-PR-
解決済み

乾燥パン粉と生パン粉の使い分け

  • 暇なときにでも
  • 質問No.92054
  • 閲覧数2947
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 85% (106/124)

料理によって使い分けたりしたほうが良いのですか?
それぞれのメリット・デメリットを教えてください。
宜しくお願いいたします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 40% (900/2202)

生パン粉の方が吸油率が高いので、揚げ物をカラッとし
た仕上がりにするには乾燥パン粉を使います。
逆に、ハンバーグやミートローフのつなぎには、肉汁を
逃さない生パン粉の方が向きます。
お礼コメント
DoDosuko

お礼率 85% (106/124)

なるほど!ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-19 13:28:15
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 34% (291/849)

カロリーを控えたいときは「乾燥パン粉」
食感重視なら「生パン粉」
(なぜなら油を吸う量が違うんです。)

ハーブや粉チーズを混ぜるなどバリエーションを楽しむときは「乾燥パン粉」
綿棒で更に細かくしてサッパリ?した食感にしてもいいですよね。
(カリフラワーやブロッコリーを揚げるときに良いです!!)

サクッ! とカリッ! でしょうか?
お礼コメント
DoDosuko

お礼率 85% (106/124)

なるほど、なるほど!ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-19 13:30:04


  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 32% (8/25)

表に出るもの(フライとか)は「乾燥」、
中に混ぜるもの(ハンバーグとか)は「生」というイメージです。
使い分けするかしないかは価値観とか、どこまで凝るか、だと思います。
どちらか一つにするなら「乾燥」理由は値段、保存性などもお手軽なので。
お礼コメント
DoDosuko

お礼率 85% (106/124)

表乾燥、中生ですね!ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-19 13:33:06
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

基本的には生パン粉を使っています。
その方が不必要にかりかりしなくて美味しいですから。
ただ、どうしても生パン粉だとうまくいかないのはグラタンです。
グラタンの上にチーズとパン粉をかけて上手く歯ごたえを出したいのですが家庭用のオーブンでは温度を高温に保てず一気に焼き上げれないので生パン粉だと妙に焦げて美味しくありません。
この時は乾燥パン粉を使った方が上手く仕上がります。

このようにプロと同じような温度で出来る揚げ物などなら生パン粉を使い、プロと同じには出来ないもの(オーブン料理など)には乾燥の物を使うと良いでしょう。
お礼コメント
DoDosuko

お礼率 85% (106/124)

グラタンは乾燥ですね。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-19 13:35:08
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ