• ベストアンサー
  • 困ってます

センタドリルの省略

お世話様です. センタドリルを省略して加工するのはよいのでしょうか.気になりましたので投稿いたしました. 銅板(t3)にキリ穴やタップ等いわゆる穴あけ加工をしています. 私はセンタもんでからドリル~でしたが,センタドリルを省略し下穴なしでドリル~で済ませている方がいました. ドリル径はφ3~φ5です.使用工具はEX-SUS-GDRです. 基本的にドリルのチゼルで切削できないことを知っています.しかし実際に穴が開きます. 穴が曲がったり,ピッチのばらつきが発生したりしないのでしょうか.もしくは [t3だから可能なのでしょうか] [銅だから可能なのでしょうか] [使用工具の性能なのでしょうか] とても気になります. よろしくお願いします. ちなみに,ピッチ寸法等はうるさくないです.(この場ではセンタ省略による品質を気にしているのではなく,単純に寸法や穴の曲がりは出ないかを心配しています.)

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数234
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

>センタドリルを省略して加工するのはよいのでしょうか.気になりましたので投稿いたしました. 必要なければないほうがいいです。 >ちなみに,ピッチ寸法等はうるさくないです.(この場ではセンタ省略による品質を気にしているのではなく,単純に寸法や穴の曲がりは出ないかを心配しています.)  多少穴位置がずれても穴の曲がり(円筒度)は厚み3ミリということもあ り大きく影響しないと思います。 ただ >ドリル径はφ3~φ5です.使用工具はEX-SUS-GDRです.  EX-SUS-GDRは標準タイプで、溝長さ直径の10倍ありますね。 剛性を考えると皆さんのいうように不安がありますのでセンター穴が必要に なると考えます。 センター加工を省きたいなら、ふくさんが言われるようにお値段もわずかに お安いEX-SUS-GDSのスタブタイプ(溝長さ5倍)をご使用なされ れば安心だし、GDRの標準より回転・送りも上げれると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもお世話になっています.回答ありがとうございます. 検討してみます.

関連するQ&A

  • センタードリルについて

    穴加工について、お聞きしたいのですが、 OSGのドリルで、EX-GDSやVP-GDRなど、 センターを押さなくても加工出来ますが、 センタードリルで、センターを押す押さないで、 穴あけする場合は、精度は変わってきますか? センター押してからのほうが、精度が良いような感じが、 するのですが、押さないで加工すれば、 時間も短縮出来ますが、どうなのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 穴あけの時に使うセンタードリルの径の決め方

    ドリル加工ではドリルをあける前に食いつきをよくするために センタードリル使うと思いますが、 あける穴径に対して使うセンタードリルの径の決め方というのはどのような 決め方があるのでしょうか? タップ加工のした穴の決め方 よび径引くピッチというような基準的なものがあるのでしょうか? また食いつきをよくするためにセンタードリル以外に利用することがある 工具はほかにどのようなものがあるのか教えて頂けませんか?

  • アルミ鋳物に対するドリル加工でのピッチ精度不良

    アルミ鋳物の部品加工(自動車のエンジン部品等)をよく行うのですがドリル加工においてしばしばピッチ精度不良が出ることがあります。公差穴や傾斜面等のドリルがズレやすいような状況ではなく無垢のところにただ穴を開けるといったものです。ドリルは通常、OSGのEX-SUS-GDRを使用し、センタードリルも突いています。鋳造時の巣や組織のばらつきが原因かと考えていますがはっきりしたことはわかりません。 現在、その対策として頻繁に使用する径のみ超硬・ダブルマージンのものに置き換えたのですが、今のところ不良はでていません。 ただ、超硬ドリルは高価なのでなかなかすべてを置き換えることは難しく、ほかの解決方法はないかと模索しております。 例えばハイスドリルでダブルマージンというのはどうでしょうか?いろいろな工具メーカーを探しても見つかりませんでしたが安価に解決できそうな気がします。ご存知のかたいらっしゃいましたらご教授ください。 ほかにもなにかいい方法がありましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

私も皆さんと同意権だが 柔らかい材質の加工で しかも板材 切れ味重視の EX-SUS-GDR は良い選定と思う 専用の先端角130度のスポットドリルが良いが 取り付けホルダーがドリルチャックではなく 小径コレットを使えばセンター省略による精度の心配も無い 90度のセンターなら むしろ無い方が良いと思う。 気になるのが抜け際のカエリ(バリ) 可能なら重ね加工も良い 出来るだけ捨て板をかまして加工する事をお勧めします。 時間が有れば 下記 2社の技術資料を読んでみて下さい。 OSG http://www.osg.co.jp/products/technical/pdf/t-24_drill_1007_1007.pdf タンガロイ http://www.tungaloy.co.jp/ttj/products/pdf/drill%20manual.pdf 訂正 ×私も皆さんと同意権だが ○私も皆さんと同意見だが 変換間違いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます.

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

>[t3だから可能なのでしょうか] >[銅だから可能なのでしょうか] >[使用工具の性能なのでしょうか] すべて YES です。 ただし、銅の加工は刃先の摩耗や溶着が問題となるので、 >穴が曲がったり,ピッチのばらつきが発生したり する恐れがあります。 従って、ハイスドリルであれば。センタドリルを入れた方が 望ましいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ということは,ワークや工具など加工条件がそろっていたのですね. 参考になりました. センタは入れる,と割り切りたいと思います.

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

銅板(t3)にレギュラーを使うのはもったいないかと 波長(溝長)の短いスタブを使うのがよいかと

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます. 参考にさせていただきます.

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

直径3~5で、加工対象がCu,厚さが3mm・・・自分ならば、工具寿命の観点からセンタードリル工程は省略しません。 穴の曲がりや、ピッチなどへの影響はごく限定的と考えますが、もし発生してしまった場合、製品1個当たりの加工時間がどのくらい短くなるか、穴の数などがわからないので言及できませんが、手間を惜しめばそれなりの製品しか出来ません・・・これはどんなに技術が発達したとしても『絶対』と言えることでしょう。 あらら、品質を気になさっているのではないのですね、ごめんなさい・・・ これは、加工対象の板厚が一番のポイントでしょう・・・ それと、ドリルの寿命に影響があると考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます. ここでの質問はセンタ省略におけるピッチ等精度への影響です.もちろん品質も気になります(←なぜ質問しない) ドリルサイクルのR点を下げたり,G98,G99にしたり,切削速度・送りを上げたり,G81でぶっ込んだりしてみました.これらは積もり積もるのかも知れませんが,見た感じ加工時間の変化は微々たるものでした. ある程度分かったことは機械の能力によるということです. ありがとうございました.

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

シンニングしてあるので >>ピッチ寸法等はうるさくないです. なら大丈夫だけど 寸法違いはセンターありと比べて多少は変わる さすがOSG高いだけのことはある http://www.osg.co.jp/products/faq/drill/05.html もちろん社内で再研した場合は ご破算 >>マシニングセンター だと手加減ができないので 結構致命的 汎用なら手加減でわかる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます.

関連するQ&A

  • センタードリルについて

    ドリル加工前のセンターはどのくらいの径まで加工しますか?例えばφ10のドリルの場合は?またセンターの加工径の大きさによってドリル穴の加工精度は変わりますか?

  • ドリル加工でのセンタもみの必要性

    マシニングでは、みなさんどんなセンタドリルをお使いですか? そもそも必要ないのでしょうか? 私が勤めている会社はレーザー加工がメインでして、今後新たな売上を 作るべくマシニングセンタを今年の2月に導入しまして、 オペレーター、データ作成者ともに機械加工未経験者な為、 毎日四苦八苦しております。 そこでマシニングセンタをお使いの方にお聞きいたしますが、 穴加工時のセンタドリルはどんなものでどのくらいの条件でお使いですか? うちでは「Bigのセンターボーイ」を使っているのですが 「送りが遅い、材質が弱い・・・」などこの工具の持ち味である センタもみと面取りの工程を一つにできるメリットが相殺されてる気が している今日この頃です。 加工する主な材質は鋼(ss400がほとんど、たまにSUS304) 現在の切削条件は、切削速度50-送り0.08として 回転723、主軸送り57で使用しています。 切削油は水溶性。 マシニングはキタムラのBRIDGEcenter-10です。 検討中の対策案 ?YAMAWA等の超鋼ポイントドリル (φ16なのでそれ以上は面取り工具を加える) ?高剛性・高精度の機械であれば、そもそもセンタもみは不要という内容の意見も・・・があったので、センタもみを無しにしてあとから面取り加工だけする。 なにせ経験不足な為、機械加工に従事されてる方にとっては”常識”的な ことがほとんど知らない状態です。 ご経験豊かな方のさまざまなご意見お願い致します。 ワークの上面はフラットがほとんどで、穴の深さは貫通で板厚25mmくらいまでが多いです。 ドリルは三菱の超鋼とハイスを使ってます(求芯性はいいらしいです)。 皆様、さまざまなありがとうございます。 実際の使用工具、条件、またその理由を教えていただけると幸いです。 宜しくお願い致します。

  • ドリル 穴開け

    旋盤加工でよく5.2mm 6.9mmをドリル穴開けをするのですが、芯押し台にセンタードリルをつけて、センター穴を開けて、それから、ドリルに付け替えて、ドリル加工する方法が一般的だと思いますが、面倒です。刃先交換式ドリルだと、 センター穴を明けなくても、ドリル加工は可能ですか?他によい工具はありますか?回答宜しくお願い致します。

  • ハイスドリルを超硬ドリルに変更したい

     当社は穴加工がメインで、小径で穴数が1000箇所を越える加工もあります。被削材はS50CとSK3が中心です。それをハイスドリルで加工しています。穴径は2.5~25?位まで、板厚は20?~30?です。穴あけ後リーマ加工をします。  穴の曲がりを少なくするため、直径0.3~0.5?小さい穴→目的の径のエンドミル→目的の径のドリルで貫通させるといった加工をしています。この加工方法ですと、加工時間も工具の本数も多く、納期が短いときなどは休日も仕事しなければ間に合わないような状況です。  そこで加工時間を短縮したいため、超硬ドリルに変更しようかと考えています。しかし超硬は(特に小径)はハイスに比べて折れやすいという話を聞いたことがあります。もちろん加工条件によるところもあると思いますが、お勧めのメーカーやドリルがあったら教えてください。ちなみに切削油は油性です。

  • スーパードリルについて

    さて皆様に聞きたいことがあります。 私は今、汎用旋盤にて穴あけ、中ぐり加工をしているのですが、私は今までスーパードリルをしようしたことがなく、切削条件や注意する点などがわかりません、そこでスーパードリルを使用するときの注意点や切削条件などを教えていただけませんか?ワーク材質はS25Cです、φ60のスーパードリルを使用、穴深さ、80mm貫通穴です、どうかよろしくお願いいたします。

  • マグネシウム加工の面精度を上げるには?

    今までは、ADC12での穴あけ加工でしたが(φ3,6荒加工xφ4.0+0.004+0.004仕上げ加工、超硬バニシングドリル加工)同じツールでの加工ですと、穴径のばらつき及び加工面精度が良くありません。 適正なツールと切削条件、切削油など教えて下さい。

  • センター穴ドリルの切削条件

    NC旋盤に詳しい方是非ご教授ください。 材質SCMのワークに3mmのセンター穴ドリルを加工する際の、切削条件を教えてください。

  • 深穴ドリル加工の条件について

    初めて投稿させていただきます。 弊社ではφ1.6ドリルで深さ20mm(詰まり)の穴あけを 専用機で加工しています。 問題はドリルの加工数に大きなバラつき(10~2,000ヶ)があり 非常に困っています。 現象としてはドリル折れ(ワークの奥で折れる) 加工条件、ドリル突出し量は一定です。 またセンタードリルも定期的に交換しています。 勿論、コレットチャック等は切粉等を除去して使用しています。 なお条件については以下の通りです。 ワーク:SCM435 ドリル:φ1.6SD(130°) 回転数:4,000 切削送り:0.03 切削距離:2.1(ドゥエルにて繰り返し) センタードリル:φ3X90°(センターもみはφ1,0で設定) アドバイスをご教示いただければ幸いです。 何とぞよろしくお願いいたします。                           以 上

  • ドリルサイクル(穴あけ加工)に関して

    お世話様です. ドリルサイクルにG81とG83があります.この二つの違いについて教えていただけないでしょうか(流し物のとき,時間短縮のためG81で加工可能なものは一気に終わらせたいと考えています) t2のワークなのですが(一部t4もあります)キリ穴やタップ加工です.G83で加工していましたが,数量が比較的多いためサイクルを短縮したいと考えています. G81で切削すれば短縮になると思うのですが,G81による工具への影響等はG83とどう違うのでしょうか.t2(t4)のワークをG81で切削するのは危険でしょうか.またG81はどのような時使いますか. 被削材・・・銅 穴径・・・φ3.3,φ4.0,φ4.2,φ5.0それぞれ貫通 使用工具・・EX-SUS-GDR 回転数2000m/min前後 送り150mm/min前後 私は,G83は深穴加工で,切子排出や工具冷却を目的とした加工法と認識しています.しかしG81についてははっきり理解できていません.G81とはどのような加工目的なのかも合わせて教えていただけるとうれしいです. よろしくお願いします.

  • Φ0.5ドリル穴あけ

    弊社ではΦ1以下のドリルは高速ボール盤にて加工しております。 手の感覚と切子のはけがいいからだと上司からは言われてますが、 今もらっている仕事にΦ0.5の穴が500個ある、とてもボール盤では対応できないものがあります。 自分自身入社当初から小径(Φ1以下)はMC等機械による加工はしてきませんでした。 しかし今回はちょうどいい機会なので、機械に任せ小径の穴あけを頑張りたいと思い投稿させていただきました。 素材 鉄(G040F) 深さ 10ミリ(抜け穴) 口元面取り不可 ピッチ間交差±0.03 上記の条件で加工いけるのでしょうか? 切削条件等記載していただけると助かります。