解決済み

掃除の仕事パート

  • 困ってます
  • 質問No.9526585
  • 閲覧数159
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 0% (0/239)

掃除の仕事(パート)志望動機履歴書に書く場合
・初めて掃除をする。
・今までの仕事の経験からこなしたことがない。
・コツコツと仕事ができるなど
かじょう書きで書きました。

この場合履歴書の志望動機を書く場合面接官に通るのでしょうか?
もし、面接官に通らない場合履歴書の志望動機をどのようにして改善していく方がいいのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 39% (2646/6743)

ビジネス・キャリア カテゴリマスター
3つとも書くべきではない。
掃除の仕事に対して経験年数だとかスキルを求めると思いますか。
また、いわれたことをきっちりやるのは当たり前のことであり、改めて言うというのは実はそんなことをしないんじゃないか、と疑われます。

志望動機欄は「ご協力できる時間があるので」程度でいいです。
空欄でも問題ありません。
余計なことを書くとたいがいマイナスにしかなりません。

もし採用が成立しなかったとすれば、それは志望動機ではなくあなたの見た目とか目つきだとか話し方が問題なのです。採用されないわけがないと思います。
感謝経済

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 44% (2246/5045)

他カテゴリのカテゴリマスター
還暦を過ぎてから再就職先を探したものとしては 短時間でハードな仕事が多く やる気のある人 長く続けられると感じる人が必要と思います

働く場所 勤務体系で大きく異なる職種 前職や勤務年数も選考基準になる場合があり 動機がどれだけ役に立つのかは分からないです
募集要項に制限を付けられないので 応募可能=採用対象ではない場合も多いと感じます

一般的には介護同様に人材不足の職種
http://phdo-info.com/hotelmanpower/
外国人労働者に頼らざるを得ない企業が多い
人材不足の職場なら動機は書く必要が無いかも知れない 趣味などで活動的な部分を主張した方が良いかも?

スーパーや施設など定時常駐は人材不足になりにくい より良い人が応募してくれれば採用の可能性がある程度
短時間の間に複数の施設を掃除して周る場合は時間に終われる早朝や深夜勤務 作業場所も複数になり人材不足になりやすい(その分賃金が高い)

清掃業が派遣企業の場合は希望が通らない場合も多いです いざ面接を受けると「その職場はもう決まったので他の職場に行ってもらいます」って感じ 勤務時間や賃金は募集の餌でしかない
  • 回答No.2

ベストアンサー率 31% (3776/11925)

こんにちは。

私は、定年退職後に印刷工場でフォークリフト運転のアルバイト(時給1200円)をしてる者ですが、アルバイトやパートを採用するには志望動機などは面接官も見てません。

やはり、アルバイトやパートは時給も安いですし、将来性も期待出来ないので応募者も少ないですから、求人募集に応募する人の殆んどは採用されますので難しく考えることはないと思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (531/1113)

・初めて掃除をする。
・今までの仕事の経験からこなしたことがない。
・コツコツと仕事ができるなど
上二つは記載する必要は無いです。マイナスの情報は出来るだけ書かない方が良いですね。面接の際に経歴などから掃除業務経験が無いことはわかるので、そのような質問がなされると思いますので、「指導頂ければ出来ます」と答えましょう。

志望動機は、勤務地が近い。働きたい時間帯や曜日が募集内容に合致している。綺麗好き。掃除好き。などがあてはまれば記載しましょう。
これらを箇条書きでも構いませんが、文章にするとイメージは良くなります。

例)勤務地が自宅より近く、勤務時間帯や曜日が合致しており、私自身、綺麗好きで掃除も好きなので応募致しました。
この程度で十分だと思います。

採用されると良いですね。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ