• 締切済み
  • 暇なときにでも

銅タンの加工について

普段、銅のみで電極の加工をしているのですが、初めて銅タンで電極を作ることになりました。 加工に適した工具とその条件を教えてください。 ちなみに超硬のノンコートで銅と同じ条件で切削したら、むしれたような面になりました。 よろしくお願いします

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1021
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

はじめましてpunさん 銅タンの場合 タングステンの含有量でも工具選定が異なりますが 通常は超硬材 超粒子合金K10の工具をご推奨します ただし、タングテンの比率が多いとチッピングが発生しやすくなります スクェア-の場合 コ-ナ-部に微小ランドを取ってあるとカケは少なくなります ceuserさんの発言でもありますが面品位を優先するならク-ラントは油性がベタ-でしょう 銅用のコ-ティング 銅にはCRNコ-トがあります面粗さ工具磨耗には効果があります(ケミカル的に切粉のひっつきを抑えてくれます) 残念ながら銅タンには効果はあまりみられません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解答ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

うちでは、超硬のノンコートまたはコーティングで加工してます。 銅よりいくらか回転を下げてますがあとは同じです。  切削油は水性、油性ですか。マシニングだと水性の事が多いのですが 油性の方が仕上がりが綺麗です。(当社はフライスです) 工具メーカーの資料にも銅は油性で書かれてることがおおいです。  あと工具(コーティング)も銅専用がありますので検討してみたら いかがでしょう(銅タンに使えるかは要確認)。 OSG、NSなどから出てます。 すくいが強くなっていて「むしれ」が少なくなっています。 また、材種も摩耗の少ないもので出来てます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

御回答ありがとうございます。 一応超硬は銅用の物を使っています。 回転を下げるとありますがV7080だと早すぎますか?

関連するQ&A

  • 銅タン 高精度加工

    銅タングステンの加工において、最終形状精度±5μが求められています。 R精度が良くて、かつ銅タンに対して対磨耗が優れている工具はないでしょうか??? ダイヤコートやDLCコート、CRNコートは有効な選択でしょうか? よろしくお願い致します。 R1R3 Y社20000回転40番です。

  • 銅タンの加工

    銅タンを加工するのに適したエンドミルはありますか? 超硬を使うのは当然なのですが、コーティングはどんなコーティングが 良いのでしょうか? 現状では窒化クロムコーティングを使用していますが(銅系ということで) 摩耗が多いので精度を維持するのが大変です。 タングステンでタングステンを削っていることになるので摩耗が激しいのは 仕方が無いことだとは思うのですが・・・。 最適な工具などあればご教授ください。

  • 電極加工

    こんにちわ。 銅電極加工の平面部(土台部分など)の加工についてお尋ねします。 以前、外注に加工を依頼したところ、自分は電極加工を8年ほど携わってきましたが、見た事も無い程、鏡面のようなすばらし面で仕上げてきました。どうにか自分もそのような面で仕上げてみたく、一枚刃のMILLや回転を上げたりと色々と試してみましたが、そのような面に仕上がりません。(CBNやDIAコートのMILLなどで銅を加工するとどうなのでしょうか?) 確かにφ3φ4ぐらいの刃物で仕上げてるはずなんですが・・・。切削油は油性です! 実際に見てみないと分かりにくいと思いますが、宜しくお願いします。

  • 側面加工

    現在、私は、V33のマシニング加工で、 銅タンを材料で電極を作成しています。 幅0.5mm、長さ1mm、高さが1.2mmの長方形の電極を作成したのですが、 上面は寸法どうりに仕上がるのですが、下面が片側0.01以内の範囲で ひろがってしまいます。Φ0.5mm以下の工具で仕上げる場合、0.003mm以下に抑えたい場合、どのように加工したらいいのでしょうか? また、銅タンを加工する場合の工具は、皆さんどのような工具を使っていますか?アドバイスのほど宜しくお願いします。

  • 大きさ1,000mm角の“銅(C1020)”の切…

    大きさ1,000mm角の“銅(C1020)”の切削について 材質=銅(C1020) 大きさ=22t×1,000×1,000 熱処理はなし。 上記の素材から厚み15tまで面削しているのですが、やはり加工ひずみが出てきてしまいます。 カッター、バイトで試しているのですが、イマイチこれといった結果がでません。 どなたか、銅を専門に加工・研究している方がいれば、 「切削条件」「使用工具」など、 加工に関する情報をいただけないでしょうか? とりあえず、平面を出せればと思っております。 宜しくお願いします。

  • 銅の深穴加工

    純銅にφ5mm深さ90mmの止まり穴を、月産8000穴あけるとします。 超硬オイルホールドリルと、高圧クーラントを使用し、 油性の切削油で、加工能率を上げることは可能でしょうか。 油性切削油の場合、加工点に切削油が到達しにくいと聞いたことがありますが、 水溶性の切削油を使うと、銅の変色が激しいため、出来れば油性の 切削油を使いたいと思います。 また、銅の加工の場合、ハイスはすぐにへたってしまうので、 工具材種は、超硬が必須です。 この方法は、現実的でしょうか? また、高圧クーラントはどれくらいの圧が必要でしょうか? 高圧クーラントの加工設備および経験が無いため、経験者のご意見を 頂ければ幸いです。 以上、宜しくお願いいたします。

  • 銅のねじ切り加工 加工面不良

     初めて質問させていただきます。銅のねじ切り加工で、外径・内径共に回転数・切削液の当て方と色々と変えてテストしてみたのですが加工面がボサボサになり綺麗に仕上がりません。使用用途としては金型製作の為の電極作成になります。アドバイスお願いいたします。  加工条件は以下のとおりです。 ・チップはタンガロイの16ERA60で材種は超硬(TH10)です。 ・加工機の本体はオークマでLCS-15、NCはOSP-E10Lです。 ・切削速度は500~100m/minがカタログ記載になっていた為、色々試しました。 ・一回の切り込み量もφ0.3~0.05と色々試しました。 ・切削液はスプレー缶を加工面に直に当てています。 使用プログラム (M50×P0.75 切削速度180m/min) N001 (NEJE-G-M50×P0.75) N100 G50 S1500 N101 G00 X500 Z500 N102 X120.00 Z075.00 T080808 S1174 M03 N103 G33 X048.82 Z045.00 F0.75 M23 N104 G00 X500 Z500 N105 M05 N106 M02

  • 銅(Cu)の加工について

    材質は銅(Cu)でナットを加工したいのですが、まず 下穴加工がうまくいきません。ねじ切り加工も含めて 銅の切削条件や加工方法などご存知の方おられましたらアドバイス頂けませんか。 M10 P=1.5 深さ11です。 宜しくお願い致します。

  • 銅電極のテーパー加工について

    金型工場に勤めています。放電加工に使用する銅電極をNCフライスやマシニングで加工すると、どうしてもR形状やテーパーが狙い値よりも小さくなってしまいます。 特に微少なテーパー(0.5°以下)の場合には、刃物が滑るせいかほとんど付かない 時もあります。いい切削方法を知っている方がいましたら、是非教えて下さい。

  • タフピッチ銅c1100切削方法

    タフピッチ銅c1100の切削条件が良く分かりません。 銅加工をしたことがなく困っています。 マシニングでの(キリ穴あけ、エンドミル溝、側面加工)工具の材質、切削油、回転、送りなど切削条件を詳しく教えて頂けないでしょうか? よろしくお願い致します。