• 締切済み
  • すぐに回答を!

平面研削盤(横軸)加工について

会社で平面研削盤(横軸)を触っています。前任者が退社し、他の社員も詳しく知らないためこちらに投稿しました。 ?テーブルの回転数を上げれば、研削抵抗が上がる→加工効率の向上 しかし、遠心力により製品が浮き上がり平面は出ても、平行が出なくなる? ?テーブルの送り速度は、テーブル回転、ワークの周速(m/min)、研削量(1N)によって変わってくる?また、その値の求め方を教えてください。 よろしくお願いします。 非磁性材の薄い材質のものを加工する際、加工前後で製品とテーブルの間に研削液が入りこみます。加工後、製品は研削液の上に乗った状態になるのは面精度に影響でますか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数745
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

横軸ロータリー研削盤ですね。 「SANSEI」か「市川」ですか? 出荷台数の多い前者と仮定して・・ ?の遠心力により製品が浮き上がり・・・ ワークが特殊形状で無ければ力のベクトル方向は上には向きません。 ですから、回転によって浮き上がる事は考えにくい。 テーブルの潤滑面のクリアランスが速度によって影響を受ける事は有るかも知れません。 でも、それも 2~3μ程度ではないでしょうか。 ?については ワーク回転と周速は同義ですね。「SANSEI」なら ほぼ周速一定 送り速度は研削状態との兼ね合いで決まると考えて下さい。 電磁チャックでの固定具合 砥石の切れ具合 ワークの歪み具合 など 研削焼け・割れ・精度不良をおこさない条件を経験的に覚えて下さい。 火花の具合や研削音も判断材料になります。 油圧制御の機械なら送りも数値で管理しにくいものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答が遅くなり、すみませんでした。アドバイスありがとうございます。

関連するQ&A

  • 平面研削盤の X方向のテーブル送り速度

    平面研削盤の X方向のテーブル送り速度に ついてお聞きしたいのですが、 機械が回転数2万回転で一定の場合ですが、 X方向のテーブル送りが 遅いのと早いのでは どちらの方がワークにとって やさしいのでしょうか? 遅いと逆に 熱がこもって 良くなかったりするのでしょうか? どのように したら最適な X方向の送り速度が わかりますか? よろしくお願いします。

  • SUS304の平面研削加工

    SUS304の板材(厚さ30mm×700×600)を平面研削盤で今度加工したいのですが、マグネットチャックでは引っ張る事が出来ません。 どなたか、いい方法知りませんか? 加工精度は平面度0.01&平行度0.01です。

  • 研削砥石周速度について

    研削加工をする際,砥石の回転数を900/minにした場合と1800/minにした場合とでは,研削点でおきている現象にどのような違いがあるのでしょうか? もちろん周速度が速いほうが仕上げ面粗さはよくなりますが,なぜそうなのか理論的に詳しく知りたいです. ご回答のほどよろしくお願いいたします.

  • 両頭研削盤の面粗さ

    両頭研削盤の面粗さについて質問です 現在両頭研削盤を用いて加工を行っておりますが上砥石での加工面はRa0.1~0.2と非常に良い面粗さです しかし下砥石での加工面はRa0.25~0.35と上下で大きな差があります 下砥石側の面粗さも上砥石側と同じレベルにしたく加工のテストを実施していますがなかなかうまくいきません アドバイスいただけたらと思います 〈加工条件〉 砥石:CBN砥石(Φ350 番手は270番) 粗研送り:0.6mm/min 精研送り:0.4mm/min 上砥石回転数:1350rpm(反時計回転) 下砥石回転数:1350rpm(時計回転) ワーク回転数:300rpm(反時計回転) ワーク材質:鉄系材料 粗さ規格:Ra0.35 ワーク形状:円盤型で外周側に段差に両頭研削盤で加工を行う 目立て砥石:WA(白い目立て砥石?) 砥石最高回転数:1500rpm 〈テストした気付き事項〉 ・上砥石加工面は目の細かいアヤメ状(クロス目)になっているが下砥石加工面はアヤメ状になっておらず研削目が円周状についており加工面が曇ったような状態になっている ・送りを落としたところ多少粗さがよくなるが研削目の状態は変わらない ・下砥石の回転を1400にあげた場合は研削目が綺麗に円周状になり粗さは悪くなった 逆に回転を1300落とすと研削目はアヤメ状に近づくが太く光沢のある研削目になり粗さは悪くなる 1200にしても1300の時と変わらずな状態 ・粗さ計で形状を見ると下砥石面は上砥石面に比べ凹凸が激しく平面度があまり良くないと思われる ・ドレス直後でもあまり下砥石の状態は変わらない 可能な限り条件と気付き事項を書かせていただきました アドバイスお願いします

  • 平面研削による精度

    平面研削について質問なんですが、 サイズ長手方向で2000mm超のワークを 平面度の精度を1μm以内など超精密に仕上げようとする時、 平面研削盤のテーブルチャックの磁力がどうしても ワークに影響を及ぼすのではないかと思うのですがどうなんでしょうか? 現在、出来るだけ弱い磁力で引くなりして、 だましだましやっているのですが、 どうしてもそこまでの精度では仕上がらなくて悩んでいます。 磁力の影響を受けない様に、チャックの上に 精度の出ているブロックを置いてその上にワークをのせて‥ など考えているのですが、どういったものかなぁという状況です。 どんな事でも良いので、良きアドバイスなどお待ちしています。 よろしくお願いします。

  • 平面研削時の送り縞に関して

    平面研削加工において送り縞が発生するのは普通だと認識しています。 ただし、今回同じ砥石・研削油・加工条件で同等設備2台で研削した面を 油砥石で擦ると、片方の設備で加工した方が等間隔で黒い筋の送り縞が発生してしまいます。 何が原因なのか解かりません。 思い当たる事が解かる方か、くっきりとした送り縞を見難くする方法をご存知の方、ご回答お願いします

  • 平面研削での送りマークを消したい

    宜しくお願いします。 平面研削での送りマーク消したいのですが、完全に消えません。 送りマークを消したい砥石は WA#60・CBN#500・ダイヤ#1000 今まで実施したこと 砥石周速度の調整・テーブル送り速度の調整・砥石の振れ取り これらでは効果があまりありませんでしたが、砥石の角を竹を使用して ダラシているのですが少し送りマークが薄くなります。 竹は昔から使用してますが、なにか砥石の角を落とすものがありましたら 教えてください。

  • 熱処理後の追加工

    加工の内容は以下のようになっております。 加工内容 φ4の穴加工 熱処理前にφ3.8に加工を行ない、その後、φ3エンドミル(日立THコート) にて真円加工をおこなっています。 加工条件は、回転数7400? 送り115(?/min) 切込み量は0.3で 4.5?切り込みます。 仕上げ加工は取りしろ0.01の状態で加工条件は回転数7400? 送り115(?/min)で4.5?切り込んでいます。 その後ゼロカットを2回おこなっています。 製品の材質はSCM420Hで焼入れ高度はHRA78から83 深さ0.3~0.5です 非常にご迷惑かと思いますが宜しくお願いします。

  • 加工条件と切り込み量とは

    現在NC研削盤に加工しているのですが切削条件があまりよくわかりません。 まず、砥石の周速制限値2000m/min設定してあります。砥石の径MAX455 砥石幅75のWA使用です。材質はS45C 加工物はΦ45でプランジカット(荒加工)します。 主軸回転は85.12rev/min 送り0.2mm/minにプログラムはなっています。 よって上記の場合、一回転あたりの切り込み量は0.2÷85.12=0.000234・・(半径)でよいのでしょうか?? それとも0.000234x2=0.0046・・・(直径)切り込みと言う考えでよいのでしょうか?? カタログをみると切り込み目安 0.015~0.04 になっています。 ちなみに上記の加工条件は妥当なのでしょうか??もっと早く加工したいと思っています。

  • 回転数の表示について

    とあるロータリー縦型研削盤の仕様を見ていたら、 疑問1・・・・・テーブル回転数: 5~30MIN-1 疑問2・・・・・砥石回転数(50・60Hz): 610/730MIN-1 疑問3・・・・・砥石周速(50・60Hz) : 1245/1490m/MIN とありました。 それぞれどういう意味でしょうか? わかりやすく教えていただけたら助かります。