• 締切済み
  • 困ってます

側面加工

現在、私は、V33のマシニング加工で、 銅タンを材料で電極を作成しています。 幅0.5mm、長さ1mm、高さが1.2mmの長方形の電極を作成したのですが、 上面は寸法どうりに仕上がるのですが、下面が片側0.01以内の範囲で ひろがってしまいます。Φ0.5mm以下の工具で仕上げる場合、0.003mm以下に抑えたい場合、どのように加工したらいいのでしょうか? また、銅タンを加工する場合の工具は、皆さんどのような工具を使っていますか?アドバイスのほど宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数99
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

荒と仕上げで工具は分けていますか? 同一工具ですと荒取りでは先端ばかり使う事になると思いますので 工具磨耗があるかと思います 銅タンって結構刃物減りますよね 工具の倒れの影響であれば最終仕上げはゼロカットよりむしろ 0.001~0.003程度逃がすくらいの方が良い結果が出る事もあります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

荒工具と仕上げ工具2本で加工しています。 荒工具で取り代0.05(片側)まで仕上げて、仕上げ工具で、 0.01ずつオフセット加工していて、最後にゼロカットをしていました。 最後に0.001逃がすという事は、思いつきませんでした。 アドバイスありがとうございます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

どうしても細い工具を使うとして、 やはり超硬しかないでしょう、それでも倒れるようであればシャンク側、根元側の刃を逃がして先端側だけで繰り返し加工するとか、あるいは細い工具の場合、回転を指定より極端に(例えば1/2から1/3ぐらいまで)落として、空切削(同一パスを繰り返し)してみるとか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

超硬の工具で加工しているのですが、倒れてしまいます。 切削方法としては、Φ0.5mm、刃長が1.25mmの超硬エンドミルを 1.2mm切り込んで、0.01mmずつオフセット加工で寸法を仕上げてました。 最後に同じ条件で空切削していました。 やはり、根元側の刃を逃がして段加工したほうが倒れは少ないのでしょうか もう一度、この方法でやってみたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんにちは。 どうして、φ0.5以下の刃物でなければいけないのですか? 角穴じゃないんでしょ? 2ミリくらいの工具は使えませんか? 細い工具だと、倒れるでしょ? それで、寸法が出ないのでは? そうでしたか。大変な仕事ですね。 隙間が0.7ミリでしたら、0.6のエンドミルは使えませんか? なるべく太い工具が良いと、思います。 切込みを小さくして、何回も補正をかけては、如何でしょうか? 1.2ミリの切り込みは、大きいのでは? 0.2くらいで、切り込み、補正も最後は0.003~0.005くらいで 加工してみては?0.001から補正は利く筈ですから、 0.001ずつでも、良いかも?機械の精度にもよりますが? 周速は、どのくらいですか?20メーター位? 10000回転で16メーターですよね? 時間がかかっても、きちんと仕上がったほうが、得だと? 思いますよ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

僕の説明不足でした。製品が1.2mmピッチで、製品との間の溝が、 0.7mmなので、0.5mmの刃物で仕上げていました。 切り込みをもう少し小さくしたほうが、いいんでしょうね。 もう一度やり直してみます。 ありがとうございました。 周速は、30メーター位で加工していました。 周速を25メーター位に落として、補正も0.003位にしようと思います。 Z方向の切り込みを0.2ずつにする時は、やはり、リブ用のエンドミルのように、根元を逃がしたほうがいいのでしょうか? ストレートのエンドミルを使用したら、上面側に刃が当たっている状態が 続いていていて、上面側が細くなってしまうような気がするのですが・・・ アドバイスをしていただきありがとうございます。

関連するQ&A

  • 銅タンの加工について

    普段、銅のみで電極の加工をしているのですが、初めて銅タンで電極を作ることになりました。 加工に適した工具とその条件を教えてください。 ちなみに超硬のノンコートで銅と同じ条件で切削したら、むしれたような面になりました。 よろしくお願いします

  • 超硬加工 加工方法の件

    見て頂きありがとうございます。 超硬加工で困っています。 材質名:KM10 硬度:91.5HRA サイズ:100 x 70 x 板厚=7 上面形状は、ゆるやかなRの付いた凹凸です 浅い所で1mm、深い所で5mm位削ります。 ユニオンツールの超硬加工用ボールエンドミルで 削る予定でしたが、指定の送りだと106時間でした(cam時間) 工具代も高く現実的ではないと思い ※一本寿命、1時間くらいらしいです。 銅で上面形状を放電中です。 しかし、放電時間がものすごくかかっております ほかに何かいい方法、アドバイスなど ありましたら教えて頂きたくお願いします。 上面加工後、ワイヤー加工予定です。

  • 小径穴加工

    素材SKD11にφ1.2mm、深さ10mmの貫通穴を空けたいですが穴曲がりが起こります。何か良い解決策があればご教授をお願いします。 φ1mmのセンタドリルで下穴、φ1.2mmのドリルは三菱(SD,V-SD)を使用。 回転数は使用する機械の能力により2000~4000回転/分、送り0.02~0.03mm/回転、ステップ送り2mmで加工。 現在はステップ送り(切込み)=0.5mmで加工しております。 現在、工具屋さんに相談中で、ドリルチャック、ストレートドリルの使用に問題がありそうという見解で工具の検討中ですので困り度レベルを「すぐに回答を」→「困っています」にしておきます。 BIGのメガチャックに変更(ドリルはV-SDのまま)したところ、ほとんど問題ないレベルまで改善しました。まだ、わずかに振れる時があるのでドリルの変更も検討してみます。

  • 放電加工での電極消耗率の違い

    超硬合金の放電加工をしています。 電極材が銅タン、銀タンなどを使用しておりますが、 同じ加工条件で何故消耗率が異なるのでしょうか? よく電気の流れ易さなどが影響大といわれますが、 一番影響している電極の物性値って何でしょうか? 導電率、熱伝導度、熱膨張係数、硬さ、組成比率?? 基本的なことが分からず困っています。 宜しくお願いします。

  • 銅電極のテーパー加工について

    金型工場に勤めています。放電加工に使用する銅電極をNCフライスやマシニングで加工すると、どうしてもR形状やテーパーが狙い値よりも小さくなってしまいます。 特に微少なテーパー(0.5°以下)の場合には、刃物が滑るせいかほとんど付かない 時もあります。いい切削方法を知っている方がいましたら、是非教えて下さい。

  • 銅タンの加工

    銅タンを加工するのに適したエンドミルはありますか? 超硬を使うのは当然なのですが、コーティングはどんなコーティングが 良いのでしょうか? 現状では窒化クロムコーティングを使用していますが(銅系ということで) 摩耗が多いので精度を維持するのが大変です。 タングステンでタングステンを削っていることになるので摩耗が激しいのは 仕方が無いことだとは思うのですが・・・。 最適な工具などあればご教授ください。

  • 小径エンドミル加工

    はじめまして。MC加工を担当している者です。 現在、材質が銅タンで、幅が0.4mm、深さが1.5mm、コーナーRが0.28、 底面のRが0.12のポケット加工をしていますが、 どうしても、底面のRがだれている状態で、綺麗なR形状になりません。 また側面も0.01ほど倒れています。 使用工具は日進工具のMRB-230 R0.2*3で荒加工をして 仕上げにMRB-230 R0.1*2を使用しています。 条件はR0.2 S20000 F200    R0.1 S20000 F160 機械は牧野フライス製 V33です。 どのようにすれば、R形状が綺麗につき、側面の倒れも0.005以内に 収まるのかアドバイスのほど、よろしくお願いします。

  • SUS304の平面加工

    SUS304の平面加工について質問します。 材料サイズは、□1400mm 板厚35です。 板厚公差は、0-0.1 表面粗さは、Ry1.6です。 板の反り0.5mm 荒加工の工具? 切削条件(送り、回転数、切り込み深さ)? ドライ加工が良いのか、ウェット加工良いのか? 仕上げ加工の工具? 切削条件(送り、回転数、切り込み深さ)? ドライ加工が良いのか、ウェット加工良いのか? 工具の動き、切削幅が工具径の何%が良いのか? 今の工具、加工方法では、工具のチップの損傷により とても加工出来そうにありません。 ある工具は、 T社製 TME4408RB M社製ASX445 があります。 加工実績は、 M社製ASX445の工具を使い ウェット加工、切り込み1mmで 4000mm持ちません 答え、アドバイスお願いします。

  • Φ0.1の穴加工

    材質SUS303、厚み0.5mmに0.1mmの穴を貫通させたいのですが、今までこんな小径の穴をあけた経験がなく、経験者の方のアドバイスが頂けたらと思っています。加工に使うマシニングの主軸はBT-40で回転は最高12000回転まであがります。(増速スピンドルを使えば40000回転まで可能)刃物はRYOCOのマイクロドリル(VCDコーティング)刃長1.2mmを購入済みです。まだ試し削りもしていない現状ですが、皆様アドバイスをお願いします。

  • ピン形状、グラファイト電極作成、放電加工について。

    先端0.2mm以下(テーパー1.5°)_深さ6.0mm(電極は8.0mm)のピン形状、電極作成、放電加工 を行いたいのですが、以下4点のアドバイスを頂けないでしょうか。 ①適正電極材→形状が細いので、高グレード材料(TTK5レベル)になるかと思います。 ②電極加工工具→仕上げはR0.5有効長10mmでしょうか?他に適正工具ありますでしょうか? ③電極加工条件 ④放電加工モード など お手数をお掛けしますが どうかご教授して頂けると幸いです。