-PR-
回答 受付中

緑茶って健康効果ありますか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9320042
  • 閲覧数72
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数6

お礼率 26% (13/50)

緑茶は健康に良いとよく聞きますが、どんな健康効果がありますか?
通報する
  • 回答数6

回答 (全6件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 62% (6946/11131)

美容・健康 カテゴリマスター
こんにちは ビタミンCが豊富。 抗菌作用があるなどです。 ご参考になれば幸いです。 http://www.meisetudo.com/topics/cha2.html http://www.atama-bijin.jp/hair_care/basis/beauty_hair/bactericidal_effect_green_tea/
こんにちは

ビタミンCが豊富。

抗菌作用があるなどです。

ご参考になれば幸いです。

http://www.meisetudo.com/topics/cha2.html

http://www.atama-bijin.jp/hair_care/basis/beauty_hair/bactericidal_effect_green_tea/


  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 55% (5/9)

ガン予防になると聞いた事があります。 あと、食中毒の予防にもなるそうで、お寿司屋さんで出されるのは、その為だとか、、。 子供の頃、毒消しのお茶と言われて、食後に出されていました。しかし、眠気覚ましにもなるので、夜は眠れない事があるので、要注意です。(^_^;)
ガン予防になると聞いた事があります。

あと、食中毒の予防にもなるそうで、お寿司屋さんで出されるのは、その為だとか、、。

子供の頃、毒消しのお茶と言われて、食後に出されていました。しかし、眠気覚ましにもなるので、夜は眠れない事があるので、要注意です。(^_^;)
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 12% (17/134)

けっこうすごいですよ http://style.nikkei.com/article/DGXMZO07926430T01C16A0000000?channel=DF140920160927 >緑茶の健康効果というと、まず挙がるのが「カテキン」です。カテキンは、植物中に数千種類あるといわれる「ポリフェノール」の一種で、緑茶の渋みの主成分。ダイエットや、血圧、血糖値の抑制から、抗菌、抗ウイルス効果(インフル ...続きを読む
けっこうすごいですよ
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO07926430T01C16A0000000?channel=DF140920160927

>緑茶の健康効果というと、まず挙がるのが「カテキン」です。カテキンは、植物中に数千種類あるといわれる「ポリフェノール」の一種で、緑茶の渋みの主成分。ダイエットや、血圧、血糖値の抑制から、抗菌、抗ウイルス効果(インフルエンザ予防)にいたるまで、さまざまな効果があるといわれています。

 大妻女子大学の大森正司名誉教授によると、カテキンのさまざまな効果の秘密は、2つの特徴によるものだそうです。1つは吸着性の強さ。これにより、虫歯菌にくっつき増殖を抑えたり、ウイルスの体内への侵入を防いだりするのです。腸内では悪玉菌に付着してやっつけるため、腸活効果も期待できます。2つ目は、体内で生まれる活性酸素を消去する抗酸化機能です。ストレスや紫外線、疲労などによって発生した活性酸素を消去する作用が期待できます。

 大森名誉教授によると、カテキンの血中濃度は、緑茶を飲んだ後、およそ1~2時間でピークになるそうです。このため、緑茶を机において、ちょこちょこと飲むのがいいそうです
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 41% (20270/48262)

歯を磨けないとき 緑茶でゆすぐといいそうです
歯を磨けないとき
緑茶でゆすぐといいそうです
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 13% (21/156)

http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000054.html やはりカテキン効果ですね。血中脂質を正常化などしてくれるそうです
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000054.html
やはりカテキン効果ですね。血中脂質を正常化などしてくれるそうです
  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 21% (351/1624)

中国由来のお茶は、もともと薬として用いられていたので数々の効能があります。 お茶の カテキン(渋味成分)には、 コレステロール低下作用、体脂肪低下作用、ガン予防、抗酸化作用、抗菌作用、 抗インフルエンザ作用、血圧上昇抑制作用、血糖上昇抑制作用、口臭予防作用などがあり、 カフェイン(苦み成分)には、 眠気や疲労感の除去、持久力の増加、利尿作用、二日酔い防止などがあり、 テアニン(うま味成分)には、 ...続きを読む
中国由来のお茶は、もともと薬として用いられていたので数々の効能があります。

お茶の
カテキン(渋味成分)には、
コレステロール低下作用、体脂肪低下作用、ガン予防、抗酸化作用、抗菌作用、
抗インフルエンザ作用、血圧上昇抑制作用、血糖上昇抑制作用、口臭予防作用などがあり、

カフェイン(苦み成分)には、
眠気や疲労感の除去、持久力の増加、利尿作用、二日酔い防止などがあり、


テアニン(うま味成分)には、
神経細胞保護作用、リラックス作用があり、

その他、ビタミンC,ビタミンB、ビタミンEが含まれています。

注意点は、鉄分の吸収を妨げるので食後20~30分してから飲むことです。
  • 回答数6
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

企業からの質問やアンケートを実施中

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ