回答 受付中

給与明細:基本給について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9606777
  • 閲覧数81
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4

お礼率 0% (0/10)

こんにちは、給与明細の基本給について質問です。

現在の務め先の給与明細の基本給の項目が毎月変動します。
14万の月もあれば16万円のつきもあります。また5万円のつきもありました。ただし月給に関しては、特別報奨金として10万などに調整し月で変動がないようにされています。
何の意図があってこんなことをしているのかは、不明ですが、会社の経理に質問はしにくいのでここで質問させていただきました。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 57% (226/391)

財務・会計・経理 カテゴリマスター
月給でも、月給制なのか日給月給制なのかで変わります。
月給制は祝祭日など休日が増えても変わりませんが、日給月給制は出勤日数により月給が変動します。
年間労働日数での月平均基本給は変わりません。
それを「特別報奨金」という名目で調整しているのだと思われます。
会社によって計算基準が違いますから、不明な点は会社に問い合わすべきです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 22% (4009/17891)

他カテゴリのカテゴリマスター
 
基本給は法律などで定義が決まってるのではありません、一般的には毎月変化がない給与ですが企業が個別に決めるものです。
当社の場合、給料は
基本給+資格給+役職手当+残業外手当+通勤費補助
基本給は年功的な部分だから意外と少ない、例えば課長で月給50万円でも基本給は17万円程度です。
 
だから、あなたの疑問に答えられるのは貴方の会社の人しかいません。
 
  • 回答No.2

ベストアンサー率 17% (193/1135)

●基本給=職階級給与+職能級給与+α(アルファ)でしょう。
つまり、社員職員(正規待遇社員)の毎月支払いベース賃金が、大きく変動したら
生活資金の”役目とか価値・意味が、無くなります。・・・

●そこで、+アルファ=調整給としての生活資金全体の調整をする為に、経営者サイドが”労働組合と協議の上で考えついた最終的な賃金支払い方式でしょう。

***投稿者様が、勤務されていられる”事業所へ直接は口はばったくて、聞けないから、仕方ないから”OKwave、SNSサイトへ、こそっと聞いて”於く。?

●但し、日本で働く労働者全体が”全く、同じような労働計算給与支払い方式でも
有り得ませんから、あくまでも”一部想定含みの考え方でしかナイ事を、お含み
於き願いますが。・・・

●これでは成人社会人ならば、自己給与の変動要因は、何だろう位は最大の関心事でなくては、成らないでしょうに。・・・

●徹底的に、調べて納得されるまで追求されてしかるべきでしょう、何とも曖昧でもグータラでも・・お金の事に実は無頓着では、笑うに笑えない事態が、早晩来ることは必定でしょうに、生活が掛かっているのでは、ないでしょうかネ!
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (663/2179)

ボーナス支給額の基準に基本給のXXか月とすると、基本給が変動すると平均値下がります。
ただ労働条件に基本給XX~YY円としている場合極端に違いがある場合は、やはり問い合わせした方がよい。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ