• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

税務調査の電話がきました

自営をしています 仕事は妻に専従者となってもらい 忙しいときにはたまにバイトを雇っています  先日に税務署から税務調査の電話がありました 税務署員によると稼いでいる会社には税務調査をするとのことで 帳簿、領収書、奥さんの源泉所得?の準備を言われました そこで質問なんですが 1、源泉所得とは何を用意すればよいのですか? 2、知り合いで税務調査をされた方がいるのですが  その人に聞いてみたら「あなたの裏を掴んで調べあげての税務調査だろう 俺がそうだったから」と言われました 実際にそうなのでしょうか? 3、税務調査を受けたら追徴税を払うのは間違いないのでしょうか? 税務署の仕事って  追徴税のノルマが仕事の一つですよね 他に気をつけることがあれば教えて下さい

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1085
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

1 事業専従者給与の記録簿・帳簿を準備します。 2 そうです。 3 追徴課税がノルマです。 売り上げ金額が年間3000万円以上ある事業者が、対象となります。 消費税の課税売り上げも同時調査する利点があるからです。 消費税の課税売上高に関しては1000万円に引き下げがありましたが、調査対象者は、おおむね3000万円です。 税理士がいても 居なくても実際の調査は、あまり変わりません。 帳簿調査が基本ですが、稀に帳簿は、見ないで、ぜんぜん無関係な仕事の内容を質問されたりします。 なぜ質問されるのか? それは、営業外収益の簿外取引を発見しているからです。 税務署は、”自分の事業と関係の無い業種のことを聞いてきてなんなんだろう”と思った事業主が居ました。 しかし、これは後日発覚した、社員の不正取引を社長が知らなかったという例です。 よく、税務調査で調査官が、事業とは関係の無い”趣味”の話を聞く場合があります。 これは、社外支出交際費で、必要経費として計上されていた費用が実は、社長の道楽のために費やした支出だったというものです。 例えば”車”はお好きですか? ”はい” すごい車お持ちですね。 ”はい” 自分で運転されるのですか? ”はい” 一人で行かれるのですか? ”いいえ” これらの会話から追徴されたケースもあります。 具体的には、嗜好品のポルシェ   3000万円 それに伴う、友好費(交差費否認)  280万円 愛人に貢いだ被服費(食事代金含む) 330万円  などなどです。 税務署の調査はつじつまの合わない”説明”と記録を調査するものです。 税理士が把握していない取引があれば、もう税理士はお手上げです。 説明のつかない領収書がある、無い。 説明のつかない、資産(取引)がある、無い。 説明のつかない、取引があったばあい、帳簿にどのように反映されているのかを、”質問検査”してくるのが、税務調査です。 たんなる帳簿の記帳ミスを発見するために、わざわざ職員は着ません。 ですから、経理担当は、説明のつかない記録は残したくないのです。 しかし、その記録を簿外すれば、架空取引と認定され”追徴課税”対象をされてしまうのです。 税理士が、居ても居なくても同じというのはこの意味です。 ひとつの経理処理や、事務処理の経費性(販売管理費や一般経費)に該当するかしないかの判断は、税務調査ではあんまり、問題視されていません。 解釈の違いだとか税務当局と戦う姿勢で、裁判に臨んだとかそういう事例も稀にありますが、 これらは、殆ど、土地取引に関する分野です。 資産課税・と他の直接税との税務判断基準で税理士の判断と税務署の判断が、まっこうから争った場合ですが、最近では、土地取引はすべて電算化され、もう脱税は殆どできなくなってきています。 税務調査を受けるときのポイントは、知ってることは、理路整然と話す、 このとき、理路整然と話す内容が、指摘されない内容で説明しながら話すということです。 記帳している本人が説明できない”経済取引”と簿記上の取引は、是正されて当然と言えるでしょう。 これが税務調査です。 税務調査を怖がる人は、記帳していないひと、経費の説明や取引の内容を説明できないで、経理処理している人たちです。 ですから、経理担当が、社長しか知りませんと答えた時点で、もうそれは、”何か隠してる”と判断されるのです。 秘密が無ければ、取引に秘め事があること事態が”変”だと思いますよね。 それは、ちょうど 浮気をしている本人に聞いても、その相手のことを”知りません”と言うのとおなじなのです。 ”しらない”といえば都合がいいのです。 でもここで、最悪の結果となります。 ”じゃ!何故 しらないひとなのに・・・・” これこれがあるの・・・と 同じように、しらない取引なのに、領収書がなんであるの? 領収証は、ないのに なんで そこにいったの? もうおわかりですね。 しらないということは、記帳できないということなのです。 無いのに、記帳したということは、経費にならないと判っていて水増し経費計上したということなのです。 税務調査を怖がらなくする最大の秘訣は、日々記帳することです。 後で、記帳すればするほど、ぼろぼろになります。 それは、もう経費計上できる時期を逸してしまうからでもあります。 記帳さえしておけば、後で科目更正できるからです。 科目更正による費用変更は、税務調査では、追認と呼ばれ、追って費用性を認めてもらえることとなります。 売り上げも上げてさえいれば、それにかかわる、付随費用は費用性を認めてもらえることになります。 経理担当が知らない取引が、あるといった時点でもう、調査は終了なのです。 解明する調査は、記帳指導になるからです。 帳簿に記載しなかった取引を調査するのが、税務調査です。 それと、存在していない帳簿(公表外帳簿・二重帳簿)を発見するのも、税務調査です。 在るものを無いと言い、無いものをあるとして申告した帳簿を、現実の記録に修正する作業だとお考え下さい。 帳簿が無いのに在るといって会社と、領収書が無いのに、経費がかかったといってる社長さんたちに、国語から指導教育するのも、税務調査の役割です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • 税務調査での変な計算の仕方の追徴税について

    税務調査でのことでネットを見ていて思ったのですが 個人事業とか法人に税務調査が入るじゃないですか そのときに税務署が「あなたの収入はこれだけね」と言ってきて その金額に対しての税金が追徴されることがあるようですが ネットで見ていると計算の仕方が常識のないことがあるようです 決算の時期に繰越で給料を計算されて 月に400万なんて仮想されて年間で4800万円の収入があったとみなして 数年分について支払えとか 奥さんを専従者給与としていたのに 給料を支払ったことへの奥さんからの受け取りの領収書が無いとのことで 専従者給与を認めずに数百万円の追徴税を受けたとか 個人タクシーの人が個人でも使っているタクシーのメーターの走行距離で すべてを客を乗車させたとして計算され年間の売り上げは1000万以上と計算され 追徴税が数千万来たとか・・・ そもそも計算からしておかしい こんなことが国家権力からしてあるのは変だと思うのですが これが通用するのが税務調査なのでしょうか?

  • 税務調査・・専従者給与で教えてください

    税務調査が来ます 税務調査の予告が来てから 知り合いに聞いて知ったのですが 専従者給与を支払うときはあらかじめ届け出が必要とのことでした 最初に青色申告を提出するときに わからないことがあったので税務署に行き説明を聞きに行ったのですが そのときは確定申告の時期でしたので多くの方がいたから 雑に扱われたのかもしれませんが 青色申告にするときの手続きについて質問したのですが 税務署にいる方からは 「103万円を超すことがなければ届出は不要で もし超しても後でなんとでもなるから」と言われました 税務署の方が言っていたので 疑うこともなく7年間も普通に青色申告していました 税務調査の方が来ることで 源泉徴収の話が出て知り合いに聞いて届け出が必要と知ったことです これって 僕の落ち度ですかね? 税務署の方が言ったのですから通常は信用しますよね これが原因で追徴税が出ますかね

  • 税務調査に関するおろかな質問です

    税務調査に関するおろかな質問です。 私は13年前から正社員をやめフリーに転身し、ある会社と請負契約をしシステム会社に出向して システムエンジニアとして働いています。 そんな折税務署から税務調査を行いたい旨の連絡がありました。 そこで まずは、質問内容を申しますと、私はここ数年の帳簿及び領収書がないのです。 この状態で、税務調査をうけるとどのような処分を受ける事になるのかを知りたいのです。 また税務所の方とお話をするさい、どのような態度で臨んだらよいかをお伺いしたいです。 経緯としまして、フリー転身後、結婚もしまして猛然と仕事をしていました。 最初の数年はフリーということで、帳簿や領収書は集められるだけあつめ、税務調査対応を しておりました。(確定申告は白です)しかし、数年経過するうちに、知人がどんぶりで過小申告し 税金を安くすませているとか、税務調査は我々のような低所得者にはこないなどの話を聴いているうちに 私も同じ穴のむじなになってしまいました。そこで今回の税務調査となったわけです。 ちなみに、経費は売り上げの5割り前後を計上しております。(実際ここまではいきませんが、それなりの出費はあります) 確かに一般的に見れば良い行いとは思えません。しかしながら、私個人としては 子供が出来ず人工授精で大金をつかうであるとか、子供が出来ない将来への不安から貯金は出来るうちにしたいとか 、3ヶ月ごとの契約更新のため、忙しい仕事のさなか営業的なフォローのため、接待をしたりといった具合で、 だんだん自営としてやるべき事柄(帳簿や領収書)がおろそかになってしまいました。 これは言い訳でしかありませんが、私としてはお話をしておきたい部分なので ご容赦ください。 正直なところ、ペナルティーは受ける覚悟はできています。身からでたさびとは重々承知しておりますが 妻もいる身、そして今後の先行き不透明なフリーとう立場で、少しでも軽減できる何かがあればという わらをもつかむ思い出ご相談させていただいております。 ※この文面を読んだかたの中には批判される方々も多数居るとは思いますが、 なにとぞ、少しでも明日を向いてがんばれるようなコメントをいただければ幸いです。 長文にて失礼しました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • ben0514
  • ベストアンサー率48% (2966/6105)

1 給与支払者が完備すべき書類一式を用意しましょう。 用意ができていない場合には、最悪、専従者給与が認められず、その分の追徴を受けることでしょう。 2 税務調査なんてものは、状況と説明次第でおおいく変わります。 事前にある程度の証拠を見つけてからの調査もあれば、単純に状況確認の場合もあります。 正しい会計帳簿、税務判断、税務申告をしていれば、追徴されません。 私の知っている税理士事務所では、そのノウハウにより過去何年もの間、税務調査で否定されたことがありません。結果、追徴もありません。 3 ノルマがあるという噂はよく聞きますが、公にされていません。税理士でも、いくらかの追徴を払って税務調査を終わらせようと考える人もいます。しかし、そもそもが正し申告を行い、紛らわしいことなどをしていなければ、税務署の職員は何も言えません。 私自身会社経営者として税務調査を受けましたが、会計処理や各種帳簿、各手続きが完璧といわれました。しかし、親族経営会社との取引についての取引相場がずれているなどという面での税務判断のところで争いとなりました。 しかし、税務署の判断が絶対ではありませんので、こちらの主張も行った上で、話し合いでどこまでを認めるなどという形で、いくらかの追徴を払うことで終わらせました。 最後まで戦えば、最悪裁判になりかねません。妥協も必要なときはあるのです。私の会社には顧問税理士はいませんが、ある程度勉強していれば交渉もできます。 ただ、税務署からの連絡を聞き取れない、理解できないようであれば、怖い部分もあると思います。 できれば税理士に税務調査の立会だけでも依頼されたほうがよいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

質問者からの補足

専従者として認めてもらうには どんな書類が必要ですか? 給料明細書意外に何がありますか?

  • 回答No.3

>1、源泉所得とは何を用意すればよいのですか… 専従者としての妻に払った給与と、忙しかったときにバイトに払った給与に関する帳票、帳簿類です。 (1) 給与支払台帳 (2)「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」や「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」などの控え (3)「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の控え (4)「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書」の事業者保管分 (5) 勤務台帳 などかな。 >「あなたの裏を掴んで調べあげての税務調査だろう 俺がそうだったから」… そこまでは言いすぎでしょう。 『裏を掴んで調べあげて』まで行かなくとも、申告内容に疑義があったので聞きに来るだけかもしれません。 >3、税務調査を受けたら追徴税を払うのは間違いないのでしょうか… そんなことないですよ。 聞かれたことに対し、原始記録等を提示して筋道立った答えができれば、それ以上のことは何も言いません。 答え方があやふやだったりうろ覚えでものを言ったりすると、芋づる式に次から次へ質問が飛んできます。 私も個人事業者で、ウン年前に調査に来られました。 半日たっぷりいて、ちょっとした計算ミス、うっかりミスを一つ見つけただけで帰って行きました。 もちろん、間違えた分はすぐ払いましたが、“追徴税”などという大げさなものは何もありませんでした。 びくびくしないでいいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

質問者からの補足

回答ありがとうございます (1) 給与支払台帳 (2)「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」や「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」などの控え (3)「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の控え (4)「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書」の事業者保管分 (5) 勤務台帳 以上のものはすべてそろえないといけないんですか?

  • 回答No.2
  • mojitto
  • ベストアンサー率21% (945/4353)

1については、専従者としての届け出関連の書類や給与台帳、源泉徴収簿など、要は奥さまがどのような立場で勤めていて、どのように給料を計算しているのかがわかる書類一式です。 2についてはその可能性も無きにしもあらずです。 が、帳簿を付けるのも申告をするのも人間です。 ミスだってあるでしょうし、最新の法令に則って申告しているとも限りません。 何も悪いことはしていないけど何年か利益が出ていても、小細工をしていて同業他社と比べて利益の出方が妙である場合でも、どちらでも税務署は来ます。 何かやましいことがあるのなら、おそらくその件で来ます。 3については調査次第です。 致命的なミスがあるのか、重箱の隅をつつくだけで終わるのかはわかりません。 まぁ完璧な経理なんてなかなか難しいでしょうから、何かは指摘されるでしょうね、きっと。 どうやって儲けて、どうやって、どういう理由でお金を支払っているか、わかりやすく資料を揃えたらいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

  • 回答No.1

お答えしま。 >1、 自営の売り上げが全て判る「帳簿」か「通帳」でっせ! それに使こぉ~た「経費の帳簿」も! >2、 そうでっせ! あんさん、今まで税務署に「赤字」で届けて「税金」払って無いか少なく払ってまへんか。 それがバレただけですわ! >3、 間違い無く「耳揃えて払わんかい!」と言われますわ! 言っときまっけど「追徴課税は数日で全額支払い」でっせ! 支払い待ってくれ!は通用しまへん。 >税務署の仕事って > 追徴税のノルマが仕事の一つですよね 違いますわ!悪い事しとるお方に「お灸をする」のが仕事でっせ! 早いこと「金策に回る」をせんとあかんと思いまっせ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • 税務調査

    税務署が税務調査に来るそうです。 昨年6月開業届を提出し、確定申告をしたのは一度のみ。 なぜこれほど早く税務調査されるのか。何か帳簿が問題があったのか。 確定申告は初めてだったので、何度も税務署の人に尋ね作成しましたが、 なぜこれほど早く税務調査されるのか、よく分かりません。 税務調査当日に提示する必要な物は何でしょうか。 通帳のコピーや帳簿類はどれくらいの期間を提示すれば良いですか。 ここ最近の分も全て見せる必要がありますか。 個人事業主になる以前、数年分なども必要なのでしょうか。

  • 税務調査で・・・・・

    先日、税務調査を受けました。 その時に税理士さんは領収書があればいい!と言うので領収書を綴り外注費の科目で載せましたが、調査官が領収書だけではダメです!相手先からの請求書とか内訳が分かるものがないと・・・・・認められない!と言われました。勝手な架空領収書でもないのに、それを調査官に信用してもらうには、どうしたらいいのでしょうか??みとめられなければ、600万円の税金を支払わなければいけないのです。

  • 税務調査(監査?)について

    主人はここ10年ほど確定申告をしている個人事業主です。年収は600~700万ほどで所得は300万程度です。今まで1度も税務調査が入ったことはありませんが・・・今年~来年にかけて私の実家を主人名義で新築(建替え)する予定です。よくマイホームを取得すると調査が入ると聞きますが、低所得な個人事業主に対する税務調査ってどんなものでしょうか? 素人なのでマルサの女をイメージしてしまいますが実際はどうなのでしょう?事前に調査の入る日時は知らせてくるとききましたが本当でしょうか?又、個人事業主の場合は調査を断って直接自分が税務署に説明に行くことができるそうですが本当でしょうか? 商売というより契約社員なので特別帳簿も作成していません。白色申告なので経費別に領収書を袋分けしており、申告時期に集計するだけです。勿論領収書は過去5年分くらいは保管してありますが・・・調査が入った時この膨大な領収書の山を見せるのでしょうか? これまできちんと申告していましたが、いざ調査が入るとなるとなんだか不安になってきました。同じような状況で調査を経験された方に質問します。実際の調査内容と今後注意しておくべきこととか、準備しておいたほうがよいことなどありましたら教えて下さい。

  • 【税務調査】 税務調査ではどこまで確認されるのでしょうか?

    【税務調査】 税務調査ではどこまで確認されるのでしょうか? 有限会社で初めて税務調査が入るのですが、 必要書類系(元帳、伝票、領収書、通帳、振込明細等)は必要なのでそろえるのですが、 社宅の部屋の中、社宅の備品、パソコンの中身など、現物を確認されたりするのでしょうか? 社宅の補修で購入した領収書などで、社宅照明代・社宅水栓代など 社宅の領収書が多かったりすると、 あやしまれて「社宅の中を見せて下さい。」と言われるのでしょうか? パソコンで使っているソフトや会計ソフトの中身など、確認されたりするのでしょうか? また、領収書等、証明する物がある場合、見せるのを拒否したりできるのでしょうか?

  • 税務調査

    昨年から個人事業をはじめて、青色申告を一度しております。 売り上げは150万くらいで経費を 引くと100万程度の所得です。 きちんと帳簿類もつけているのでやましいことはないのですが、 こんな程度の所得でも税務調査はいづれ入るものなのでしょうか? どうも税務署というとキツイイメージがあり、出来ればかかわりたくないのが本音なので・・・ 参考までに教えてください。 よろしくお願い致します。

  • 自営業者への税務署の税務調査はどこまで

    自営業を営んで4年が経過しました。「そろそろ税務署が税務調査に来るぞ」と、元請けから言われました。周りの自営仲間の一人は「帳簿と領収書だけしっかりとしていれば大丈夫だよ」と言い、別の者は「領収証の裏付けに、例えばスーパーの領収証を経費計上していれば、税務署がそのスーパーまで行って領収証の確認を取るから、いい加減な領収証は役に立たない」と言います。どちらが本当なのでしょうか。 また、自営仲間の一人は、工務店を営んでおりますが、「新型クラウンを経費で買った」と話しています。仕事に使用しない車がなぜ経費計上となるのでしょうか。

  • 税務調査について教えて下さい

    自営を始めて8年になります 税務調査が入りました 初日は調査員が通帳・領収書・請求書を預かって帰りました 次回に2回目があるのですが 電話口で「申告漏れがあったことと不明な点があったのでその点について 聞きたい それから金額を絞っていきたい」とのことでした 初日は1人で来たのですが2回目は2名で来るとのことです 質問なのですが 1、今後のことについてどうなるのでしょうか? 税金の支払いは? 2、初日に1名だった調査員が2名になった理由はなぜでしょうか?

  • 税務調査 領収書

    二期申告済みの三年目自営業(サービス業)です。 今回、めでたく税務調査が来ます。 そこで教えて頂きたいのです。 ・領収書の裏取りはしますか? ・調査来るの早くないですか? 売り上げはごまかしてません。 申告も税理士まかせです。 よろしくお願いもうしあげます。

  • SOHO事務所の税務調査について

    自宅を事務所に有限会社を立ち上げてもうすぐ5年になります。 ある知人から、「そろそろ税務署の税務調査が入るよ」といわれました。 設立してから5年くらいすると、普通は税務調査が入るとのことです。 脱税行為をしているわけではないのですが、会社の備品を買ったついでに自宅で使うも物も購入し、領収書をまとめて切る程度のことは何度かありました。 また、実際に勤務の実態のない両親を社員にして給与を支払っています。(両親の給与の所得税は源泉徴収し納税しています) もし、税務調査が入った場合、実際は自宅で使ったのに会社の経費として計上した分が給与として加算されたり、両親の給与についても何らかの問題点があるのでしょうか?また、もし問題があるとすると何か罰則の規程はあるのでしょうか?

  • 税務調査で不正発覚した場合

    税務調査の時に仮に領収証の金額が無理矢理修正されていたり、領収書が無かったり、個人的な領収証だった場合、税務署の人は警察に連絡したりするのですか? また、その当事者に何か罰則が与えられたりするのでしょうか? 分かる方教えていただいてよろしいでしょうか。 実は今は辞めてしまった経理の人が不正処理をしていた疑いがありまして。。。 その人に連絡を取ったほうがよろしいのですか?

専門家に質問してみよう