• ベストアンサー
  • 困ってます

鏡面研削の仕上面について

現在、平面研削による鏡面仕上を レジン、ダイヤ、CBN砥石で色々やっているのですが、 常に送りマークに悩まされています。 送りをものすごくゆっくり送ってみたり、砥石の角をとってみたり 色々とやってはいるのですが、なかなか綺麗に仕上がりません。 何か効果的な方法などご存知の方おられましたら、 どんな事でもいいので、是非よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数759
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

研削のみで、送りマークを消さなくてはいけないのでしょうか? 被加工材の硬度によるとは思いますが研削のみでは困難かと思います。バフやラップなどの2次加工を検討されてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

研削だけで消さなくちゃいけないんです・・・ 頑張ってみます。 ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

といし軸がインバータ仕様になっているかわかりませんが、といし軸の速度を遅くすることで軽減することがあります。 普通といしで細かい砥粒(200以上)ポーラスを使用するのも良いかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

研削ワークがなんだか分かりませんが、機械精度及び、機械剛性は加工にみあってますか?弊社でも鏡面仕上げをやっていますが、機械によってできる機械とできない機械があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

あっているとは、思うんですが・・・ もう一度確認してみたいと、思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 研削 送りマーク

    鏡面研削時の送りマークに悩んでいます。 砥石周速度を遅くしてみたり、砥石の角をとってみたりと 色々してみてはいるのですが、まだこれといった解決策がみつかりません。 送りマークはいったい何故でてきてしまうんでしょうか? 何か良い対策・情報・知恵等ありましたら、 どんな事でもいいので、お教えください。 ちなみに当方では、砥石はダイヤとレジンをしようしております。 勝手な質問で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

  • 平面研削での送りマークを消したい

    宜しくお願いします。 平面研削での送りマーク消したいのですが、完全に消えません。 送りマークを消したい砥石は WA#60・CBN#500・ダイヤ#1000 今まで実施したこと 砥石周速度の調整・テーブル送り速度の調整・砥石の振れ取り これらでは効果があまりありませんでしたが、砥石の角を竹を使用して ダラシているのですが少し送りマークが薄くなります。 竹は昔から使用してますが、なにか砥石の角を落とすものがありましたら 教えてください。

  • SUS630 鏡面研削時のダイヤ砥石ツルーイング

    題記の鏡面研削はノウハウが多分に関わる内容ですので、 砥石面をどのように作るか?に焦点をあててアドバイスを頂きたく質問致します。 産業機器制作メーカに勤務しており、海外顧客よりSUS630のテスト加工を依頼されております。 ワーク幅200mm(研削部幅は80mm)、長さ2100mm、高さ80mmの鏡面研削をしております。 使用している平面研削機仕様は ・最小切込0.1μm ・テーブル動作油圧式で電磁チャック ・対話ソフトで反転位置、送り速度、切込量などを設定 ・スピンドルモータ回転数はインバータ制御。 砥石仕様:アライドマテリアル両テーパ型 SD****J100BS5 D450 砥石幅20 (**** 部分には#600~#3000) 研削液はケミカルソリューションタイプを使用。 研削装置は23±1℃の恒温室に設置し作業。 要求精度:JIS B 0633-2001でRa0.02μm Rz0.2μm 真直度1μm 大体上記のような条件でやっております。 仕上げの#3000では切込0.1μmでバイアス送りにて研削しています。 具体的な数字は顧客情報も含むので示せませんが、テーブル速度、砥石回転数ともに極力下げています。 要求精度はクリアしたのですが、顧客から見た目が良くないと言われております・・・。 確かに送り目というか送り模様というか、そのような感じのものがうっすらとあります。 3か月ぐらい試行錯誤を繰り返しておりますが、安定的に良い研削面を出す上でも ツルーイング時の砥石面の作り方で変わるのではないかと考え、現在奮闘中です。 このような鏡面加工をされたことある方は、砥石のドレス/ツルーイングをする際にどのようなことに 気をつけていられるのでしょうか。 アドバイスいただければ幸いです。 ちなみに私は三栄精工X-POWERでドレス/ツルーイングしております。 #3000だけはツルーイングだけSUS304に置き換えたりしてます。 質問を〆させて頂きます。 ありがとうございました。

  • 研削砥石の適正周速度

    現在、ビト・レジン・CBN・ダイヤ等の砥石を使用しているのですが、 各砥石の適正周速度というのが、いまいち把握できていません。 粗→精にかけて速→遅として、使用しているのですが 各砥石の適正周速度って、どうして決めていけばよいのでしょうか? 又ビトやレジンの様に外径が小さくなっていく分について、 外径が何mm小さくなれば、 どれぐらい周速度をあげてやればいいんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 超硬の成型研削

    超硬の角ピン(□で1mmくらい)にRを加工したいと考えています。精度は±0.005mmくらいです。プロファイル研削盤では時間が非常にかかるため、平面研削盤(成形)で行いたいのですが砥石は何がいいのでしょうか?

  • 研削加工 面粗度 

    焼入鋼(SUS・HPMなど)の研削加工をしております。 面粗度に関して質問したいのですが 図面表記 0,4s という面粗度の場合 どれぐらいの砥石で、いけばいいものでしょうか? ドレスの手間を省きたいので何とかCBNとかダイヤなどではなく GCなどの単石ドレスでいけるものでいきたいと思い GC♯400でいったところ、0,7sぐらいしかでませんでした・・・ でCBN♯600いったところ、こちらも0,7sぐらいしかでませんでした・・・ これぐらいの番手でいけばいいよとか この砥石のこの番手で、でたよなどの情報等ありましたら 勝手な質問で本当に申し訳ありませんが、 どんな事でもいいのでお教えいただけないでしょうか。 実際加工されている方のご意見や情報 又、加工されていない方でも、ご意見や情報等あれば どんな事でもいいので、是非宜しくお願い致します。    

  • 両頭研削盤の面粗さ

    両頭研削盤の面粗さについて質問です 現在両頭研削盤を用いて加工を行っておりますが上砥石での加工面はRa0.1~0.2と非常に良い面粗さです しかし下砥石での加工面はRa0.25~0.35と上下で大きな差があります 下砥石側の面粗さも上砥石側と同じレベルにしたく加工のテストを実施していますがなかなかうまくいきません アドバイスいただけたらと思います 〈加工条件〉 砥石:CBN砥石(Φ350 番手は270番) 粗研送り:0.6mm/min 精研送り:0.4mm/min 上砥石回転数:1350rpm(反時計回転) 下砥石回転数:1350rpm(時計回転) ワーク回転数:300rpm(反時計回転) ワーク材質:鉄系材料 粗さ規格:Ra0.35 ワーク形状:円盤型で外周側に段差に両頭研削盤で加工を行う 目立て砥石:WA(白い目立て砥石?) 砥石最高回転数:1500rpm 〈テストした気付き事項〉 ・上砥石加工面は目の細かいアヤメ状(クロス目)になっているが下砥石加工面はアヤメ状になっておらず研削目が円周状についており加工面が曇ったような状態になっている ・送りを落としたところ多少粗さがよくなるが研削目の状態は変わらない ・下砥石の回転を1400にあげた場合は研削目が綺麗に円周状になり粗さは悪くなった 逆に回転を1300落とすと研削目はアヤメ状に近づくが太く光沢のある研削目になり粗さは悪くなる 1200にしても1300の時と変わらずな状態 ・粗さ計で形状を見ると下砥石面は上砥石面に比べ凹凸が激しく平面度があまり良くないと思われる ・ドレス直後でもあまり下砥石の状態は変わらない 可能な限り条件と気付き事項を書かせていただきました アドバイスお願いします

  • 平面研削時の送り縞に関して

    平面研削加工において送り縞が発生するのは普通だと認識しています。 ただし、今回同じ砥石・研削油・加工条件で同等設備2台で研削した面を 油砥石で擦ると、片方の設備で加工した方が等間隔で黒い筋の送り縞が発生してしまいます。 何が原因なのか解かりません。 思い当たる事が解かる方か、くっきりとした送り縞を見難くする方法をご存知の方、ご回答お願いします

  • 研削液の浄化

    お世話になります。 平面研削盤で、アルミ材、SUS材(磁性・非磁性)SC材、ICRメッキ、 超硬材、鋳物、等、何でもの材質を研削してます。 研削粉の回収は、マグネットセパレータと小さいフィルターが付いており回収してますが、すべて取り切れる物では有りません。 特に超硬材から出るコバルトの黒っぽい(粉が液状)ものや、研削液の上に溜まる銀色を液状のもの等、取り切れないものが砥石の目詰まりを早める要因である事に、遅まきながら最近の調査で判明しました。 もちろん年1回の交換を実施し、見える程度の浮遊物はアミですくっております。 砥石は、一般砥石#60~#100、ダイヤホイル#2000を使用してますす。 砥石の目詰まり防止を目的とした場合、研削液の浄化で良い方法がありましたら、アドバイスをお願いします。 回答1さん、有難う御座いました。 業者から話を聞き、とれも効果の出るもので是非とも使用したいと思いますが、町工場の我々には見積もり金額から手が出るものではありません。またスタート地点の戻りましたが、コストも考慮した何らかの方法が有りましたらアドバイスを、何卒お願いします。

  • CBN砥石について…

     はじめまして。 研削・研磨について質問します。    CBN砥石と一般的に皆さんが、言っている砥石はレジン砥石    を指しているのでしょうか?  又、ビトCBN砥石では、どの様な素材が得意で苦手なのでしょうか。      初心者的な質問ですが、宜しくお願いします。