• 締切済み
  • 困ってます

センタードリルについて

穴加工について、お聞きしたいのですが、 OSGのドリルで、EX-GDSやVP-GDRなど、 センターを押さなくても加工出来ますが、 センタードリルで、センターを押す押さないで、 穴あけする場合は、精度は変わってきますか? センター押してからのほうが、精度が良いような感じが、 するのですが、押さないで加工すれば、 時間も短縮出来ますが、どうなのでしょうか。 よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1040
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

EX-GDS等のドリルでセンターの有無で精度が変わるのか? って意味でしょうかねえ? 私的にはむしろセンター無い方が精度出ると思っていますよ。 これらのドリルはセンター不要と言われるくらいですから、剛性があります。なので、センターうってもある程度無視してしまうくらいかと・・・。 それに以前センタードリルの振れを見たことあるのですが、意外と良くなかったです(製品によるでしょうけど)。 結局センターよりドリル自体のほうが精度良いと思っています。 とはいえ、切削条件で精度は変わるだろうとは思いますね。 あと、精度はともかく、センターうってあると切り込み時の負担を軽減できるかなー…とは思いますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ドリルについて

    S45C等の加工していまして、 普段から、OSGのEX-GDSドリルを 使用しているのですが、 もっと切削速度を上げて加工したいと 思いまして、 粉末ハイスのVPのドリルを検討してみたのですが、 レギュラーサイズしか、ありません。 溝長(レギュラーサイズ)が長いと、ショートよりも、 負荷がかかったり、精度、穴倒れなど、 起こるものなんでしょうか? よろしくお願いします。

  • ショートドリルによる心もみ

    マシニングでの加工で 仕事で位置決めの精度として一番厳しいのが プレスのポストユニットを取り付けるリーマ穴になり、 だいたい0.02までの位置決め精度でないと ポストを上型下型にリーマを 入れて固定した時にすっと入らないと思います。 今マシニングに φ3のリーディングドリルVP-LDS90度 OSG φ6 のリーディングドリルNC-LDS130度  OSG φ3ショートドリルEX-GDS OSG 刃長16があります。 セットしたい工具がありφ3のリーディングドリルを外したいのですが、 ショートドリルφ3をφ3のリーディングドリルの代わりに心もみに使おう か考えているのですが、 位置決め精度が0.02以内にもとめられる加工はショートだといっても ドリルではだめで、リーディングドリルで心もみしないと いけないでしょうか? ドリルで心もみしてもいいのは位置決め精度がどれくらいまでの 加工になるでしょうか?

  • センタドリルの省略

    お世話様です. センタドリルを省略して加工するのはよいのでしょうか.気になりましたので投稿いたしました. 銅板(t3)にキリ穴やタップ等いわゆる穴あけ加工をしています. 私はセンタもんでからドリル~でしたが,センタドリルを省略し下穴なしでドリル~で済ませている方がいました. ドリル径はφ3~φ5です.使用工具はEX-SUS-GDRです. 基本的にドリルのチゼルで切削できないことを知っています.しかし実際に穴が開きます. 穴が曲がったり,ピッチのばらつきが発生したりしないのでしょうか.もしくは [t3だから可能なのでしょうか] [銅だから可能なのでしょうか] [使用工具の性能なのでしょうか] とても気になります. よろしくお願いします. ちなみに,ピッチ寸法等はうるさくないです.(この場ではセンタ省略による品質を気にしているのではなく,単純に寸法や穴の曲がりは出ないかを心配しています.)

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

センターっを開けるわけ http://www.mitsubishicarbide.net/mmc/jp/product/product_guide/information/drilling/pdf/wstar-new.pdf まずドリルの磨ぎ方をしっておきましょう ここで重量になるのはシンニングです ドリルは、完全な円錐ではなく http://megw.me.seikei.ac.jp/labo/kousaku/gaiyou/k02/newpage4.htm リンク先の真ん中のように 富士山みたいな形です リンク先の絵でいう 2eの幅部分(なんて呼ぶんだろう?) この部分は、切れない部分でありこの幅が広いと切削抵抗になります そのため、センターをあけないと刃物が逃げていくわけですね これを防ぐために、シンニングをします シンニングをすると 2eの幅は狭くなり切削抵抗が少なくなります 新品のドリルでは正規のシンニングがされているので 新品のドリルでは、センターを開けなくても良いといわれる人も居ます まあ、間違いではないですが正しくは有りませんが なぜ、センターが必要なのか? ドリル先端は 富士山みたいな形と書きましたが(横から見たときね、正確に3Dでは違うけど) 単純に、円錐形だとします 回転数は外周の周速から、求めます ですから、ドリル径が大きいと回転数を遅くして、小さいと早くなります ですから、本来は周速一定でドリルが振れた瞬間が、一番早く接触面が広がっていくにつれて遅くすると、 ドリルの負荷がなく一定にドリルが入っていくのですがそんな制御は出来ません 太いドリルで刃物の剛性で、曲がりを防ぎセンターレスで加工しだすと 刃先お中心付近が、かけたりします その原因がこれです ですから、大径のドリルを使うとき、した穴を空けるのは、このためです なら、小さい刃物で、周速を早くすれば・・・ この場合、刃物の剛性がないので曲がります これを防ぐのに センタードリルを使うのですね センターの場合、ドリル先端は小さく、首下も短いので 剛性も、回転数も上げることが出来 刃物寿命も延びます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

毎度です 他の人のおっしゃるとおりですね。 精度の必要のないところは要らないと思うし、精度の必要なところは無いと困るし。 現場では判断が難しいときがあるので、全部センタードリルを行ってからドリルで穴あけを行ってます。 後で”ズレてるぞ~”ってイチャモンつけられたり、修正に余計な時間をくわれたりしないように・・。 では・・頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

コレには研磨の状態(出来不出来)が大きく影響します 過去の質問をみても 要る要らない の回答は多数ありますが 結局新品で購入した時は研磨は勿論ホーニング~コーティングに至るまで メーカ品質ですので前加工のセンター穴は殆ど必要ありません が、再研磨品になってきますとそのあたりが崩れてバラツキますので 下穴まえのセンターモミツケが必要になってくるのでしょう ですから回答としては本来は必要は無いけれど有った方が間違いない  じゃないでしょうか ちなみにうちはセンターモミツケは一切しておりません ただし再研磨再コーティングは製造メーカに出しております これは他にも理由が有るんですけどね・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

「穴あけする場合は、精度は変わってきますか?」 当然、精度は変わります。 ノックピン(リーマー)などの精度が必要な時はセンタードリル加工するほうが無難ですし、ボルトなどのバカ穴はセンタードリルの加工なしでもさほど問題にはならないと思います。 といっても、ウチではすべての穴に先にセンタードリル加工をしています。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • センタードリルについて

    ドリル加工前のセンターはどのくらいの径まで加工しますか?例えばφ10のドリルの場合は?またセンターの加工径の大きさによってドリル穴の加工精度は変わりますか?

  • マシニングセンターでの穴の曲がりについて

    マシニング加工2年の未熟者です。 アドバイスいただきたく質問させていただきます。 材質SCH11で穴径11.5深さ30の穴が曲がってしまいます。 118度のセンタドリルで4パイ程度のモミツケをし、 OSGのEXーSUSーGDRでs380、1刃0.08で加工した結果0.1~0.3程度曲がりました。 材質SCHは黒皮の状態で表面は0度~2度無いくらいで傾いているものもあります。 今回この加工は2回目で前回はナチのSGESSでモミツケなしで100穴加工できたのですが、 今回SGESSを自社で再研磨し加工したところ25穴しかもたなく、 仕方なく会社にあったEXーSUSーGDRを使ったという経緯となります。 なんとかこのOSGのドリルの方でうまく加工したいのですがどのような加工方が望ましいでしょうか? 今のところ試してみようと思うのは、 案1 送りを1刃0.16まで上げてみる 案2 再研のSGESSで大きめ(6~10π?)でもみつけ、もしくは肩まで入れてガイド穴にしてから(ガイド穴程度なら再研でも保つかもしれないので)その後OSGドリル 案3 OSGドリルを送り回転はそのままでモミツケなしで加工してみる 以上を週明け試してみようかと思っているのですが、まだまだ未熟者のため突拍子も無いアイデアでは無いかと不安です。。 何かもっといい方法などもしくはこの案についてアドバイスいただけたらありがたいです。 よろしくお願いいたします。 前回試したものとして、 4πセンタドリルでモミツケ程度でGSDドリルで穴あけでも穴曲がり位置精度悪く、 センタードリルを肩まで入れるとGSDの位置精度穴曲がりは改善されましたが、10穴くらいで切れ刃がチッピングしました。

  • アルミ鋳物に対するドリル加工でのピッチ精度不良

    アルミ鋳物の部品加工(自動車のエンジン部品等)をよく行うのですがドリル加工においてしばしばピッチ精度不良が出ることがあります。公差穴や傾斜面等のドリルがズレやすいような状況ではなく無垢のところにただ穴を開けるといったものです。ドリルは通常、OSGのEX-SUS-GDRを使用し、センタードリルも突いています。鋳造時の巣や組織のばらつきが原因かと考えていますがはっきりしたことはわかりません。 現在、その対策として頻繁に使用する径のみ超硬・ダブルマージンのものに置き換えたのですが、今のところ不良はでていません。 ただ、超硬ドリルは高価なのでなかなかすべてを置き換えることは難しく、ほかの解決方法はないかと模索しております。 例えばハイスドリルでダブルマージンというのはどうでしょうか?いろいろな工具メーカーを探しても見つかりませんでしたが安価に解決できそうな気がします。ご存知のかたいらっしゃいましたらご教授ください。 ほかにもなにかいい方法がありましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • センタードリル

    OSGのセンタードリルを 使用しています。 材料は、S45C・アルミを加工しています。 加工は、G81とG73とでは、 刃持ちとか影響してくるのでしょうか? コーティングのドリルでのG73での加工しているのですが、 切り込み量は、どのくらいで加工していますか?

  • ドリル穴が曲がるのですが・・・

    SUS304にΦ2.5穴(深さ14貫通)をあけたのですが、曲がってしまいます。 工具はOSG EX-SUS-GDS を使用しています。 加工条件、回転数S1540 F80 Q1.0 何に問題があるのでしょうか?

  • OSGのGドリルはボール盤で使用してもいいもので…

    OSGのGドリルはボール盤で使用してもいいものでしょうか? 普段はナチのsドリルをつかっていますがOSGのEX-GDRをボール盤で使用しても大丈夫でしょうか?

  • SUS420J2Dドリル切削加工方法

    こんにちは 現在SUS420J2Dドリル加工をしてるのですがどうしても穴が曲まがり、ドリルに構成刃が付いて困っています。 1.曲がりφ2.05のドリルで穴を明けても曲がりが 入栓ゲージが通らない(交差は、2.09+0.1 0です)使用ドリルOSGのEX-SUS-GDSφ2.05です 構成刃先がついて口元拡大中間ではゲージが通らない センタ-は岡部の2.0×60度をしようしています 使用機械シンコムのF12又はF16を使用しています(複合旋盤です) 切削条件は、あらゆる条件を試したのですがぜんぜん改善されません(他にも試したのですが同じです) どなたかSUS420J2でのドリル加工をされている方あれば教えてください

  • ドリル穴加工について。

    ドリル穴加工を行う際、1、センタードリル 2、ドリル が一般的だと思います。ドリル先端角120度に対し、理想のセンタードリル角は120度だとカタログに記載されていました。センタードリルとはOSG リーディングドリルです。  質問なのですが、図面に面取り指示が無い場合でもやはり、面取りを考慮して、センタードリルは120度ではなく90度のものを使いその後ドリル加工で行うのが一般的でしょうか? それともOSGドリルのほとんどはセンターもみ不要のシンニングがされていますので、センタードリルは使わないで直ドリル加工を行いますか? ケースバイケースでしょうか?

  • φ6.5ドリルでの穴空け

    お世話になります。材質がSS400で厚さが60mmあるのですが、これを6.5(OSG,EX-SUS-GDR)のドリルで貫通させると0.3mmぐらい出口のところで曲がってしまっています。仕方ないので、超硬ドリルを使用しましたがさすがにまっすぐに空くものの、40カ所ぐらいで、先端がかなりチッピングしてしまいます。曲がらずに空けるよい方法もしくはドリルをご存じの方、よろしくお願いします。

  • SUS304 ロールタップ

    いつも拝読させていただいておりますMC初心者です。 SUS304・肉厚12mm・有効ネジ深さ6mm(止まり穴)の加工方法についてご教示ください。 これまではSUS用スパイラルタップ(OSG)を使用し、 センタもみ付け→3mmドリル→3.4mmドリル→面取り→タップというように加工していたのですが、奥に行くにつれネジがきつくなり、後工程で軽くタップでさらっていました。 MC加工時、あまり奥までタップを入れるのが怖くて入れられませんでした。 (入れすぎてタップの欠損が数回ありました) そこで今回ロールタップを試してみようと思い、SUS用のロールタップと下穴用のコーティングドリルを用意し、試し加工をしました。 まずは、S45CとSS400で加工したのですが、うまくネジ山がたちました。 いざSUS304で加工しましたらあっさりタップが折れてしまいました。 加工手順は次の通りです。 センタもみ付け⇒3.5mmドリル(EX-SUS-GDR)→3.65mmドリル(EX-SUS-GDR)→ロールタップ(VP-SC-NRT) 周速等はカタログを参考に参考値の中間をとってみました。 一気にZを降ろすのではなく数回に分けて行ったほうがいいのでしょうか? よろしくお願いいたします。