回答 受付中

インド人の英語のスペルの間違いについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9526214
  • 閲覧数52
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数5

お礼率 16% (1/6)

インド人の友達ができました。

彼と私は英語で会話します。

彼は英語は支障なく話しますが、英語を書くことになると、スペルの間違いだらけです。

たとえば
niceをnaicee
stationをstasan
changeをchenge
HelloをHalo
と書きます。

ネットで調べたところ、インド人は独自の英語のスペルを使うという意味のことを書いているページがありました。

ちなみに彼のインド人の友人も同様に間違ったスペルを書きます。

なぜ私の友人のインド人は間違ったスペルばかり書くのでしょうか。

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 31% (1039/3299)

他カテゴリのカテゴリマスター
地元の人・・・・・うちなんちゅう
東京から来た人・・やまとんちゅう
全然違う言葉みたいですね
「地元だから」「うちなんちゅうだから」同じ意味です。
つまり英語の方言です。
イギリスとアメリカ オーストラリア これも少し違います。
月曜日
アメリカ・・・・・マンデイ
オーストラリア・・マンダイ
インドでは 青森と沖縄ぐらい違うのかも
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
  • 回答No.4

ベストアンサー率 30% (1292/4225)

私が聞いた話では、インド人は書かれた文字を英語風に発音せず、
独特の発音するみたいですね。例えばthereだと”ゼール(デール)”とか。
私も昔、インド旅行の際に現地ガイド(現地語、英語、日本語達者な人)
の英語発音聞いて妙な発音するなぁと思ったことあります。

普段からそういう発音をしているから、いざ文字起こしした時に
それが影響して綴り間違いしてしまうんじゃないか?と思います。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 48% (251/522)

他カテゴリのカテゴリマスター
インドの何州出身の方々でしょう?地域によってかなり違いますよ。
私の友人はカルターナ州のバンガロール出身者が多く、少し南部のタミール・ナードゥ州などですがみんな訛りはあってもうまい英語でスペルも文法もきちんとしています。大学くらいでインドをでて日本やアメリカで暮らしている人が多いですが、ずっとインドの人もいます。全員IT関連。
でも、あまり海外と仕事をしてない人たちの話を聞くと何言っているのか全くわかりません。英語だと気がつくのに時間がかかのですが、仲間同士ではそれで普通に話しているのでそう言う英語なんでしょう。インドでは州や地域ごとに母語が違ってお互いに通じないので準公用語の扱いの英語が実質的には公用語なのですが、その英語ですら地域による方言がずいぶんあるそうです。スペルを間違えているのか、その地域ではそう書くのか、そもそも英語の文字を重視していないのかわかりませんが、インド人みんなってことは無いのは確かです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 39% (1562/3976)

他カテゴリのカテゴリマスター
基本的に英語は発音からスペリングに入る言語で,日本語のように書いてあるものを読むことが重要視される語学とそうゆう点が逆の発想が必要になります。
つまり話し言葉のスペリングが,正しいスペリングよりも使われるようになってしまいます。まあ実際何が正しいのか?ってのは難しいですよね。

そんなことぜんぜんありだよ。と中国人の前ではなしたら,なんて変な日本語を使うのですか?と言われているようなものです。
いまさら,ぜんぜんのあとにあ xxxない でしょ?
と言われて素直に従えないのと同じ。みんなこの国ではそう書いている。
あなたはインドだからと思われるかも知れないですが,そもそもイギリス英語と米語ではスペリングがことなる単語はかなりありますよね。
つまり基本は英語ではありますが,その振れ幅は結構あると思ってもいいのかもしれません。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 36% (74/205)

発音もめちゃくちゃです(笑;バングラディッシュ人も)。しばらく聞いていて,「ああ,こいつ英語をしゃべってたのか」と合点がいきます。

そこで,「あんた,発音おかしいぜ」と注意してやると,「東洋人のおまえに,俺様の英国直伝の英語をしのごの言われる筋合いはねえ」といって怒り出します。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ