解決済み

実家の断捨離ってどうしてやりにくいのですか?なぜ親

  • 困ってます
  • 質問No.9598647
  • 閲覧数122
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 0% (4/2971)

実家の断捨離ってどうしてやりにくいのですか?なぜ親はなかなか物を捨てない?
知り合いとか誰かが使うかも知れないと、なかなか捨てません。どこの家も同じ?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.11

ベストアンサー率 16% (928/5508)

捨てなくても生活可能だからです。

子供として必要ないものはどんどん捨てるのが先決。
親の買ったものはそのままにしておきましょう。
私自身も親は捨て魔、綺麗好きですが祖父母は物が多いと安心する人たちで断捨離できたのは祖父母が亡くなってからでした。

子供達が巣立つと家も土地も売って終の棲家を買ったので、大事なものだけ引っ越して新居に入れました。
そのくらいしないと老人の「もったいない意識」は物より捨てられません。

その他の回答 (全9件)

  • 回答No.10

ベストアンサー率 43% (4079/9333)

他カテゴリのカテゴリマスター
質問者さんの御両親は、幼少の頃は裕福な家庭で育ったのではない
と思います。そのような環境で育った方の多くが「勿体ない」とか
「いずれは使える」「買うのは経費の無駄」と考える方が多いのが
現実です。
裕福で育った場合は、「捨てたら新に買えば良い」と考える人が多
いようです。
簡単に言うと質問者さんの親は「貧乏性」なんです。
  • 回答No.9

ベストアンサー率 22% (1816/8026)

 あなたの家族はあなたとは別人でありあなたと違う価値観で生きているからです。
  • 回答No.8

ベストアンサー率 18% (1600/8800)

全く同じ悩みを抱えた友人がいます。

高齢の両親はまだ使えるものは捨てられないようです。つまり自分は使わないけれど物の命は残っている状態だから。マットレスを新調しても古いものを取っておくそう。そのうちカビますよ。

私が両親の家でした事はプラモデルなどを幼児に手渡し壊れるまで遊んでもらうんです。壊れたら流石に捨てます。

破損させたり汚したり、まあいろんな手があります。食品が近くにあったらゴキブリのフンだらけになる可能性もあるし。

カビた、壊れた、汚い。誰にももらってもらえない状態まで落とす方法を考えてください。中古店に持ち込むところまで考えなくていいです。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 32% (2574/7912)

生活・暮らし カテゴリマスター
それだけ収納スペースがあるのなら 放っておいていいと思います。
家賃の高い都会に住んでいると 不要なものでスペースをふさぐと 無駄にお金を捨てているのと同じになってしまいますから断捨離が必要なのです。
親は家族で住んでいた家から 子供が出ていき スペースが余っているのです。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 27% (1406/5201)

 親と子で世代が違うからでしょうね。

 インターネットが普及する前は、お金があっても物が買えない事がしばしばありました。レア物の情報が手に入りにくかった時代でした。生産数が少ないのに人気がある商品はなかなか手に入らず、手に入れるのに遠出しなければならない事もありました。今のように、インターネット通販ですぐに手に入る時代とは違い、商品を手に入れるのに苦労した経験を持つ人が多かったですね。古物品をオークションで手に入れるのも難しい時代でした。

 そういう経験をした世代はむやみに持ち物を捨てません。今の世代にはわからないでしょうが、貴重品に対する考え方が違うのです。捨てても、また買えば良いという考え方は出来ない時代でした。

 断捨離(ダンシャリ)は密教の教えなのだそうで、オウム真理教の考え方と同じなのだそうです。無駄を削るのは良いですが、全てを失う事になりかねないので注意した方が良いでしょうね。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 44% (4178/9436)

他カテゴリのカテゴリマスター
> 実家の断捨離ってどうしてやりにくいのですか?

それは自分の家庭ではないからです。たとえ子供であっても,いちいち指図されたくないでしょ。そもそも断捨離などはやりたい人がやればいいだけのことであって,他の人に強要するものではありません。

> なぜ親はなかなか物を捨てない?知り合いとか誰かが使うかも知れないと、なかなか捨てません。

その人がそう思っているなら,それでいいじゃありませんか。他人が何か言うのはゴミ屋敷になった時だけで十分です。

> どこの家も同じ?

同じではありません。家庭によって様々です。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 18% (165/891)

「金銭に変えられぬ【思い出】が詰まって居るからです」
  • 回答No.3

ベストアンサー率 30% (1180/3862)

年齢を重ねると、モノに固執してしまう人多くなるようですね。
身近な高齢者がなくなり、その片付けをするときに初めて「ああ、自分はこんな面倒をかけないようにしなければいけないな」と感じる人も多いようです。
義母が意識不明となり、いざという時の為にと片付けをしたのですが、恐ろしいほど不要なものが多く、小さな家なのに1か月以上かけてすっきりさせました。
生活するものはとっておき、趣味で集めたものや明らかに使えない雑貨や洋服などを中心にした断捨離。
幸いまた一人暮らしが出来るほどに回復したのですが、せっかく片づけた家があっという間にまた物であふれる状態に戻ってしまいました。
本人はまたコレクションを新しく集められると喜んでいたのですが、片付けの大変さを知らないから・・

もしご両親が高齢であるのでしたら、使えると思われるものはリサイクルやメルカリなどを利用してみることを進めてみてはいかがでしょうか。お金になれば満足するかもしれないし、ならなければ誰もいらないものと判断できます。
自分がそれを人からもらったり買ったりしてうれしいか。それを考えてもらうのもきっかけになると思います。

義母は「人にはごみでも自分には大切なもの」と言って聞き入れてくれないため、その時は全部躊躇わず捨てる予定です。ただそれには費用が掛かるという事は伝えてあります。

ご両親が自分たちで断捨離しようと思わない限り難しいことだと思いますよ。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 23% (14/60)

そうなんですよね
我が家はゴールデンウイークに強引に行うことを
前々から宣言しており実行する予定です。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ