• 締切済み
  • 困ってます

SUS630 鏡面研削時のダイヤ砥石ツルーイング

題記の鏡面研削はノウハウが多分に関わる内容ですので、 砥石面をどのように作るか?に焦点をあててアドバイスを頂きたく質問致します。 産業機器制作メーカに勤務しており、海外顧客よりSUS630のテスト加工を依頼されております。 ワーク幅200mm(研削部幅は80mm)、長さ2100mm、高さ80mmの鏡面研削をしております。 使用している平面研削機仕様は ・最小切込0.1μm ・テーブル動作油圧式で電磁チャック ・対話ソフトで反転位置、送り速度、切込量などを設定 ・スピンドルモータ回転数はインバータ制御。 砥石仕様:アライドマテリアル両テーパ型 SD****J100BS5 D450 砥石幅20 (**** 部分には#600~#3000) 研削液はケミカルソリューションタイプを使用。 研削装置は23±1℃の恒温室に設置し作業。 要求精度:JIS B 0633-2001でRa0.02μm Rz0.2μm 真直度1μm 大体上記のような条件でやっております。 仕上げの#3000では切込0.1μmでバイアス送りにて研削しています。 具体的な数字は顧客情報も含むので示せませんが、テーブル速度、砥石回転数ともに極力下げています。 要求精度はクリアしたのですが、顧客から見た目が良くないと言われております・・・。 確かに送り目というか送り模様というか、そのような感じのものがうっすらとあります。 3か月ぐらい試行錯誤を繰り返しておりますが、安定的に良い研削面を出す上でも ツルーイング時の砥石面の作り方で変わるのではないかと考え、現在奮闘中です。 このような鏡面加工をされたことある方は、砥石のドレス/ツルーイングをする際にどのようなことに 気をつけていられるのでしょうか。 アドバイスいただければ幸いです。 ちなみに私は三栄精工X-POWERでドレス/ツルーイングしております。 #3000だけはツルーイングだけSUS304に置き換えたりしてます。 質問を〆させて頂きます。 ありがとうございました。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数250
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

>題記の鏡面研削はノウハウが多分に関わる内容ですので、 出し惜しみをする訳では無いのだが 何軒かの得意先でSUSの鏡面研削をやっておられる。 私は機械の販売にか関係する立場で どの様にするかは理論上理解しているつもりではあるが 残念ながら立場上 軽々には記述できません。 本当は この質問 スルーするつもりだったが・・・ No.37657 質問者の方ですね。   貴殿の誠実さに対して最低限のヒントにでもなれば・・・・ http://www.ohta1.co.jp/ 別に、ここのドレッサー(等速条件)を使ってなくとも十分可能ではある。 要は すべてに対して基本にどれだけ忠実か? 「こんなもんだろう」「この程度やれば大丈夫」をもう一度見直す。 残念ながら 今言えるのはこの程度で勘弁して下さい。 最後に 「人は成りたい者以上にはなれない」 「もの造りは 造りたいもの以上のものは造れない」 質問投稿されたことを責めるつもりは 毛頭ございません。 >要求精度はクリアしたのですが  たいしたものです。  私が上司なら「よく頑張った!」とほめてやりたい。 私も長さ2100mm は研削で鏡面はやりたくない。 バフなど他の方法を模索するかも 機械も大きくなれば精度的に不利に働く要因が多くなりますね。 φ450の砥石も同様に取扱いが簡単ではない。 10年ほど前にあるスピンドルメーカーで話を聞かせて頂いて 「目から鱗」がぼろぼろ・・・・ 意識の違いを痛感させられました。 自分の中の常識を捨てる事も必用かも? ちょっとした事からブレークスルーする事を祈っています。 ここが踏ん張り所 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 頂いたヒントを元に最初から見直してみます。 この業界に転職して5カ月程になりますが、最初に与えられた仕事がこの鏡面研削のテスト加工でした。 質問を投稿する際も、するべきかどうか悩みましたが、弊社の他社員に鏡面加工のプロはおらず行き詰っていたので投稿させていただきました。 小生も販売する側の立場ですが、今回記載した内容は全て自身にて試行錯誤した条件です。 顧客からは何も情報を与えられておりません。 誤解を生みたくはないので勝手に言い訳させて致しました。 まずはお返事が遅れたことをお詫びいたします。 昨日やっと問題が解決いたしました。 直接的な原因としては水温の変化により、ワークと装置の一部の厚みが変化したことでした。 研削条件だけにとらわれぬようと、研削中に装置を何度か見て周り変化がないか確認していたのですが、研削液の水温が研削開始から終了までに1度近く低下しておりました。 恒温室が23度、水温設定が26度と差があり、且つタンク内のヒーター容量が足りてないことが問題でした。 (客先の恒温室は25度なのでそれに合わせてヒーター能力を選定した) 色々と計算した結果チャックテーブルやワークの厚みが合わせて0.12μm縮む方向なので途中で砥石がワークに当たらなくなってしまい、その過程で模様が出てしまう。 水温の低下を招く原因としてウォーミングアップ中と研削中では研削液の流量が倍以上になる為。 対策として、ウォーミングアップ中と研削時で流量の変化を無くし、ウォーミングアップで水温が安定してから研削開始する。 上記で無事模様のない研削面を得ることができました。 ツルーイングも勿論様々やってみました。 方法とかを言葉で表現するのが難しいので、どのようなことを気にしたかを書くと、砥石面をフラットではなく、若干のRをつけるように心がけたことです。 Rといっても高さの違いが1μあるかないかだと思いますが。 助言を頂いたおかげで水温の問題に気づくことができました。 本当にありがとうございました。

質問者からの補足

高さの違い1μm × 高さの違い0.1μm○ でした。 何度も補足申し訳ありません。 mytec様や他の方のご意見があるかもしれないので 一週間ほどは〆きりせずにおいておきます。

関連するQ&A

  • 両頭研削盤の面粗さ

    両頭研削盤の面粗さについて質問です 現在両頭研削盤を用いて加工を行っておりますが上砥石での加工面はRa0.1~0.2と非常に良い面粗さです しかし下砥石での加工面はRa0.25~0.35と上下で大きな差があります 下砥石側の面粗さも上砥石側と同じレベルにしたく加工のテストを実施していますがなかなかうまくいきません アドバイスいただけたらと思います 〈加工条件〉 砥石:CBN砥石(Φ350 番手は270番) 粗研送り:0.6mm/min 精研送り:0.4mm/min 上砥石回転数:1350rpm(反時計回転) 下砥石回転数:1350rpm(時計回転) ワーク回転数:300rpm(反時計回転) ワーク材質:鉄系材料 粗さ規格:Ra0.35 ワーク形状:円盤型で外周側に段差に両頭研削盤で加工を行う 目立て砥石:WA(白い目立て砥石?) 砥石最高回転数:1500rpm 〈テストした気付き事項〉 ・上砥石加工面は目の細かいアヤメ状(クロス目)になっているが下砥石加工面はアヤメ状になっておらず研削目が円周状についており加工面が曇ったような状態になっている ・送りを落としたところ多少粗さがよくなるが研削目の状態は変わらない ・下砥石の回転を1400にあげた場合は研削目が綺麗に円周状になり粗さは悪くなった 逆に回転を1300落とすと研削目はアヤメ状に近づくが太く光沢のある研削目になり粗さは悪くなる 1200にしても1300の時と変わらずな状態 ・粗さ計で形状を見ると下砥石面は上砥石面に比べ凹凸が激しく平面度があまり良くないと思われる ・ドレス直後でもあまり下砥石の状態は変わらない 可能な限り条件と気付き事項を書かせていただきました アドバイスお願いします

  • ドレス時の砥石周速について

    センタレス研削盤のオペレータです。砥石がドレスで摩耗するたびに砥石回転数をあげていく「周速一定制御」という機能があります。砥石径が小さくなるごとに周速がおそくなるため砥石軸の回転数をあげていく機能だそうです。砥石使用幅で6段階の回転数変換ポイントがあります。その点は理解しますが、例えば砥石径が最小径付近で6速目の回転数になっていたとしても、ドレス時は毎回砥石最大径時の1速目の回転数に戻ります。(ドレスはロータリードレスで回転数は固定。)ドレス時は砥石周速よりも砥石とダイヤの回転数の比が重要になってくるから砥石周速とは関係ない、ということでしょうか? どなたか回答おねがいします。

  • 鏡面研削の仕上面について

    現在、平面研削による鏡面仕上を レジン、ダイヤ、CBN砥石で色々やっているのですが、 常に送りマークに悩まされています。 送りをものすごくゆっくり送ってみたり、砥石の角をとってみたり 色々とやってはいるのですが、なかなか綺麗に仕上がりません。 何か効果的な方法などご存知の方おられましたら、 どんな事でもいいので、是非よろしくお願いします。

  • 研削砥石周速度について

    研削加工をする際,砥石の回転数を900/minにした場合と1800/minにした場合とでは,研削点でおきている現象にどのような違いがあるのでしょうか? もちろん周速度が速いほうが仕上げ面粗さはよくなりますが,なぜそうなのか理論的に詳しく知りたいです. ご回答のほどよろしくお願いいたします.

  • 粗研削では砥石を傾けて

    平面粗研削を行う場合、 故意に砥石を傾けて (ワークの加工平面に対し、砥石の回転軸を垂直な方向から少し傾ける) 能率を向上させるそうですが、 砥石を傾けると能率が向上するのはどういう原理によるものでしょうか。 教えてください。お願いいたします。

  • 砥石周速にていて

    研削盤を使い始めて1年になる新人作業員です。先輩に聞いても分からなかったので、この場で質問させて頂くことにしました。どなたか教えてください。ドレス後に砥石径の変化に合わせて砥石回転数がどんどん上がっていきます。周速を一定に保つために実施していると聞きました。そこまでは理解できるのですが、ドレス時の砥石回転数は砥石径が最大径付近であっても最小径付近であっても必ず同じ砥石回転数(砥石最大径時の回転数)になります。ドレス時に砥石周速は関係ないのでしょうか?基本的な事で申し訳ありませんが、本を見ていても記載がありません。どなたか宜しくお願いいたします。

  • 平面研削盤(横軸)加工について

    会社で平面研削盤(横軸)を触っています。前任者が退社し、他の社員も詳しく知らないためこちらに投稿しました。 ?テーブルの回転数を上げれば、研削抵抗が上がる→加工効率の向上 しかし、遠心力により製品が浮き上がり平面は出ても、平行が出なくなる? ?テーブルの送り速度は、テーブル回転、ワークの周速(m/min)、研削量(1N)によって変わってくる?また、その値の求め方を教えてください。 よろしくお願いします。 非磁性材の薄い材質のものを加工する際、加工前後で製品とテーブルの間に研削液が入りこみます。加工後、製品は研削液の上に乗った状態になるのは面精度に影響でますか?

  • SUS304の円筒研削について

    φ16,全長300を砥石幅70ミリの円筒研削盤で0、2ミリくらいトラバース研削します。 できるだけ早く仕上げたいのですが、研削焼けしてなかなかできません。砥石は19Aで速度は変えられません。ワークの周速は135ですが、ワーク周速を上げればいいのですか?ドレスは粗めがいいのでしょうか? わかる方アドバイスお願いします。

  • 平面研削用セラミック砥石について。

    現在、岡本工作機械製平面研削盤PSG-125DX 1997年製を使用して研削加工をしているのですが、新しくかなり硬いワークの研削を行うことになり、砥石メーカーと相談してセラミックと粒を使っている砥石を選定して頂いたのですが、といしのドレススピードをかなり速くして加工するとなんとか削る事は出来るのですが、少しでもドレススピードを遅くすると、研削焼けがあっという間に発生してしまいます。その後、砥石メーカーに相談すると、粒度を変えた物を提案して頂いたのですが、そのセラミック砥石も加工がうまくいきませんでした。弊社の研削加工されている先輩に聞いたら、砥石が機械に合ってないからそうなると言われました。砥石メーカーが、選定した物でも合わないことがあるのでしょうか?しかし、部品納期があるので、現在使用している砥石を使用して加工しているのですが、かなり目こぼれしてしまい、かなり削るのに時間がかかってしまうし、ドレスもかなりの頻度で必要です。加工内容の詳細を記載しますので、同じような加工経験がある方、使われていた砥石を教えて頂きたいです。使用されていた平面研削盤の型式もお願いします。※CBN砥石は金額的に不可能です。加工内容 材質 SK材 油焼入れ SCM材 高周波焼入れ 硬度 HRC60~65 現在のといし 粒度46 と粒PA 結合度 G といしメーカー ノリタケ、テイケン 取り代 0.5~0.8mm 切込み 5ミクロン 是非ともアドバイスをお願い致します。

  • SUSの鏡面仕上げ

    ステンレスの鏡面加工(SUS630 H1075処理、SUS420)を行っているのですがなかなかうまくいきません。現在メッキ品に関してはRmax=0.06ぐらいは出せるのですが、SUSになると番手を上げ過ぎると曇りがかったような症状があらわれます。基本的にはWA系砥石、青粉、その他遊離砥粒なのですが・・・何かよい方法はないでしょうかよろしくお願いします。