• 締切済み
  • すぐに回答を!

ベアリングの加工についての質問です

現在、第一工程で内径仕上げ(250パイで肉厚が10ミリ)内径真円度0.04以内、直角度0.04以内、内径交差-0.02+0.02で仕上げていますが、第二工程で内張(扇爪)で外径その他仕上げしたところ、内径が-0.02-0.08になってしまいました。こんな状態になるのですが、原因が解りません。第二工程では内径は切削していません。材料はSUJ2です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数1
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんにちは チャッキングが原因だと思います。 チャッキング無しで加工するようにしてみて下さい。 内外径加工の製品で肉厚が薄いものの加工では 一回の工程で内外径加工を済ませるように 治具を工夫して加工して下さい。 例えばフランジに素材を溶接(点付け)して内外径加工する。 ボルト締めで端面を押える。 荒引き後少ない取りしろでの仕上にすれば材質の歪 は押えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • リング加工について

    旋盤で、外径210、内径170、厚さ29の黒皮のパイプ材(S45C)で、 外径200、内径180厚さ27のリングを、三爪のパワーチャックで 加工したいのですが、圧を限界まで下げて加工しても どうしても歪んでしまいます。三爪のパワーチャックでは、加工できないのでしょうか? 何かいい方法があったら教えて下さい。ちなみに真円度が0.04です。

  • SUS630 スロアウエイ式ドリル加工

    SUS630 φ35棒材から 外径φ34内径φ30長さL25 円筒貫通穴形状の品物で 内径外径ともに交差±0.02 真円度0.01が要求されています ○セラのマジックドリルでは材料にひずみが残ってしまい仕上がりで 真円度がでませんでした 先回、試作加工の時はφ20のドリルをあけてボーリングバイトで拡大して急場をしのぎました 次回は一番切削抵抗の少ないスロアウリドリルを選定したいと思います Uドリル、フルカットドリルetc ブレーカーもいろいろありますが どれが一番よいでしょうか 知識のある方、教えて頂けたら幸いですm(--)m スロアウエイドリルはφ29でボーリングで内径を仕上げる予定です

  • 電機子(コンミテータ)の切削加工について

    自動車電装用モータの電機子を製作しています.下記について 教えて下さい. <条件>  1.外径22mm・内径8mm・全長25mm   2.構造・材質等説明として、外周方向に10分割された幅0.7mm深さ1.5のス   リットがあり、外径22mmの銅パイプ(厚さ1.5mm)に熱硬化性樹脂(グラ   スファィバー20%程度)を樹脂封入.  3.工法・刃物材質等    外径については 人造ダイヤチップロー付けタイプの片刃バイトを使い     ?粗切削代0.5mm~0.7mm(片側) 50~80m/min     ?仕上げ切削代 0.15~0.2mm  内径 については      ?上記と同じ材質で特殊中繰りバイトで粗切削0.7mm     ?仕上げは超硬リーマ 0.05~0.1mm <困っている事>   内・外径共に径のバラつきや真円度、円筒度、面粗度が安定しません <教えて戴きたい事>   ?内外径切削の刃物材質とメーカ名・出来れば価格 以上、宜しくお願い致します.  

  • 汎用旋盤での加工

    材質 45C素材寸法外径φ230内径φ200厚み 45のドーナツで仕上がり外径φ225-0.1~ー0.2内径H7厚み36.5の0~-0.05この加工手順を教えて頂きたい 毎回面盤に押さえて加工してますが百分代で歪になり不良品となります 扇爪も考えたのですが歪みが出るのではと思ってます 皆さんはどの様に加工されますか教えて頂きたいです

  • SUS304 バー材 パイプ形状加工

    はじめまして! この度、SUS304のバー材を使って、長さ約200mmの長さで、外径Φ16h6、内径Φ10H7に加工する仕事が舞い込みました パイプ材を使わす、無垢からの加工で、後工程研磨なしの旋削仕上をしなければなりません これだけの長さで、薄肉パイプ状に加工する仕事は初めてで、びびりや真円が出ない、長さを数回に分けて加工すると、ミスマッチが出たり・・・とかの懸念があるのですが まだまだ経験が浅いため、どうしたらいいのか分かりません 何卒、アドバイス、よろしくお願いします

  • 高硬度加工

    どんな加工刃具を使えばよいか教えて下さい。 外径φ34/内径φ20.02公差0+0.01/長さ9.8mmの丸物でSCM415の浸炭焼入れ品に外径からφ5交差+0.02+0.04の穴を直角に貫通します。 その時、φ20穴とφ5穴の位置度(芯ズレ)が0.02以下です。 なお、φ5穴は浸炭焼入れ前に下穴(φ4.8くらい)をあけておき、φ20.02穴は浸炭焼入れ後仕上てあります。 数量は1ロット12,000個 浸炭深さは完成品で0.40.6 ワイヤーカットは時間がかかるので刃物で加工したいと考えます。       よろしくお願いします!

  • 加工方法を探してます

    こんにちは,切削業30年以上やっていますが,下記のようなものは経験が無く 壁にぶち当たっています 材質=S45C 外径=8.00±0.005 真円度1.5&micro; 全長 82mm   内径四角3.26±0.04深さ15.5と12まで&Oslash;4.7の穴その奥25まで同じ四角 両四角は位置ズレ10度以下 *外形,全長は問題無いのですが,四角の穴を加工するとふけれてどうしても上手く行きません,現在は片方四角をやって,研磨して片方四角その後投資研磨とかなり工程が(コスト)かかっています 宜しくお願いします

  • 精密薄肉パイプの内径・外径研磨加工

    皆さんお疲れ様です。 早速ですが、タイトルにある薄肉パイプの内径・外径の研磨加工で困っております。 材質はSKH-9 硬度はHRC62 外径Φ30.000 交差+0~-0.005 内径Φ28.200 交差-0~+0.005 内径・外径との同軸度は0.005以内です。 製品長さは100mmです。 内径・外径ともに歪がかなり出ると思われます。 皆さんならどの様に加工されますか? ご教授願います。

  • 円筒研磨で偏肉がでて困っています。

     加工品は内径φ13外形φ18長さは9と13.5です。2つともφ20、幅1.5のツバがついてます。内外径研磨で先に内径を仕上げて、クリアランス5μくらいの治具にお互いツバを外側に向けて、端面抑えで固定して外径を研磨した時に3分の1程度偏肉が0.02以上になってしまいます。原因がわかりません。  1ケ1ケテーパーの芯金に入れて研磨することは考えてません。外径を先に加工するべきなのですが、このような加工手順になってしまいました。  内径の寸法は1μごとに分けており(真円度は1μ以内)治具の径も正確で、治具自体の振れも1μ以内、クリアランスは5μ以内なのに偏肉が0.02以上になる要因もわかりません。    原因、要因、もしかしてと思うことがあれば教えてもらうと助かります。 すみません。 加工材料はSUJ2、焼きはHRCで60は入ってます。 治具のほうもSUJ2、焼きは58~62入ってます。

  • 汎用旋盤でのリング加工

    汎用旋盤で材質sus303、外径φ80交差0から-0.05 内径φ65交差0から+0.03 厚み10mmの加工での質問です。 くわえ代30mm位、このリングを2個取りするたチャックから35mm位出しました。外径は仕上げ内径は1mm付けた状態で突っ切りました。品物が冷え、外径を測ったら歪んでました・・・これは片肉7.5mmと薄いための熱による変形でしょうか?先輩は変形するはずないっていってましたが・・・