-PR-
締切済み

筋トレメニューについて

  • 困ってます
  • 質問No.9419979
  • 閲覧数96
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 90% (90/99)

初心者の疑問なのですが、宜しくお願いいたします。

筋トレをした際に、超回復のために2、3日感覚をあけるのは理解しているのですが、その際のメニューについて疑問があります。

たとえば、ダンベルプレスや、フライをした際に、大胸筋だけではなく、他の筋肉にも補助的に負荷がかかるのではないか?と、そして次の日に、ショルダープレスやローイング、ダンベルカールをすると、今度は補助的に大胸筋とかにも負荷がかかると思うのですが、これは超回復の妨げにはならないのでしょうか?

そう考えるときりがなく、また悩んでしまうので、2、3日に一回丸ごとするようにしています。できれば、これを分けて短時間を毎日というように持っていきたいのですが、どうなのでしょうか?

スクワットの場合は、下半身ということで自由にやっていますが、デットリフトになると、背筋、下半身どちらにも負荷がかかるので、またこんがらがってしまいます ^^;

お詳しい方がおられましたら、宜しくお願いいたします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 28% (51/179)

ダイエット・運動 カテゴリマスター
どんなトレーニングであれ、鍛えたい筋肉以外にも負荷は掛かります。

スクワットだって下半身のトレーニングだけど、腹筋にも負荷は掛かるので。

ただし、負荷は掛かっても補助的になので筋繊維が破壊されるまでの負荷は掛かりません。
なので気にしなくて大丈夫です。

本当に超回復の妨げになるなら、ビルダー達はあんなに筋肥大しないでしょ。

短時間でやりたいならスーパーセット法やジャイアントセット法等が効果的だと思います。
筋トレしながら心肺機能も鍛えられますし。

筋トレには色んなやり方があるので、詳しくは検索してみてください。


  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 59% (13/22)

超回復というのは、筋肉が一度傷付いてまた再生するときにもっと強くなるということです。
筋肉が傷付くと筋肉痛が起きます。
その後休ませて超回復をすると筋肉が鍛えられていくというわけです。

もちろん質問者様もこの知識はお持ちだと思います。
では、筋肉を休ませた方が良いかどうかの判断はどうすれば良いのか、これを知りたいわけですよね。

筋肉痛にならなければ筋トレを休んで超回復を待つ必要はありません。
ですから、どこの筋肉を使ったかよりも筋肉が疲れているのかを判断基準にされたら良いと思います。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 31% (158/500)

超回復があると仮定して、
トレーニングを継続すると補助筋に負荷がかかり続けるから
筋肥大トレーニングに支障が出るのではという質問ですか?

もちろん支障は出ますがそれは仕方のないことです。
それに、疲労を最低限に抑えられるように上手くメニュー組んだり
回復を早めるための生活習慣を取り入れたり
薬物を使って筋肉の分解を抑えたりと、
色々できる対策もありますよ。

例えばデッドリフトをやらないと決めているボディビルダーもいます。
全身に負荷がかかる上に筋肥大の効果はさほど無いので
そういう選択もありえるわけです。
質問者さんがやっているような1回で全身鍛えるというやり方は
時間の節約にもなるので大きな筋肉を重点的に鍛えるのに向いていますね。

一つアドバイスをするとしたら、期間を区切って
3ヶ月から半年ごとに大きくトレーニングメニューを変えるといいでしょう。
体への負荷と筋肥大の効果最大化との
バランスを上手く取るのが目的になります。

ついでですが全身をやるとどうしても三角筋が疎かになりがちです。
前だけでなく中部と後部も鍛えられように意識するといいでしょうね。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ