• ベストアンサー
  • 困ってます

縦軸ロータリー研削盤のツルーイング&ドレッシング

市川の縦軸ロータリー型平面研削盤にノリタケの三角研石?をセットしての研削を予定しております。 初めてロータリー研削盤を使用するのですが、どのようなツルーイング&ドレッシングが一般的なのでしょうか? (研削盤自体にツルーイング&ドレッシング装置などはついておりません。) 単石ドレッサーなどをテーブルにセットして回転させるのでしょうか? あるいはロータリードレッサー?などが必要なのでしょうか? 何卒よろしくお願い致します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数682
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

貴殿の置かれている状況が良くわかりません。 中古機でも購入されたのでしょうか? 砥石軸の側面にL字型のアームのようなドレスが無いのかな? 標準機ならドレッサーは付属する事が一般的だが・・・・ ダイヤorCBN の加工機だったのでは? 加工能力の割りに砥石の結合度が弱く自然脱落させながら加工する事が多いので セグメント砥石のドレスは通常の円筒や平研の砥石のように頻繁にドレス する事は無いように思います。 砥石交換時のドレスも リング状のドレッサーなら話は早いが・・・・ シングルポイントならドレスはテーブル上にダイヤを固定して砥石軸を切り込む テーブルは砥石巾分振ってやれば可能です。 安全面からメーカーに指導して貰う事も考えて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございました。 お察しの通り、元々はダイヤホイールが装着されていた中古機です。 数年前に購入し、ノリタケの三角セグメント砥石及びフランジを装着して短期間使用しておりました。 当時はドレス無しで作業していたようです。(販売業者及びカタログにもそのように記載されていました。) オーバーホールの後、改めて研削をしてみたのですが、目つぶれを起こしているような研削音がし、なかなか改善されないようでしたので一度ドレスをしたいと考えておりました。 ご回答頂いた通りに、単石ドレッサーをテーブル上にセットしドレスを行いました。 テーブルは砥石巾分の移動、とのご指導を頂きましたが、どの程度ドレスしてよいか分からなかったこともあり、テーブルを回転させながら0.01mm程度の切り込み量で数回切り込んでみました。 その結果、研削音も良好になり、現在はドレス無しで使用しております。 ありがとうございました。 ノリタケさんへ問い合わせてみましたが、やはり同様のご回答を頂きました。

関連するQ&A

  • 平面研削盤の単石ドレッサ装着の向きについて

    平面研削盤の上部ドレッサーを使用しています。 単石ダイヤモンドドレッサーを使用しているのですが ◯←正面から見た砥石に対して 正面側にドレッサーの平面が来るように装着するのか、エッジが付いている方を持ってくるのかお教えください。 初歩的な質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

  • 平面研削盤(横軸)加工について

    会社で平面研削盤(横軸)を触っています。前任者が退社し、他の社員も詳しく知らないためこちらに投稿しました。 ?テーブルの回転数を上げれば、研削抵抗が上がる→加工効率の向上 しかし、遠心力により製品が浮き上がり平面は出ても、平行が出なくなる? ?テーブルの送り速度は、テーブル回転、ワークの周速(m/min)、研削量(1N)によって変わってくる?また、その値の求め方を教えてください。 よろしくお願いします。 非磁性材の薄い材質のものを加工する際、加工前後で製品とテーブルの間に研削液が入りこみます。加工後、製品は研削液の上に乗った状態になるのは面精度に影響でますか?

  • ドレッシングについて・・・

    当社で使っている研磨機と条件は次の条件です。 砥石の種類は35R、砥粒WA,粒度46,結合度J。機械は岡本工作所のPSG-105DXです。 機械の上部にドレッサーが内臓されており、普段はそれを使っています。しかし、テーブルに置いてドレッシングするツールに比べて品物の表面が縦に波うってしまったり、思うようにいきません。 皆様はどんなことを工夫されたり、気をつけたりしているか?教えてください。

  • 平面研削盤の X方向のテーブル送り速度

    平面研削盤の X方向のテーブル送り速度に ついてお聞きしたいのですが、 機械が回転数2万回転で一定の場合ですが、 X方向のテーブル送りが 遅いのと早いのでは どちらの方がワークにとって やさしいのでしょうか? 遅いと逆に 熱がこもって 良くなかったりするのでしょうか? どのように したら最適な X方向の送り速度が わかりますか? よろしくお願いします。

  • 回転数の表示について

    とあるロータリー縦型研削盤の仕様を見ていたら、 疑問1・・・・・テーブル回転数: 5~30MIN-1 疑問2・・・・・砥石回転数(50・60Hz): 610/730MIN-1 疑問3・・・・・砥石周速(50・60Hz) : 1245/1490m/MIN とありました。 それぞれどういう意味でしょうか? わかりやすく教えていただけたら助かります。

  • 縦型研磨機のドレッシングについて

    縦型研磨機で、圧縮バネの研磨をやっている者です。 現在、作業をしている圧縮バネの直角度が出ず、また、その理由を 私を含め、他作業者でも答えが見つからないため、こちらに質問を させていただきました。 バネは、クローズドエンドで線径はΦ4.7。外形39ミリで長さが420ミリです。 エンド部がほぼ対になっています(間は4ミリほど)。 砥石自体は何度もドレッサーをかけ、膨らみや凹みもなく平らになっています。 しかし、研磨された製品は両側ともエンド部が薄く、反対側が厚い、斜めに研磨された状態で出てきます。 ドラムの回転数は6分40秒と、普段の他の製品より著しく遅く回しています。 エンド部が対になっているので、斜めになりやすいのは理解していますが、なんとか立たせたいです。 似たような状態となり、その脱却法をご存じの方、または「こうではないか?」 といった意見を募集しております。 よろしくお願いします。

  • ロータリー(インデックス)テーブル内の配線巻き付…

    ロータリー(インデックス)テーブル内の配線巻き付き対策について はじめまして! 個人で省力化機器を製作している者です。 今回 12ポイントワークのロータリーテーブル(小型)を初めて製作する事になったのですが、回転台内にエアシリンダー、モーター、センサー等の個々に配線を要する部品を使用する考えでいるので、どうしても [配線の巻き付き]の問題が出てしまいます。単純な問題ですが。。。 配線(電気信号線)の本数はおおよそ40~45本くらいの予定です エアシリンダーは電磁弁自体を回転台に取り付けるのでメインの1本だけです そこで 回転台の中心にロータリージョイント(回転継手)を使用する以外に、配線の巻き付きを解決出来る様な方法、アイディアがあれば アドバイスを頂きたいのですが、、どうか宜しくお願いします!(荒いお願いで申し訳ありません) (ロータリージョイントは使用出来るのですが、選択肢として 何か他の方法があるのか知りたかったので 質問させて頂きました)

  • 平面研削盤における ワークの飛び

    回転数2000回転の平面研削盤において ワーク材質SKS3 焼入れ済み 厚み60 縦横 50 40 ミリの ワークを 斜めにカットしたような  形状 (斜めカットにより 短い方のストレート部の面積はは12 ミリ× 厚みの60 長い方は40ミリ×60の面積 ) でワークのストレート部面積をを  厚み10ミリ 縦 30ミリ 横 100ミリ位のプレートで 飛びどめとして ワークの左右に設置する事にしました。 30×100の面積を 電磁ベッドに接するように(ワークのストレート面積部には 10×30の面積の部分で  ワーク左右どちらも セットしました。 電磁ベッドも確実にオンにしました。 しかし 0.02から いっても0.03 ミリ位しか かけていないのに ワークが動き  ワークは 横へ飛んでいきました。そして砥石は割れました。 飛びドメの プレートは そのまま ベッドに固定されたまま 残りました。   この飛ばす前に SKS3 の焼入れ材で 同じような大きさのワークを5ミリ 研磨しておりましたが、 ゼロセットする前に ドレッシングするのを 忘れたためそのまま やったので、 多少は 砥石の切れは悪かったと 想定していますが、 音が鳴くほどには 切れは悪くはなかったと思います。 質問は 0.02から0.03位の 切り込みで  ワーク厚み60に対し 飛びドメプレートの厚みが10ミリでは 飛んで おかしくないでしょうか? 初めて飛ばしたのですが、  0.02から0.03位の切り込みで 飛びドメが 10ミリだとしても 飛ぶイメージがありませんでした。 ワーク厚み60に対して 飛びどめ厚み10ミリでは力的に回転する感じはイメージ出来ますが、 それが0.02 位の切り込みで 電磁ベッドの力と 10ミリ の飛びドメのかかりを 超えてしまうのでしょうか? また 砥石は SKS3向けの ピンクの 多分WAを つかっていたと思います 砕けましたが、 平面研削盤は 作業上こういう ことは 想定済みで 砥石が砕けるような こういう状況になっても 機械は それくらいでは なかなか 壊れたりはしないような つくりになっているのでしょうか? アドバイスよろしくお願い致します。

  • 研削治具材料として最適なアルミ材

    アルミ材A5052をリング状にした治具を製作して、その内径にADC12材(ダイカスト)の円盤状(t=6mm)の製品をセットし、平面研削盤にて回転させながら研削加工を行っています。ところが、製品が回転する事によって治具の内側面が削られてしまい、治具がすぐにダメになってしまいました。 被削材がADC12のため、アルミ以外の硬い材料はなるべく避けたいと思っています。(製品が削れてしまうため) アルミ材料の知識が乏しく、とりあえず一般的なA5052を採用して製作したのですが、材料を変更する必要があると思います。このような場合は耐摩耗性を見れば良いと思うのですが、耐摩耗性の高いアルミ材料をご存じの方はいらっしゃいますでしょうか? また、熱処理などによって耐摩耗性を上げる事は可能なのでしょうか?

  • SUS630 鏡面研削時のダイヤ砥石ツルーイング

    題記の鏡面研削はノウハウが多分に関わる内容ですので、 砥石面をどのように作るか?に焦点をあててアドバイスを頂きたく質問致します。 産業機器制作メーカに勤務しており、海外顧客よりSUS630のテスト加工を依頼されております。 ワーク幅200mm(研削部幅は80mm)、長さ2100mm、高さ80mmの鏡面研削をしております。 使用している平面研削機仕様は ・最小切込0.1μm ・テーブル動作油圧式で電磁チャック ・対話ソフトで反転位置、送り速度、切込量などを設定 ・スピンドルモータ回転数はインバータ制御。 砥石仕様:アライドマテリアル両テーパ型 SD****J100BS5 D450 砥石幅20 (**** 部分には#600~#3000) 研削液はケミカルソリューションタイプを使用。 研削装置は23±1℃の恒温室に設置し作業。 要求精度:JIS B 0633-2001でRa0.02μm Rz0.2μm 真直度1μm 大体上記のような条件でやっております。 仕上げの#3000では切込0.1μmでバイアス送りにて研削しています。 具体的な数字は顧客情報も含むので示せませんが、テーブル速度、砥石回転数ともに極力下げています。 要求精度はクリアしたのですが、顧客から見た目が良くないと言われております・・・。 確かに送り目というか送り模様というか、そのような感じのものがうっすらとあります。 3か月ぐらい試行錯誤を繰り返しておりますが、安定的に良い研削面を出す上でも ツルーイング時の砥石面の作り方で変わるのではないかと考え、現在奮闘中です。 このような鏡面加工をされたことある方は、砥石のドレス/ツルーイングをする際にどのようなことに 気をつけていられるのでしょうか。 アドバイスいただければ幸いです。 ちなみに私は三栄精工X-POWERでドレス/ツルーイングしております。 #3000だけはツルーイングだけSUS304に置き換えたりしてます。 質問を〆させて頂きます。 ありがとうございました。