-PR-
解決済み

コンベクトロン

  • 暇なときにでも
  • 質問No.92603
  • 閲覧数1249
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (513/553)

真空計でコンベクトロンとはどういうものなのでしょうか?
教科書やネットで調べても載っていませんでしたので質問しました。

動作原理などを教えてください。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 88% (8/9)

 これは低真空での真空度を測るピラニーゲージと同じ原理です。つまり、気体の熱伝導が圧力に依存することを利用し、気体中に挿入した加熱素子の温度変化を計測して圧力を求める真空計です。

 グランビル・フィリップス社のコンべクトロンについてもう少し詳しく説明すると、真空中の加熱素子をホイートストンブリッジの一つの抵抗とし、圧力による温度変化(圧力が高いと熱伝導により温度が下がる)を抵抗変化として検出し、真空度の測定を行っています。
お礼コメント
128yen

お礼率 92% (513/553)

ピラニーゲージと同じ原理だったんですね。それならすぐに理解できます。でもなぜコンベクトロンって載ってないのでしょうか?製品として出るぐらいだから有名なような気がするのですが。。。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-22 10:28:27
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ