• 締切済み
  • すぐに回答を!

研削砥石周速度について

研削加工をする際,砥石の回転数を900/minにした場合と1800/minにした場合とでは,研削点でおきている現象にどのような違いがあるのでしょうか? もちろん周速度が速いほうが仕上げ面粗さはよくなりますが,なぜそうなのか理論的に詳しく知りたいです. ご回答のほどよろしくお願いいたします.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1

面粗さの定義は、一定面積での凹凸の多さ(細かさ)と最大最低高さの差であらわされます。砥石の加工は一定範囲における砥粒ひとつひとつの切削でなされます。なので、おおざっぱにいって砥粒が細かく密度が高いほど粗さは良くなります。密度を高める方法には、砥石に関しては、砥粒を細かい目にすることと、加工の動きを早くすることです。回転が2倍になれば砥粒の切削頻度が倍になって細かくなったのと同じ効果が期待できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 砥石周速にていて

    研削盤を使い始めて1年になる新人作業員です。先輩に聞いても分からなかったので、この場で質問させて頂くことにしました。どなたか教えてください。ドレス後に砥石径の変化に合わせて砥石回転数がどんどん上がっていきます。周速を一定に保つために実施していると聞きました。そこまでは理解できるのですが、ドレス時の砥石回転数は砥石径が最大径付近であっても最小径付近であっても必ず同じ砥石回転数(砥石最大径時の回転数)になります。ドレス時に砥石周速は関係ないのでしょうか?基本的な事で申し訳ありませんが、本を見ていても記載がありません。どなたか宜しくお願いいたします。

  • ドレス時の砥石周速について

    センタレス研削盤のオペレータです。砥石がドレスで摩耗するたびに砥石回転数をあげていく「周速一定制御」という機能があります。砥石径が小さくなるごとに周速がおそくなるため砥石軸の回転数をあげていく機能だそうです。砥石使用幅で6段階の回転数変換ポイントがあります。その点は理解しますが、例えば砥石径が最小径付近で6速目の回転数になっていたとしても、ドレス時は毎回砥石最大径時の1速目の回転数に戻ります。(ドレスはロータリードレスで回転数は固定。)ドレス時は砥石周速よりも砥石とダイヤの回転数の比が重要になってくるから砥石周速とは関係ない、ということでしょうか? どなたか回答おねがいします。

  • 両頭研削盤の面粗さ

    両頭研削盤の面粗さについて質問です 現在両頭研削盤を用いて加工を行っておりますが上砥石での加工面はRa0.1~0.2と非常に良い面粗さです しかし下砥石での加工面はRa0.25~0.35と上下で大きな差があります 下砥石側の面粗さも上砥石側と同じレベルにしたく加工のテストを実施していますがなかなかうまくいきません アドバイスいただけたらと思います 〈加工条件〉 砥石:CBN砥石(Φ350 番手は270番) 粗研送り:0.6mm/min 精研送り:0.4mm/min 上砥石回転数:1350rpm(反時計回転) 下砥石回転数:1350rpm(時計回転) ワーク回転数:300rpm(反時計回転) ワーク材質:鉄系材料 粗さ規格:Ra0.35 ワーク形状:円盤型で外周側に段差に両頭研削盤で加工を行う 目立て砥石:WA(白い目立て砥石?) 砥石最高回転数:1500rpm 〈テストした気付き事項〉 ・上砥石加工面は目の細かいアヤメ状(クロス目)になっているが下砥石加工面はアヤメ状になっておらず研削目が円周状についており加工面が曇ったような状態になっている ・送りを落としたところ多少粗さがよくなるが研削目の状態は変わらない ・下砥石の回転を1400にあげた場合は研削目が綺麗に円周状になり粗さは悪くなった 逆に回転を1300落とすと研削目はアヤメ状に近づくが太く光沢のある研削目になり粗さは悪くなる 1200にしても1300の時と変わらずな状態 ・粗さ計で形状を見ると下砥石面は上砥石面に比べ凹凸が激しく平面度があまり良くないと思われる ・ドレス直後でもあまり下砥石の状態は変わらない 可能な限り条件と気付き事項を書かせていただきました アドバイスお願いします

  • 周速比について

    CBN砥石を用いた円筒研削盤を勉強しています。ドレス時の周速比(砥石とダイヤの周速比)が真円度、面粗度に関係してきます。うちの会社では周速比を0.9~1の範囲で使用する、との話を聞きました。これは真円度を出すためにこのようなセットにしているそうです。(砥石メーカーが周速比を0.9にセットしてテストしている、という理由もあるようですが。) 0.5を基準として0.5~1が真円度重視のセット、0.5下が面粗度重視のセットだと聞きましたが、どのような理屈からでしょうか?周りに説明できる方がいなくて、困っております。 仕上げ研削等で使用する場合はこの周速比を落として0.5以下にして使用しても問題ないものでしょうか?砥石SPECの問題等もあると思いますが・・仕上げの面粗度を重視する場合は単純にドレス速度を落とせばよいのでは?と思うのですが、周速比も下げる必要がありますか?

  • SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてくだ…

    SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてください 旋削加工後に、研削を要する加工があります。 弊社には、研削盤がないので研削は外注に依頼しております。 加工品の材料は支給材で熱処理済みで、材質欄には、4130と 記入されていますのでSCM 430相当材と思って加工しております。 加工品の寸法は外径φ26、内径φ22、全長25.5です。 内径の公差が±0.01で従来は、旋削で仕上げておりましたが 規格外が発生するため研削仕上げに変更いたしました。 要求面粗度は6Sです。 研削仕上げなら問題なく仕上がると思っていたのですが 研削面には砥石の食い込んだ様な跡があったりして期待通りに 仕上がっておりません。 上記の材質、寸法に適した研削砥石を教えていただけないでしょうか? 現在は、砥粒=HV、粒度=80、結合度=J、組織=9、結合剤=Vの砥石を使用されて おりました。

  • 粗研削では砥石を傾けて

    平面粗研削を行う場合、 故意に砥石を傾けて (ワークの加工平面に対し、砥石の回転軸を垂直な方向から少し傾ける) 能率を向上させるそうですが、 砥石を傾けると能率が向上するのはどういう原理によるものでしょうか。 教えてください。お願いいたします。

  • 平面研削盤(横軸)加工について

    会社で平面研削盤(横軸)を触っています。前任者が退社し、他の社員も詳しく知らないためこちらに投稿しました。 ?テーブルの回転数を上げれば、研削抵抗が上がる→加工効率の向上 しかし、遠心力により製品が浮き上がり平面は出ても、平行が出なくなる? ?テーブルの送り速度は、テーブル回転、ワークの周速(m/min)、研削量(1N)によって変わってくる?また、その値の求め方を教えてください。 よろしくお願いします。 非磁性材の薄い材質のものを加工する際、加工前後で製品とテーブルの間に研削液が入りこみます。加工後、製品は研削液の上に乗った状態になるのは面精度に影響でますか?

  • 回転数の表示について

    とあるロータリー縦型研削盤の仕様を見ていたら、 疑問1・・・・・テーブル回転数: 5~30MIN-1 疑問2・・・・・砥石回転数(50・60Hz): 610/730MIN-1 疑問3・・・・・砥石周速(50・60Hz) : 1245/1490m/MIN とありました。 それぞれどういう意味でしょうか? わかりやすく教えていただけたら助かります。

  • 周速について

    工作業界2年目の者です。 周速について知りたいのですが、 まず、回転数と言うのは機械主軸が回転している数の事だと思いますが、 機械主軸の回転数がホルダに伝達され、刃物にも伝わりますよね。 と言うことは、機械主軸が1000回転/1minすれば刃物も同様に回転するはずです。 しかし、周速1000にはならないですよね。 私の中で機会主軸の回転数=刃物の回転数 になってしまっているので、周速の意味が理解出来ません。 皆様、どうか解説の程よろしくお願いします。

  • 加工条件と切り込み量とは

    現在NC研削盤に加工しているのですが切削条件があまりよくわかりません。 まず、砥石の周速制限値2000m/min設定してあります。砥石の径MAX455 砥石幅75のWA使用です。材質はS45C 加工物はΦ45でプランジカット(荒加工)します。 主軸回転は85.12rev/min 送り0.2mm/minにプログラムはなっています。 よって上記の場合、一回転あたりの切り込み量は0.2÷85.12=0.000234・・(半径)でよいのでしょうか?? それとも0.000234x2=0.0046・・・(直径)切り込みと言う考えでよいのでしょうか?? カタログをみると切り込み目安 0.015~0.04 になっています。 ちなみに上記の加工条件は妥当なのでしょうか??もっと早く加工したいと思っています。