締切済み

なぜ学校に化粧をして行ってはいけないのですか?

  • 困ってます
  • 質問No.9590315
  • 閲覧数207
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数19
  • コメント数0

お礼率 30% (66/217)

なぜ学校に化粧をして行ってはいけないのですか?
学生の頃からずっと不思議に思っていました。
親や先生は『学校は勉強しにいくところだから』と言いますが、勉強と化粧は関係ないですよね?
化粧を許可しようがしなかろうが、勉強する子は勉強するししない子はしないと思います。

あと、社会を生きていく上で身なりに気を使うことも大事なことだと思います。
この世は悲しいことに外見で判断されてしまうことも多いです。内面や学歴だけではどうにもならないことも多々あります。

なので、学生の頃からメイクの練習をしたり基本のメイク方法を知って、自分を磨くことは大切だと思います。

みんなが選んだベストアンサー

  • 回答No.13

校則があるから。
その校則を守れない幼稚な考えをしたいなら、退学して好きな学校に移ればいい。
親のすねかじりの分際で、自分がやりたい事だけはヤルというのは虫の良すぎる話。
学生の頃からメイクの練習をしたり基本のメイク方法を知って、自分を磨くことは大切だと思います。
家に帰ってから好きなだけやればいい。
それすら理解できないのは、頭が悪すぎる。

その他の回答 (全18件)

  • 回答No.19

ベストアンサー率 21% (496/2296)

他カテゴリのカテゴリマスター
或る通信制高校で、異様なメイクの新入生の
子が登校して来ても、誰からも何の反応も
なっかったので…その子は、その種の
メイクを止めて、普通の高校生に
戻ったそうなのです。

「通信制高校」か「定時制高校」に転校、
または編入しませんか。で、好きな
メイクで登校しませんか。

「全日制高校」では、無理ですので。
CiaoCiao.
  • 回答No.18

ベストアンサー率 10% (692/6472)

際限がなくなるからじゃないですか?
一番興味を持ちそうな時期に許してしまうと・・
お金もかかるし、ルールを守るというのも大切なことですしね。
  • 回答No.17

ベストアンサー率 32% (5734/17394)

他カテゴリのカテゴリマスター
学校での授業を受けるにあたって、必要ないからです。

必要ないだけなら良いですが、メイクをしていることにより、メイクが崩れたなどで治す行為で、授業に気が入らないなどになれば、授業に悪影響しか及ぼさないからです。

授業を受ける場ですから、授業に影響のあることは、そこしでも排除する必要があります。
あなたはメイクしたとして、それが崩れてドロドロの状態になった中で、授業を受けて入られますか?
直しに行くと言い出すでしょう?
その間授業は止めて要られませんので、あなたは授業を受けられなくなります。
それでは学校へ授業を受けにいく意味がなくなります。
また、メイクなんて非常に範囲が広がってしまうので、ファンデ程度から、ガングロまでみんなメイクの範囲に入ってしまいます。
基準なんてつけようがなくなってしまいます。

そういうのを防ぐために、授業に関係ない外的要素は排除するということです。

それが判断できないわけですから、個人に任せることができないので、校則などで禁止するしかないというだけの話なんです。

ぶっちゃけていうと、そういうことがわからずに質問するような人がいるから、校則ができて厳しくなり、自由がなくなっていくわけなんです。


>学生の頃からメイクの練習をしたり基本のメイク方法を知って、自分を磨くことは大切だと思います。

学校外でいくらでも出来る物を、学校にしていく必要はない。ということです。
はっきり行って、メイクしていきたいというためのこじつけ理由でしかないでしょう?
練習というのなら、わざわざ学校にしていくことはなく、メイクしたら落とす。をすぐに出来る自宅でやった方がずっとメイクの練習になると思いますがどうでしょうか?


ちなみに、高校によっては、3年生の後半や卒業間近に、化粧品会社の美容部員(化粧品会社が認めたお店などで化粧品などを勧める資格を持った人)などを呼んで、社会人向けメイクの練習をする高校もあります。
とうぜん、実習として行うものですので、そのメイクをして授業に出ることはできませんけどね。
  • 回答No.16

ベストアンサー率 32% (2405/7334)

他カテゴリのカテゴリマスター
校則って不合理なことがいっぱいあります。どこの学校でもそうです。
その本当の理由は
「不合理だろうとなんだろうと そこに規則があれば黙ってそれに従う 従順な労働者を大量生産するためのシステム」なのです。
政府の方針です。
だから将来サラリーマンのような生活をしたくなければ無視してもいいのです。
  • 回答No.15

ベストアンサー率 31% (1660/5274)

何で見たか忘れてしまったんですが、
ゴリゴリのギャルのどうみても勉強が苦手そう、な外見の高校生が
英語でなんていう?っていうインタビューに流暢な英語で答えていて
驚いたことがあります。
勉強しっかりしてる、といってました。
ということでチャラい外見であっても
中身がそうじゃない、と好感度は上がります。

化粧には時間がかかります。
使える時間は限られていて、
学生は勉強をして進路を決めていく時期なので
化粧をしていても勉強ももっと言えば運動もトップクラス、なら
「化粧を禁止しても意味がない」という主張に説得力がありますが
そうなるのはなかなか難しいです。

メイクの練習は学生の時じゃなくてもできますし
誰でもある程度はできるようになることです。
なので、内面や学歴を磨ける時期に磨いといたほうがいいんじゃないかなと思いました。
  • 回答No.14

ベストアンサー率 10% (369/3478)

>学生の頃からメイクの練習をしたり
>基本のメイク方法を知って、自分を
>磨くことは大切だと思います。

??それはメイクの学校なのでしょうか?

メイクの基本、方法、練習は勝手にやれば良いのですが
メイク学校じゃない学校では、メイクをするところではないからやらないでもらいたいのでしょう。

メイクを容認してしまうと授業中にメイクを直す輩も増え、授業に集中しなくなるようになるからでしょうね。

関係ないことはないと思います。

メイクの練習は、学校が終わってからやれば良いだけの話だと思います。
  • 回答No.12

ベストアンサー率 15% (177/1135)

校則のほとんどは、そう決めておいた方か学校側が楽だからです。

規則は必ず誰かにメリットがあるように作られます。

多数の生徒を管理する立場にある学校としては、化粧をして学校に来る生徒の素行が比較的悪ければ、化粧をしていることが悪くはなくても管理が簡単なので、化粧を禁止します。

禁止することで、扱いやすい生徒とそうではない生徒の切り分けが簡単になります。

もちろん必ずしもそうとは言えませんが、間違っているとも言い切れないです。

生徒にとってのメリットとして考えられる内容としては、化粧をしたり外見が奇抜な場合に、学校では関係ないですが、学校の外では見た目で判断されるので、見た目で頭が弱いと判断されて、悪意を持つ人が近づいてくる可能性があります。
化粧をしている生徒の方が、事件に巻き込まれていたとかそう言った歴史があり影響しているのかもしれません。

社会を生きていく上で身なりに気を付けるのは必要です。高校生くらいまでは化粧をするなと言われますが、社会人になれば職種によっては化粧をしてこいと帰されるかもしれません。

メイクって、年代で変わるので学生の時のメイクは社会人になってからは通用しないと思いますよ。
あとは、肌にダメージもあるので、しなきゃよかったと思うことになるかもしれません。

そんな事は、自分の責任で自分で決められるから大丈夫だと思いますよね?

だから、根本的には学校側が楽をするのが最優先です。

現代なら、化粧するよりスマホを使った方が、十二分に事件に巻き込まれます。
高校生以上であればまだしも、小中学生に必要あるとは思えません。多くが持っているから持たないわけには行かないだけです。

そして、その小中学生へのスマホを促進しているのは携帯会社です。売れた方が使ってもらえた方が儲かりますよね?

さらには、その携帯会社と裏でベッタリ繋がっているであろうと思われるのは総務省です。

だから、本来禁止にした方が事件の予防に繋がるであろう規則は出来ません。

効率の学校の先生は公務員ですから、自分より立場の上の人に不利益となることをしたら、都合が悪いでしょう。

規則は時代と共に変わるべきものですが、規則を変えた場合に、それを理由に何かしらの問題があれば、変えた人が責任追求されます。

わざわざ責任追求されるリスクがあることはしたくないですよね?
学校で働く先生も職員も、自分の生活もあり家庭もあるので、面倒なことはしたくないんです。

決まっているなら、その内容が良いか悪いかなんて思考停止で守らせるのが一番楽です。

政治的にもそういう国民が多い方が良いでしょうから、そのための教育の一環とも言えるかもしれません。

これらの事から、規則は変わりづらいと言えます。

回答してしまいましたが、これらは質問して知るのではなく、自分で考えてたどり着くべき事だと思います。

私なら、規則は罰則のデメリットと加味して守るかどうかを決めます。

罰則がないなら、怒られたら謝っておけば良いと思いますよ。
先生も大変ですよね。すみませんって。

罰則を規則に加えるためにも、何かしら問題となるので規則を変えたくはないところを逆手に取れば良いです。

総合的に考えると、わざわざ学校に化粧をしていく必要はないってことになると思いますけどね。

化粧の練習なら家でも出来ます。
髪を染めるなら、毎日黒染めするわけにも行かないでしょうけどね。
  • 回答No.11

ベストアンサー率 18% (20/111)

貴女の考え方として、学校は何をしに行く所なのでしょうか⁉
学校は勉強とお化粧ではどちらが大事ですか?
お化粧が大事だと言うなら貴女が校則を変えるぐらいの主張をすれば良いのでは有りませんか⁉
何故貴女のご両親は学校は勉強をしに行くところだと言うのでしょうね。
学校では親が買ってくれた教科書と学校の先生が教えてくれる事を頭に叩き込むことが最優先なんです。ということは、学校内ではお化粧のことなんて考えてはいけないのです。
男女は平等なのですから、男性からもお化粧をすることに対して賛成して貰うことも必要ですよね。毎日毎日女生徒のいろんなお化粧の臭いがクラスの部屋を充満したら気分が悪くなるのは考えれば分かることやんね。

そのような弊害があるお化粧を許可してくれる男子生徒や学校の先生たちが居るかな⁉

貴女がいう身なりに気を遣うのは、大人になって自己責任を取れるようになってからすべきです。学校ではほとんどが制服なんだから特に身なりに気を遣う必要はないよね。

貴女の考え方を理解してくれる人も居るとは思うけど、学生は身なりを気にするのはプライベートの時だけで十分やんね。
  • 回答No.10

ベストアンサー率 37% (676/1782)

学校には校則があり、校則を変えれば化粧OKになると思います。
ただ、その為には校則を変える方法を見つけて実行する必要があります。
校則の中には化粧禁止より、はるかにバカバカしいものがあります。

この世は悲しいことに外見で判断されてしまう、とありましたが、
外見を見てどのように判断しても、判断する人の自由であり、
判断する人の心を束縛する事は出来ません。

また、内面を知るのは不可能に近いほど難しく、学歴が良くても
役に立たない人が多く存在しています。
外見、内面、学歴のいずれも、その人の本当の姿を知るのは難しいです。
よって、外見での判断も一つの方法と理解して下さい。
  • 回答No.9

中高生くらいの年代で素行の悪いやつの傾向として「とにかく着飾りたがる」みたいな習性があります。
要するに茶髪金髪にしたりピアスを開けたり派手な化粧をしたり、という感じです。ひところ昔なら人と違う色の学ランを着たり、スカートの長さを極端に長くしたり短くしたり、というのもありましたね。

学校としてはアレになられると困るんですよ。順番としては逆なんですけどね。本来は、まず本人に何らかのフラストレーションがあって、その結果アレになるんですけど、先にそっちの「金髪・ピアス・化粧」の方を禁じることでアレにならせないぞ、という学校の意気込みです。

まあ顔色が悪いのでチークや薄付きのリップで顔の血色をよく見せるとか、そういう方向なら別に禁止するほどの事ではないと思いますし、大人になると「メイクは身だしなみ」とか言い出すやつがどこからともなく大量に湧くのでその辺の整合性がグラグラであるのは事実ですけど、学校としては「ここまではいいけどここからはダメ」とかいちいちやってられませんのでとりあえず一律禁止という感じで運用するしかないという感じですね。
18件中 1~10件目を表示
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
誰もが1つは抱えている職場の悩み、あなたの体験を共有して!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ