解決済み

砂金採りは英語でなんていうの?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9509626
  • 閲覧数134
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 77% (24/31)

英語で様々な"砂金採り"の表現がありますが、どの言葉が日本の砂金採りに相応しいでしょうか?

ネイティブ、または英語が堪能な方よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
「砂金を採る人」ではなく,「技法」をいうならば,gold panning です。

panning とは,文字どおり「浅い皿」に土砂を入れ,水を注いでゆすり,軽い鉱物を洗い流しながら,重たい鉱物(ここでは金)を残す方法です。
お礼コメント
ku2soka

お礼率 77% (24/31)

passersby2さま
今回も回答をしてくださりありがとうございます!

>「砂金を採る人」ではなく,「技法」をいうならば,gold panning です。

そうです!
「砂金を採る人」ではなく,「技法」を知りたかったのです('▽')



>panning とは,文字どおり「浅い皿」に土砂を入れ,水を注いでゆすり,軽い鉱物を洗い流しながら,重たい鉱物(ここでは金)を残す方法です。

日本の90%以上の川で砂金が採れるらしいですね。
昔の人々も「浅い皿」に土砂を入れて砂金を採っていたのでしょう。
辞書には様々な表現が記載されていますが、一体どの表現が日本らしいか困っていました。
私が知りたかった疑問に答えて下さりありがとうございます。
投稿日時 - 2018-06-18 20:50:36

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3
補足。

皿ではなく大がかりに行う場合は,「比重の差で有用鉱物を選り分ける方法」を一般的にいう用語として「比重選鉱」があります。
英語では gravity concentration of gold といいます。
お礼コメント
ku2soka

お礼率 77% (24/31)

補足ありがとうございます。

>皿ではなく大がかりに行う場合は,「比重の差で有用鉱物を選り分ける方法」を一般的にいう用語として「比重選鉱」があります。
英語では gravity concentration of gold といいます。


「比重選鉱」という言葉は初めて知りました。
画像を検索して大体の構造を知ることが出来ました。

また一つお利巧になれました、ありがとうございます。<(_ _)>
投稿日時 - 2018-06-18 20:58:08
  • 回答No.1

ベストアンサー率 44% (350/784)

他カテゴリのカテゴリマスター
ポルトガル語が語源ですが、ガリンペイロ(garimpeiro)で通じます。
お礼コメント
ku2soka

お礼率 77% (24/31)

h_ishikawaさま
回答してくださりありがとうございます。

>ポルトガル語が語源ですが、ガリンペイロ(garimpeiro)で通じます。

ポルトガル語が語源なんですね!
始めてしりました。"ガリンペイロ(garimpeiro)"
お菓子の名前っぽい響きですね。
お勉強になりました。<(_ _)>
また一つお利巧さんになれました、ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-06-18 20:43:11
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ