• ベストアンサー
  • 困ってます

センタドリルの省略

お世話様です. センタドリルを省略して加工するのはよいのでしょうか.気になりましたので投稿いたしました. 銅板(t3)にキリ穴やタップ等いわゆる穴あけ加工をしています. 私はセンタもんでからドリル~でしたが,センタドリルを省略し下穴なしでドリル~で済ませている方がいました. ドリル径はφ3~φ5です.使用工具はEX-SUS-GDRです. 基本的にドリルのチゼルで切削できないことを知っています.しかし実際に穴が開きます. 穴が曲がったり,ピッチのばらつきが発生したりしないのでしょうか.もしくは [t3だから可能なのでしょうか] [銅だから可能なのでしょうか] [使用工具の性能なのでしょうか] とても気になります. よろしくお願いします. ちなみに,ピッチ寸法等はうるさくないです.(この場ではセンタ省略による品質を気にしているのではなく,単純に寸法や穴の曲がりは出ないかを心配しています.)

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

>センタドリルを省略して加工するのはよいのでしょうか.気になりましたので投稿いたしました. 必要なければないほうがいいです。 >ちなみに,ピッチ寸法等はうるさくないです.(この場ではセンタ省略による品質を気にしているのではなく,単純に寸法や穴の曲がりは出ないかを心配しています.)  多少穴位置がずれても穴の曲がり(円筒度)は厚み3ミリということもあ り大きく影響しないと思います。 ただ >ドリル径はφ3~φ5です.使用工具はEX-SUS-GDRです.  EX-SUS-GDRは標準タイプで、溝長さ直径の10倍ありますね。 剛性を考えると皆さんのいうように不安がありますのでセンター穴が必要に なると考えます。 センター加工を省きたいなら、ふくさんが言われるようにお値段もわずかに お安いEX-SUS-GDSのスタブタイプ(溝長さ5倍)をご使用なされ れば安心だし、GDRの標準より回転・送りも上げれると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもお世話になっています.回答ありがとうございます. 検討してみます.

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

私も皆さんと同意権だが 柔らかい材質の加工で しかも板材 切れ味重視の EX-SUS-GDR は良い選定と思う 専用の先端角130度のスポットドリルが良いが 取り付けホルダーがドリルチャックではなく 小径コレットを使えばセンター省略による精度の心配も無い 90度のセンターなら むしろ無い方が良いと思う。 気になるのが抜け際のカエリ(バリ) 可能なら重ね加工も良い 出来るだけ捨て板をかまして加工する事をお勧めします。 時間が有れば 下記 2社の技術資料を読んでみて下さい。 OSG http://www.osg.co.jp/products/technical/pdf/t-24_drill_1007_1007.pdf タンガロイ http://www.tungaloy.co.jp/ttj/products/pdf/drill%20manual.pdf 訂正 ×私も皆さんと同意権だが ○私も皆さんと同意見だが 変換間違いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます.

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

>[t3だから可能なのでしょうか] >[銅だから可能なのでしょうか] >[使用工具の性能なのでしょうか] すべて YES です。 ただし、銅の加工は刃先の摩耗や溶着が問題となるので、 >穴が曲がったり,ピッチのばらつきが発生したり する恐れがあります。 従って、ハイスドリルであれば。センタドリルを入れた方が 望ましいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ということは,ワークや工具など加工条件がそろっていたのですね. 参考になりました. センタは入れる,と割り切りたいと思います.

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

銅板(t3)にレギュラーを使うのはもったいないかと 波長(溝長)の短いスタブを使うのがよいかと

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます. 参考にさせていただきます.

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

直径3~5で、加工対象がCu,厚さが3mm・・・自分ならば、工具寿命の観点からセンタードリル工程は省略しません。 穴の曲がりや、ピッチなどへの影響はごく限定的と考えますが、もし発生してしまった場合、製品1個当たりの加工時間がどのくらい短くなるか、穴の数などがわからないので言及できませんが、手間を惜しめばそれなりの製品しか出来ません・・・これはどんなに技術が発達したとしても『絶対』と言えることでしょう。 あらら、品質を気になさっているのではないのですね、ごめんなさい・・・ これは、加工対象の板厚が一番のポイントでしょう・・・ それと、ドリルの寿命に影響があると考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます. ここでの質問はセンタ省略におけるピッチ等精度への影響です.もちろん品質も気になります(←なぜ質問しない) ドリルサイクルのR点を下げたり,G98,G99にしたり,切削速度・送りを上げたり,G81でぶっ込んだりしてみました.これらは積もり積もるのかも知れませんが,見た感じ加工時間の変化は微々たるものでした. ある程度分かったことは機械の能力によるということです. ありがとうございました.

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

シンニングしてあるので >>ピッチ寸法等はうるさくないです. なら大丈夫だけど 寸法違いはセンターありと比べて多少は変わる さすがOSG高いだけのことはある http://www.osg.co.jp/products/faq/drill/05.html もちろん社内で再研した場合は ご破算 >>マシニングセンター だと手加減ができないので 結構致命的 汎用なら手加減でわかる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます.

関連するQ&A

  • センタードリルについて

    穴加工について、お聞きしたいのですが、 OSGのドリルで、EX-GDSやVP-GDRなど、 センターを押さなくても加工出来ますが、 センタードリルで、センターを押す押さないで、 穴あけする場合は、精度は変わってきますか? センター押してからのほうが、精度が良いような感じが、 するのですが、押さないで加工すれば、 時間も短縮出来ますが、どうなのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 穴あけの時に使うセンタードリルの径の決め方

    ドリル加工ではドリルをあける前に食いつきをよくするために センタードリル使うと思いますが、 あける穴径に対して使うセンタードリルの径の決め方というのはどのような 決め方があるのでしょうか? タップ加工のした穴の決め方 よび径引くピッチというような基準的なものがあるのでしょうか? また食いつきをよくするためにセンタードリル以外に利用することがある 工具はほかにどのようなものがあるのか教えて頂けませんか?

  • センタードリルについて

    ドリル加工前のセンターはどのくらいの径まで加工しますか?例えばφ10のドリルの場合は?またセンターの加工径の大きさによってドリル穴の加工精度は変わりますか?

  • ドリル 穴開け

    旋盤加工でよく5.2mm 6.9mmをドリル穴開けをするのですが、芯押し台にセンタードリルをつけて、センター穴を開けて、それから、ドリルに付け替えて、ドリル加工する方法が一般的だと思いますが、面倒です。刃先交換式ドリルだと、 センター穴を明けなくても、ドリル加工は可能ですか?他によい工具はありますか?回答宜しくお願い致します。

  • ドリルのカエリについて

    部品加工でt=2.0鋼板へφ7.0のドリル穴加工があります。 貫通後のドリルによりカエリが部品形状が袋状になっているため 除去ができません。 限りなく少なくできるドリル若しくは工具はございませんか。 (高さで0.3mm程度までのカエリは可) 参考までに 加工機はブラザー製タッピングセンターにて 穴径交差は0~+0.2まで可

  • ドリル、穴あけ加工の問題点

    マシニングセンタで、2×φ5の穴加工をしました。 貫通穴で大体、素材(FCD)厚みは12mm位です 結果、 2つのピッチを計測すると、表側(ドリルの入り側)は正確に出ていましたが 裏側(ドリルの抜け側)のピッチを計測すると、0.12違っていました。 これは、ドリルがハの字で逃げているのでしょうか? ドリルは、新品の超硬を使用していますので 肩や中心がずれてるとは、考えにくいです。センターももんでます そこで、思ったのですが、現状はドリルチャックで掴んでますが これを、ミーリング用のストレートコレット(日研MK32-5)にすると、 ドリルの逃げは減少するんでしょうか? 条件はS1500回転のF100くらいでG81で加工してます このような現象の解決策と、チャック、ドリルの曲がりについての回答 お願いします

  • アルミ鋳物に対するドリル加工でのピッチ精度不良

    アルミ鋳物の部品加工(自動車のエンジン部品等)をよく行うのですがドリル加工においてしばしばピッチ精度不良が出ることがあります。公差穴や傾斜面等のドリルがズレやすいような状況ではなく無垢のところにただ穴を開けるといったものです。ドリルは通常、OSGのEX-SUS-GDRを使用し、センタードリルも突いています。鋳造時の巣や組織のばらつきが原因かと考えていますがはっきりしたことはわかりません。 現在、その対策として頻繁に使用する径のみ超硬・ダブルマージンのものに置き換えたのですが、今のところ不良はでていません。 ただ、超硬ドリルは高価なのでなかなかすべてを置き換えることは難しく、ほかの解決方法はないかと模索しております。 例えばハイスドリルでダブルマージンというのはどうでしょうか?いろいろな工具メーカーを探しても見つかりませんでしたが安価に解決できそうな気がします。ご存知のかたいらっしゃいましたらご教授ください。 ほかにもなにかいい方法がありましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • アルミ面に傷のつかないドリル加工は?

    アルミの板に貫通穴を開けたいのですが ドリルのキリコで穴の周りに丸く傷がついてしまい 対処方法を探しています。 ワーク:アルミ63S 形状:t20の板 穴径:Φ3.4(M4タップの下穴) 工具:OSG EX-SUS-GDR 切削条件:VC=40>S3700      f=0.1>F370      G83 2~4mmのステップ加工        (ステップ量を変えても効果なし)      水溶性切削油スピンドルスルー 機械:立型マシニングセンタ 今までは加工面にシールを貼って対処していました。 今回は穴がワークの淵にありクーラントの勢いではがれたりしてしまます。 シール無しでも傷のつかない加工方法はありますか? よろしくお願いします。

  • センタードリルとリーディングドリル研磨

    センタードリル先端とリーディングドリルの切れが悪くなった場合、自社で研磨とかするのでしょうか? 鉄工ドリルは、3キリ~50キリ位まで自分で研ぎます。 ステンレスで使った4ミリセンタードリルで鋳物に使ったら(M8タップ下穴もみつけ)穴位置だいぶずれました。見た目では、分からない位で先端が悪くなってたのか??? もみつけ精度では、センタードリルより、リーディングドリルドリルの方がよいのでしょうか?? よろしければ回答お願いします

  • マシニングセンターでの穴の曲がりについて

    マシニング加工2年の未熟者です。 アドバイスいただきたく質問させていただきます。 材質SCH11で穴径11.5深さ30の穴が曲がってしまいます。 118度のセンタドリルで4パイ程度のモミツケをし、 OSGのEXーSUSーGDRでs380、1刃0.08で加工した結果0.1~0.3程度曲がりました。 材質SCHは黒皮の状態で表面は0度~2度無いくらいで傾いているものもあります。 今回この加工は2回目で前回はナチのSGESSでモミツケなしで100穴加工できたのですが、 今回SGESSを自社で再研磨し加工したところ25穴しかもたなく、 仕方なく会社にあったEXーSUSーGDRを使ったという経緯となります。 なんとかこのOSGのドリルの方でうまく加工したいのですがどのような加工方が望ましいでしょうか? 今のところ試してみようと思うのは、 案1 送りを1刃0.16まで上げてみる 案2 再研のSGESSで大きめ(6~10π?)でもみつけ、もしくは肩まで入れてガイド穴にしてから(ガイド穴程度なら再研でも保つかもしれないので)その後OSGドリル 案3 OSGドリルを送り回転はそのままでモミツケなしで加工してみる 以上を週明け試してみようかと思っているのですが、まだまだ未熟者のため突拍子も無いアイデアでは無いかと不安です。。 何かもっといい方法などもしくはこの案についてアドバイスいただけたらありがたいです。 よろしくお願いいたします。 前回試したものとして、 4πセンタドリルでモミツケ程度でGSDドリルで穴あけでも穴曲がり位置精度悪く、 センタードリルを肩まで入れるとGSDの位置精度穴曲がりは改善されましたが、10穴くらいで切れ刃がチッピングしました。