• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

動詞不定形に決まった形の語尾の無い言語

語学に関心があるだけで専門的な勉強をしていない者の質問なので、 用語の使い方がでたらめかもしれませんが、 そのてんは大目に見てくださることをお願いします。 「語尾」というタームがこの質問内容に即した適切な用語であるかどうかはあいまいですが、 動詞の不定形(辞書形と呼んでよいのでしょうか)のいちばんおしまい(語末)の部分のこととお考えください。 多くの言語では不定形の語尾が決まった音・綴りで終わるようです。 たとえば、日本語では動詞の終止形は必ず「ウ」の段の音で終わりますよね。 (古文では「り」で終わるものもありますがここでは現代語だけにとどめます。以下も同様です) 韓国語では「タ」あるいは音便化(と言うのかな?)して「ダ」で終わります。 フランス語では「er」「ir」「re」「oir」で終わるようです。(きちんと調べてません) このほかのラテン系言語も「母音+r」や「母音+re」などの形で終わりますよね。 ロシア語では「ть」が基本的で一部「ти」で終わります。 ドイツ語は基本的に「en」または「n」で終わります。 いっぽう、英語の動詞はヨーロッパ言語であるにもかかわらず決まった不定形の語尾を持ちません。 いちおう「en」をつければ動詞化できるというルールがあるようですが、そんなことしなくても動詞として さまざまな名詞を流用していますよね。 中国語の動詞にも、決まった不定形語尾が無いようです。 さて質問になるのですが、動詞の不定形に決まった形の語尾の無い言語とある言語で ・実例をそれぞれもう少し挙げてください。  とくに欧州と東アジアにこだわる必要はありません、というより世界各地の言語を偏りなく見ることのできる視点を求めています。東南アジアとか…アメリカとか…アフリカとか…オセアニアとか……。 ・言語数としてはどちらが多いですか。 ・定まった語尾が無いのって使用者(話者)としては不便じゃないんでしょうか。また外国語として学習する者としてはどうなんでしょう。  やっぱり慣れてしまえば不都合ないのでしょうかね。 ・そのほかいろいろこの主題に関する知見や情報があればいただきたいと存じます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数771
  • ありがとう数39

みんなが選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#201242
noname#201242

あまり回答になりませんが・・・ >定まった語尾が無いのって使用者(話者)としては不便じゃないんでしょうか。また外国語として学習する者としてはどうなんでしょう。 外国人が後から習得するには分かりにくいのかもしれませんが、母語の人は関係ないのではないでしょうか。日本語もルールが分かりにくい言語だと思いますが、日本語育ち(日本語ネイティヴスピーカー)だったら使用感に問題ありませんよね。 英語は歴史の中で形を変えて来ました。 私も全然詳しくないんですが、昔は文法の「性」があったり、語尾変化がいろいろあったりしたようです。 だんだん無くなっていったのですが、要らないと思ったか使われなくなったのか・・・・ 古英語の文法 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AE%E6%96%87%E6%B3%95 中英語 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E8%AA%9E

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。英語の語尾変化は現代でも時代劇がかった言い回しをする時に用いることがあるので、ときどき見かけます。 活用語尾が無くなったことで英語は文法的な自由度の増大を獲得したようですが、その結果、なんだかどこに動詞があってどこに目的語や補語があるのやらひと目では分からない文章も目にすることがあります。ほかのヨーロッパ言語に慣れ親しむとその思いが一層募ります。簡略化もよしあしですね。

関連するQ&A

  • 韓国語の動詞変化形

    日本語の文法では、動詞の変化形には、未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形があります。(口語の場合) 韓国語を学んでいると、これは動詞の連用形であるという説明をよく貰います。 韓国語にはどのような動詞フォームがあるのか、纏めて解説をいただいたことがありません。 どなたか教えて下さい。 韓国語と日本語は別の言葉ですから、同じ説明が出来るかどうかは分からないことは承知しております。 辞書に出ている形例えばモクタは、辞書形というのですか。あるいは原形?不定形? 他にも名前の付いている形がありますか。

  • 英語と語順の似ている言語

    こんにちは。言うまでもなく英語は日本人にとって最も身近な外国語です。そして、英語は日本語と語順がまるっきり違います。 一方、世界には色んな言語がありますが、英語と語順の似た言語の方が多いと思っている人も多いでしょう。それでも、韓国語は語順も日本語非常によく似ていることはよく知られています。日本人にとって比較的馴染みのある中国語、フランス語、ドイツ語を例にとっても 日本語よりは英語の語順に近いですね。しかし、英語ともかなり違う部分もあります。 先ず、中国語には関係代名詞とかはなく、むしろ語順も日本語に近い部分もあります。フランス語は目的語の人称代名詞が動詞の前に置かれるなど、英語とも違うし、また多くの形容詞が名詞の後ろに置かれるというのは 英語とも日本語とも違う点です。イタリア語やスペイン語も基本的にはフランス語と同じですよね。そして、ドイツ語は英語と同じゲルマン語族なのに、不定形の動詞が名詞や代名詞の後ろに置かれるなど、英語とは際立った違いがあります。 そこで質問ですが、英語の語順のもっと近い言語って何語がありますか。つまり、原則的に形容詞は名詞の前に置かれ、動詞が定形であろうと不定形であろうと、また 目的語が人称代名詞だろうが名詞だろうが、SVOの公式を守っている言語です。

  • ラテン語動詞の変化形が分かるサイト

    ヨーロッパ語の動詞変化は下記のサイトで表示されとても便利です。 http://conjugator.reverso.net/conjugation-french.html フランス語 http://www.italian-verbs.com/italienische-verben/konjugation.php?id=1751 イタリア語 他にもドイツ語、英語その他のサイトが沢山存在します。 キーワードとして、不定形を入れなくても、適当な変化形を入れると 不定形を探して、その全変化形が表示されます。 質問:ラテン語はないのでしょうか。 歌曲や、宗教上の文献、中世の自然科学の文献(例えばニュートンの著書)を読むときに、読み手は必ずしもラテン語の専門家ではありません。動詞変化に限らず、文法解説や、簡易翻訳など、即効性のあるサイト、素人向けのサイトを沢山教えて下さい。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#214841
noname#214841

こんばんは。回答番号1、ヘブライ語について書きましたplapotaでございます。「お礼」ありがたうございました。 >>たしかアラビア語も同様だったかと存じます。 私は、アラビア語は学習してをりません。アラビア文字やコーランの朗誦は好きなのですが、なかなか手がつきません。steinflussさんがアラビア語をご存じなのでしたら、同じセム語ですので、私の回答は不要だつたかもしれません。 >>ヘブライ語では「e」「o」の母音を含むことで、 >>その単語が動詞である可能性が高いと認知できるのでしょうか。 これはあくまでも、「不定詞」の場合です。ヘブライ語では「不定詞」が基本ではなく、「辞書形」は、男性三人称単数過去形です。動詞の変化形は、3個の子音を中心にして、母音変化や子音の追加などで、たくさんあります。 それから、現代語をお望みとのことでしたので記載しませんでしたが、ギリシャ語やラテン語の場合も、「不定詞」が基本ではなく、「辞書形」は現在一人称単数形です。 私はあちこちの言語に通じてをりませんので、このくらゐでご容赦ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。セム語系はヨーロッパ言語とは文法構造が異なっていますからいろいろとややこしい所ですね。 当方のアラビア語知識はNHK語学講座レベルの域を出ませんが、さいわいテキストも手近に持っておりますので、基本文法の復習は可能です。 ギリシャ語・ラテン語のご説明もありがとうございます。

  • 回答No.4

まず、言語を2つのグループに分けましょう。 (A)語形変化・活用のない言語 (B)語形変化・活用のある言語 (A)には、中国語・ベトナム語・タイ語・ラオス語・カンボジア語 ・インドネシア語・マレー語・ハワイ語などがあります。 これらには、動詞だけでなくすべての品詞に共通語尾などの形は ありません。 (B)は、外来語や造語であっても、語形変化のある品詞なら組み入れら れる必要があります。質問者さんは、不定形/辞書形と書いてますから、 語形変化を意識してますよね。当然文法に従うわけですから活用形は すべて当てはまるはずです。外来語や造語の場合、特に制約が厳しく 日本語では、-する[サ変],-る[ラ行五段]になり(例:キャンセルする, ダブらない,トラブった)、ドイツ語では、-ieren(例:学ぶ:studieren) で規則動詞になります。 英語の特殊性 (1)be動詞と3人称単数形以外、原形(不定詞)がそのまま現在形で 共通語尾がない。(不定詞よりも人称語尾がない方が特殊です) (過去形等は規則語尾をつけます) (2)一般動詞では倒置による疑問文を作らず助動詞doで作る。 (3)名詞の文法性・格変化が無くなり、形容詞の性数格変化もなく なった。 古英語では、ドイツ語に近い文法を持っていましたが、ノルマン・ コンクエストにより、フランス語の影響を強く受け、借入語が多く 動詞の語形変化や名詞の性・複数が簡略化されました。そのかわり 借入語との発音の調和が変化し、文字と発音の差が大きくなりました。 構文を決める動詞がわかりにくくなりました。動詞・名詞同形の語 が多くあり、condition など名詞語尾の語でも動詞用法があったり。 そのため、倒置とかで動かしにくくなり(2)の文法が発達しました。 (文頭に名詞動詞不明の語で、主語か疑問倒置かがわかりにくい) 不定詞にしても、原形でわかりにくいところでto不定詞の使用が 多くなっているようです。人称語尾も3人称単数だけが残ったと 考えるべきです。代名詞主語のときは、人称語尾はなくてもですが、 名詞主語で、複数は名詞に語尾、単数は動詞側に語尾と印になります。 ・実例をそれぞれもう少し挙げてください。 →インド・ヨーロッパ語族 ネパール語 共通語尾 -nu (不定形・その前の音により4タイプの活用) ザザ語(トルコ少数言語)共通語尾 -(a)ene(不定形) リトアニア語 共通語尾 -ti(不定形) (外国地名も名詞語尾化) ギリシャ語 辞書形は一人称単数共通語尾 -ω(不定詞は廃れた) (He must go/She wants to go では、go に当たる語も人称変化する) アイルランド・ゲール語 辞書形は2人称単数命令形 不規則動詞12と単音節語幹第一活用は、11種の末子音でバラバラ。 第一活用 -áil、第二活用 -(a)igh が主ですが、他もある。 平叙文でも動詞が通常文頭(VSO)のため、位置はわかりやすい。 →インド・ヨーロッパ語族以外 モンゴル語(SOV)終止形 共通語尾 -х (連用形・連体形等有) トルコ語(SOV)原形 共通語尾89 -mak,-mek(人称語尾,連用形,連体形等有) ハンガリー語 辞書形:3人称単数 語幹のみor語幹-ik, 不定詞は-ni (不定詞は共通語尾だが辞書形語幹は -lが多いが10種以上 グルジア語 動詞辞書形に共通語尾無。多くの接辞が前後に付き巨大化 (主語/目的語接辞・前綴り(方向とか))(主役すぎて目印不要) アラビア語(個人的に標準語文語苦手でエジプト方言口語を書きます) 語根の3個程度の子音で意味は決め、間に母音+前後に接辞で文法機能。 辞書形は、3人称男性単数 [子a子a子] or [子i子i子] (この形態を共通語尾の拡張で考えていいか、例外も少なくないし) スワヒリ語 辞書形:語幹(多数-a,少数-i,-u,-e) 不定詞は前に ku- (主辞-時制辞-目的辞-語幹 と前につくためそれが動詞目印) ・言語数としてはどちらが多いですか。 →わかりません。世界の言語の1/50も知っている人はいないはずです。 印欧語族に限れば、西端の英語・ゲール語系以外多数は共通語尾あり。 ・定まった語尾が無いのって使用者(話者)としては不便じゃないんでしょうか。また外国語として学習する者としてはどうなんでしょう。  やっぱり慣れてしまえば不都合ないのでしょうかね。 →不便という尺度じゃなくて、わかりにくいとか誤解されやすい表現は 避けられ、文法が変化したりします。英語では、原形不定詞→to不定詞とか 一般動詞の倒置は避けられ助動詞do を使うとか。英語の動詞って活用形が 少なくなって動詞らしさが薄く、語形変化のない言語に近づいた感じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 英文法の話、いろいろ腑に落ちることがあり、質問するまでもなかったが気になっていた細かな文法の疑問が解けました。英語で疑問文や否定文に「do」を使うのにはこうした背景があったわけですね。 東南アジアや太平洋地域の言語は動詞の活用語尾(もしくは語形変化、アラビア語やヘブライ語の例がそれにあたると見做しています)が無いものが多いわけですね。 実例にもザザ語(初めて知った名称です)やグルジア語などのあまり日本で取り上げられない例を出してくださり、たいへん面白く読ませていただきました。

  • 回答No.2
noname#214841
noname#214841

回答番号1のplapotaです。念のため、書いておきます。 >>動詞の不定形(辞書形と呼んでよいのでしょうか)のいちばんおしまい(語末)の部分のこととお考えください。 ヘブライ語では、「いちばんおしまい」で決まるのではなく、中に入つてゐる母音で決めます。 私は世界の言語についてほとんど無知ですが、たぶんいろいろな形態があるのでせう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#214841
noname#214841

語学用語に不安をお持ちのやうですが、ご心配なく。たぶんほとんどの人は自信がないと思ひます、もちろん私も。言語はさまざまで、統一した用語で説明するのはむづかしいものです。 「動詞の不定形(辞書形と呼んでよいのでしょうか)のいちばんおしまい(語末)の部分のこととお考えください。」 とのことですが、「不定形」といひましても、現在形と過去形とで不定形が異なつたりして、さまざまな不定形が存在します。「辞書形」といふのも、過去形男性3人称が辞書の見出しになる言語もあります。 さて、現代語をお望みとのことですので、現代ヘブライ語の「不定形」を挙げておきます。 辞書形 paqad パーカッド 命じる(過去形男性3人称なので「彼は命じた」) 不定詞 peqod ペコード 命じること ごく簡単に言ひますと、ヘブライ語は、3文字の子音で意味をあらはし、母音で文法上の区別をします。したがつて、独立不定詞は、「e」「o」の母音があるものになります。 >>言語数としてはどちらが多いですか。 わかりません。 >>定まった語尾が無いのって使用者(話者)としては不便じゃないんでしょうか。 >>また外国語として学習する者としてはどうなんでしょう。 それぞれの言語で事情が違ひますから、なんともいへません。もし不都合があるなら、どうにかしてゐると思ひます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 なるほど、ヘブライ語のように「語尾の変化」で文法上の区別をするのではない言語も存在していますね。たしかアラビア語も同様だったかと存じます。 そうすると、ヘブライ語では「e」「o」の母音を含むことで、その単語が動詞である可能性が高いと認知できるのでしょうか。もちろん文章内での位置や文全体の構造も関与してきて初めて、動詞であるのか、それともそう見えるだけの別の品詞なのかが確定できるのでしょうけれど。

関連するQ&A

  • シンタックスが英語に最も近い言語

    日本人が最初に習う外国語は英語ですね。そして、多くの人が真っ先に戸惑うことの一つはシンタックスの違いではないでしょうか。 さて、第2外国語としてドイツ語を学習した人も多いかと思いますが、 ドイツ語は日本語よりはずっと英語に似ていると感じるでしょうけど、 同じゲルマン系の言語でありながら、ドイツ語には英語にはない枠構造や分離動詞などがあって、戸惑う人も多いかと思います。また、フランス語を学習された方なら、目的語も代名詞なら動詞の前に来るとか、特に、形容詞に関しては名詞の後ろに置かれるものが多く、形容詞が原則的に名詞の前に置かれるというのは英語も日本語の共通しているだけに、ちょっと面食らう人が多いかもしれません。また、中国語ですが、 中国語は文法的にはむしろ日本語よりも英語に近いとも言われますが、中国語には関係代名詞もないし、この部分では日本語に近い表現をするので、その他 英語ともかなり違いますね。 そこで質問ですが、英語に最もシンタックスの近い言語を教えてください。一応、以下の条件を満たしいる言語です。 (1)目的語は名詞でも代名詞でも原則的に動詞の後ろに来る。 (2)動詞が不定形、または従属節内にある時も、動詞は後ろに置かれない。 (3)形容詞は原則的に名詞の前に置かれる。 (4)動詞が複雑な人称変化をしないが厳密な時制の区別や分詞がある。 (5)名詞が複雑な格変化をせず、語順が重視される。

  • ラテン語について/動詞変化/自動翻訳

    ラテン語について二つ質問があります。 1.ラテン語の動詞変化について、原形/不定形を入力しなくても、何か一つの変化形を入力すれば、全ての変化形を表示してくれるサイトはありませんか。英語やフランス語などには便利なサイトがあるのでこの質問をしました。例えば、http://conjugator.reverso.net/conjugation-english.html を呼び出し、 went と入力すれば、原形が go であること、人称変化、時称変化などが示されます。 2.ラテン語から日本語、あるいは英語などへの自動翻訳はないでしょうか。自動翻訳ですから完全を求めてはおりません。自分の翻訳作業の参考になればよいのです。

  • 関数の極限 不定形について

    問題と途中回答は写真の通りです。 回答ではx→-無限のところを-x=tとすると t→無限となり 無限-無限の不定形になり 有理化しすっきり極限が出ています。 基本的にx→-無限 となるときはx→+無限となるように、置き換えたりして直さないといけないのでしょうか? またなぜ私の解き方では極限が出ないのでしょうか? 上の通りx→-無限のままのところがいけないのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 名詞を一切グループ分けしない言語はあるか?

    新年初めての質問はこちらのカテゴリーに致しました。 趣味的な意図で質問しておりますので肩肘張らずのお答えをお待ちしています。 世界には数多くの言語がありますが、どの言語にもまず必ず名詞という品詞があります。 多くの言語ではその名詞をさらになんらかの方法で分類しているように見受けられます。 たとえば、アフリカの多くの言語では「名詞クラス」により名詞を十数種類に区分していると聞き及んでおります。 またヨーロッパの大部分の言語やアラビア語などでは名詞の性別を文法に取り入れていることは周知のとおり。 こういった名詞の性区分を持たない日本語や中国語、韓国語、ビルマ語などでも、助数詞・量数詞といった概念があります。これも名詞を区分するシステムのひとつといえますよね。さらに日本語では、活動体(と呼んでいいのやら?)に「いる」、不活動体には「ある」というように動詞でもって区分を行います。(韓国語でも同様の区分をすると聞いたことがある気がしますが記憶に定かではありません。) こういったグループ分けが弱いとみられる英語でも(印欧語のくせに名詞の文法的性別はほとんど残ってませんよね)量数詞に似た用語、たとえば「a sheet of paper」の「sheet」や「a loaf of bread」の「loaf」といった語が見られます。また、可算名詞と不可算名詞があったりします(一般の話者がどこまで意識しているかはわかりませんが)。 こういった、名詞をその概念や意味からというよりも、文法も絡めて幾つかのグループに区分するというのは、かなり広くみられる言語文化のように受け止めているのですが、逆にこんな類別をしない言語というのはあるのでしょうか? 自然言語ではまるきり分かりません。ここには述べませんでしたがチュルク語系なんかも気になりますし、シベリアだの中南米先住民族だのオセアニア諸民族だのの言語ではどうなっているのやら。 人工言語(エスペラントやロジバンなど)はグループ分けをしないようにも思えますし、逆にきっちりグループ分けをして語形から意味を容易に図れるようにしていそうにも思えます。 とりあえずウィキペディアは読んでいます。 「類別詞」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%9E%E5%88%A5%E8%A9%9E 「性 (文法)」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7_(%E6%96%87%E6%B3%95) 「Classifier (linguistics)」https://en.wikipedia.org/wiki/Classifier_(linguistics)

  • ドイツ語の語順について

    ある本によると、ドイツ語の語順は、同系統のゲルマン語に当たるオランダ語同様SOVであると書いてあります。これについては長らく論争が続いているものの、ほぼ、SOV説に傾きつつあるとのことです。これが今一つよく分かりません。以下の理由からです。 単純文系、つまり副文がない文系では英語やロマンス語同様のSVOであり、これがやはりドイツ語の神髄とも言える基本的語順だと思います。特に副文を構築する際、初めてSOVで日本語の語順に似てきます(これを根拠に日本語と語順がそっくりとする参考書もありますが)。なぜこれをもってSOV言語と呼べるのでしょうか。主文よりも副文のそれを基本に考えることに違和感を覚えます。 確かにドイツ語は副文が大変よく出てきます。熟語等でも(S)OV的な語順を呈しています。 実際、やはりSOV言語と考えるのが妥当なのでしょうか、またその決定的理由はどこにあるのでしょうか。また、ついでですが、ドイツ語の熟語の不定形の語順にも今一つすっきりしません。英語の様に主文となる場合のように語順を当てはめるのではいけないのでしょうか。 また、ドイツ人自身は、ドイツ語をSVO言語、それともSOV言語のどちらと考えているのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 「動詞のて形+行く」と「動詞のて形+来る」の違いは。

    お世話になります。 日本語の学生の純です。 「増えていく」と「増えてくる」とはどう違いますか。どの場合使ったらいいのか教えていただけますか。 そのような文型はたくさんありますね。たとえ、「なっていく」「なってくる」「分かってきました」。。。 よろしくお願いします。 純

  • 動詞を正しい形にしたいのですが・・・

    (   )内の動詞を正しい形にしたいのですが、どうしたらいいですか? (Here) a noise,I jumped out of bed. 和訳も教えてください よろしくお願いします

  • 動詞の形。。

    According to the firms ( ), those that pursued cost reductions were found to be successful. (A)survey (B)surveys (C)surveyed (D)surveying 調査を実施した会社を見ると、費用削減を追及した会社は成功していることがわかった。 答えは(C)です。 私は(A)にして間違えました。。(C)は単純に文脈から【会社が調査された】という意味に 添うために受動態にして→surveyedに行き着くという事なのでしょうか?? the firms surveyという複合名詞(??)は文法上は間違いではないが文脈上意味がおかしくなるので正解から外され (C)に行き着くという考えで大丈夫なのでしょうか?? ややこしくてすみません。。 どなたかご教授お願い致します!

  • これらの動詞の「て形」、どう読みますか

    すみませんが、下記の動詞の「て形」のアクセントを教えていただけないでしょうか。(例えば、「書く」の「て形」は「書いて」、その「書いて」のアクセントは[1]です) 私は外国人です。実は日本語のアクセントについて、内在する規則を探していますので、援助してくれると助かるんですけど…お願いします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 銘打つ 相照らす 相搏つ 相次ぐ 息急き切る 返す 通る

  • -잖아を使う場合の前の動詞の形について

    「僕が君を愛してるじゃないか」と書こうと思って、 「내가 너를 사랑해잖아.」 と書いてexicite翻訳機で翻訳すると「私が君を愛しているじゃない。」となったのでOKかと思いました。 しかし「-잖」は「-지 않다」の縮約形なので、前に来る動詞は語幹じゃないかと思って辞書で調べたら語幹が来ると書いてありましたので、 「내가 너를 사랑하잖아.」 と書き直してまた翻訳機にかけたみたところ、「私が君を愛するじゃない。」と出たので、 私が表現したかった<現在愛している>という表現と微妙に違います。 それでは、と思って 「내가 너를 사랑하고 있잖아.」と書くと翻訳機では最初と同じく「私が君を愛しているじゃない。」となりました。 これはもしかしたら「하고 있다」の部分は「해」で縮約できるのか?と調べてみてもそのような事例が見つかりません。 私が表現したかった「僕が君を愛してるじゃないか」を表現するにはどの言い方が適切なのでしょうか。 また、最初の文は文法的に正しくない気がするのに、なぜ翻訳機であのように訳されたのでしょうか。 お教えいただけると幸いです。