• ベストアンサー
  • 困ってます

アルミA6063材側面研削加工時の加工肌(黒斑点)

はじめて投稿させていただきます。 現在アルミA6063材を水溶性の研削液にて平面研削加工と側面研削加工をしています。 平面研削加工ではあまり見られないのですが側面研削加工をしたアルミの肌が 全体的に黒っぽい斑点になります。 焼きつけなのかわかりませんがこの斑点は何でしょうか。加工上仕方ないものなのでしょうか。 アドバイスお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数210
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

A6063、平面はともかく側面は経験者希なのでは? 違いがあるなら、切味の悪さが効いてると思います。目詰りして溶けかかっているとか。 A6063 は A5052 より組織の粗さなのか、精密切削しても曇りがちな面になる材料と記憶してますが、普通の研削で目立つボイドが出ることはないはずです。 なので、砥石の切味次第で改善はできるかも・・・砥石選びは↓ぐらいですかね   http://www1.odn.ne.jp/ute/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。砥石を変えてみるなどさらに調査を進めてみます。

関連するQ&A

  • アルミ加工用の切削油

    アルミの押出材の加工用の切削油を探しています。 重視項目として ・水溶性のタイプ ・臭いが少ないこと ・交換頻度がなるべく少ない方がいいです ・アルミが変色しないこと コストはあまり気にしません。 お勧めの物がありましたら、 メーカー名、型番、アドレスなどを教えてください。 よろしくお願いします。 もう一つ、アドバイスをお願いします。 被素材に関係なく以下の重点項目でお願いします。 水溶性で、 1.臭いが少ない事 2.製品に付いた油の処理が容易な事 3.切削油の交換頻度が少ない事 価格、コストは気にしません。 よろしくお願いします。

  • 円筒研削盤で生のアルミ加工はほんとにできない…・?

    営業担当のmiwaです。この質問にだれか答えてください。 材質A6061で長さ70?のアルミ部品(φ10.9±0.003とφ9.0±0.003)の2箇所を研磨するんですが、少量の対応のため円筒研削盤をもちいて加工をしようとおもっていました。 ところが現場の職人さんに【生のアルミはけんまでけん!!】といわれ・・・ワークの条件は ?センター穴は機能上あけれない。 ?片側は面取りがあるので逆センターでうける。 ?もう片側はSR形状のため逆センターで受けるのはできない。 ?いずれも取り代は上記寸法より径で0.1と設定しました。 ほんとにアルミの生材の研磨はアルミが柔らかくで削れるからって研磨できないのでしょうか

  • 平面研削盤(横軸)加工について

    会社で平面研削盤(横軸)を触っています。前任者が退社し、他の社員も詳しく知らないためこちらに投稿しました。 ?テーブルの回転数を上げれば、研削抵抗が上がる→加工効率の向上 しかし、遠心力により製品が浮き上がり平面は出ても、平行が出なくなる? ?テーブルの送り速度は、テーブル回転、ワークの周速(m/min)、研削量(1N)によって変わってくる?また、その値の求め方を教えてください。 よろしくお願いします。 非磁性材の薄い材質のものを加工する際、加工前後で製品とテーブルの間に研削液が入りこみます。加工後、製品は研削液の上に乗った状態になるのは面精度に影響でますか?

  • 平面研削で表面粗さが粗くて平面度が良い加工面を作…

    平面研削で表面粗さが粗くて平面度が良い加工面を作りたいです 平面研削なんですが、研究を進めるうえでなるべく粗さを粗くしてかつ平面度が良い加工面を作りたいです。 現在材料はS45Cで今はWA60を使用してますが、やはり粗くすると平面度が悪くなります。 どすれば粗くて平面度が良い加工面が出来ますでしょうか?候補としては砥粒径やドレッシング条件の変更などあると思われますが、何か少しでもアドバイスがありましたら返答お願いします。

  • アルミA6063形材の加工傷

    A6063のLアングルにMC加工をしようとすると、どうしても加工傷がついてしまい後処理が面倒です。 下手に傷消し(研削等)すると、アルマイト処理後の仕上がりにムラができてしまいます。 保護フィルムを貼ったまま加工すると、刃物に絡むのではないかと心配しているのですが、 ご経験のある方、何か良い方法があればご教示ください。 宜しくお願いします。

  • 研削治具材料として最適なアルミ材

    アルミ材A5052をリング状にした治具を製作して、その内径にADC12材(ダイカスト)の円盤状(t=6mm)の製品をセットし、平面研削盤にて回転させながら研削加工を行っています。ところが、製品が回転する事によって治具の内側面が削られてしまい、治具がすぐにダメになってしまいました。 被削材がADC12のため、アルミ以外の硬い材料はなるべく避けたいと思っています。(製品が削れてしまうため) アルミ材料の知識が乏しく、とりあえず一般的なA5052を採用して製作したのですが、材料を変更する必要があると思います。このような場合は耐摩耗性を見れば良いと思うのですが、耐摩耗性の高いアルミ材料をご存じの方はいらっしゃいますでしょうか? また、熱処理などによって耐摩耗性を上げる事は可能なのでしょうか?

  • アルミ仕上げ加工における平面度

    アルミの加工で皆様のお知恵を貸していただきたいのですが 2000x2000x30(mm)の大物ワークの仕上げ加工で 加工終了後アンクランプ状態にしたときに平面度0.3mm以内に抑えたいのですが 段取り・加工方法でどのような良い方法が考えられるでしょうか? 仕上げ加工は全側面(6側面)です。 現在考えているのはワークより少し小さ目の専用バキューム治具によるクランプでフライス仕上げ加工が有力かなと。 (工程をできるだけ減らす為に1工程で5側面加工。治具より少しだけワークが出るので側面も加工できるようにする。側面には仕上げの加工とタップあり。) 他に「こんな方法がある」とかありましたらよろしくお願いします。 歪みやすい性質はよく知っているので安易にワンポイントでのクランプできないだろうと思い投稿した次第です。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • アルミ薄板のチャック方法と加工方法

    寸法:φ800ミリ 厚さ:16ミリ 素材:アルミ(A2017、YH75) これを切削加工で製作するとき、どのような加工方法・チャック方法が最適ですか? 研削加工以外の方法でお願いします。 要求精度 平行度:0.02 平面度:0.02 寸法公差:16±0.02 問題点として、アルミ材であるためチャックによって歪みが生じてしまう。

  • アルミパイプ A1070突切り加工について

    アルミパイプの突切り加工で溶着してしまい困っています。 【素材】 A1070 φ50×t5パイプ 【仕上がり寸法】 外径46.4 内径45 厚み2.5 【刃物】 タンガロイ JXGR8150FA TH10 【切削液】 カストロール アルーソルB(水溶性) 濃度8% 上記の内容で高回転、高送りなどいろいろ試しているのですが 切削面がガタガタに… 他の外径や内径などは状態良く仕上がっています。 このことから突っ切り加工のみ何かしらの悪影響が有ると考えています。 今後の展開は切削液を水溶性から油性に変更しようと考えております。 どなたかご存知のかた居られましたら刃物や条件、切削液などどんな 些細なアドバイスでも結構ですのでよろしくお願いいたします。

  • ガラスの研削加工後の曇り取り

    ガラスを研削加工した後加工面が曇りますが、その曇りを取って透明にする手段、方法は何かありますでしょうか?普通の平面であれば#3000程のダイヤモンド砥石で研磨すれば問題無いのですが、段がある面や穴の内面となると手段方法が分かりません。御教授の程宜しくお願い致します。