• ベストアンサー
  • 困ってます

センタレス研削後の寸法変化

いつもお世話になっております。 S45C調質材をφ12.3→φ12.01±0.002に仕上げます。 1パス目は取しろ0.1残して、2パス目で仕上げます。 上記条件で研削した際、研削直後は寸法に入っていたのですが 出荷前の検査でほとんどがφ12.005位になっていました。 この件は2回目であり、1回目は夏場だったので気温、水温、油の濃度が原因だと思い、今回は気温等の管理をして寸法をまめに見た矢先でした。 以上のことから、その他に原因があると思い相談させていただきました。 砥石、取しろ、材料、研削送り、ドレス等あると思いますが何かお気づきの点があればアドバイスをお願いいたします。 因みにこの寸法公差で真円度が2μでした。 私は取代が大きすぎたかなと思い、条件を変えて試したいと思いますが まずは納期もなく合格品もあるので今から選別したいと思います(涙)。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数646
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

調質材 熱処理直後は変動しても、月単位を経ると落ち着き、1,2日の違いは測定値に現れない。 加工の影響 切削、研削で変色するような無茶をしないなら大丈夫で、研削条件を振るぐらいは影響しない。 >0.1残して、2パス目で仕上げ φ0.2の意味?なら仕上げシロが大き目では。加工熱があとの測定に影響しやすい。 測定 研削直後の測定で温度が落着くまで待ったか否か。 マイクロメータ、リファレンスのブロックゲージ、ワークの三点が同じ温度に落ち着くよう間をおく。何分何十分要るかは試して決める。 長期的な変動の疑いあるときは、オシャカのワークを週~月ごとに測定を続けることです。 径と長さも。 円筒研削と誤解してました。なので 仕上げシロ大き目 は取消します。 測定にたいする温度の影響は、箇所で温度差ある場合は拡大されます。 マイクロメーターのフレームを素手で触って測るとよくわかるが、ダイヤルゲージスタンド等でも同じ。 >回答(3)   機械側(冶具や研削機)の考察は、如何でしょうか?(特に、検査補正方法) ハンパ設計者の加工素人で内容ハチャメチャで迷惑かけまくりの脳減る症老人。 切削加工のプロで本サイトの質を保つべきと強い意見をお持ちの(2)は怒り心頭です。   http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=308339&event=QE0004 原因推定は出尽くしたと思います。 なので上記測定によって、結論を得られるのは貴方だけです。 一品料理はよいけど量産品で±0.002は、かなり厳しい公差ですよね。 並のマイクロメータはデジタル誤差±0.001が付きものだし、その下を表示するマイクロメータなどは扱いが厄介。 時間おいて測るのも機械の状態が変ってくることと仲裁を要するし。 フォローに感謝感激!! 質問されるかた皆そうなれば問題解決が早いこともあるのに、、、 続いて数日、数週、数ヶ月と期間をおいて測り、変わらなければ、ワークは変化しなかったことの証となります。 なので問題となった時点の測定になんらかの誤差が入り込んだ可能性が大。 今後も発生したなら同じ原因と考え追究しやすくなってます。 砥石や取りシロは形状精度に影響しますが、加工後直ちに判るので変動とは関わってきません。 そのような不具合が原因してると考えられます。 出荷検査がしっかりしておれば流出を防げ迷惑は掛からない。 間髪入れず工程を見直せば原因が判るかもしれぬが、突発的なものほど証拠が残らず難しいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも大世話になっております。 研削直後の測定は、水に数秒つけてから測定していました。 明日また加工するので、いろいろな条件で試してデータを皆様に ご報告したいと思います。 お世話になっております。ご報告です。 本日取代を変えてデータとって見ました。 室内温18.7℃、水温20.5℃、濃度12% 各10個製作 φ12.3→φ12.1→φ12.010 真円度0.5μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.05→φ12.010 真円度1.0μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.15→φ12.05→φ12.010 真円度0.6μ7時間放置後寸法変わらず 私としましては取りしろが悪さしたのかと上記パターンで試しましたが 期待した数値が得られませんでした。 10個だと判らないですね。 砥石でしょうか。 今回もとても勉強になりました。 有難うございました。

質問者からの補足

お世話になっております。 今回は寸法の変化は見られませんでした。 なので原因としては ?マイクロにスラッジ等が付着して寸法誤差がでた。 ?ワークコンベアから砥石に送られていく際に繋がって流れればよいのですが  詰まって断続になったりすることによる寸法のバラつきが悪さをした。 という見解なのですが、いかがでしょうか。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

既回答で指摘されているように、寸法の経年変化の原因となる鋼の組織変化として「残留オーステナイトのマルテンサイト変態」が有名。その体積膨張率はC%により異なり、体積膨張率(%)=4.64-0.53(C%)。 しかし、もともと0.45%C鋼では残留オーステナイトは生成しにくく、生成したとしても焼入状態で高々5%程度。しかも調質ならば600度以上で焼戻しているので、その温度で残留オーステナイトはフェライト+パーライトに変態する。つまり調質S45Cには残留オーステナイトはほとんど存在しない。 今回は0.04%の「収縮」だから上記現象ではない。しかし、これ以外に室温で起こる鋼の組織変化は考えられない。これ以外の現象が原因のはず。 最もありそうなのが、回答(1)指摘の温度。確かに回答(2)指摘のように38度が必要だが。 研削によって表層に加工変質層や応力が発生するが、それらは高々数μの深さであり、径12mmを変化させるほどの力が有りそうもない。機械加工による寸法変化ならば他の回答者の方が詳しいが、それらしい指摘もない。 原因を推定するのに必要な情報。 1.調質加工の焼入温度と焼戻温度 2.調質から研削加工までの保管時間と保管温度 3.研削加工後の寸法測定時の部品温度 4.研削加工の翌日、翌々日での寸法 5.研削加工から出荷検査までの保管時間と保管温度 6.出荷検査時の部品温度

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 仰られたようなデータが乏しかったです。 明日また加工しますのでデータを取ってご報告します。

質問者からの補足

お世話になっております。ご報告です。 本日取代を変えてデータとって見ました。 室内温18.7℃、水温20.5℃、濃度12% 各10個製作 φ12.3→φ12.1→φ12.010 真円度0.5μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.05→φ12.010 真円度1.0μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.15→φ12.05→φ12.010 真円度0.6μ7時間放置後寸法変わらず 私としましては取りしろが悪さしたのかと上記パターンで試しましたが 期待した数値が得られませんでした。 10個だと判らないですね。 砥石でしょうか。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

オーステナイトからマルテンサイトになると体積増えるから今回の事例(3~7μmの縮小)だとちょっと矛盾する気もします。 気になる場合は、X線回折法にて残留オーステナイトの測定をしてくれる企業や試験場は結構あるようなので一度、調べてもらう価値はあるかもしれません。 (注:X線回折測定には単結晶用のものと粉末・多結晶用のものがあり今回は粉末用の測定を用いることになります。) 素人の目で疑うのは測定器の狂いでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 一番疑うのは測定器ですよね…しかし今回2回目であったので 測器は一番気を使いましたので考えにくいかなと思います。 明日また加工するので、データを取ってまたご報告したいと思います。

質問者からの補足

お世話になっております。ご報告です。 本日取代を変えてデータとって見ました。 室内温18.7℃、水温20.5℃、濃度12% 各10個製作 φ12.3→φ12.1→φ12.010 真円度0.5μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.05→φ12.010 真円度1.0μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.15→φ12.05→φ12.010 真円度0.6μ7時間放置後寸法変わらず 私としましては取りしろが悪さしたのかと上記パターンで試しましたが 期待した数値が得られませんでした。 10個だと判らないですね。 砥石でしょうか。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

熱処理後の残留オーステナイトが加工後の寸法変化や経年変化を生じさせる事 は既に広く知られています。問題は其の程度の問題であろうが、貴殿の場合は 0.003mmという非常に精度を要される加工のようですから、サブゼロ処理という センターレス加工前の作業が有効のように思われます。実際に硬度計などにも 用いられる高精度硬さ基準片も硬さの経年変化を防ぐために必ずやっています 回答(3)投稿者: 後(ご)の先(せん)、アフターユー・・・うつべし〃〃 ハンパ設計者の加工素人で内容ハチャメチャで迷惑かけまくりの脳減る地方人 投稿内容の中身が薄い。在り来りのことを言っているに過ぎず代り映えがない 如何にも知識の無さが露呈している。自分自身の脳あるのですか?少しは使え それに、こんな強度計算も出来ない知識も無い嘘こき老人・設計士を雇う会社 が存在するのか?きっとまともな図面も作れないだろうから、此れも社会悪に 繋がるであろう。お願いですから、もう此処に来ないで下さい。もしまた性懲 りもなく来るなら、もう少しためになることを投稿すれば誰も文句は言わんぞ 少しばかり言い過ぎました。しかし嘘は泥棒の始まりですし技術の森にあって は技術者の卵もいるだろうから貴殿の嘘は社会悪に繋がるのだから、これだけ はお止めになって下さい。そ素直に間違ったら謝るのがまっとうな人間です。 貴様はこれらを全て無視してきたらかこそ、これだけ多くの常連の敵を作った 金属の専門家ではないが↓のようにオーステナイトからマルテンサイトに組織 が面心立法組織から体心立法組織に変わることで体積は1.838倍になるという。 従って、金属組織の変化が直接このような寸法変化に繋がるのだろうと思う。 http://ameblo.jp/yoikonokagaku/entry-10160390237.html そうか、12.002じゃなくって12.1±0.002だったんですね・・・ううむ縮むか? × またミスった・・・ 12.1±0.002→〇 φ12.01±0.002

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもお世話になっております。 明日また加工しますので、データを取って皆様にご報告したいと思います。

質問者からの補足

お世話になっております。ご報告です。 本日取代を変えてデータとって見ました。 室内温18.7℃、水温20.5℃、濃度12% 各10個製作 φ12.3→φ12.1→φ12.010 真円度0.5μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.05→φ12.010 真円度1.0μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.15→φ12.05→φ12.010 真円度0.6μ7時間放置後寸法変わらず 私としましては取りしろが悪さしたのかと上記パターンで試しましたが 期待した数値が得られませんでした。 10個だと判らないですね。 砥石でしょうか。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

機械側(冶具や研削機)の考察は、如何でしょうか?(特に、検査補正方法) それと、検査方法の考察は?(検査システム等) センタレスであれば、外周テーパーがあるのでしょうが、設定値を下限にできないのでしょうか? (特に、検査補正方法)→ 全て、インラインで、砥石フィード、セット冶具フィード、 全数検査をやっている場合には、検証が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

>>研削直後は寸法に入っていたのですが>>出荷前の検査で >>ほとんどがφ12.005位になっていました ざっくり熱膨張は 1m/1℃/11μm → φ12/1℃/0.132μm φ12.01狙いで5μm縮むとすると温度差38℃ うーん、温度だけでは無さそうですね 材料の専門家のご回答を是非とも伺いたいです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 明日また加工するのでデータを取って皆様にご報告したいと思います。

質問者からの補足

お世話になっております。ご報告です。 本日取代を変えてデータとって見ました。 室内温18.7℃、水温20.5℃、濃度12% 各10個製作 φ12.3→φ12.1→φ12.010 真円度0.5μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.05→φ12.010 真円度1.0μ 7時間放置後寸法変わらず φ12.3→φ12.15→φ12.05→φ12.010 真円度0.6μ7時間放置後寸法変わらず 私としましては取りしろが悪さしたのかと上記パターンで試しましたが 期待した数値が得られませんでした。 10個だと判らないですね。 砥石でしょうか。

関連するQ&A

  • 円筒研削でプランジカットができない

    S45Cで、φ30程度のものを0、2ミリ研削します。 手動では普通に寸法に入りますが、そのあとポジティブストップで自動で研削すると大体0、02ミリ残ります。砥石台不良ではありません。なぜかs45cの焼きが入ってたり、ステンレスなどは寸分の狂いなく研削できます。 砥石はノリタケ 砥粒19A 粒度80 結合度K 組織8 ビトリファイド 345✖️75 で、周速は無負荷で2120、ワーク周速は135です。 よくわからないのは去年までは問題なく研削できていました。それが今年になって寸法に非常にバラつきがあります。なぜかS45Cだけ…。 ただ、今年から前工程を外注に頼むようになりました。センター穴不良も多少はありましたがそれ以外な気がします。砥石が小さくなったからでしょうか? もしくは実は材料が違っているとか…。 仮にS45Cより柔い材料の場合、上記の砥石で研削した場合、こんな症状は起こりますか? 何かおわかりになる方ご教授ください。

  • セラミックの内外面研削について

    新規の仕事でセラミックの研削を構想しているところです。 外面研削についてですが、センターレスでの研削を予定してるので、1パスで作業するとしての取代、精度はどのくらいになるのでしょうか? ダイヤモンド砥石が高価でなかなか前に進みません。どなたか詳しい方いらっしゃいませんか? センターレスの砥石サイズφ610×205です。 ワークの外径がφ16.2±0.002、真円度0.001、円筒度0.002です。 よろしくお願いします。

  • センタレス・インフィード研削のツヅミ形状

    最近、センタレス研削を始めましたが、インフィード研削で研削面がツヅミ形状になってしまいます。取り代(0.08~0.18mm)が多いのが原因の一つだと思うのですが、加工物によってはドレス直後はツヅミ形状でも加工していくうちに直ったりします。先輩に聞いても『わからないけど、公差内に入ってるから問題ない』と言われますが、何か納得できずに悩んでいます。スルーフィードだと傾斜角や修正角で直ると聞いていますが、インフィードでも有効なのでしょうか? 因みに砥石はセラミック系の物を使用し、加工物はSCMです。

  • SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてくだ…

    SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてください 旋削加工後に、研削を要する加工があります。 弊社には、研削盤がないので研削は外注に依頼しております。 加工品の材料は支給材で熱処理済みで、材質欄には、4130と 記入されていますのでSCM 430相当材と思って加工しております。 加工品の寸法は外径φ26、内径φ22、全長25.5です。 内径の公差が±0.01で従来は、旋削で仕上げておりましたが 規格外が発生するため研削仕上げに変更いたしました。 要求面粗度は6Sです。 研削仕上げなら問題なく仕上がると思っていたのですが 研削面には砥石の食い込んだ様な跡があったりして期待通りに 仕上がっておりません。 上記の材質、寸法に適した研削砥石を教えていただけないでしょうか? 現在は、砥粒=HV、粒度=80、結合度=J、組織=9、結合剤=Vの砥石を使用されて おりました。

  • ミクロンセンタ-レス研磨機 真円度不良5角形 

    ワークの5角形真円度不良で困っています。 研削条件が 60、80番の混粒砥石 加工物Φ11.06~Φ11.08 取り代方肉 0.008~0.023 砥石回転数1250rpm調整車砥石100rpm 日に30000万こ加工して全部真円不良ではなく中に50本前後5角形不良がでており非常に困っております。 良品ですと2μ程度の真円ですが5角形ですと10~40μ程の物が発生しています。 ブレードの交換などで発生工数は現象した様に思えましたが。 未だに発生しています。 まだまだセンターレス研磨機の加工技術が未熟のためご指導アドバイスいただけましたら幸いです。

  • ジグ研削盤 面粗度

    ジグ研削盤を使用して穴の仕上げをしていますが納得の行く面粗度が出せません。 例えばS45C φ30深さ20mmの通し穴を加工してRa0.8 Rz3.2程です。 上記の穴をRa0.4 Rz1.6の公差で仕上げるとすればどのような砥石を選定して加工しますか? 形状は説明しにくいのですが歪みの無い状態でバイスに加えられてはいます。現在φ15 CBN電着 ステンレス軸 粒度120の砥石を使っています。

  • 歯車研削盤の研削焼けについて

    いつもお世話になっております。 歯車研削盤で加工したワークで研削焼けが発生し、いろいろ試しているのですがどうしても解消されません。このワークに関しては加工する全てのワークで焼け発生しています。 そこで、皆様には研削焼けの原因や焼けの解決事例等がありましたら教えていただきたいです。一般の研削盤での事でも結構です。 また、加工条件、ドレス条件に関してはかなりたくさんの条件を試しましたので、できればそれ以外の事をアドバイスいただければ幸いです。 切削油、砥石材質、粒度は一般的に実績のある物を使用しています。 お伝えできる範囲の情報を下記に記載します。 ・歯車諸元  外径・・約50mm  歯数・・30  ねじれ角・・20度 ・砥石  ネジ状砥石 ・切削油吐出圧  2MPa 以上 少ない情報で申し訳有りませんが、よろしくお願いします。

  • 平面研削時の送り縞に関して

    平面研削加工において送り縞が発生するのは普通だと認識しています。 ただし、今回同じ砥石・研削油・加工条件で同等設備2台で研削した面を 油砥石で擦ると、片方の設備で加工した方が等間隔で黒い筋の送り縞が発生してしまいます。 何が原因なのか解かりません。 思い当たる事が解かる方か、くっきりとした送り縞を見難くする方法をご存知の方、ご回答お願いします

  • ±0.001公差の研削でのアタリの取り方

    プラ型を製作している者です。 研削にて±0.001公差での駒研削に苦しんでいます。 確かにデジタルマイクロもデジタルハイトゲージも 0.001を表示しますが、安定しているか?と言ったら そうではありません。測定する室温やワークの温度 に左右される事は理解していますが、それらの要素 以外での話しで幾つか質問があります。 ?現状寸法から0.001を研削で追込む時の、アタリの 取り方はどのようにしていますか? 当方では赤マジックを塗っておき、砥石が接近して触れる 瞬間の、インクの剥がれ具合でアタリを確認しています。 ただ塗り具合で差が出ますし、切込み最小が0.001なので アタリの瞬間を逃すと即NGになってしまいます。また砥石 の選定も手探りの状態です。 ?一般的にはどうやって角を確認しているのでしょうか? 当方では、スコヤゲージを購入して1千分代で確認をしてい ますが、0.001mm/50mmが限界の状態です。 ?デジタルマイクロでの外形寸法確認をしている場合、日常 点検はどのようにしていますか?マイクロに付属しているゲージ での確認でしょうか?カチカチを何回で確認していますか? 回転数に関しては完全に手加減に頼っています、測定子面のあたり が良い感触があればサット終わりますが、ナナメっていいたり の感触ならばシツコク回していく形です。 以上、御教授の程宜しくお願いします。

  • 砥石の選定

    いつもお世話になっています。 主に19A、WA砥石でS45C、SUS403を研削していますが、もちろん条件にもよりますが、GC砥石の方が早く研削できるのでしょうか? 品物はΦ10~Φ100くらいで長くても500?くらいです。ロットも100くらいです。おわかりになる方お願いします。