• 締切済み
  • 暇なときにでも

高硬度材の加工について

熱処理済み高硬度材(3D形状)の仕上げ加工(仕上げ代0.2MM)を加工しているのですが、なかなかうまく削れません。(素材高度 HRC6567 材質 SKH51) HRC5560は加工実績があるのですが・・・ 使用している工具はミラクルボ-ルエンドミルVC-2MB-4RでBT40番焼きばめツ-ルを使用しています。(植物性ミストオイルも使用しています。) 刃物がすぐ駄目になり加工がうまくできません。仕上げ面(寸法精度含む)も良くありません。良い加工方法や工具、また加工条件があれば教えてもらいたいのですが、よろしくお願いします。納期がせまっていて大変、困っています。 M/Cは高精度縦型で2万回転仕様、高速輪郭制御等付きです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数12
  • 閲覧数524
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.12
noname#230359
noname#230359

2万回転の回転数に対して、ミスト給油では、到底無理です。高圧突出のオイル供給が必要です。 詳しくは、http://www.lcv.ne.jp/~fuyos/ へご相談ください。

参考URL:
http://www.lcv.ne.jp/~fuyos/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11
noname#230359
noname#230359

その後どうなったのでしょうか? 問題が解決したなら締め切りませんか? それと結果を教えていただけると助かります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
noname#230359
noname#230359

 ARK1は結構、高硬度材料としては直彫り加工が可能な 耐摩耗金型材と思います。削りと摩耗の相反する関係を 甘く制御している材料で、作る人と、使う人の協調関係 が出来ている社会では評価に値するかなあ。。。と思い ます。少なくとも新材料の概念を作り上げようとしてい るみたいな、気迫が感じられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
noname#230359
noname#230359

 研削加工費は熱処理の寸法変化を見込んでかなりのマージンを 取っているような気がします。更なるコスト変革を目指すなら、 熱処理と研削加工をセットで考える会社が今後伸びると思われま すが、いかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

SKH51の焼き入れ材の仕上げに切削加工よりも研削加工の方が、加工時間・コスト・仕上げ面及び品質変化の観点から見てもベストだと思います。

参考URL:
http://members.aol.com/fac9999/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

BTT株式会社のボールエンドミルを使用してはいかがでしょうか? Blitz 3000Sシリーズ。Blitz 3080S 特徴 ・このボールエンドミルは、中心部がわずかになく(桃のようになっている)。 ・3枚刃である。 ・切れ刃が、中心部がポジ、外周に近づくほどネガになっています。 ・高速加工タイプのエンドミルである。 ・超高硬度素材(HRC68以上)が切削可能と言われています。 ・某自動車メーカーが高硬度層(チッカ層)を切削していると言われています。 (エンドミルの設計、データー収集に某自動車メーカーが協力していると言われています。) 是非一度お試し下さい。

参考URL:
http://www.btt.co.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

どのような理由でミストオイルを使用しているかわかりませんが、それがネックになっているかもしれません。中活性以上で粘度が高めの油性切削油を使用してみては如何でしょうか? ガンバッテ下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

取り代の0.2?というのをもっと減らすことは可能なのでしょうか 一回の切り込み深さはどのくらいでやっているのですか 取りしろと切り込み深さを小さくできれば何とかなるのではないのでしょうか。 それから刃物はすぐだめになる物と考えて新品の刃物で同じパスを何度も走らせるのもいいと思います(だいぶコストはかかりますが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

こんにちわ! SKHで高度65以上はすごく硬いでしょうね、 まず、焼ばめよりkazubanさんの言われるとうり 剛性のあるホルダーの方がよいと思います。 工具も出来るだけ短く掴んで、条件をもう一度検討して見られればいかがでしょう? VC-2MBよりVC-2MDBの方が良いかもしれません。 それでわ、頑張って下さい。

参考URL:
http://www.kobelcotool.co.jp/product/newpro/newpro.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

工具がダメになってしまうのは工具にしなりがないためではないかと思われます。比較的柔軟性がある“超微粒子”のボールエンドミルを使用してみては如何ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • ハイス(SKH51)の焼入れ焼戻し後の硬度について

    お世話になっています。 塩化ビニルや銅などを切断する刃物(材質:ハイス SKH51)の熱処理後の硬度についてご教授願います。 刃物の形状は、カッターナイフの様な物、羊羹の様な物、CDデスクの様な物などいろいろあります。 それらの硬度指定が、HRC60とHRC64の2種類混在しており、理由については社内では明確なものがありません。 私も10年以上の間、図面を書く時の雰囲気できめていました。 (大量発注する時はHRC60、試作のような数が少ない時はHRC64にしています。と言うよりも、数が少ないとHRC60に指定してもHRC64の硬度で納入されてきます。) 一般的にハイス(SKH51)の焼入れ焼戻し硬度はHRC64ですので、それに統一しようと思い熱処理業者に問合せをいています。 ただ、熱処理を依頼する側、使う側からの意見も聞きたいと思い投稿しました。 よろしくお願いします。

  • SKH51の焼入れについて

    金属加工に使用する工具を製作するため、SKH-51を使用しているのですが、現在の硬度(HRC61)よりも低いHRC51まで持っていきたいのですが焼入れによる加工は可能でしょうか? 回答をお待ちしております。

  • 高硬度材のエンドミル溝加工

    円筒形のワ-クを縦型マシニングセンタ-(同時3軸X、Y、Z、A)にてエンドミル溝加工(ねじ切りのようにリ-ドをきる)を行っています。 工程短縮の取組みとして、熱処理前に荒加工せず、熱処理後の高硬度材(HRC 60)からいきなり加工するというテ-マに取組んでいます。 よく高硬度材に適したエンドミルだと紹介されるものは、どれも側面切削ばかりで使えません。 加工形状は溝幅がだんだん狭くなったり、広くなったりするので、エンドミルのパス回数が多く、そのため工具寿命がかなり重要です。 特にエンドミルの底は常にあたっている状態のため、傷みやすいです。 ワ-ク材質はSLDに相当するものです。 高硬度材の溝加工に適したエンドミル(もしさしつかえなければ加工条件も)を教えてください。 よろしく、お願いします。

  • 焼入焼戻し硬度のばらつきについて

    工具鋼の焼入焼戻し硬度のばらつきについて御教授願います。 主にSKD11やSKH51の熱処理を2社の業者にお願いしているのですが、弊社から要求する硬度範囲について出来る業者と出来ない業者に分かれています。 硬度範囲がHRCで±1でOKの業者と±2は必要という業者があります。 大きさは片手で持てる程度のもので、入荷時の検査ではどちらの業者も±1でも問題ないようなのですが。 出来ないと業者は安全率を見ているような気がするのですが。 よろしくお願いします。

  • S45C硬度について

    研磨加工会社の現場事務をしている女性です。 先ほど客先から熱処理+研磨加工の依頼が有り ? S45C 熱処理HQ-T HRC32~36 ? S45C 熱処理HTR HRC22~26 どちらもフライス加工済みの品物を渡されたのですが、 ?は焼入焼戻で、上記の様な硬度は可能なのでしょうか? (調べてみたらもっと硬度が高かったので) ?は何の処理でしょうか? こちらも調べましたが分からず、もしかして調質?と思ったのですが、加工済みの品物を調質って出来るのでしょうか? 調質された材料を使って加工する、というイメージなので・・・ 普段は殆ど支給されたブランクを研磨加工するだけなので、この様な事に関して無知で申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

  • S45Cを熱処理するとどのくらい変形するのでしょ…

    S45Cを熱処理するとどのくらい変形するのでしょうか? S45Cを熱処理するとどのくらい変形するのでしょうか? 現在、社内で使用する冶具づくりをしています。 マシニングセンタでの正直台として使用するものです。 素材はS45Cで100mm角と100×75×50mm(50mm幅を研磨)を製作します。 製作工程は荒加工→熱処理→仕上げ加工→研磨 となりますが熱処理でどのくらい変形するのか分からず、取り代をどのくらいにすればよいのかわかりません。 硬度HRC30、HRC40、HRC50のときの変形量ってわかりますか? また、正直台だとどのくらいの硬度が必要でしょうか? ご指導のほどよろしくお願いいたします。

  • 高硬度材(SKD11 60HRC)のねじ加工

    お世話になっております。 高硬度鋼(60HRC程度)用のねじ切り工具を日立ツールさんが出しています。 下穴を加工せずに、直接下穴と、ねじを加工できるというものです。 超硬ねじ切りカッタシリーズの 「エポックDスレッドミル」です。 http://www.hitachi-tool.co.jp/j/products/new/et/et.html これって、どうなんでしょうか? 使用された経験のあるかたおられますか? メーカカタログには60~64HRCへの被削材に対しての実績が載っていますが 実際のところ本当に加工できるのでしょうか? 金型の修正等でたまに、ねじ加工する必要が出てくるので 切削でできるのならば、大分楽になるのですが・・・ 使用経験のあるかたおられましたら、教えてください。 よろしくおねがいします。 ねじ切り工具 http://www.hitachi-tool.co.jp/j/products/new/et/et.html

  • ELMAX硬度が得られない?

    ELMAXの熱処理について教えてください。 3年前から取引先に該当材料の熱処理を依頼し、通常指定どおりHRC58-62の硬度を得ていました。 ところが6月下旬ぐらいから、従来の条件で熱処理を行っても指定硬度が出る場合と出ない場合がある、との問題が発生しています。出ない場合の硬度は、HRCで56ぐらいです。 これ以外の材料では同様の問題が起きていないため、同社の熱処理設備、検査器具の問題ではないと思われます。 材料代理店に問い合わせましたが、材質には変更はないとのことで、逆にメーカー推奨の熱処理条件を使っていないから、硬度がでないのだ、との説明でした。 一方熱処理業者側は、硬度を出すだけなら推奨条件でもよいだろうが、顧客側で形状加工済みの寸法変化、ひずみ重視の製品焼入れには、自社条件の方があっている、今までこの条件で十分硬度が得られていた、という論旨です。 このような場合、どういった要因が考えられますでしょうか。当社は当初規格範囲内の鋼材の配合変更があったのではないか、と考えたのですが、そうではないのでしょうか? また、該当の熱処理業者からは、今の状態で指定硬度を出すためには、焼き入れ温度を上げる必要があり、1180度程度まであげると硬度は出る、とのことでしたが、この温度変更による材料の劣化等は大丈夫でしょうか? 海外進出企業であり、相談するところが少ないため、ご存知の方に教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

  • SKD-11の加工

    おせわになります。 外径90、厚み20、外周R10形状のスピニングローラーにおいて、材質はSKD-11(調質材)に硬質クロムメッキを施すことを検討しています(先月にも関係する質問をし、おせわになりました)。 しかしながら、SKD-11調質材は硬度HRC60で硬くて削れないようです。 たしかに一般的にHRC60以上は削りにくいとは聞いています。 調質していない材料にすると、加工後に焼き入れできると思いますが、最終的に表面を研磨仕上げになるかと思います。しかし先端のR10形状を研磨仕上げするのが難しいと言われています。 となると、調質していないSKD-11でもHRC50~55くらいあるので、これに硬質クロムメッキを施してしまえばよいか?と考えています。 HRC50~55もあれば、硬質クロムメッキ(HRC60~64)が加圧時に負けてしまうこともないのではないかと。 コーティングなどで表面硬度を上げている工具などがたくさんあると思いますが、コーティングの硬度に対して、下地の硬度がどれくらいあれば良いのかといった知見がないので本当に上記のような考えてよいか判断がつきません。 調質材でなくとも問題ないとみてよいでしょうか? それともその他案があればご教授お願い致します。

  • 焼き入れ材に Φ6、Φ8 H7の止まり穴加工

      材質 DCMXの焼き入れたプレート(HRC60)に  Φ6H7 深さ15mm  Φ8H7 深さ20mm  の加工についてです。  Φ8は、焼き前に下穴Φ7をあけておき、Φ6の超硬エンドミルで輪郭加工 しようと思います。 またΦ6は 焼き前に下穴Φ5をあけておき、Φ4の超硬エンドミルでヘリカ ル加工しようと思います。  どちらもテーパーになるので苦手なのですが、とくにΦ6の方は時間もかか り精度が出しずらいので いいアドバイスが頂きたいです。  マシニングの最大回転数は、4500です。  あと、折れやすいと聞いているのですが 高硬度用リーマで加工されている 方がみえたら、教えて頂きたいです。