• 締切済み
  • 困ってます

円筒研磨で偏肉がでて困っています。

 加工品は内径φ13外形φ18長さは9と13.5です。2つともφ20、幅1.5のツバがついてます。内外径研磨で先に内径を仕上げて、クリアランス5μくらいの治具にお互いツバを外側に向けて、端面抑えで固定して外径を研磨した時に3分の1程度偏肉が0.02以上になってしまいます。原因がわかりません。  1ケ1ケテーパーの芯金に入れて研磨することは考えてません。外径を先に加工するべきなのですが、このような加工手順になってしまいました。  内径の寸法は1μごとに分けており(真円度は1μ以内)治具の径も正確で、治具自体の振れも1μ以内、クリアランスは5μ以内なのに偏肉が0.02以上になる要因もわかりません。    原因、要因、もしかしてと思うことがあれば教えてもらうと助かります。 すみません。 加工材料はSUJ2、焼きはHRCで60は入ってます。 治具のほうもSUJ2、焼きは58~62入ってます。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

>1ケ1ケテーパーの芯金に入れて研磨することは考えてません。  外径を先に加工するべきなのですが、このような加工手順になってしまいました ガチにしてしまっては原因追及が困難では? 加工順序、研削条件を振ってどう変わるか、、、やってみないことには追えないと思います。 技能のお仕事は五感を働かせるのが肝要です。味とニオイはさておき   仔細を見る、火花の出具合、仕上面の光り方   音を聞く、   機械、ワークの振動を指、体全体で感じる 補助具として、見るを助けるダイヤルゲージまたはピックテスタ、音を聴くには聴診器(治具グラインダーで使用) それが文面の質問ではほぼ無理。今日日は動画アップできても無いマシ程度。 技術的な課題と違い、精度は尚のこと臨場しないことにはわかりません。学者でも無理、大抵のメーカーサービスでも無理。 技能のお仕事はそういうものだと自信をもって臨むべきと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

加工順序は今回は変えられないので、研削条件をみなおしてみようとおもいます。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

長さ9の物と長さ13.5の物を向かい合わせにして同時加工ですか? だとしたら端面の面振れがあって、それが影響してるんじゃないでしょうか? 偏肉と端面振れとの間に何か相関が見つかりませんか? 剛体じゃないのですから単純な差し引きでは考えられないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

面振れの場合、 1、真円度が悪く出る。 2、クリアランス5μ以内なので、0.02以上の偏肉の場合内径が変形していることになるので考えにくい。 との理由で排除しておりました。 面振れも含めて原因を追って行こうと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

加工材料も書かないとは

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 精密薄肉パイプの内径・外径研磨加工

    皆さんお疲れ様です。 早速ですが、タイトルにある薄肉パイプの内径・外径の研磨加工で困っております。 材質はSKH-9 硬度はHRC62 外径Φ30.000 交差+0~-0.005 内径Φ28.200 交差-0~+0.005 内径・外径との同軸度は0.005以内です。 製品長さは100mmです。 内径・外径ともに歪がかなり出ると思われます。 皆さんならどの様に加工されますか? ご教授願います。

  • 研磨加工の精度について

     長さが275mm程度で直径が90mm程度で切り欠きがある円筒の内径の研磨加工が端面側が55ミリと中心付近にある47ミリのものをそれぞれの誤差を4μ以内に入れて同心度が4μ以内にいれて加工したいのですがうまくいきませんなにが良い方法はありませんか?

  • シャフトの研磨について

    SCM420φ50x257のシャフトですが片側端から65位にスプラインが加工してますそのスプライン側の端面を研磨指示がありますが外径同時研磨となると押しセンターに当たってセンターまで研磨出来ませんよね?その場合どうするのですか?研磨屋が出来ないの一点張りです何かやり方がありますか?

  • リング形状の内径真円度を向上させるには

    いつもお世話になっております。 配管用ステンレス鋼管40A(SUS304、φ48.6、厚さ4.0)を使用し 外径φ48、内径φ44(0、+0.05)、長さ15のリング形状のワークを加工すると 内外径とも歪みが出ており真円度が20~30μになってしまい 外径はともかく内径はゲージが入りません。 加工方法ではございますが、 1、バンドソーにて切断 2、内径をチャックし外径加工 3、外形をチャックし内径加工 試したこととしましては 油圧3爪チャック→円形生爪→機械変更し空圧コレットとトライしましたが あまり改善されせんでした。 また取しろ、速度、送りはいろいろ試しましたがこちらも変わらなかったです 薄肉の内径加工は実績があり、空圧のコレットを使えば 大体うまくいくのですが今回はてこずっております。 お忙しいとは思いますが、ご教示お願いいたします。 バンドソーでの切断は肉厚が4mmある為可能と判断しました。 当方ではφ48の棒材が入らない為、切断してチャッキングになります。 皆様、お忙しい中ご連絡ありがとうございます。 こんなにコメントいただいたということは、やはり簡単な加工ではないのだと 改めて思いました。 遅くなりましたが現状のご報告です。 バンドソーで切断した際の真円どの変化ですが、材料を長めに切断し 切断した側、切断していない(棒材端面)側を測定しましたが それぞれ外径が41μ、38μと変わりませんでした。 内径はVブロックに乗せピックで測りましたが振れは0.5mmでした。 現在旋盤が空かないので旋盤でのご報告は後日になりますが トライするならははは様のような長めにとって突っ切りで落とすやり方で 進めてみたいと思います。 ご連絡が遅くなりまして申し訳ございませんでした。 長さ30mmで掴んで内外径加工して突っ切りして真円度もう5μとかなり向上しました。 無垢からやったりしましたが変わらなかったです。 とても勉強になりました。ありがとうございました。

  • ベアリングの加工についての質問です

    現在、第一工程で内径仕上げ(250パイで肉厚が10ミリ)内径真円度0.04以内、直角度0.04以内、内径交差-0.02+0.02で仕上げていますが、第二工程で内張(扇爪)で外径その他仕上げしたところ、内径が-0.02-0.08になってしまいました。こんな状態になるのですが、原因が解りません。第二工程では内径は切削していません。材料はSUJ2です。

  • 材質SUJ2の焼き入れ焼き戻し後の寸法の経年変化

    時々利用しており大変参考になっています。 早速ですが、SUJ2材に焼き入れ焼き戻し(硬度HRC60±3、社外処理)を施し、研削加工しているのですが、以前から寸法の経年変化が気になっています。形状は筒上で外径φ40内径φ20長さ100程度で内外径に研削加工をしますが、内外径の公差は5μmです。 現状は熱処理後に3年ほど枯らした後に研磨加工しているのですが? やはり経年変化は生じるのでしょうか?又生じるのであれば、サブゼロ処理が必要と思われますが、現状の処理業者には設備がありません。 又、枯らし期間はどの程度実施すればよいでしょうか? よろしくお願い致します。

  • どなたか磁気援用研磨に詳しい方

    φ26(外径)φ6(内径)ガラスの内径を磨きたいのですが磁気援用研磨加工を考えています。特に肉厚で内径も細いのでブラシではすぐに駄目になってしまうので磁気メディアをつかおうという発想なのですが、いかんせん内部に磁気力が届きません。 また内径だけでは磨くのに十分な磁力を与えられません。どなたか詳しい方、いらっしゃいませんか?

  • 内径研磨砥石軸クイルの材質について教えてください。

    皆様お疲れ様です。 内径研磨機の砥石軸クイルの材質について教えてください。 被削材 SKH-51 HRC58~62 砥石 CBN #200 砥石径 Φ17 加工寸法 Φ22.0+0.003~-0 加工内径長さ 80mm やはり靭性のあるSKD-61HRC48~52くらいの材質がいいのでしょうか?  何方か御教授願います。

  • 端面溝入れのやり方について

    NC旋盤で端面溝入れ加工があるのですが、通常の溝入れと違い内径にボス(コア)が残る形になるもので、さらに、口元内径より奥溝入れ内径が大きくなる場合の加工方法がわかりません。材質 45Cとして外径や長さは考慮せずに、口元内径φ40H7深さ30の穴、深さ30から45までφ30のコアを残して内径φ41の端面溝加工、φ30のコア部に角R1 このような加工ですが、端面みぞを口元φ39.7(研磨下)の穴に干渉させずにφ41まで広げる加工方法がわかりません。φ39.7位からφ4バイトでボーリングかと考えたのですが無理そうですのでご教授ください。                                                                                                                                                               

  • 円筒状の加工について

    L=90mm 外径=φ17h6 内径=φ10.0 材質=SCM415Hの外径加工 をやろうと思うのですが、NC旋盤で加工する場合平行チャックをし ようすると、L=90mmを約半分づつ削ると、振れの影響で継ぎ目に 段差が付くと予想されるので、センターリングを使用し、1クラン プで加工したいのですが実際そのような加工が出来るのか分りませ ん。そこで皆さんにこの様な物を加工する場合どういった方法・設備 を使った方が良いのかアドバイスを下さい。 回答して欲しい内容 ? 機械 ? 加工方法 の2点です宜しくお願いします。