• ベストアンサー
  • 困ってます

ハイスドリルを超硬ドリルに変更したい

 当社は穴加工がメインで、小径で穴数が1000箇所を越える加工もあります。被削材はS50CとSK3が中心です。それをハイスドリルで加工しています。穴径は2.5~25?位まで、板厚は20?~30?です。穴あけ後リーマ加工をします。  穴の曲がりを少なくするため、直径0.3~0.5?小さい穴→目的の径のエンドミル→目的の径のドリルで貫通させるといった加工をしています。この加工方法ですと、加工時間も工具の本数も多く、納期が短いときなどは休日も仕事しなければ間に合わないような状況です。  そこで加工時間を短縮したいため、超硬ドリルに変更しようかと考えています。しかし超硬は(特に小径)はハイスに比べて折れやすいという話を聞いたことがあります。もちろん加工条件によるところもあると思いますが、お勧めのメーカーやドリルがあったら教えてください。ちなみに切削油は油性です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

 参考になるかどうかは判りませんが、基本的にハイスと超硬の違いは靭性にあると思います。靭性とは曲がるかどうかですかね。ハイスは曲がる特性のため折れにくいってことになるでしょうか。超硬は曲がらないため折れ易いですね。逆に言えばハイスキリは真直性は?ってことです  下穴等、空いている場合にはそれに沿ってキリも進もうとするのでその場合ハイスをチョイスということになるかと思います。(あくまで折れにくさを考えた場合です)よって真直性等必要なら(リーマなら必要ですね)超硬一発加工(加工面によってはキリの逃げ防止のためセンタ押し)でリーマですかね?  またキリとリーマが一発加工(h7精度だったかな?)が出来るという謳い文句の工具をカタログで見たことありますが・・たしかドイツ製だったような・・私は怖くて購入出来ませんでしたが・・切削油については当方水溶性の為油性については判りません 以上は個人的と自社の見解ですかね~ご参考になれば幸いです 三菱マテリアルやOSGなどのHPでは工具ごとのイベント的なビデオクリップも公開されています。検索してみればアドレスは出ると思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。非常に参考になります。当社では超硬ドリルで加工したことがないため、近いうちに超硬ドリルで試し加工してみます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

各社、色々出ていますが、大差はないように、思いますが。 14~15ミリ以上でしたら、スローアウェイドリルが良いかと? 確実に加工時間を短縮できます。 油性の切削油では、発火の恐れが有りますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございます。以前にスローアウェイドリルを使用したのですが、発火寸前まで行ったことがあり、加工条件を落として加工していました。そのため、そんな高価なドリルを使うよりも普通のドリルのほうが安上がりだろうということになってしまいました。水溶性の切削油にすればいいんでしょうけど、どうしても油性を使わざるを得ない状況なので難しいところです。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

OSG、タンガロイですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。両方のメーカーを調べてみましたが、タンガロイはあまり種類がないようですね。OSGは結構種類ありますね。ほかのメーカーも調べてみます。

関連するQ&A

  • 超硬4刃とハイス2刃どっちがいいか

    現在MCについている底刃付きハイス φ14の2刃フラットエンドミルで M8六角穴付きボルトの座繰り加工をG83のステップ加工で 9ミリあける加工をしています。 この工具の波長は35です。 プレス金型作製において、スクリュープラグの M16 18 20 22  P1.5 の下穴 と タップは ボール盤とか手でやっていたのですが、 タップはプラネットタップを使って一本で対応し 下穴もφ14のエンドミルを 使ってコンタリング加工をしてエンドミル一本で対応しMCでできるように しようかと考えているのです。 今のエンドミルは刃長が35なので、 板厚みが35以上のプレートには 下穴をあけれないので、 波長がもう少し長いφ14の工具に変えて、 スクリュープラグの下穴を作る為のコンタリング加工 とM8ボルトの座繰りどちらも一本で対応したいと考えているのです。   スクリュープラグのタップを開けるプレートの厚みを40ミリまでと想定し エンドミルのカタログを見ていたところ、 OSGではEX TIN EDL ハイス2刃 刃長55 φ14 シャンク16 とミスミTSコート超硬スクエアエンドミル φ14 刃長さ42 四枚刃がありました。  座ぐり加工や下穴あけ加工につかうので切り子のはけから2刃の方がいいよう に思いましたが、超硬は4刃しかありませんでした。値段は2000円ほどしか かわりませんでした。 このような加工で使うとしたらどちらの工具がいいでしょうか? 加工材はSKS3 生 SS400  です。 超硬って4枚刃で そのようなざぐり加工をすると切り子つまったり 刃が長いことからの振動などからかけると考えてハイスドリルに するでしょうか?  訂正 >などからかけると考えてハイスドリルに >するでしょうか? ハイスのエンドミルにするでしょうか?  

  • φ0.8リーマ加工

    0.83リーマ加工で困っています  板厚11ミリ貫通したいのですが 下記加工工程です ?0.5ハイスドリル深さ4ミリ程度 ?0.7超硬ドリル貫通  ?0.83超硬リーマ こんな感じで大丈夫でしょうか 回転 送りなどもお願いします 何度か試作加工をしてみましたが、穴曲がりかなのかリーマが破損してしまいました 細い加工がはじめてな物で何か良いアドバイスありましたら宜しくお願いいたします 

  • ハイスと超硬ボール どちらがきれいに仕上がるか

    SKS3 やSKD11の生へのボールエンドミルによる加工において、 回転数3500が上限のMCにおいては 超硬ボール とハイスボールでは どちらの方がきれいに仕上がることができるのでしょうか? ボールの最小径はR2です。

  • ドリル加工穴あけ

    マシニングセンタのドリル加工でワークはSS400で板厚が19ミリあります。 3.4のドリル加工を貫通穴でハイス ドリルで加工しているのですが、時間もかかるので超硬ドリルで19ミリは一発加工はできるのでしょうか? おすすめの3.4超硬ドリルはありますか?

  • ドリル

    熱処理済み(HRC40程度)材料(板厚40mm程度)にドリルで穴をあけられないかと考えてます。超硬、ハイス鋼等のドリルで加工可能でしょうか。それとも無理でしょうか。教授お願いします。宜しく。

  • ドリル加工でうねってしまいます。

    お世話になります。 素材C5191にφ2.02(公差0.05)、深さ13ほどの穴を超硬ドリルで開けていますが、数百個ほどでドリルが磨耗してくると、穴がスパイラル状にうねってきてしまいます。 ハイスリーマを通してみましたらうねりがひどくなると、リーマがそれに習って折れてしまいます。 バニシングドリルも試してみましたが、これは100個も加工しないうちに折れてしまいました。 NC自動盤で芯は問題なく出ています。 現状では数百個で高価な超硬ドリルの交換で対応しています。 工具寿命が長くなる方法はないでしょうか?

  • C5212深穴の曲がり

    りん青銅 C5212の深穴加工ですがφ9.5で80ミリ程度加工しています。 ドリルとエンドミルで加工していますが、奥の方で曲がりが発生しています。 何か良い対策ありませんか? 現状 ハイスドリルφ9ショート→ハイスドリルφ9ロング→φ9.5エンドミル →φ9.5仕上げエンドミル エンドミルは超硬です。 曲がり0.1 仕上げ加工G83 S265 F12 Q3 突き出し量128mm 穴深さ80mm

  • 穴加工-ドリルの選定について

    ど素人の私に教えてください。 最近は穴加工の際、センター穴なしで一発で穴をあけることが多いと聞きますが、それは被削材やドリルの材質に限りがあるのでしょうか?? 超硬のドリルは高いし条件もいまいちつかめないのでハイスメインなんですが、そんな話を聞くと手間もはぶけて超硬も買いたいような・・・ただ精度的に問題ありそうですが・・・ ぜひ回答お願いします。

  • ハイスと超硬エンドミルの違い

    弊社は樹脂・軽金属を中心に今までマシニング加工を行っておりました。 これまでは特に気にすることなく、超硬エンドミルばかりを使用してきました。 最近ハイスエンドミルを使うようになったのですが、思うように面精度がでません。超硬で加工するときのような綺麗な仕上がりにならず困っています。 現在、荒加工にのみハイスを使用しているのですが、ハイスにて仕上げ加工を行う際の何か注意点はあるのでしょうか? ご教授頂ければ助かります。何卒宜しくお願い申し上げます。 使用機械:BT40 TMC-40V 加工対象:樹脂全般・アルミ・真鍮・鉄

  • 小径スターティングドリル探しています

    はじめまして。よろしくお願い致します。 緊急に小径のスターティングドリル(又はセンタードリル)探しています。 加工ワーク材質はA2017ですが穴数が多いため(約10000穴)出来れば超硬がいいです。加工穴はφ0.4で穴口に45°の面取りがありスターティングドリルで面取りも同時に加工してからドリル加工をするのが理想です。60°までなら市販されているのですが45°ってあるんでしょうか? やはり先端角45°のカッターを作るようでしょうか? その他、こんな加工方法が…等、ありましたらよろしくお願い致します。(些細な情報でもいいヒントになるかもしれないので)