• 締切済み
  • 暇なときにでも

円筒状の加工について

L=90mm 外径=φ17h6 内径=φ10.0 材質=SCM415Hの外径加工 をやろうと思うのですが、NC旋盤で加工する場合平行チャックをし ようすると、L=90mmを約半分づつ削ると、振れの影響で継ぎ目に 段差が付くと予想されるので、センターリングを使用し、1クラン プで加工したいのですが実際そのような加工が出来るのか分りませ ん。そこで皆さんにこの様な物を加工する場合どういった方法・設備 を使った方が良いのかアドバイスを下さい。 回答して欲しい内容 ? 機械 ? 加工方法 の2点です宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数2
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

鍛造の素材が多い自動車部品などでは 回答 1)さんの加工方が一般的である。 素材が丸棒などの場合は 加工方法を材料取りの段階から考えます。 この寸法なら片持ちでも十分加工は可能だと推測します。 >L=90mm この寸法が仕上がりなら「L90×2+切断代+両端仕上代」で材料を手配して 片側づつ加工すれば如何でしょうか? 内径・端面も同時加工で可能です。 数量が多ければ「センタレス」で外径加工も宜しいかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなってすみません。(会社が休みの為IN出来ませんでした。) なるほどですね。 材料の長さをを2倍にする方法なら、1クランプで外径加工した精度が 得られると思います。この方法も参考にして、検討して行きたいと思い ます。アドバイスどうも有難うございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

外径だけを1クランプで加工されたいのでしたら、「フェイスドライバー」というのがあります。 参考URLは松本機械工業という会社の製品ですが、サンドビックにも同様なものがあります。 最初は「これで切削力に耐えられるの?」と思われるかもしれませんが、当社ではΦ60の黒皮材から、複雑形状のワークを1クランプで全加工しています。 材料全長を要求寸法通りに切断でき、尚かつ材料両端面へのセンター穴を前加工で加工出来るのであれば、1クランプで全加工が可能となりますので、かなり便利な道具です。 難点は、加工中にワークをしっかり固定させるために爪(ドライブピン若しくはナイフエッジと呼ばれています)を使用しており、これがワークにしっかりと食い込むため、この跡がワークに残ってしまうことです。 この跡が、製品品質上問題ないのかどうかの確認が必要となります。 また、両端面に加工したセンター穴の中心と、材料切断面の直角が悪すぎると、クランプ時にワークを曲げてしまう可能性もあります。(この直角度は、旋盤加工への影響だけでなく、後工程の加工に影響される場合もあります) 製品構造上、多少の直角度の悪さは吸収されますが、限度があります。 どの程度までなら吸収出来るかということは、ワーク外径や長さ等々により変わりますので、一概に言えません。

参考URL:
http://www.mmkchuck.com/product/index.html http://www.mmkchuck.com/product/pdf/face-driver.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなってすみません。(会社が休みの為INできませんでした。) 分りやすい説明と参考資料の提供有難うございました。 早速、上司と相談してフェイスドライバーを使っての加工を 検討して行きたいと思います。

関連するQ&A

  • NC旋盤での心押し軸を使った長細物加工

    NC旋盤を使いはじめて半年の初心者です。師匠がいないので本やパソコンなどで覚えたので変な質問をしてしまうかもしれませんが宜しくお願いします。 NC旋盤でS45Cの外径Φ10内径Φ2長さ200Lの材料を加工します。 まず、外径Φ4の30mmのストレート部があり先っぽを内径0.4R外径0.6R加工しました。 そのあと、心押し軸を使いワークを145mmぐらいだしてストレート部の後ろからテーパにΦ10長さ142mmまで加工したいのですが外径ホルダがあたった瞬間ストレート部が折れてしまい加工できません。 荒加工で片肉1.0mmから0.5mmまで試したのですが折れてしまいました。細すぎるのもありびびりもひどく今のところお手上げ状態です。 チップは日立のDNMG150408-AEを使っています。 わかりにくい説明で申し訳ないですが何卒ご教授ねがいます。

  • 汎用旋盤でのリング加工

    汎用旋盤で材質sus303、外径φ80交差0から-0.05 内径φ65交差0から+0.03 厚み10mmの加工での質問です。 くわえ代30mm位、このリングを2個取りするたチャックから35mm位出しました。外径は仕上げ内径は1mm付けた状態で突っ切りました。品物が冷え、外径を測ったら歪んでました・・・これは片肉7.5mmと薄いための熱による変形でしょうか?先輩は変形するはずないっていってましたが・・・

  • 内径を加工してビビりが出て、困っています。

    NC旋盤、初心者です。材質S45Cの外径Φ112長さ154mmに内径穴Φ88.5深さ124mmとΦ44のザグリの加工しているのですが、内径にビビりが出ていて困っています。ちなみに、Φ88.5の下穴はΦ40が空いていています。爪は35mmしか掴んでいません。 内径バイトの仕上げは、Φ26の超硬バイトしかないので使用しています。 できれば、加工条件を教えて欲しいのですが(回転、送り、切り込み量)

  • 振れ測定方法を教えて下さい

    金属管(外径軸方向に幅2MMの溝8箇所あり)  外径φ20内径φ8、内径入り口面取りC1.5  外径をつかんで面取りの振れを測りたい。  測定精度は10μ以下を要します。三つ爪スクロールチャックで過去にしましたが繰り返し精度が悪く不可でした。宜しく願います。 現状をもう少しお知らせいたします。 全長30MM、外径精度50μ、内径はローレットありで30μ、全長精度0.4MM、外周は溝があるため8ヶ所窪んで います。現在エアーチャック(三ッ爪、掴み繰り返し精度5μ以下)で外径をつかみNC旋盤でC面を加工しています。素材で振れがあるとC面に削り残り、偏芯が でます。 現在真円度計で確認していますが時間がかかります、 また、測定者が特定されます。加工機のNC旋盤でワークを掴みピックでの測定はできますが手元には、 機械がありません。(真円度計とNCは相関有り)  *Vブロック、ユニバーサル社の方法は外径の溝の所 で上下し不適です。 測定三分以下、作業者レベルでの測定可で何か良い方法が無いかと思っている次第です。    紙面をお借りし#1-#6アドバイザーに    御礼申しあげます。

  • NC旋盤加工

    オークマのNC旋盤LB3000、LB300のNC旋盤で 仕上がり 外径φ150 内径φ85+0.1~0 厚み6 外内径C1の加工って出来ないのですか? NC担当者は出来ないと言い張るので理由は 公差が出ない 歪みが出る 端面がビビる 自分はNC旋盤は解らないのですが生爪加工で出来ると思うのですが教えて頂きたいです

  • 再加工について

    一度加工した素材(内径外径共に加工している)を設備より下ろした場合、 外径を再度加工しようとした場合 内径の振れが0.2ほどあった場合 これを0.0まで近づけようとしたらどうすればいいですか 爪は素材の外径をつかんでいます。 爪と素材の間に紙を挟むと0.0に近づきますが この方法はどうでしょうか ワークをチャックしているのは黒皮です。同じところで掴んでも芯が出なければ、 シムを挟んでみます。

  • リング加工について

    旋盤で、外径210、内径170、厚さ29の黒皮のパイプ材(S45C)で、 外径200、内径180厚さ27のリングを、三爪のパワーチャックで 加工したいのですが、圧を限界まで下げて加工しても どうしても歪んでしまいます。三爪のパワーチャックでは、加工できないのでしょうか? 何かいい方法があったら教えて下さい。ちなみに真円度が0.04です。

  • 旋盤薄肉加工について。

    技術の森の皆さまの知恵を貸してください。 NC旋盤での加工なのですが、 材質 硬質アルミ7000系 外径φ40.6 内径φ40.0 高さ133mmの品物を加工したいのですが、肉厚が片側3mmと薄いため考えが浮かびません。 高さ133mmの部分にはφ50 高さ5mmのフランジがあり、120℃づつ振り分けられた合計3つのM2.6タップがあります。 このような薄肉加工をするためにはどのような方法があるのか皆様教えて下さい。 ちなみに数は10万個あるのでNC旋盤でやりたいです。 答え、もしくはアドバイス等ありましたら参考にさせていただきたいのでよろしくお願いします。 皆様お願い致します。

  • scm415のねじ切り加工について

    NC旋盤初心者名のですが・・・ φ20.03のSCM415の材質の物をM16のネジでネジの有効幅が13mmという切削加工 をしようと思っているのですが、プログラムを組んだことが無いので困っています、 条件は背面チャックに掴ませての加工で、回転数がS1500、ねじきり加工前の下径をφ17にしようと思っています。 何方か教えて頂けませんか?

  • NC旋盤 シャフト物の加工について

    宜しくお願いします。 NC旋盤でφ25.4×420のシャフトの加工をφ28×425(黒皮)S45Cから加工をしています。 素材が若干?曲がっていて(多いもので1mm程度?)把握する所とセンタが芯ずれあり、そのままセンタを押して加工すると、曲がりを矯正して加工している為、センタを離すと当然曲がり(振れ)が出てしまいます。 はじめの時の工程では 1、素材の状態で短く掴み、端面にセンター穴をあける。 2、突き出し260程度(機械側のの芯間の限度)で掴んでセンターを押して加工。 振れがひどい状態。 現状は次の様な工程で加工しています。 ?、素材の状態で180程突き出し端面外径を加工。。 ?、削った外径を把握して、汎用旋盤で端面センタ穴加工。 ?、NC旋盤で削った外径を把握して、突き出し260程度でセンターを押して加工。 はじめよりは、振れは軽減したが多いと先端で0.03ほど振れるものがある。 シャフト物の加工経験が浅く未熟者ですが、一般的にどのように素材の曲がりを取って行くのでしょうか。