• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ステンレス系なのに錆が発生した

製紙会社に納入した機械で使用しているステンレス鋳鋼に錆が発生しました。 錆が発生した箇所は、鋳肌部分で、機械加工面は、錆びていません。 錆びが発生した原因が、わかりません。 この部品の材質は、ドイツから輸入したもので、 ヨーロッパ規格では、1.4552でJIS規格では、SC21に相当する オーステナイト系ステンレス鋳鋼です。 これはと思われる要因が、わかる方、教えて下さい。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1438
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

先ず、以下の参考URLで、ステンレスについて解説・入門篇を 確認下さい。特に、下段の腐食部分項目を。 そして、ステンレス 腐食で検索しますと各種資料が確認できます。 一例を、参考URLに落とし込んでいます。 さて、スレンレスの鋳肌部分は、不動態皮膜(酸化皮膜)が、 異物等で上手くできていなく、そこから錆が生じたのではないかと 推測します。 加工面が、錆びていないので、不動態皮膜は充分防錆効果があった と考えます。

参考URL:
http://www.hsk.ecnet.jp/sus-kaisetu.htm http://www.bekkoame.ne.jp/~fujiict/stainless.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 参考になりました。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

海水の降掛かる箇所などでの、ステンレス配管継手もステンレス鋳鋼であるが ステンレス鋼管部分と比較して大体、継手の方がより錆が出易いという経験上 から材質そのものよりも、鋳鋼の鋳肌に問題があるように思えてなりません 私が考えるには鋳肌表面の凹部に腐食性の液体が付着と乾燥を繰り返す箇所 ならば残留物濃度が徐々に高まることにより平坦な部分よりもより錆び易い のではないかと思います。前回答者らの言うようにステンレスは意外にも種々の環境に非常に過敏であり、材質そのものの原因より使用環境に左右されると 製紙機械のワイヤーパート前後の部品であれば、これは大きなトラブルですし 恐らく金額もドイツからの輸入品なので相当なものと思われますが、メーカー は勿論、顧客とも相談しながら、最善の解決案が見つかれば良いと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

回答(1)~(4)の皆様と同じになってしまいますが、 ステンレスの丸棒(シャフト)やパイプに「引っ掻き傷」部分から錆びるのを 何度も見たことがあります。 表面の状態、環境下でステンレスを錆びてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ステンレスが錆びないというのは都市伝説です 錆びます ステンレスの錆が錆びないのは不動態皮膜と言うのがあるからです http://www.steel.co.jp/html/oshiet.top.htm http://homepage1.nifty.com/shincoo/m191zairyou-suten-1.html クロムがいつも酸化してるので錆びないのです もらい錆び 上記リンクサキより抜粋 ステンレスの表面に軟鋼・亜鉛・アルミニウムなどの異種金属が長時間接触または連結した状態で放置され、間に水分(湿気・結露等)を含むと、電池作用によりこれらの異種金属が腐食を起こし、鉄分が溶け出した錆が発生します。これはステンレス自身が錆びたのではなく「もらい錆」といいます。以上のことから異種金属との接触はできるだけ避ける必要があります。 また、塩素に弱いです 塩化ビニールなど触れていると錆びます クロムと塩素が反応して不動態皮膜を壊すから 溶接腐食 http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0050020520 クレグレも言いますが ステンレス = 錆びない と言うのは 都市伝説です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

いわゆる「もらい錆」じゃないですか? 何らかの作業時に該当部分へサンダーの火の粉が 当たったとか? 製造工程(この場合は鋳造ですか?)で鋳込みの 砂等の型材に錆易い材料の粉体が混じっていたとか? もらった錆からSUS材へ錆が伝播する事が有ります。 SUS材部品が一般鋼材のシューターを滑り降りただけでも 粉をもらって錆びる事が有りますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 参考になりました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

> ※ご質問の前に、過去に同様の投稿がなかったか 私も回答(1)の方の仰る通りだと思います。 「ステンレス 錆」で検索すれば有益な情報が得られると思います。 上記を踏まえた上で申し上げるとすれば、 1.ステンレスは錆びにくいのであって、錆びないわけではありません。 海辺にあるステンレスなんかは、錆錆ですよね。 2.ステンレスは、表面の酸化皮膜に守られているから錆びにくいのであって、 酸化皮膜を突き破られたりすると、簡単に錆びます。 3.今回の材料は、SCS21相当ですので、Nbが添加されており、塩素にも強い 材質ではあります。しかしながら、鉄粉などが突き刺されば、簡単に 錆びます(ステンレスと炭素鋼を離して保管するのはそのためです)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

※ご質問の前に、過去に同様の投稿がなかったか 過去の履歴で(ステンレスで)検索して紹介サイトでステンレスの錆なるものが判るとおもいますが。その中で不明点があれば新たに質問してみては? 過去に回答した人も再度アドバイスをしていただけるかどうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ステンレスの錆

    ステンレス自体が錆びた場合って、発生するのは赤錆だけなのでしょうか? 屋外に設置している機械で蓋を開けると、中に使用されているステンレスのナットでも金具でもなんでもいいんですけど、表面に白い生成物が浮いてることがよくあるんです。 これってなんでしょう??? 含有されているニッケルって、ところで錆びるんでしょうか? そうであれば、ある文献で「ニッケルの錆は緑錆です。」(注:緑青ではない) って文を見た記憶があるけど、白い生成物はそれのことなのかなー? でも字の感じからして違いますね。 詳しい方、教えてください。 1.ステンレスの錆の種類 2.ニッケルが錆びるとどんなものが発生して、それは腐食生成物であるのか。 (ちなみに、ステンレスの構成・腐食原理などなど一般的なことは知ってますので、説明不要です。)

  • ステンレス

    初めまして。ステンレス製品を扱っている者ですが、ステンレスの機械加工や溶接した箇所で、比較的短時間(3日以内)に塩水噴霧試験による赤さびが発生しました。 文献などを読みますと機械加工や溶接などにより不動態被膜が作られず、本来の耐食性が失われる場合もあるとは書いてありますが、これほど短時間に錆びるものなのでしょうか? もしそれ以外の考えられる理論および事例をご教授願えたら幸いです。 宜しくお願いいたします。

  • シャルピー値

    初めて、投稿させていただきます ステンレス鋳鋼(ASTM CF8M;SCS14A相当、設計温度;-35度)の部品に対して、 シャルピー衝撃試験を検査項目として求められているのですが、 合否基準になる値が、見つからなく困っております ASTMの規格で見つからず(英語に疎いので探しきれてないのかも知れませんが・・・) また、JISG5121 SCS14Xは記載があるのですが、SCS14Aは”-”となっていました 材質ごとに決められた値が有る物なのでしょうか もしくは他の機械的性質から求められるものなのでしょうか アドバイスよろしくお願いします

  • SCM435のキャップボルトの防錆処理

    製品にSCM435のキャップボルトを使っています。 見た目は黒く表面の擦れたところは、銀色の下地が出てきますが、防錆処理をしているのか、分かりません。 ボルトの納入業者に聞くと、素地のままで油につけているだけとの回答がありました。 SCM435は、素地のままで使うのは一般的なのでしょうか。素地は、黒いものなのでしょうか。熱処理により、表面だけ黒くなるのでしょうか。 また、黒いのが素地とした場合、SS400などに比べて錆の発生し易さはどうでしょうか。 機械の外面に露出するので、さび易いと問題ありと考えています。 ちなみに、ネットなどで調べると、黒いSCM435のキャップボルトが売られていました。 ネジの材質に詳しい方、教えて下さい。よろしくお願いします。

  • ステンレス鋳物のSUS303相当品について

    現在機械加工にてステンレス鋳物であるscs13(SUS304相当品)の加工を行なっているのですが、生産性を良くする為に次回よりお客さんにSUS303相当品での鋳物に変更できないか相談したいのですが、SUS303相当にあたる鋳物材質は何という名称でしょうか? 製品は食品を扱う物なので耐食上問題無ければ良いそうです。 またSCS13との材料単価の違い等、知ている方おりましたら情報提供して頂けると助かります。

  • SUS430の錆び発生原因と防止策教えてください

    ゴムローラー付きシャフトを購入しています。 製造は中国、おそらく船便で国内に輸入していると思われます。 シャフト材質はSUS430 納入されて約半月くらい経つと、シャフトに錆びが発生するのです。 先方は出荷時に防錆剤を1本1本塗布しているというのですが この時間経過で錆びが発生されたのでは、 エンドユーザー様に届くまでにはまっ茶色になってそう・・・。 ステンレスの錆びについて、どのような原因が考えられるでしょう。 保管の仕方?湿度?弊社が海の近くにあるというのは原因になりえますか? また、各社様、皆様の錆対策で、妙案はありますでしょうか? 弊社としては、防錆剤とかシリカゲルを入れておく、などしか 今のところコレ!という対策はないのですが・・・。 宜しく御願いします。

  • 製缶機械加工品の表面処理(防錆)

    お世話になります。 製缶機械加工品の表面処理についてアドバイスをお願いします。 施行条件   ・材質:SM490(SS400)   ・機械加工面(切削油が残留した状態)   ・大きなもので、本体を移動、浸漬等は不可 希望仕様   ・長期防錆(10年以上)   ・メンテナンスは困難   ・薄膜(10μm以下)    ・表面の改質か、フッ素、モリブデンなどによる処理を考えている   ・屋外で使用(但し、カバーがされており、直接、雨風、光には、曝されない) アバウトなイメージとして、  特殊な液を、スプレーか刷毛塗りして、電気を流す、加熱(赤外線ヒーター)などして、皮膜を形成する感じ。 防錆をイメージしておりますが、全く違うイメージでも良いです。 以上、よろしくお願いします。

  • 水回りのステンレスとアルミの耐食性について

    (1)水回りにおけるステンレスとアルミのどちらの方が良いか教えてください アルミはA6063S T5等の6000系、ステンレスはSUS304を考えています。 設置場所は風呂場ですが、意図的に掛けなければお湯は掛からず、シャワー等の流れるお湯が常時掛かる場所ではないです。 ただし風呂室内なので湿度は常時高いと思います。 (2)またステンレスの場合は、316や430の方がベターで、それらの場合は用途的に耐食性はアルミを上回りますか? アルミも6000系より耐水がある物はありましたら教えてください ただ、コスト的な面で(1)に記載の質を選ぶ可能性は高いとは思いますが、後学の為に教えてください 自分のイメージですとステンレスは錆びたとしたら茶錆が出てタイルとかに着色しそうで、アルミは白錆なのでタイルには着色しなそうなイメージです それに加え、手持ちの切削機械での加工しやすさとコスト的にアルミにしようかなとは思っています どちらの方が良いでしょうか? (3)また金属系の材質で他にも適していそうなのがあれば教えてください。 よろしくお願いいたします

  • 金ニス部分の処理

    機械装置で、機械加工面に金ニスが塗られて納められた場合、その部分の納入後のメンテナンスは、通常どういうふうにされているのでしょうか? 金ニスを塗るのはあくまで運送時や一時保管時などの仮の防錆用だと聞いたことがあるのですが、そうだとすると、やはり、一度金ニスは剥がして別の恒久的な防錆塗料を塗る必要があるのですか? あるいは、そのまま何もしないで金ニスのままで使用して問題ないのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 安くて良いステンレス管用のチューブベンダー(ハン…

    安くて良いステンレス管用のチューブベンダー(ハンドル式)を探しています。 YAHOO知恵袋からのマルチです(向こうでは回答がつかなかった) SUS304チューブ用のベンダーで安くていいもの探してます。 銅管やなましステン管用の安ベンダーと何が違うのでしょうか? 対象 : SUS304TP-SC OD9.52mm(3/8")×t1mm BA管(ブライトアニール処理=こうきしょうどん) 当方の探索結果 : スーパーツールのTB396Wが1万円強で購入できそう。 ただし「なましステン管も使用可なベンダー」というカタログ上での書き方。 メーカーに直接質問し「なましステン管」の用語質問をしても、JIS規格名称を言っても解ってもらえず、「こちらの技術の人間も詳しいことがわからないので、心配であればサンプルのチューブを送ってください。こちらで試してみます。」 「なましステン管」でweb検索しても、そのメーカのページしか適当なのが見つかりません。焼きなましのことでしょうか?ステンレスは銅管と違いBAのように多少の熱を加えても硬度があまり変わらないはずで、等温焼きなましによりオーステナイト系から変態させたフェライト系ステンレスのチューブのことだと予想しましたが?ステンレス材質は幾百種類あるらしいので、そんな特殊なチューブで流通も少ないものを対象に売ってるとは・・・・。 そのほかではインペリアルBBKの464-FH-06 が2万円弱、ベストなSWLは2万8千円で手が出ません。他のサイズのインチとミリサイズを全部そろえると金額が問題になるので、5000円のアジアンファーストの銅管用ベンダーを購入して、試しにステンレス管を何度も曲げて、どうなるか試して見たくなりました。おそらくステンレス用に軸部分の強度が違うのでしょうか。 外観の見た目ではたいして変わらなく見えるんで(強化ベアリングを使用しているようには見えない)、結構なんの問題もなく使用できたりするのかも、と期待しているんです。 どなたか、わたしと同じような疑問にぶち当たり、試してみたりした方はおられませんか?