• 締切済み
  • すぐに回答を!

穴あけの時に使うセンタードリルの径の決め方

ドリル加工ではドリルをあける前に食いつきをよくするために センタードリル使うと思いますが、 あける穴径に対して使うセンタードリルの径の決め方というのはどのような 決め方があるのでしょうか? タップ加工のした穴の決め方 よび径引くピッチというような基準的なものがあるのでしょうか? また食いつきをよくするためにセンタードリル以外に利用することがある 工具はほかにどのようなものがあるのか教えて頂けませんか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数947
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

その様な用途には、センタードリルよりもむしろ、 “リーディングドリル”とか“スターティングドリル”、 あるいは“ポイントドリル”などと呼ばれる工具をお使い下さい. イワタツールの“SPセンタードリル”というのもこの類いのものです. 後からドリルをぶち込むのであれば、わざわざセンタ穴用のドリルを使う意味はありません. ドリルのガイド穴と面取りを同時に行う目的であれば、 使用するのは後から入れるドリルと同じ先端径のセンタードリルです. それより大きくても小さくてもガイドの役割を果たしません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

気になったので、ここだけ答えておきます。 > タップ加工のした穴の決め方 > よび径引くピッチというような基準的なものがあるのでしょうか? 下穴径の決め方は、正しく覚えておきましょう。 呼び径 - ピッチ ⇒ 下穴径 等という様な、おかしな便法は危険です。 答えはズバリ、JIS B 1004 を、御覧下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

加工部材の材質にも因りますが、φ2~3mmと知り合いの加工屋さん が言っていました。 貴社の実績は?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

ドリル加工・・・ いたって単純でどの様な機械でも加工は可能 しかしながら、奥がとても深い加工方法ですね。 昔ながらのハイスのドリルでは 神戸が良いとかナチが良いとか・・ 現在では 岩魚内 氏 のご指摘の通り刃先形状が改良されて超硬・ハイスを 問わずセンター加工無しで穴あけをする事が多くなりました。 30年以上前に細井工作所の社長(工学博士)が開発した RシンニンニングがダイジェットとOSGに採用されたのが始まりです。 現在の高能率ドリルの原型だと思います。 センター加工は剛性の無い機械(電ドルを含め)の場合はやはり有効ですが 最近の機械では直接穴あけの方が精度も良く加工が可能です。 斜面などに穴をあける場合もセンターの角度とドリルの角度の違いの為 逆に精度が悪くなるケースもあります。 センター加工したい場合は先端の角度が同じ小径で剛性のあるドリルで 行うことをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

センタードリル自体が嫌われてます。 ・加工箇所が多ければ工数が無視出来ない。 ・超硬、短尺、面状態良、シンニング適切なれば、無くても加工可。 タンガロイのカタログをご覧下さい。 頁数が多いので『センタドリル』『センタードリル』で検索した方が良いです。 ・超硬ドリルでは食い付き時に逆に欠けやすくなる。 ・専用センタードリルとしてギガスポットドリル。小径の面取兼用。 ・φ0.3未満の細径でも専用品あり センタードリル無しで多数穴加工したのはアルミなので、欠ける現象に遭遇したことは無いですが、鋼でセンタードリル有りの場合、食い付で嫌なビビリが出ることは確かですね。

参考URL:
http://www.tungaloy.co.jp/ttj/products/pdf/drill%20manual.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

超硬はセンタードリルなくてもいいのですね。 知りませんでした。ありがとうございます。 しかし>超硬ドリルでは食い付き時に逆に欠けやすくなる とのことですが、 センター穴を開けると逆にかけやすくなるのでしょうか?

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

φ2は穴だったな これがあればほとんどの加工は一本ですみますね 昔使っていた方法 基本はφ3 でセンター決めてました φ10以上は下穴を必ず開けていたので φ3で すべてOKですが M3の下穴時だけ φ1.5を使ってました φ3だと下穴径より大きいから ほんとφ2のセンターがあればすべてウマくいきますね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

他の回答者さんも記述していますが、 ※ センタードリル使用目的   ドリルをあける前に食いつきをよくする ※ センタードリル共通化の条件   できるだけ小径(共通化)で、且つ折れ難い(耐久性)径   センタードリルを使用しない小径値以上 等を考慮しますと、φ*で共通になるのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとございます。 >センタードリルを使用しない小径値とは 径がいくら以下の場合なのでしょうか? >φ*で共通になるのでは? その径はいくらなのかよろしければご教授いただけないでしょうか?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

うちでは径にかかわらず、センタードリルは一本でやってます。(φ2) ただφ2以下のものはドリル径より小さいものを使用しています。 ドリルの先端が入れば問題ないんではないでしょうか・・・・。 タップの下穴はそんな感じであってると思います。 ただまれに材質に合わせてコンマ1ミリほどずらしたりはします。 (材質によって通常のままだときつきつだったりする場合があるので) 食いつきよくするために、センターであけた後、小径のドリルを通したり、 センターを深めにもんだりします。 そうですね、常日頃使うのはφ2で、 あけたい穴がφ2以下のときは、それよりも小さいセンターを使ってます。 うちには0.3あたりから2ミリくらいまでセンターがありますので、 それにあわせて選んでいます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >ただφ2以下のものはドリル径より小さいものを使用しています といのはあけたい穴径が2以下の場合は 2よりものセンタードリルと使うということですね? 共通化しているのは2だけど、 あけたい穴が2以下の場合は あけたい穴径よりも小さいセンタードリルを使うということですね?

関連するQ&A

  • センタドリルの省略

    お世話様です. センタドリルを省略して加工するのはよいのでしょうか.気になりましたので投稿いたしました. 銅板(t3)にキリ穴やタップ等いわゆる穴あけ加工をしています. 私はセンタもんでからドリル~でしたが,センタドリルを省略し下穴なしでドリル~で済ませている方がいました. ドリル径はφ3~φ5です.使用工具はEX-SUS-GDRです. 基本的にドリルのチゼルで切削できないことを知っています.しかし実際に穴が開きます. 穴が曲がったり,ピッチのばらつきが発生したりしないのでしょうか.もしくは [t3だから可能なのでしょうか] [銅だから可能なのでしょうか] [使用工具の性能なのでしょうか] とても気になります. よろしくお願いします. ちなみに,ピッチ寸法等はうるさくないです.(この場ではセンタ省略による品質を気にしているのではなく,単純に寸法や穴の曲がりは出ないかを心配しています.)

  • センタードリルについて

    ドリル加工前のセンターはどのくらいの径まで加工しますか?例えばφ10のドリルの場合は?またセンターの加工径の大きさによってドリル穴の加工精度は変わりますか?

  • ドリルの加工径が大きくなってしまいます。

    こんばんは。 私の職場でドリルで空けた穴が大きくなってしまうという問題が発生しました。 詳細 マシニングセンタにてΦ14程度のドリル加工したところ穴径が0.5mm程度大きくなったものをそのまま焼き入れに出しました。その後、仕上げ工程にて穴を仕上げようとした際ドリルの加工面が取りきれなかったという問題です。 その他に一般公差を外してしまうくらい穴径が大きくなることがたまに発生していました。 加工時の主軸の振れは0.1mm以内でBT50のホルダーを使用しています。 ドリルは三菱マテリアルのハイス綱、テーパーシャンクドリルを使用しドリルの前にはΦ3のセンタードリルにて5mm加工しています。 ドリルの再研は手研ぎにて行っています。 このことを受け、現在ドリルの研ぎ方を今一度練習しているのですがそれでも最大で0.2mm程度は大きくなってしまいます。 皆様の会社ではドリル径が大きくなってしまうようなことはありますか? 穴径が大きくならないための解決法があるならぜひ教えてください。

  • ドリルの穴あけについて

    製品にけがいてポンチをうちφ3,4で下穴をあけてから φ6以上の穴をあけていましたが、同じけがき線のセンター にあるはずの穴がセンターずれしていました。 今まで少しだけずれていたので気が付かなかっただけで 今回は目に見えてずれていたのでわかったのでは?と 思います。 これはφ6以上のドリルで開けた際にドリルが太くて先端が センターずれしているのに気がつかず、穴をあけているのでは? と思いました。 けがき線は引く際はスプレーで見易くしますが、位置により 穴径が異なるのでポンチ後はスプレーは拭き取り穴径を ポンチ上に書いていますのでけがき線は見難くなります。  あとスプレーの上からマジックで穴径を書くとマジックとの 相性がよくないようですぐに出なくなります。 穴径を書く部分のみスプレーを消すという方法もありますが センターを意識しながら少しあけて確認すれば良いかも しれませんが効率が良くなく、他の人は当然していません。 穴位置がずれる要因やアドバイス頂けると助かります。

  • ドリルサイクル(穴あけ加工)に関して

    お世話様です. ドリルサイクルにG81とG83があります.この二つの違いについて教えていただけないでしょうか(流し物のとき,時間短縮のためG81で加工可能なものは一気に終わらせたいと考えています) t2のワークなのですが(一部t4もあります)キリ穴やタップ加工です.G83で加工していましたが,数量が比較的多いためサイクルを短縮したいと考えています. G81で切削すれば短縮になると思うのですが,G81による工具への影響等はG83とどう違うのでしょうか.t2(t4)のワークをG81で切削するのは危険でしょうか.またG81はどのような時使いますか. 被削材・・・銅 穴径・・・φ3.3,φ4.0,φ4.2,φ5.0それぞれ貫通 使用工具・・EX-SUS-GDR 回転数2000m/min前後 送り150mm/min前後 私は,G83は深穴加工で,切子排出や工具冷却を目的とした加工法と認識しています.しかしG81についてははっきり理解できていません.G81とはどのような加工目的なのかも合わせて教えていただけるとうれしいです. よろしくお願いします.

  • センタードリルについて

    穴加工について、お聞きしたいのですが、 OSGのドリルで、EX-GDSやVP-GDRなど、 センターを押さなくても加工出来ますが、 センタードリルで、センターを押す押さないで、 穴あけする場合は、精度は変わってきますか? センター押してからのほうが、精度が良いような感じが、 するのですが、押さないで加工すれば、 時間も短縮出来ますが、どうなのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ドリル 穴開け

    旋盤加工でよく5.2mm 6.9mmをドリル穴開けをするのですが、芯押し台にセンタードリルをつけて、センター穴を開けて、それから、ドリルに付け替えて、ドリル加工する方法が一般的だと思いますが、面倒です。刃先交換式ドリルだと、 センター穴を明けなくても、ドリル加工は可能ですか?他によい工具はありますか?回答宜しくお願い致します。

  • ドリル、穴あけ加工の問題点

    マシニングセンタで、2×φ5の穴加工をしました。 貫通穴で大体、素材(FCD)厚みは12mm位です 結果、 2つのピッチを計測すると、表側(ドリルの入り側)は正確に出ていましたが 裏側(ドリルの抜け側)のピッチを計測すると、0.12違っていました。 これは、ドリルがハの字で逃げているのでしょうか? ドリルは、新品の超硬を使用していますので 肩や中心がずれてるとは、考えにくいです。センターももんでます そこで、思ったのですが、現状はドリルチャックで掴んでますが これを、ミーリング用のストレートコレット(日研MK32-5)にすると、 ドリルの逃げは減少するんでしょうか? 条件はS1500回転のF100くらいでG81で加工してます このような現象の解決策と、チャック、ドリルの曲がりについての回答 お願いします

  • オーバーサイズタップ 下穴径

    M30.3x3.5p のタップ加工の時の下穴径の質問です。 一般的にはM30x3.5pの場合、26.5ドリルですが今回の場合0.3mmオーバーサイズにて加工します。その時ドリル径は26.5でしますか、それとも0.3mmプラスした26.8で行いますか。ただし 等級は同等(2級)とした場合です。 回答よろしくお願いします。

  • フラットドリルによる穴径の拡大

    いつもお世話になっております。 表題の件ではございますが、ワークサイズφ36長さ8mm、 自動盤にて端面(中心ではない)に回転工具で穴径φ8.05の貫通穴と深さ7mmの穴底がフラットな穴を開けます。 そのためナチ製のアクアドリルフラットを使用していますが 100個、200個と加工していくと穴径が大きくなっていきます。 条件としましては、不水溶性油でドリル回転数3000rpm送り300から始まり、 現在は2000rpmF150に落として良くなったと思ったら、また大きくなっております。 切りくずは条件を落としたぶん?ドリルに絡みつくようになりました。 原因と改善策をご教示いただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。 皆様ご回答有難うございました。 ご報告としまして、今回回答者(4)様の案の面取りを含めたガイド穴を開けてドリル加工で試した所、通常では400個ほどで穴拡大したのに対し、 1000個加工できました。 今後はドリルの突き出しを短くしたりすればさらに安定するのではないかと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。