• ベストアンサー
  • 困ってます

エジェクタピン穴の加工について

エジェクタピンの穴の加工は、リーマを通さずにドリルの加工だけでもいいと聞いたのですが本当にリーマを通さなくてもいいのでしょうか?上記の通りで加工したとするとφ6のエジェクタピンでしたらφ6のドリルを付くということになります。ちなみにピンの公差は-0.01、-0.02です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんにちわ。 質問ですが場所によると思います。 いちがんに言えませんがエジェクタの場所がコアやキャビ以外の場所ならバカ穴にした方がスムーズに組み立てが出来ます。精度良く作ってもガイドやリターンピン等の誤差で金型がこじてしまう場合が有るのでドリルだけでも良いと言う意味ではないでしょうか? あまり精度良く制作しすぎても金型は組み立てが大変だと思います。経年変化も有りますし。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。以上のことをふまえ、今後金型製作に取り組んでいきたいと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

はじめまして。お世話になりますtksです。 よろしくお願い申し上げます。 OKです。私の会社でも6φのドリルであけています。 ただしその金型に合った加工方法をお願いします。 例えば切れ刃の近くにあるとか製品を平行に持ち上げる時とかは、6φであけますと実際はその径より若干+0.1程大きくなりガタガタになりますのでこの場合リーマをお勧め致します。 それと一番大事なのは金型を組まれる方とよく話し合ってから行った方が一番良いと思います。 (なぜ、こんなことをしたかと問題になりますので) 加工時間がある時はリーマやワイヤーの方が良いですね。 以後よろしくお願い申し上げます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • マシニング アルミ合金Mg-Si系への穴加工

    マシニングでアルミ合金Mg-Si系へ穴加工で質問です。 BT30番のマシニング 外部給油(オイルホール無し) アルミ用ハイスドリル を使用して ①φ2(0/+0.09)深さ5 ②φ4H10(0/+0.048) 深さ9.5 の穴を一発加工したいのですが、どのドリルを選定したらいいかわかりません。 ナチを例にとると、DLCハイスドリルはマイナス公差で仕上がっている為、Φ2.0だと小 φ2.1だと大(⇦と創造) φ4も同 と思われます。 どんなドリルを選定すればいいでしょうか? それともφ2.0 φ4.0 ドリル(マイナス公差)で穴をあけて、引き続きマシニングにハンドリーマを取り付けてリーマ加工した方がいいのでしょうか? *マシニングでリーマ加工をしたことがないので、リーマ使用を推奨される場合はリーマについても教えてください。

  • キリ穴の加工不良

    厚さ10mmのアルミをセンター穴加工後に、ドリリングサイクルで、φ9ドリル(一般公差の中級)にて、図面寸法φ9貫通(一般公差φ9の中級)の箇所を加工したとこる、穴がφ9.5になり公差外れとなりました。この時、加工者は新品のドリルを使用していて、加工後にドリル先端を見てみるとシンニングの逃がしが十分でない形状になっていたため、加工中にドリルの振れが大きくなり、穴が大きくなったのだろうと言いました。これって本当ですか?シンニングはどのような役割があるのでしょうか? また穴が大きくなった原因として、2番の逃がし角度が小さいためかったためとも言ってます。これも原因のひとつになるのでしょうか? またこのようなドリルを使用するときは、センタ穴加工だけでなく、下穴加工をしてから、加工するとよいと言われましたが本当ですか?是非とも経験者の方の意見をお伺いしたく、よろしくお願いします。

  • H7公差の穴加工

    素人ですがよろしくお願いします。 H7公差の穴加工の際、 MCを使いドリルで下穴あけた後にエンドミルで突く (φ15H7のときは14.5キリの後、15.0エンドミルで突きG82で 2秒停止) ラジアルボール盤を使いドリルで下穴開けた後、リーマーでさらう。 (φ15H7のときは14.8キリの後、15.0のリーマーでさらう)  上の2つの加工について意見をお願いします。 会社によってはリーマーをMCやフライスのみで用い、ラジアルでは使わないところがあると聞きました。エンドミルをリーマーがわりに用いることは多いのか。精度面についてはどうか。少し不安な点があるので、皆様の意見を伺いたく思います。宜しくお願いします。

  • SUS304の穴あけ加工について教えてください

    SUS304丸棒(φ55×400)にφ19×160の止まりの穴あけ加工を行なったのですが、工具がびびり、穴の表面が粗くなってまいます。なにかよい方法はないでしょうか。教えてください。ちなみにφ19H7の公差です。現在はドリルで穴あけした後、リーマを通して仕上げています。(穴が大きくなってしまいます。φ19.050)宜しくお願い致します。

  • ドリル加工でうねってしまいます。

    お世話になります。 素材C5191にφ2.02(公差0.05)、深さ13ほどの穴を超硬ドリルで開けていますが、数百個ほどでドリルが磨耗してくると、穴がスパイラル状にうねってきてしまいます。 ハイスリーマを通してみましたらうねりがひどくなると、リーマがそれに習って折れてしまいます。 バニシングドリルも試してみましたが、これは100個も加工しないうちに折れてしまいました。 NC自動盤で芯は問題なく出ています。 現状では数百個で高価な超硬ドリルの交換で対応しています。 工具寿命が長くなる方法はないでしょうか?

  • 穴加工に付いて

    8φや10φといったよく使う穴のピッチが今一つ出ないんです200mmで0.02位ピッチがバラツクんです。機械はあだ新しいのでやり方の問題だと思うんですがみなさんはどうゆう行程でやってますか?うちでは例えば8φですと1-センタードリル、2-6.8φキリ、3-7.7φエンドミル、4-8.0φブローチリーマとゆうやりかたです。 いいやり方があれば教えてください。ピッチ公差0.005以内に収めたいんです。 お願いします。

  • 穴加工

    旋盤での穴加工ですがФ10のSUS304にФ3.3をドリルで空けてリーマー で仕上げていますが細かいキズが残ってしまいます。何かいい方法は ありますか、バイトは小さすぎて困っています。ワイヤーカットも考えて いますが、方法がありましたらお願い致します。貫通は20ミリです。

  • 内径加工

    シチズンNC自動機を担当しております。端面から5mmまでφ6.4+0.1の内径があり、その径からφ4.45+0.02まで60°のテーパーがありそのまま13.4mmまでこの公差で加工し、φ3.7+0.02まで60°のテーパー後、垂直の壁がありφ2.3の穴が16mmまであります。このφ3.7+0.02はテーパーと垂直の壁との接点の為、検査不可能だと思います。(φ2.3の穴はきり穴でOKです。)13.4mmも±0.02の公差があります。材質はSUS303です。 現在、φ6.1とφ4.1とφ2.3のドリルで粗どり後、φ3.6エンドミルで13.3mmまで加工(ドリルのかた削り)。そして三菱のステッキツイン最大加工径φ4.0(VP15TFのブレーカー付)で仕上げしろ0.05残し加工。φ4.45+0.02部分のみゼロカットしています。(奥の壁も同じく)そして同じく三菱のステッキツイン最大加工径φ2.0(VP15TFのブレーカー付)で仕上げております。仕上げもφ4.45+0.02部分のみゼロカットしています。粗、仕上げともに40mm/minで送りは0.05で、ゼロカットは回転同じで送りを0.1でしています。 加工個数は3500個で加工し現在500個ほど加工しました。φ4.45+0.02部分を500個全数検査してみると15個ほど12~3mmくらいのところでφ4.45ピンゲージが止まってしまいました。 上司の指示を仰ぐと、それくらいならしかたないだろうとの意見でしたが、技術の森の諸先輩方のご意見はいかがなものでしょうか? ちなみに最初はゼロカットなしで500個近く加工して、30個ほど通りが硬いものと止まりが覗くのがでてきました。ゼロカットをしてから上記のとおり通りが硬いものだけになりました。 なおリーマーの使用も考えましたが、今回はツールがいっぱいなうえに以前同じような加工をした際、リーマーを使ってかなりばらつきがでました。(超硬リーマー) よろしくご指導願います。

  • 穴加工について

    機械加工について初歩的な質問ですが ボール盤等で穴加工する場合、例えばφ8のドリルで加工した場合 仕上がる穴径はプラス側、マイナス側どちらにでるものなので しょうか?それとも両側にばらつくんでしょうか? また、条件にもよると思うのですが卓上ボール盤でドリル加工した 場合、穴径公差はどの程度で仕上げられるんでしょうか?

  • 旋盤での深穴加工について

    深穴加工初心者です。 素材 SCM435 (Φ150×400) 工具 NGK スローアウェイドリル 公差 Φ25±0.1 機械 NC旋盤 Φ25の穴を貫通させる加工なのですが、新品のチップで5本ぐらいまでは 綺麗に加工できますそのあと段々と中間から抜け際にかけむしれで公差をはずれてしまいます。 面粗度(50s)なのですが表面がガタガタになって不良になってしまいます。 対策として切削水の増圧、Φ24.9のチップを用意し公差はなんとかなったもののむしれで製品になりません。