• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

much more than について

She gave me much more than I gave her. この文について質問です。 このmuch は名詞なんでしょうか?それともmore を強調しているのでしょうか? gave は第四文型をとる動詞なので、much は名詞と考えるべきでしょうか? そうするとmore の位置がちょっと違うのかなと思ってしまいます。 しかしmore much than なんていう表現はあまり見たことがありません。 だれかこの文の構文を教えて下さい。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数324
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

まず、more は much の比較級です、。 gave me much で SVOO で「私にたくさんのもの・量をくれた」 こういう場合、much は副詞、と考えることもできますが、 give は普通、give 人で終わらないので、SVOO と考えて、 much は名詞(あるいは代名詞)と考えるべきです。 これが比較級になって、gave me more than ~ この more という比較級に比較級を強める much がつきます。 この much は比較級を強める副詞です。 肯定文では a lot とか、far の方が普通です。 日本人は much が好きです。 much が2つ続くようで、前の much は、後の much が比較級 more になって初めて 使われるものですので、2つ続いているわけではありません。 比較級の前に much を置いて強めますので、 more much などということはありません。 もともとの much は gave me much と考えるのは上で述べた通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 納得できました。 いつもありがとうございます。

関連するQ&A

  • much と more 比較級で・・・

    much と more 比較級で・・・ He worked much harder than his brother. ではmuchが使用されてるのに Im more interested in history than she is でmoreになるのはどのような違いがあるのでしょうか

  • much more の品詞

    much more の品詞はなんでしょうか。 There is so much more to do.の文で、 (1) much が名詞で more が形容詞で修飾しているのでしょうか。 (2) あるいは、much more がひとかたまりで名詞でしょうか。 (3) あるいは、 more が名詞で much が修飾しているのでしょうか。 それらは、どのようにして判断できるのでしょうか。

  • much more の品詞はなんでしょうか(再)

    納得できなかったので、再度質問します。 much more の品詞はなんでしょうか。 There is so much more to do.の文で、 (1) much が名詞で more が形容詞で修飾しているのでしょうか。 (2) あるいは、much more がひとかたまりで名詞でしょうか。 (3) あるいは、 more が名詞で much が修飾しているのでしょうか。 それらは、どのようにして判断できるのでしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • gldfish
  • ベストアンサー率41% (2895/6955)

muchは副詞ですが、"gave me"「色々くれた」を修飾していると思います。よくある"I love you so much"「とても愛している」と同じです。 直訳して「とても、与えてくれた」というところです。数量のあるものを修飾しているのではなく"gave me"を強めているので、量的なことだけでなく質的なことなんかも含めて「与えてくれた」ことを強めていると思います。 "more than I gave her"はmuchに対して「私が彼女に与えるよりも、とても」と言っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

★このmuch は名詞なんでしょうか? →moreを修飾している副詞です。 ★それともmore を強調しているのでしょうか? その通りで、比較級を強調します。much manyとかmuch muchとは言えません。他にも a lot more even more still more miles more などがあります。 ★gave は第四文型をとる動詞なので、much は名詞と考えるべきでしょうか? いいえ、むしろmoreを名詞と考えることができます。ただし、ただの名詞ではないのです。形容詞の比較級が名詞になっているのです。 muchはmoreを強めているだけですから、muchがなくても言えます。 She gave me more than I gave her. これならmoreが名詞ということもわかりやすいと思います。 以上、ご参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14974/31954)

1. このmuch は名詞なんでしょうか? 名詞ではないと思います。 2。  それともmore を強調しているのでしょうか?     はい、そうです。 3。  much は、下記のように「ずっと」と言う意味の副詞です。     http://eow.alc.co.jp/search?q=much

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • more fewer , more less

    I made more fewer mistakes than he did. という文があります。 fewer は形容詞の比較級でmistakes(名詞)を飾っています。?比較級を副詞で飾るにはmuch、even, far, by far, still, yet とかではなかったですか? much (副詞)も比較級になって+比較級のfewerと一緒にmistakesを飾れちゃうんでしょうか? まだまだ例文はあります。 He exercises more less than I do (me.) She drinks more less wine than beer. などなど。 much で比較級を強めるより さらに強めるのか? と思ってみたり・・・ともかく わかりません。 よろしくお願いいたします。

  • many more

    My brother has many more good books than I. という文があり、more+複数名詞を強調するには、muchではなくmanyを用いると説明されています。なぜなのでしょうか?比較級を強調する時にこのようにmuchではなくmanyを使わなければならない場合というのは、他にあるのでしょうか?教えていただけると嬉しいです!

  • much more to

    There is much more to these children's mistakes than meets the eye. この文は「このような子供たちの間違いには、表面的に表れたものよりもずっと多くの大切なことが含まれている」という意味ですが、 There is much more "things"が略されていると考えればよいのですか。 そうするとthan以下の文の主語は何になりますか。

  • more than について

    more than についてわからないことがあります Americans worked as much as two weeks more than workers in some countries . アメリカ人は、いくつかの国の労働者より2週間も多く働いている ですがなぜAmericans worked more than workers in some countriesの文に.as much as two weeksを入れられるんでしょうか Americans worked more than workers in some countries.には本当は Americans worked( )more than workers in some countries.()は省略可となる修飾語句を入れる場所があるということですか 分かりやすくお願いします

  • more than の分解

    『more than + 名詞』の文法構造を教えてください。 例えば、次のような会話があったとします。 ------------------------------ How log have you lived here? (ここにはどのくらい住んでるの?) For more than five years (5年ちょっとくらいね) ------------------------------ Q1)こういう場合のthanの品詞は何なのでしょうか?   通常の比較構文と同じく、接続詞なのでしょうか?   接続詞であるとするなら   thanの後に、S+Vの構造がどうして無いのでしょうか?    Q2)また、この場合のthanは何かを比較しているのでしょうか?   比較しているのだとするなら、   比較している対象は何なのでしょうか?    Q3)また、moreはこの場合どういう役割を果たしているのでしょうか?   意味としては、以上とかより多いということだと思いますが   何を修飾しているのでしょうか?    よろしくお願いします。

  • many,much,moreなどの語法について

    中学英語みたいな質問で恐縮なんですけど、次の問題の解説をお願いします。 問1:次の日本文に相当する英文には一ヶ所不適切な部分がある。正しい文に直しなさい。 ここでは人間の数より羊の数の方がはるかに多い。 There are much more sheep than people here. 答:much moreの部分をmany moreに代える 質問:そもそも僕にはmuch more,many moreの用法がよく分かりません。 問2:空所に入れる適切なものを選べ。 ( )of what I have read made me happy. 1.Few 2.Many 3.Much 4.A few 答:3 (僕が読んだもののうち多くは僕を幸せにしてくれた) 質問:答が3でなくちゃいけない理由は何なんですか?

  • not more than ~ のような比較級の文を頭から読むには?

    例えば、下記のような文章を頭から読むにはどうしたらいいでしょうか? I did't like her any more now that she was dead than I did while she was alive. 私の場合、「私は、好きじゃない、彼女を、もう、今は、彼女は死んだ、」と読んできて、thanまできて「あれ、このthanは何?」と考えてそこで読み直して 「not any more than」か。と気付くわけですが、すらすら読める方はno more than、not more thanなどのややこし比較級をどんな読み方をしているのでしょうか? 頭の中を公開してくださ~い。お願いします。

  • not so much A as B / B rather than A の使い分けについて

     not so much A as B をよく B rather than Aと書き換えの問題をみかけますが、ニュアンスの違いはあるのでしょうか。また This story is more exciting than interesting.の文を上記の表現を使っても表現できますか。(使えたらニュアンスの違いも教えていただけませんでしょうか?) not so much A as BのA,B のところに名詞や節や句はよくみかけるのですが、形容詞も入るのでしょうか?progressiveの辞書では He was not so much shocked as excited.というように過去分詞を用いたものがありました。AとBの性質が同じ物なら入れるのは可ということでしょうか?

  • no more の more について

    比較文の no more で使われる more は、品詞は何なのでしょうか? 長い形容詞のときの比較級に使われるmore(例えば more unfaithful)と 同じ種類のものだとばかり思っていましたが、 短い形容詞でも使われる(例えば more tall)し、 さらには、名詞でも使われる(例えば more an artist)ので、 とても混乱してしまっています。 1) She is no more unfaithful than her sister。 2) He is no more tall than his brother. 3) He is no more an artist than I am. 形容詞の比較級のときに使われるmoreとは まったく種類が異なるようなのですが、 このmoreの役割と品詞について教えてください。 幾他の参考書をみても、文例先行となっていて なぜ、形容詞でも名詞でもあとに導くことができるのか 肝心の記述がなく、困っています。 よろしくお願いします。

  • クジラ公式について・2

    質問:クジラ公式の文法的な根拠が分かりません。先日も質問したのですが、再度書かせてください。 クジラ公式というのは例えば、 1)A whale is no more fish than a horse is a bird. 2)He is no more kind than she is. のように、no more A than B の形をとる構文の通称です。これらは通常慣用表現として扱われていますが、文法的に考えるとルーツは2通り考えられそうです。しかしどちらも疑問点が残ります。 3) He is no kinder than she is. 4) She is more pretty than ( she is ) beautiful. 3)はno <比較級>の形で、基本的に普通の比較級と同じです。この考え方だと応用が効いて便利なのですが、(2)のような文は(3)のように表現されるべきだし(意味は全然ちがいますが)、比較級の場合no more の後に(1)のように名詞や動詞がくるというのは少し不自然な気がします。 5) の文は「同じ人間の中にある2つの性質の比較」を表す表現です。先日の質問でmuchの奥深さを教えて戴きました。これがベストだと思うのですが、この表現は「同じ人間の中」での比較ですから、(2)のように異なる対象を比較することはできないはずです。 この表現でのmuchの用法が普通の比較級でも使えるのならば何も問題ないのですが、He is more kind than he is.のような表現が果たして成り立つのでしょうか?ちょっと強引な気がします。 クジラ公式の文法的な根拠を教えてください。