• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

総勘定元帳について教えてください

写真がすこしボケていて見づらいのですが、ご了承ください 仕訳帳から総勘定元帳に転記するところなのですが なぜ仕訳では仕入れに対する買掛金は貸方なのに総勘定元帳では仕入勘定で借方に記入するのでしょうか 今まで仕訳として勘定科目を設定し、貸借対照表および損益計算書にあてはめて借方・貸方と処理してきたので、すごく混乱しています 勉強始めたばかりですので、わかりやすく説明をしていただければ嬉しいです ちなみにこの本ではこのページで総勘定元帳の説明は終わっています

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数346
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

別の例でご説明します。 売掛金に関わる以下のような仕訳を仮定します。(日付を書く代わりに、便宜的に項番を記入してます) ◆仕訳 1.売上げ (売掛金)40,000 (売上)40,000 2.値引き (売上)4,000  (売掛金)4,000 3.返品 (売上)10,000 (売掛金)10,000 4.売掛金の現金での回収 (現金)30,000 (売掛金)30,000 5.売掛金の約束手形での回収 (受取手形)20,000 (売掛金)20,000 6.貸し倒れ (貸倒引当金)15,000(売掛金)15,000 ※値引きと返品の場合に、(売掛金)と(売上)の科目がそれぞれ左右逆転しているのは理解されてますよね。 さて、この仕訳を総勘定元帳の「売掛金」についてまとめると以下のようになります。 ◆総勘定元帳 【売掛金】 (借方)    (貸方) 1(売上)40,000 2.(売上)4,000          3.(売上)10,000          4.(現金)30,000          5.(受取手形)20,000          6.(貸倒引当金)15,000 借方か貸方かは、あくまでも売掛金からの視点です。摘要欄には、売掛金の「相手科目」を記入します。相手科目にとってみれば、仕訳で通常は借方に記載されているものは貸方に、貸方に記載されているものは借方に記入されることになります。 総勘定元帳に転記するのは、仕訳したときの「相手科目」、すなわち借方・貸方の位置が逆転すると覚えておくといいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!わかりやすかったです

関連するQ&A

  • 現金出納帳から総勘定元帳に転記する際…

     仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、当座預金出納帳、得意先元帳、仕入先元帳、手形記入帳を使用していると仮定して、、、  日々の現金取引は、仕訳帳と現金出納帳に記帳しますよね。そのあとで、総勘定元帳の現金に転記する時、下記の(1)(2)のどちらでもいいのでしょうか? (1)現金取引が生じた都度、総勘定元帳の現金勘定に転記。 (2)現金出納帳に記帳された貸方、借方それぞれの合計額をまとめて(月1回など)総勘定元帳の現金勘定に転記。 また、(2)の場合、総勘定元帳へ転記したら、現金勘定の貸方・借方の摘要欄には何と書くのでしょうか。「現金出納帳」ですか? また、現金、得意先元帳、仕入先元帳以外の補助簿についても、現金の時の記帳方法と同じでいいでしょうか?

  • 総勘定元帳とは何ですか

    簿記の勉強をしている学生です。 今まで全ての取引を発生順に総勘定元帳に記帳しておき、 後で補助簿?に転記して明細リストみたいなものを作ると思っていました。 総勘定元帳はその土台だとばかり思っていました。   ところが本を見ると発生順につけるのは仕訳帳であり、 後から総勘定元帳に記録し、そこから補助簿に転記していくとありました。   ここで混乱が発生してしまいました。 発生順につけていくの帳簿は1つあればいいと思います。 それが仕訳帳だとすれば、総勘定元帳は何のためにあるのですか?  

  • 総勘定元帳の買掛金についての質問

    さきほどの質問の追記なんですけども 買掛金勘定に仕訳集計表から転記する時に貸方に残高が残るようにしなければならない理由はなんでしょうか? できれば簡単に説明していただけないでしょうか(´;ω;`)

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

添付の写真とは異なりますが、以下の例で説明します。 【仕訳】  (借方)  (貸方) 仕入1000  現金1000 現金2000  売上2000 商品を現金(1000円)で仕入れて、現金(2000円)で売り上げた場合の例です。 現金について言えば、減る場合が「貸方」、増える場合が「借方」になっていますね。 総勘定元帳(「現金」の場合の例)に転記するときも、現金が減るのが「貸方」、増えるのが「借方」という考え方のままです。これは「現金」についての帳簿であって、仕訳帳ではありません。摘要欄に記載する「仕入」「売上」という項目名は、現金の増減のもとになった要因と思えば納得がいくのではないでしょうか。 【総勘定元帳】  「現金」  (借方)  (貸方) 売上2000 仕入1000 ※「現金」は仕入れにより減少、売上げにより増大したことを意味しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。わかりやすいと思います。 よければ、もう少し複雑な条件(3級の問題で出るレベル)で例を出していただけませんでしょうか

関連するQ&A

  • 総勘定元帳について教えて下さい。

    預金口座や領収書を勘定元帳に転記します。その際、借方貸方に科目を記入します。 例えば、預金口座から100万円を現金(A)を引き出し,仕入れにしようした場合は、仕入科目に現金100万円と記帳されます。同じ現金(A)が、短期貸付金の科目に記帳されることはありますか?

  • 簿記3級の勉強を始めて日が浅い者です。 決算本手続きのところで、総勘定元帳を締め切る時ですが・・・、

    どうか回答お願いします。 損益勘定の振替仕訳→転記のところでつまづいています。 収益・費用の勘定の振替仕訳のところですが、損益計算書では「貸方」にくる収益の科目が、損益勘定になると「借方」(費用)にくるのはなぜでしょうか?同様に、損益計算書では「借方」にくる費用が「貸方」にくる理由もわかりません。 たぶん、暗記すれば検定問題は解けるようになると思いますが、理屈がさっぱりわからないので、どなたか教えていただけるとありがたいです。 説明が下手ですみません。

  • 帳簿について教えて下さい。

    帳簿について教えて下さい。 簿記を勉強しているのですが、よくわからない事があります。 簿記の流れとして、仕訳帳→総勘定元帳→補助簿となる事がわかりました。 1、仕訳帳と総勘定元帳の役割、違いを教えて下さい。 2、仕訳帳は毎日の取引を記入とありますが、売掛金、買掛金、給料、事務用品、運賃、その他全部を書くのですか? 3、総勘定元帳には何を書くのですか? 教えて下さい。

  • 買掛金勘定について

    総勘定元帳の買掛金勘定についてわからないんですけど なぜ貸方に残高が残らなければならないんですか? だれか理由を教えてもらえないでしょうか?

  • 総勘定元帳

    総勘定元帳の種類は 現金出納帳、普通預金帳、売上帳、仕入帳、経費帳以外にあるのでしょうか?

  • 総勘定元帳を作りたい

    エクセルで「現金出納帳」を作ったのですが、出納帳に入力された入出金データをソースにして、「総勘定元帳」を作りたいです。 VBAを使ってアクセスデータベースを構築した経験はありますが、エクセルはマクロを少しかじった程度です。 現金出納帳に毎日の入出金を入力しますが項目名は以下の通りです。 日付、科目コード、科目名、借方金額、貸方金額、摘要、繰越残高 一般的な形式の総勘定元帳を「科目ごと」に作成し、表示するためにはどのような方法があるでしょうか? 作り方のヒントでも、関数の組み合わせでも結構です。 エクセルで実現するのが難しければ、アクセスでDB構築しようと思いますが、あまり手間をかけたくないもので(汗) どなたか教えてください。

  • 総勘定元帳の出力について

    総勘定元帳の出力について  仕訳帳と総勘定元帳は備え付けが義務づけられいると思いますが、出力について質問です。    当社では、例えば『水道光熱費』の科目には、1「水道代」、2「電気代」と補助科目を設けていますが、補助科目があるものについては補助科目ごとに補助元帳を出力しています。  その場合でも、補助科目ごとに分けずに『水道光熱費』1本での出力も必要なのでしょうか。  前任者は、『水道光熱費』で日付順に出力したあと、さらに『水道光熱費』-「水道代」、『水道光熱費』-「電気代」と補助科目ごとに出力していましたが、だぶっていてもったいないような気がしてしまったんです。科目ごとか、補助科目ごとか見やすいほうどちらかがあればいいのかな・・・と。    法的にどうなのか、また皆さんの会社ではどうされているのか等よろしくお願い致します。  ちなみに、まだ設立2年目の会社です。  

  • 勘定を締め切らないなら次月繰越はしないんですか?

    簿記2級なんですが現金出納帳から総勘定元帳の現金勘定へ転記するとき、現金出納帳では次月繰越と最後、貸方がなっているのですが、TACテキストの現金勘定へ転記している例題では 総勘定元帳の現金勘定への転記では貸方に次月繰越が転記されていません。 これはただ総勘定元帳へ「転記」しろと言っているだけで、総勘定元帳の各勘定を「締め切れ」とはいっていないからですか? 勘定を締め切る場合に、最後を次月繰越と転記するのですか?

  • 元帳記入 資本金勘定??

    下図のような問題があって、正解は イ だったのですが良く分かりません。 (ブラウザによっては画像が全体表示されないようです。画像を保存すれば見れるようですが・・) 買掛金は負債だから、元帳に書くときは買掛金が増えた場合は 貸方に事由(この場合仕入れ)を書く という意味でいいのでしょうか? すると、その他の1,3,4の元帳記入はどのような意味を持つのでしょうか? 例えば1番の場合は、売掛金を現金で支払うという表現はないから誤り。と認識していいのでしょうか? もし「現金で回収した」という表現だったら1番の元帳記入は合っているのでしょうか? 特によく分からないのは4番の仕訳です。 図の現金500のところが当期純利益500と書かれていれば合っているということでしょうか? どなたかお教えください

  • 仕訳帳とはこれで良いか

    現金 200 / 売掛金   100       / 未収入金 100 という仕訳を例にします。仕訳帳っていうのは通常、添付した画像の例1みたいに、借方と貸方の要素を横に並べたものを言いますよね。ここで、「仕訳帳と総勘定元帳を出しなさい」と調査なんかで言われたとき、例2のようなものだけを単独で出して、それで通るものでしょうか? 例2は、相手科目=諸口とかの書き方にせよ総勘定元帳にしか見えない感じですが・・・。仕訳が発生した順番(伝票番号の順とか)で並べ替えするか、勘定科目ごとに並べ替えするかだけで、これで仕訳帳と総勘定元帳を兼ねられるといえるものでしょうか?一応、全ての仕訳をこれで示せることにはなるとは思いますが。