• 締切済み
  • 困ってます

銅タン 高精度加工

銅タングステンの加工において、最終形状精度±5μが求められています。 R精度が良くて、かつ銅タンに対して対磨耗が優れている工具はないでしょうか??? ダイヤコートやDLCコート、CRNコートは有効な選択でしょうか? よろしくお願い致します。 R1R3 Y社20000回転40番です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数669
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

#1のkinko-zです。 銅タンはCu-30%、W-70%、銀タンはAg-35%、W-65%で、共に粉末焼結合金であり、放電加工用電極材料として貴重な存在です。銀タンは銅タンよりさらに硬く、加工条件も厳しくなります。(参考のために日本タングステンのURLを挙げていきます) Narukouさんの言われるように、テルル銅で代用できるような用途であれば、断然そちらの方がいいでしょう。 銅タンの加工条件ですが、私たちは回転数(切削速度)を銅の加工条件からさらに1/21/3程度に落としています。刃物の摩耗が激しいばかりでなく、発熱も大きいので、切削油を大量にかけて積極的に冷却するのも効果があると思います。 しかし、切削速度を落とすと加工時間が長くなり、機械そのものの熱変位による誤差が大きくなってしまいます。 私どもの所有する汎用MCは12時間連続運転で4060μmの変位(X,Y,Zの各座標)が認められました。この変位は主軸等の発熱と周囲温度との平衡状態に至と10%以下に推移するので、精密加工の場合は2時間空運転するか、粗加工で平衡状態に至ったところで仕上げをするなどの工夫をしています。 最近の加工機械は運転時の温度上昇や周囲温度による精度不良を回避するために様々な工夫がこらされていますが、完全に無くならないので、実際の長時間稼働において、加工原点がどの様に変化するかを時間の経過と共に実測しておかれることをお勧めします。

参考URL:
http://www.nittan.co.jp/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうやら磨耗がかなりネックのようですね。コーティングもので選ぶことにしました。 機械の熱変位などにも十分気をつけようと思います。材料・治具(マスター)も同じ室内でなじませてから加工に移ります。 うん、そういえば切削油の問題もあったなぁ。ミストだとやはり難しいでしょうか。 うんと油量を多くしてやれば・・・。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

何か気をつける点ということですが。Koala119さんの以前の投稿などをみてみましたが、非常に研究(試行錯誤)しているので、参考にならないかもしれませんが、最終形状精度±5μということは加工でのねらい精度は±3μ以下くらいをねらわないと±5μはでてこないですね。±3μ以下をねらうとなると機械精度、温調、芯触れは当然それ以下であるという前提、それと工具の精度(Rの精度)の測定が必要なのかも??Rの精度は加工をしてみてどれくらい(加工長)加工したらどれくらい、どの部分(0°90°の間で)が磨耗したかを計測してそれにみあったプログラムを作る必要があるのではないでしょうか。と書いてはみましたがRの測定をする場合、専用の測定器が必要でそれがkoalaさんのところにあるのかどうか、Rを測定しても測定したデータをもとにNCデータを作るCAMがあるのかということになります。あるのならいいのですが・・・・・あと仕上げの取りしろが一定であるかということですね、それとゼロカットの有無、(ゼロカットは材質、条件にもよりますが)・・・ いろいろと思うことを書いてみました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

R測定は刃具購入時にメーカーさんにつけてもらうよう依頼しました。加工後の測定は難しいですね。 工具長測定はレーザーを使用しているので、実際の回転時の振れはチェックできますが、、。 取りしろ一定、ゼロカットはぜひ行ってみようと思います。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

こんにちわ。私の会社でも銅の加工をやっているのですが、銅タンは硬いわけではないのですが、エンドミルは非常に磨耗すると思います。銅タンにもタングステンの含有量の少ないものがあるということですが、現在、加工してる銅タンはどのようなものなのでしょうか??ちなみに私のところでは、精度が必要で加工が困難なものはテルコ(テルル)銅を使うようにしています。あと、エンドミルの選択ですが、CBNのボールがNSから出ているので使ってみてはどうでしょうか?CBNは非常に条件を探すのが困難かもしれませんが、条件さえあえば有効なような気がします。あと、+-5μの精度が必要なのは3D形状部分それともピッチそれとも高さ関係、どの部分なのでしょうか??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 銅タン自体について詳しくは分かりません、すみません・・・。 CBNも当社にて高硬度材では実績があるんですが、切れ刃がまったくない(NS)ので銅にはどうかな? と敬遠してましたが、実際使ってみてから判断したほうが良さそうですね。 で形状なんですが、3D形状(詳しくはお答えできません。。。)です。3次元測定機でしか測定できませんので、刃具、ツーリング、治具、NCデータ、機械、それぞれにおいて最善のものを使用して寸法を狙うしかないわけで。。。 なかなか難しいのですが、何か他に気を付けるべき点などありましたら、ぜひ教えてください!!!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

私の経験では、切削抵抗が大きいので刃物の撓みなどにより形状精度や面荒さに影響があり、最終形状精度5μmを切削のみで実現するのは厳しいと思います。十分試験加工できるといいのですが材料が高価なのでなかなか思うようにできなかったことを思い出します。 銅タンは銀タンほど難しくはなく、切削条件は銅に近いと考えた方が良いでしょう。すくい角の大きい刃物が有効ですが、刃物の逃げ面摩耗が大きく、刃物寿命が問題となります。その点、コーティングは有効だと思います。 切れ味の良い刃物を使い、切削速度を遅めにするのがこつでしょうか。 ご健闘を祈ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確かに材料も高くてなかなかテストカットができません・・・。 やはり銅やアルミ用の刃物が適している感じなんですね。 銀タンの切削は難しいのですか???

関連するQ&A

  • 銅タンの加工

    銅タンを加工するのに適したエンドミルはありますか? 超硬を使うのは当然なのですが、コーティングはどんなコーティングが 良いのでしょうか? 現状では窒化クロムコーティングを使用していますが(銅系ということで) 摩耗が多いので精度を維持するのが大変です。 タングステンでタングステンを削っていることになるので摩耗が激しいのは 仕方が無いことだとは思うのですが・・・。 最適な工具などあればご教授ください。

  • 銅タンの加工について

    普段、銅のみで電極の加工をしているのですが、初めて銅タンで電極を作ることになりました。 加工に適した工具とその条件を教えてください。 ちなみに超硬のノンコートで銅と同じ条件で切削したら、むしれたような面になりました。 よろしくお願いします

  • タングステンの加工

    純タングステンかほとんどそれに近い金属の加工で、NC旋盤では、ボラゾンやダイヤのチップを使ったのですが、すぐに刃がダメになってしまい寸法を出すことができません。マシニングセンタの加工では、日立のTHコーティングのエンドミルで加工しましたが、刃先がすぐに磨耗してしまいます。タングステンの加工に適した工具はなにがありますか?

  • 銅電極のバリ取りについて

    初めての投稿です。 マシニングでの仕事を始めて半年の素人です。 質問内容が幼稚かもしれませんが、易しく回答をお願いします。 形彫り放電加工用の銅電極を加工しています。 牧野フライス製  ハイパー5を使用 被削材 タフピッチ銅 加工時に発生する微細なバリの除去に困ってます。人の手による除去では、電極に傷を付けてしまい使用出来なくなりますし、形状によっては限界があります。 なんとか、機械上でバリ取りが出来ないか? または、バリが発生しにくい加工条件や加工工具、銅の材質が無いか探しています。 また、要求される精度が±3μと厳しく、中々思うようには行きません。この点について、どのようにアプローチすれば要求精度を満たせるでしょか? 長々と書きましたが的確な回答があれば、是非ご教授願います。      

  • 高硬度材の加工について

    熱処理済み高硬度材(3D形状)の仕上げ加工(仕上げ代0.2MM)を加工しているのですが、なかなかうまく削れません。(素材高度 HRC6567 材質 SKH51) HRC5560は加工実績があるのですが・・・ 使用している工具はミラクルボ-ルエンドミルVC-2MB-4RでBT40番焼きばめツ-ルを使用しています。(植物性ミストオイルも使用しています。) 刃物がすぐ駄目になり加工がうまくできません。仕上げ面(寸法精度含む)も良くありません。良い加工方法や工具、また加工条件があれば教えてもらいたいのですが、よろしくお願いします。納期がせまっていて大変、困っています。 M/Cは高精度縦型で2万回転仕様、高速輪郭制御等付きです。

  • 難削材の加工原理

    タングステン合金のドリル加工(マシニング)についてご質問させてください。 タングステン合金(W97%)の穴あけ加工(L/D>6)で穴曲がりに苦慮していました。 加工条件を探索する中で従来普通と思っていたことの逆の現象により ある程度精度の改善が見られましたが理屈がまだよくわかりません。 原理を理解して更なる改善につなげたく思うのですがアドバイスをお願いします。 被削材) タングステン合金 硬度:HRC30 組織:純タングステン粒子(50μm程度)の周りを    柔らかい合金層で形成する石垣構造 伸び:10%程度(高速歪域で脆性化する材料らしい) 従来条件) 切削速度V=40m/min,f=0.07mm/rev ドリル:φ5超硬マルチドリル 切削液:水溶性 厚み30mmで穴曲がりが0.1~0.15程度発生。 切屑組織:タングステン粒子が球形から米粒形状に変形が見られる 改善条件) 切削速度V=80m/min,f=0.20mm/rev 穴曲がり0.05程度に改善 切屑組織:タングステン粒子は球形のまま ドリル径が大きくなるとチゼル周辺の速度を保つためにさらに切削速度を 上げないと真直度が出ません。 ただ、磨耗が激しく切削長3000mm程度で精度低下が見られます。 普通難削材だと低負荷での加工が必須と考えていたのですが このような複合材では一般的なことなのでしょうか。 原理がわかればヒントいただけませんか。 よろしくお願いします

  • 小径エンドミル加工

    はじめまして。MC加工を担当している者です。 現在、材質が銅タンで、幅が0.4mm、深さが1.5mm、コーナーRが0.28、 底面のRが0.12のポケット加工をしていますが、 どうしても、底面のRがだれている状態で、綺麗なR形状になりません。 また側面も0.01ほど倒れています。 使用工具は日進工具のMRB-230 R0.2*3で荒加工をして 仕上げにMRB-230 R0.1*2を使用しています。 条件はR0.2 S20000 F200    R0.1 S20000 F160 機械は牧野フライス製 V33です。 どのようにすれば、R形状が綺麗につき、側面の倒れも0.005以内に 収まるのかアドバイスのほど、よろしくお願いします。

  • エンドミルの微細加工で困ってます!

    エンドミル微細加工が上手くできません、 推奨刃物、加工条件、等のアドバイスお願いします。 素材:SUS303  機械:縦型MC 主軸:MAX50,000(ナカニシ/ビルトイン)*機械軸固定 工具:日立(2枚刃)    彫刻メーカー(1枚刃) テスト条件  加工形状   :平板に溝入れ加工 切り込み量  : Z0.003~0.008 最終切込み深さ:Z 0.15  平面XY周長さ:300mm TOOL刃径   :φ0.1 主軸回転数  :20,000~50,000 X/Y送り速度  :F80~220 その他    :油性ブッカケ/ エアー(ミスト) 上記 条件内で30種類程度の組み合わせ条件で加工中ですが 折れたり・異常磨耗したりで 困っています、 何方か アドバイス頂ければと思い投稿しました。 宜しく お願いします。 お世話になります、 加工長は 平面XY周長:300mm 仕上げ幅=0.1(エアーー回路)の為 1発仕上げ。 工具は日立エポック超硬(コート処理)2枚刃 宜しく お願いします。

  • 工具の食い込み

    プラ型でNC加工をしている者です。現在、FANUCのロボドリルα21iDを使用して高速加工主体で銅電極の加工をメインに行っております。形状がかなり複雑化しておりますので一回の加工で何本ものツールを使用しますがZ軸の伸び等の影響があり、本来平らになっていなければならない面に、ある工具が食い込んで段差(0.03程度)になっていたりして困っております。機械自体がそこまでの精度を想定して作られていないのもあるのですが、段取りやプログラムで何とかフォロー出来ないものかと日々格闘しております。何かヒントになるようなことをご教授して頂ければと思い投稿致しました。宜しくお願い致します。

  • 1/4-28UNF-3Aネジ切り加工について

    お世話になります。 CNC旋盤で被削材A286に1/4-28UNF-3A外径ネジ切り加工を行っておりますが ネジ外径・単独有効径・谷径・谷Rが規格内なのにもかかわらず リングゲージが入りません。 初期の加工条件は S1000_F0.907_パス回数20回+ゼロカット4回 切削油はネジ切り時のみタッピング油 突き出し量はφ10.3をクランプし10.0mm(剛性は充分かと思います) ネジ切り長さは約6.0mm 切り上がりの盗みはφ5.20で長さ2.5mm 櫛刃タイプ・コレットチャック仕様の旋盤 です。 そこでまず セッティング(段取り)に問題があるのかと思い ?使用工具の形状を確認しました。  使用工具:CECO_16ER28UN(CP500) ?刃具の取り付け精度を確認しました。  (ダイヤルゲージでホルダーの傾きを確認) ?芯高を確認しました。 それでもだめだったので加工条件に問題があることを疑い、 ?回転数を3パターン変更してみました。  S800_S1000_S1500 ?パス回数を4パターン変更してみました。  6回_10回_15回_20回 (フランクインフィード) ?ネジ切り前のブランク径を3パターン変更しました。  ネジ外径の下限・中央・上限 ?有効径の規格下限値で加工しました。 ?被削材がA286ということもあって刃先が磨耗しやすい為、  全てのテストを毎回チップを交換し、新品の状態で行いました。 今のところ思い当たる手段は全てトライしてみましたが 結果は全て同じで、 ・有効径を規格内に入れるとゲージが通らない ・ゲージが通るところまで削っていくと有効径が入らない。 です。 あと思い当たることは、ゲージは客先からの支給品なのですが 過去にも同じ現象が有りゲージの精度を疑って別のゲージを借用し 通したら全く問題なくスムーズに通り、有効径も規格内で 加工することが出来た事が有たので今回もゲージを疑いたいのですが、 客先が弊社のメインの取引先でありなかなか言いづらく、 まずは自分の非を完全に潰してからにしようと思い投稿いたしました。 どんなことでもいいのでこの件に関するアドバイス等、 いただけましたらよろしくお願いいたします。