• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

シャフトの研磨について

SCM420φ50x257のシャフトですが片側端から65位にスプラインが加工してますそのスプライン側の端面を研磨指示がありますが外径同時研磨となると押しセンターに当たってセンターまで研磨出来ませんよね?その場合どうするのですか?研磨屋が出来ないの一点張りです何かやり方がありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

端面を研削できる円筒研削用砥石はないそうです。 が、実際の現場ではごく普通に端面研削はやっています。 ただ、センターがある端面だとスペース的に砥石が入らない等の問題が発生したのだと思います。 センター穴をB形にするとか、端面の研削部を出来るだけ外周部だけにするとか、砥石を薄くしてもらうとか、 でも、それでも出来ないと言われたらそれまでです。 ところで、軸端の研削が必要な用途はそれほどないように思いますが、それは何でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私も面粗が良ければ良いと言うのですが相手の検査員がうるさく言ってくるので研磨せざる得ないところなんです 多分その検査員も解っていないと思います

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4373/19601)

  研磨屋が出来ないと言ってるなら設計者に戻し形状、研磨範囲、表面処理方法、などを再検討してもらえばよい。 変更が出来ないなら、研磨できる業者を探す。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • NC旋盤 シャフト物の加工について

    宜しくお願いします。 NC旋盤でφ25.4×420のシャフトの加工をφ28×425(黒皮)S45Cから加工をしています。 素材が若干?曲がっていて(多いもので1mm程度?)把握する所とセンタが芯ずれあり、そのままセンタを押して加工すると、曲がりを矯正して加工している為、センタを離すと当然曲がり(振れ)が出てしまいます。 はじめの時の工程では 1、素材の状態で短く掴み、端面にセンター穴をあける。 2、突き出し260程度(機械側のの芯間の限度)で掴んでセンターを押して加工。 振れがひどい状態。 現状は次の様な工程で加工しています。 ?、素材の状態で180程突き出し端面外径を加工。。 ?、削った外径を把握して、汎用旋盤で端面センタ穴加工。 ?、NC旋盤で削った外径を把握して、突き出し260程度でセンターを押して加工。 はじめよりは、振れは軽減したが多いと先端で0.03ほど振れるものがある。 シャフト物の加工経験が浅く未熟者ですが、一般的にどのように素材の曲がりを取って行くのでしょうか。

  • 小径長尺シャフトの外径加工

    いつも、参考にさせてもらってます。 今回、皆様のお知恵を拝借したいのは、小径長尺シャフトの外径加工でのビビリ対策についてです。 被削材:SCM435 寸法:Φ14 チャックからの突き出し:250mm 上記のシャフトをに片側回転センターで2kg/mm2押してます。 回転センター側の端面より40mmぐらいからΦ11mmにレース加工するのですが、かなりひどいビビリがでてなかなかいい条件が出せずにいます。 周速や、送り、削りしろ等の条件をいじってますが、暗中模索状態で・・・ 一応前回は、周速100m、送り0.12、仕上げしろ0.8mm(片肉)でノーズR0.2の研磨チップ(TNMG)を使用してビビリは止まったのですが、今回は同じ条件でもビビってしまいました。このような場合、どの条件から変えてみるのが得策なのでしょうか?やはり周速? ちなみに、機械はオークマのLB300で振れ止めや、ビビリ止めなどは、ついておりません。 経験不足のため、皆様のアドバイスをよろしくお願いいたします。 仕上の面粗度は、後工程でメッキ処理するため25sで十分かと思います。

  • 円筒研磨で偏肉がでて困っています。

     加工品は内径φ13外形φ18長さは9と13.5です。2つともφ20、幅1.5のツバがついてます。内外径研磨で先に内径を仕上げて、クリアランス5μくらいの治具にお互いツバを外側に向けて、端面抑えで固定して外径を研磨した時に3分の1程度偏肉が0.02以上になってしまいます。原因がわかりません。  1ケ1ケテーパーの芯金に入れて研磨することは考えてません。外径を先に加工するべきなのですが、このような加工手順になってしまいました。  内径の寸法は1μごとに分けており(真円度は1μ以内)治具の径も正確で、治具自体の振れも1μ以内、クリアランスは5μ以内なのに偏肉が0.02以上になる要因もわかりません。    原因、要因、もしかしてと思うことがあれば教えてもらうと助かります。 すみません。 加工材料はSUJ2、焼きはHRCで60は入ってます。 治具のほうもSUJ2、焼きは58~62入ってます。

  • シャフトの軸受け部について

    機械加工を施したシャフト(Φ25くらい)を両端6005のベアリングで受けて2200rpmくらいで回転させて加工機として使用しています。 シャフトの長さは600mmほどで軸受け間寸法は300ほどです。軸受けから片側は200mmほどシャフトがでておりそこに側圧がかかります。 もう片側はプーリをつけてベルト駆動させています。 そのシャフト先端で側圧(70kgfくらい)がかかっており、またシャフトの回転モーターに4P,5.5KWのものを使用していることもあってか、すぐにシャフトの軸受け部がヘタってきます(半年くらいでシャフト交換)。 長持ちさせるには軸受け部に焼きいれをしたらよろしいでしょうか? もしくは現在シャフトの材質はS45Cですが、SCM材に変更したらいいでしょうか? なんとか耐久性をあげたいので、最良の方法を教えていただけますと助かります。

  • シャフトへの焼き入れ処理

    ベアリングとシャフトの勘合部においてベアリングに繰り返し負荷が かかるため勘合部のシャフトにヘタリが生じました。 調べてみると材質はSS400でした。 SCM435の調質にして焼き入れ処理しようと思いますが、 シャフト部をF7公差で加工したとすると、その後に高周波焼き入れをすると 公差がくるって嵌りにくいことがありますでしょうか? 大きめに製作して焼き入れ後研磨処理した方がよろしいでしょうか?

  • 同軸度の向上方法、教えてください。

    シャフト製品を旋盤加工で、裏表の2工程をつかみかえて加工しています。 1工程目に加工した外径と2工程目に加工した外径とで同軸度が狂いますが、どうすれば最小に抑えられるものなのでしょうか? 1工程では、両センタ指示加工により両センタに対するフレは、0.05以内です。 2工程で、1工程で加工した外径をチャックして片側をセンタ押しして加工しています。 現状の全数保証は、0.07くらいです。 この同軸度を0.05以内で安定して加工するためには、どんな工夫が必要でしょうか? ご教示ください。

  • シャフト芯ぶれ

    教えていただきたいのですが、現在研削盤加工をするために取りしろ径+0.2ミリの状態のシャフトが入ってきたのですが、両センター押しでセッティングしてみたところ外径に対して0.1ミリほどセンター穴が、芯ぶれをおこしており研削盤加工不可の状態にあります。 この様な場合外径に対してのセンター穴の芯ぶれの直し方の良い方法は有りますでしょうか? またその際に必要な道具などはありますでしょうか? 宜しくお願いします。 シャフト径は最大部分でФ57で、両サイドはΦ25 長さ400ミリ 材質SUS316です。 部分的に旋盤にて仕上げ加工を行っている所が有りますので、出来るだけ芯ぶれをゼロにした状態で研削盤加工をしたいと考えております。

  • シャフトの直角度、同軸度測定

    外径φ100、全長2000、材質SUS304のシャフトを加工しております。 図面指示には、 円筒側面基準で両端面の直角度が0.1、 同軸度がφ1となっています。 どのような測定器を使用し、どのような測定方法を 実施すれば、図面指示寸法内におさまっていることを 確認できるでしょうか? 結構大物なので、どうやって測定すれば良いか悩んでいます。 ご教授いただきたく。宜しくお願いします。 追記ではなく、お礼です。 皆々様、お忙しい中、回答いただきありがとうございました。 皆様の回答を参考に、いろいろ試してみます。

  • 心押台を使っての加工方法

    全長が100~150mmほどあり、ツメでつかめる長さが10mm以下しかないワーク(丸棒)の加工をすることになりました。 そうなると心押台を使わないと加工が難しいと言うか、無理だと思います。 しかし、実際にどういう手順で加工すればいいのかよくわかりません。 同業者の人に尋ねると、「前もって、しっかりとワークをつかめることのできるツメでつかんで、両側の端面を仕上げて、センタ穴も開けておく」とのことでした。 そうしないと全長が出ない、合わないと言われ、確かにそうだと思いました。 が、それだけだと実際に加工する時に使用するツメでつかんだ時に振れてしまい、端面のセンタ穴を心押台で押そうとしても、センタ穴と心押台の先端が合わないと思います。 端面だけではなく、外径のツメでつかむ部分も仕上げるというか、黒皮は削っておかなければいけないと思いますが、どうなのでしょうか。 実際に加工するときに使うツメは、仕上がったワークの形状から考えると10mm程度しかつかめないので、その点は変更できません。 自分の考えでは、 1.しっかりとつかめるツメで片側の端面と、外径10mm以上を仕上げる。 2.最初に使用したツメとは別のきっちりと成型したツメで、上記の加工したワークをつかみ、反対側の端面を仕上げて、センタ穴も開ける。 3.実際に加工する時に使用するツメに換えて、それも成型して振れないようにして、それから実際に外径などを加工していく。 と、このような流れでいいのでしょうか? 何か無駄があるような気がするのですが、この手順でいいのでしょうか。

  • 研磨加工の精度について

     長さが275mm程度で直径が90mm程度で切り欠きがある円筒の内径の研磨加工が端面側が55ミリと中心付近にある47ミリのものをそれぞれの誤差を4μ以内に入れて同心度が4μ以内にいれて加工したいのですがうまくいきませんなにが良い方法はありませんか?