解決済み

薬と遺伝子(塩基配列)との関係

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9538753
  • 閲覧数96
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 68% (97/141)

大分前になります。十五年くらい前になると思います。
遺伝子に強く興味を持ち、色々調べていた時期がありま
した。また現在でも放送大学の講義で、時々聴講はして
います。
このように、私個人は、専門家ではなく、シロウトです。
高校で、大学で理系の分野を専攻したくらいの程度の
知識の持ち主です。

サイエンスアイと言う、(現在はサイエンスZEROと言う
名称に変わりましたが)NHKのEテレで放映していた
内容が、今になって気になって来ましたのでお聞きします。

当時、サイエンスアイで、薬と遺伝子の関係について、
次のような内容で述べていた事を記憶しています。
大雑把な内容ですが、書いてみます。

本来は遺伝子の配列ではないが、遺伝子とは定義されて
はいないが、ヒトゲノムには、Aluと言う配列が存在し、
ヒトによって、その配列の長さが異なり、この配列の
長さによって、薬の効き具合に違いが生じると言った
内容でした。
またAlu配列は、数個の配列が繰り返す配列と言った
説明でした。
体質的な問題に関わってくるとの解説でした。

まず、私の解釈が正しいかどうかお聞きしたいと思い
ます。
そしてAlu配列の他にも、薬の効き具合に影響を与える
配列が、現在ヒトゲノムの中に見つかっているのでしょうか、
存在しているのでしょうか?

余談ですが、また最近年齢によっても、薬の効き具合に違い
があると言った事が、テレビ等で報道されています。
この事は薬の副作用との大きく関係して来るようですね。
若い人は、年を取った人より、一般的に代謝能力が高いから、
薬の成分が、体内から、早く排出されやすいと言った事を聞きます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (2381/7248)

健康・病気・怪我 カテゴリマスター
現在研究が進行している途中です
定説とされるようなことはまだまだこれからという段階です。

https://www.megabank.tohoku.ac.jp/genome/archives/tag/alu%E9%85%8D%E5%88%97
お礼コメント
jepense2307

お礼率 68% (97/141)

nagata2017さん、Ape、言い換えれば、類人猿から人までの種で、レトロトランス
ポゾン作用、あるいは効果により、これらの種は、唾液腺からアミラーゼと言う
デンプンを二糖類である麦芽糖などに分解する酵素を身に着けたと言った皆さんご
存知の事実だと理解しています。
人間が、進化の過程で身に着けた能力の不思議は、本当に不思議ですね。
投稿日時 - 2018-09-21 05:49:04
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ