• 締切済み
  • 困ってます

平面研削での送りマークを消したい

宜しくお願いします。 平面研削での送りマーク消したいのですが、完全に消えません。 送りマークを消したい砥石は WA#60・CBN#500・ダイヤ#1000 今まで実施したこと 砥石周速度の調整・テーブル送り速度の調整・砥石の振れ取り これらでは効果があまりありませんでしたが、砥石の角を竹を使用して ダラシているのですが少し送りマークが薄くなります。 竹は昔から使用してますが、なにか砥石の角を落とすものがありましたら 教えてください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数688
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

テーブルにドレッサーをつけて自動ドレスをされていると思います。 自動ドレスの回数が偶数回ならば奇数回に 奇数回ならば偶数回にされるといいかも。 スライド潤滑油のポンプが手動でもできれば電源オンの後手動でもやります スライドにガタがあるとすると、砥石が手前に動いたときに最終ドレスするのと、奥に動いたときにドレスするのとでは違ってくるかと。 どちらがいいかはやってみないとわからないかも。 うちはドレス0.01で2回やってますが、3回にした方がきれいになります。スパークアウトはうちも3回です。 ドレッサーをわずかに回すときれいになるかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。 ドレスは総切込み量で実施しているので偶数回か奇数回か分かりません。 ただ、仕上げドレスは2ミクロンを2回・1ミクロンを1回。スパークアウトは 3回と決めて実施してます。スパークアウトは3回目でシャリシャリという 音が無くなるので3回としてます。 偶数回と奇数回の関係はどの様な意味なのか。初めて聞きました。

質問者からの補足

有難う御座います。 偶数回と奇数回、この事を意識して実際に研磨しました。 スパークアウト終了で砥石の手前で終了するときと、砥石の奥側で終わるので 研磨面に違いがありました。 砥石の手前側では若干送りマークが出ている。砥石の奥側で終わる時は綺麗に 仕上がってます。 なぜ・・・

関連するQ&A

  • 研削 送りマーク

    鏡面研削時の送りマークに悩んでいます。 砥石周速度を遅くしてみたり、砥石の角をとってみたりと 色々してみてはいるのですが、まだこれといった解決策がみつかりません。 送りマークはいったい何故でてきてしまうんでしょうか? 何か良い対策・情報・知恵等ありましたら、 どんな事でもいいので、お教えください。 ちなみに当方では、砥石はダイヤとレジンをしようしております。 勝手な質問で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

  • 鏡面研削の仕上面について

    現在、平面研削による鏡面仕上を レジン、ダイヤ、CBN砥石で色々やっているのですが、 常に送りマークに悩まされています。 送りをものすごくゆっくり送ってみたり、砥石の角をとってみたり 色々とやってはいるのですが、なかなか綺麗に仕上がりません。 何か効果的な方法などご存知の方おられましたら、 どんな事でもいいので、是非よろしくお願いします。

  • 平面研削盤について

    現在355φ内径76.2厚さ38のWAの砥石を使用しています。 超硬研磨するために砥石を選択したのですが、355φでは内径が127のGC砥石しかありません。内径を76.2の研削盤に取り付ける方法はないでしょうか? 何かアタッチメントでもあるのでしょうか?お教え下さい。 かなり古い岡本の平面研削盤を使用しています。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

ドレス用のダイヤは新品使って、 ドレスの後、切り込みは0.001で研削液は十分かけて ドレスの後の総切り込み量は0.005ぐらいにすればいいかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。 実施してみます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

砥石バランスは確認されましたか? X軸(左右)に直角なマークが発生する場合は ツルーイング・ドレッシング・バランス取り を確実に実行すれば 大丈夫だと思います。 これでも改善されなければ機械本体の問題だと思います。 X軸に平行な段が付く場合(多分こちらの方が質問の本題) 上部ドレスを使ってドレスをすると、 ドレッサーとZ軸の平行度の誤差が影響することがよくあります。 この場合はドレッサーの取り付け状態の調整が必要だと思いますよ。 調整を行う前に必ずレベルの調整を実行する事をお勧めします。 ワーク材質や厚みによっては、加工熱の影響もありますので注意してください。 クーラントのノズルと砥石の距離をほぼ0にすると砥石の回転力で クーラントが砥石に蒔き付くような感じになります。 ミスト対策は必要になりますが、高圧クーラントをかけた様に砥石の 目詰まりや熱対策に効果があります。 熱変異  コラムが熱によって変異している。 基礎の剛性不足  動的バランスが崩れる 機械精度不良  保障期間内だと思いますのでメーカーに相談しては 砥石の細工は最終手段だと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。 1、砥石バランスはオートバランサーで実施。0.2μm前後でバランスとれてます。 2、ツルーイング・ドレッシングは   WA:後付けダイヤをテーブルにチャックしてドレス。   CBN・ダイヤ;ロータリードレスと専用ツルーイングで実施。 3、機械は購入後、まだ10ヶ月。 4、切削液はシンセティックタイプを50~100倍に薄め使用。   30倍ではダイヤの切れ味に影響あるため。 この状態で砥石の角を若干落とすと送りマークが薄くなりますが完全に 消えません。私は、砥石の角をもっと滑らかに落とすと綺麗になると 思っていますが、角の落とし方で、どの様なものでどの様に落とすと 滑らかになるのかお教え願います。 有難う御座います。 改めて確認します。

関連するQ&A

  • 平面研削時の送り縞に関して

    平面研削加工において送り縞が発生するのは普通だと認識しています。 ただし、今回同じ砥石・研削油・加工条件で同等設備2台で研削した面を 油砥石で擦ると、片方の設備で加工した方が等間隔で黒い筋の送り縞が発生してしまいます。 何が原因なのか解かりません。 思い当たる事が解かる方か、くっきりとした送り縞を見難くする方法をご存知の方、ご回答お願いします

  • 研削砥石の適正周速度

    現在、ビト・レジン・CBN・ダイヤ等の砥石を使用しているのですが、 各砥石の適正周速度というのが、いまいち把握できていません。 粗→精にかけて速→遅として、使用しているのですが 各砥石の適正周速度って、どうして決めていけばよいのでしょうか? 又ビトやレジンの様に外径が小さくなっていく分について、 外径が何mm小さくなれば、 どれぐらい周速度をあげてやればいいんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 平面研削用セラミック砥石について。

    現在、岡本工作機械製平面研削盤PSG-125DX 1997年製を使用して研削加工をしているのですが、新しくかなり硬いワークの研削を行うことになり、砥石メーカーと相談してセラミックと粒を使っている砥石を選定して頂いたのですが、といしのドレススピードをかなり速くして加工するとなんとか削る事は出来るのですが、少しでもドレススピードを遅くすると、研削焼けがあっという間に発生してしまいます。その後、砥石メーカーに相談すると、粒度を変えた物を提案して頂いたのですが、そのセラミック砥石も加工がうまくいきませんでした。弊社の研削加工されている先輩に聞いたら、砥石が機械に合ってないからそうなると言われました。砥石メーカーが、選定した物でも合わないことがあるのでしょうか?しかし、部品納期があるので、現在使用している砥石を使用して加工しているのですが、かなり目こぼれしてしまい、かなり削るのに時間がかかってしまうし、ドレスもかなりの頻度で必要です。加工内容の詳細を記載しますので、同じような加工経験がある方、使われていた砥石を教えて頂きたいです。使用されていた平面研削盤の型式もお願いします。※CBN砥石は金額的に不可能です。加工内容 材質 SK材 油焼入れ SCM材 高周波焼入れ 硬度 HRC60~65 現在のといし 粒度46 と粒PA 結合度 G といしメーカー ノリタケ、テイケン 取り代 0.5~0.8mm 切込み 5ミクロン 是非ともアドバイスをお願い致します。

  • 両頭研削盤の面粗さ

    両頭研削盤の面粗さについて質問です 現在両頭研削盤を用いて加工を行っておりますが上砥石での加工面はRa0.1~0.2と非常に良い面粗さです しかし下砥石での加工面はRa0.25~0.35と上下で大きな差があります 下砥石側の面粗さも上砥石側と同じレベルにしたく加工のテストを実施していますがなかなかうまくいきません アドバイスいただけたらと思います 〈加工条件〉 砥石:CBN砥石(Φ350 番手は270番) 粗研送り:0.6mm/min 精研送り:0.4mm/min 上砥石回転数:1350rpm(反時計回転) 下砥石回転数:1350rpm(時計回転) ワーク回転数:300rpm(反時計回転) ワーク材質:鉄系材料 粗さ規格:Ra0.35 ワーク形状:円盤型で外周側に段差に両頭研削盤で加工を行う 目立て砥石:WA(白い目立て砥石?) 砥石最高回転数:1500rpm 〈テストした気付き事項〉 ・上砥石加工面は目の細かいアヤメ状(クロス目)になっているが下砥石加工面はアヤメ状になっておらず研削目が円周状についており加工面が曇ったような状態になっている ・送りを落としたところ多少粗さがよくなるが研削目の状態は変わらない ・下砥石の回転を1400にあげた場合は研削目が綺麗に円周状になり粗さは悪くなった 逆に回転を1300落とすと研削目はアヤメ状に近づくが太く光沢のある研削目になり粗さは悪くなる 1200にしても1300の時と変わらずな状態 ・粗さ計で形状を見ると下砥石面は上砥石面に比べ凹凸が激しく平面度があまり良くないと思われる ・ドレス直後でもあまり下砥石の状態は変わらない 可能な限り条件と気付き事項を書かせていただきました アドバイスお願いします

  • 平面研削盤(横軸)加工について

    会社で平面研削盤(横軸)を触っています。前任者が退社し、他の社員も詳しく知らないためこちらに投稿しました。 ?テーブルの回転数を上げれば、研削抵抗が上がる→加工効率の向上 しかし、遠心力により製品が浮き上がり平面は出ても、平行が出なくなる? ?テーブルの送り速度は、テーブル回転、ワークの周速(m/min)、研削量(1N)によって変わってくる?また、その値の求め方を教えてください。 よろしくお願いします。 非磁性材の薄い材質のものを加工する際、加工前後で製品とテーブルの間に研削液が入りこみます。加工後、製品は研削液の上に乗った状態になるのは面精度に影響でますか?

  • 超硬の成型研削

    超硬の角ピン(□で1mmくらい)にRを加工したいと考えています。精度は±0.005mmくらいです。プロファイル研削盤では時間が非常にかかるため、平面研削盤(成形)で行いたいのですが砥石は何がいいのでしょうか?

  • SUS304の円筒研削について

    φ16,全長300を砥石幅70ミリの円筒研削盤で0、2ミリくらいトラバース研削します。 できるだけ早く仕上げたいのですが、研削焼けしてなかなかできません。砥石は19Aで速度は変えられません。ワークの周速は135ですが、ワーク周速を上げればいいのですか?ドレスは粗めがいいのでしょうか? わかる方アドバイスお願いします。

  • 周速比について

    CBN砥石を用いた円筒研削盤を勉強しています。ドレス時の周速比(砥石とダイヤの周速比)が真円度、面粗度に関係してきます。うちの会社では周速比を0.9~1の範囲で使用する、との話を聞きました。これは真円度を出すためにこのようなセットにしているそうです。(砥石メーカーが周速比を0.9にセットしてテストしている、という理由もあるようですが。) 0.5を基準として0.5~1が真円度重視のセット、0.5下が面粗度重視のセットだと聞きましたが、どのような理屈からでしょうか?周りに説明できる方がいなくて、困っております。 仕上げ研削等で使用する場合はこの周速比を落として0.5以下にして使用しても問題ないものでしょうか?砥石SPECの問題等もあると思いますが・・仕上げの面粗度を重視する場合は単純にドレス速度を落とせばよいのでは?と思うのですが、周速比も下げる必要がありますか?

  • 研削工程で使用する砥石について教えてください

    こんにちは、初めて質問させてもらいます。 研削工程で使用している砥石のことで質問なのですが、 砥石の外径が大きいと周速度は速いという理屈を中学生がわかるレベルで教えてください。 頭の中で理屈はわかるのですが、説明となると難しいです。 もうひとつ、周速度が速いと砥石は硬く作用することも同じように教えてください。

  • 切削・研削加工におけるμ単位除去原理

    切削加工において金属系SKD11・SS・S45C・SCMをよく加工するのですが、 超硬工具(CBN工具・ダイヤ等では試した事なし)でμ単位での微小 単位で切込を行った場合、なめて思い通りに寸法に仕上がらない・切削 出来ない現象が起きます。(座面・側面) 上記のような、現象はなぜ起きるのでしょうか? 自分としては下記のようなことが要因なのではと思うのですが、 御教授頂ければ幸いです。 ●超硬工具はすくい角が正だから? ●CBN・ダイヤ切削工具はすくい角が負だからμ単位で切削出来る? ●研削加工も同様、すくい角が負であるからμ単位で研削出来る? ●研削加工は砥石周速度が切削加工より10倍程度速く加工する為、  刃物(砥石)が固く作用するから? ●切削加工の背分力<研削加工の背分力 何か関係している? ●切削・研削加工にも厳密には弾性領域と塑性領域があるのは知っています。