなく切替えると上達するのかも。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ