• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

more than について

more than についてわからないことがあります Americans worked as much as two weeks more than workers in some countries . アメリカ人は、いくつかの国の労働者より2週間も多く働いている ですがなぜAmericans worked more than workers in some countriesの文に.as much as two weeksを入れられるんでしょうか Americans worked more than workers in some countries.には本当は Americans worked( )more than workers in some countries.()は省略可となる修飾語句を入れる場所があるということですか 分かりやすくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数8
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

質問をしっかりと把握していなかったかもしれません。 >Americans worked( )more than workers in some countries.()は省略可となる修飾語句を入れる場所があるということですか そういうことです。 work more than ~で「~よりたくさん働く」 この more の前に much/a lot/far のような語をおけば 「ずっと、はるかに」たくさん two weeks more なら「2週間分、たくさん」 as much as two weeks more なら「2週間も、たくさん」 かえって、two weeks という名詞で考えると、work とつながるんじゃないか、 と感じてしまうかもしれません。 しかし、worked ( ) more の空所に修飾語が入る much という副詞でもいいし、two weeks でもいい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#145074
noname#145074

どこかで見たことのある質問だと思いましたら、kirofiさんでしたか。なかなか一つの文をいじくり回しても、すぐ理解には結びつかないかもしれませんね。違う例でいきましょう。 (A)さんは昨日5時間勉強しました。=(A) studied for eight hours yesterday.←(1) (B)さんは昨日1時間勉強しました。=(B) studied for three hours yesterday.←(2) (A)さんは昨日は(B)さんより長く勉強しました。 =(A) studied longer than (B) did yesterday.←(3) ("yesterday"の位置もいろいろ問題はありますが、今回はこれで済ませてください。) ちょっとここで基本的な英文を作りましょう。 (A)さんは昨日何時間勉強しましたか。=How long did (A) study yesterday?←(4) (B)さんは昨日何時間勉強しましたか。=How long did (B) study yesterday?←(5) ●この"How long"は、それぞれ(1)(2)の"for ~ hours"の代わりに使われて文頭に出ましたよね。 (1)(2)を単純に比較すると「(A)さんの方が(B)さんより勉強時間は長い」ですよね。すると(3)の文ができました。時間を引き算すると「(A)さんは(B)さんより4時間長く勉強しました。」となりますね。 この英文を作る時、「4時間」つまり"four hours"をどこに置くかということです。 ●この前にこれに関連したいろいろな英文を作ってみましょう。 (1) (A)さんは昨日は(B)さんより【少し】長く勉強しました。 =(A) studied 【a little】longer than (B) did yesterday. (2) (A)さんは昨日は(B)さんより【ずっと】長く勉強しました。 =(A) studied 【much】longer than (B) did yesterday. (3) (A)さんは昨日は(B)さんより【はるかに】長く勉強しました。 =(A) studied 【far】longer than (B) did yesterday. (4) (A)さんは昨日は(B)さんより【4時間】長く勉強しました。 =(A) studied 【four hours】longer than (B) did yesterday. という具合に(4)の英文ができましたよね。この話しを聞き取れなかった(C)さんが 「ええっ?何時間長く勉強したんだって?」と聞き返しました。この英語は =How much longer did (A) studdy than (B) did yesterday? となるのです。 上の【・・・】の部分が【How much】に入れ代わったのが分かりますね。 ●つまり「差」を問う場合は、"How much + 比較級"。「時間の長さ」をという場合は"How long"です。 ●すると(C)さんが「ええっ?4時間も」とびっくりしました。この「も」は、時間の長さの差の「多さ」にびっくりしたのです。この「も(多く)」という英語が、とりあえず"as much as"と考えてください。「ええっ?4時間も」という英語が"What? As much as four hours?"となるのです。これを正式な主語・述語の入った英文は、(4)を利用します。 (4) (A)さんは昨日は(B)さんより【4時間】長く勉強しました。・・・「差」を示した。 =(A) studied 【four hours】longer than (B) did yesterday. (4)' (A)さんは昨日は(B)さんより【4時間も】長く勉強しました。・・「差の多さ」を示した。 =(A) studied 【(as much as) four hours】longer than (B) did yesterday. ●このように「も」のついた日本文を簡単な英文で考えましょう。 「彼は体重が200kgです。」="He weighs 200kg." 「彼は体重が200kgもあります。」="He weighs as heavy as 200kg." 「私は本を3千さつ持っています。」="I have 3,000 books." 「彼は本を2万冊も持っています。」="He has as many as 20,000 books." ●多いことを表す「も」という言い方は"as ~ as"で表すと覚えといてください。「~」にはとりあえず形容詞が入るということも。"heavey""many""much"などです。 ●本題に戻りましょう。 Americans worked more than workers in some countries . 「アメリカ人は一部の国の労働者より長く働いた。」 Americans worked (two weeks) more than workers in some countries . 「アメリカ人は一部の国の労働者より(一週間)長く働いた。」 Americans worked (as much as two weeks) more than workers in some countries . 「アメリカ人は一部の国の労働者より(一週間も)長く働いた。」 ** この一番最後の英文のめんどくささは"as much as"という"two weeks"が多いことを示す余計なものが入ってきていたからです。分かりにくい場合はとりあえずこの"as much as"は無視してみることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 詳しくどうもです

  • 回答No.7

繰り返しますが、two weeks の部分を work につなげて考えないことです。 work (for) two weeks が成り立つことにはなりますが、 あくまでも work more、もとは work much much が「たくさん、大いに」という副詞で work にかかっている。 この比較級 more にかかるのが two weeks です。 much more と同じ。 much は more にかかるのであって、これだけで理解するものです。 今たまたま読んでいる英文に バス旅行をしている時の描写として Several hours into the ride, I began to notice something. という部分がありました。 分詞構文的に Being を補え、 When I was several hours into the ride, ということだと思います。 この several hours も、I was と続くものではありません。 Several hours into the ride とできるように、 into the ride という前置詞句に対して、several hours という名詞のかたまりがかかっています。 「数時間ぶん、乗ること(乗る時間)の中へ入っている」 結局、「数時間、バスに乗っていると」ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5689)

次のような例文を積み重ねていったら理解出来るようなりませんか。動詞+数値+比較級+than の形です。 I am two centimeters taller than you. The length is two centimeters more than the width. I worked an hour more than usual. I worked an hour more than my friend (did).

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 例文を積み重ねていくことは重要ですね

  • 回答No.5

Americans worked as much as two weeks more, than workers in some countries. という風に読んだらどうでしょう。 Americans worked two weeks more = アメリカ人は2週間も多く働いた Americans worked as much as two weeks more = アメリカ人は2週間にも及ぶ期間、多く働いた "as much as" を前に置くことによって、"two weeks more" が強調されます。 Americans worked as much as two weeks more, than workers in some countries. 「アメリカ人は2週間にも及ぶ期間、いくつかの国の労働者より多く働いている。」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます そう考えると理解しやすいですね

  • 回答No.3

>Americans worked two weeks /more than workers in some countries. アメリカ人は2週間働いた、いくつかの国の作業員以上に 違います。 two weeks という名詞が副詞的に more という比較級を修飾しています。 http://okwave.jp/qa/q6517746.html このような名詞の働きについては上の回答をご覧ください。 much more a little more のように、副詞 much / a little が比較級を修飾するのと同じで、 two years のような数詞つきの名詞のかたまりが比較級を修飾できるのです。 work two weeks とつながるのでなく、 work more というつながりで、more に two weeks がかかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます  よくわかりました 理解力なくてすいません

  • 回答No.2

もちろん、今回の more than は work much が比較級となって、 work more than ~となっているのであって、 熟語の more than ~「~以上」とはまったく別のものです。 念のため。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

more than ~「~以上、より多く」なんかもそうですが、 これは比較構文とは別に考えるべきです。 than が構造的にどうこうでなく、 more than +数詞で「~以上」です。 数詞につくだけで、後はその数値のついた表現にまかせる。 I have lived in Osaka for five years. とあれば、 この five を more than five とできる。 I have lived in Osaka for more than five years この文では比較構文は関係ありません。 もとの現在完了の表現に従う。more than は five につくだけ。 今回も as much as ~「~も(多くの)」というのは数詞 two についているだけ。 as much as two が two の代わりに使える。 Americans worked two weeks more than workers in some countries. の two → as much as two とすることができる。 意味的に「~も」がつくだけ。 さらに、two weeks more というのは、 She is two years younger than her husband. のような、比較級の前において、差を表す表現です。 American worked more than ~ の more に two weeks がついて、 「2週間分、他の国の労働者より多く」 この「2」という数詞に as much as がついて、 「他の国の労働者よりも、2週間も多く」 最後にもう一度言いますが、more than ~, as much as ~というのは 構造的に比較構文と考えることなどせず、熟語として more than 数詞、as much as 数詞とつながる。 あとは数詞にまかせる。 逆に言うと、as much as を数詞に付け足すだけです。 たまたま、その数詞 two が two weeks となって、比較の差を表す表現になっているだけ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Americans worked two weeks /more than workers in some countries. アメリカ人は2週間働いた、いくつかの国の作業員以上に ということで いくつかの国の作業員よりもアメリカ人は2週間多く働いた となるということですか?

質問者からの補足

回答ありがとうございます

関連するQ&A

  • more than について

    Americans worked as much as two weeks more a year than workers in some countries . アメリカ人は、いくつかの国の労働者より1年間あたり2週間も多く働いている A more than Bで Bよりさらに多くA ですけど A=as much as two weeks、B=workers in some countries ですよね これで いくつかの国で労働者よりさらに2週間多く ですので しかし比較するものは同類でなければならないんではないでしょうか? 例えば The population of Tokyo is larger than that(the population) of Osaka.のように

  • much と more 比較級で・・・

    much と more 比較級で・・・ He worked much harder than his brother. ではmuchが使用されてるのに Im more interested in history than she is でmoreになるのはどのような違いがあるのでしょうか

  • more than と as ~ as について

    There is nothing I hate more than being asked, "What are you hobbies ." 上記の英文でmore thanをas much asにしてはいけない理由ってなんでしょうか? 必ずあるはずなんです!お願いします。

  • moreの使い方

    比較級の勉強をしていたらmoreの使い方がわからなくなってしまいました。 たとえば、「この店はあの店よりたくさんの本を置いている。」と言う文章だと、 this store has more books than that one.で良いのでしょうか?そしてここで使っているmoreはmany の比較級と考えれば良いのでしょうか? では良く使う、more+形容詞/副詞+than のmoreは形容詞を修飾する副詞と考えれば良いのでしょうか、時にはthere are many much CDs in the store.という文章もあり、何だかわからなくなってしまいました。 辞書をみると、moreには形容詞・代名詞・副詞とあり、どの時に何が使われているのかよく分かりません。 ご存じのかた教えていただけると嬉しいです。

  • more than lessとは一体なんでしょうか

    A change in the visual appearance of the clay influences the child more than less obvious but more essential qualities, such as mass or weight. 粘土の視覚的外観における変化は、あまり明らかではない性質よりも量や重さといった本質的な性質に影響を与える。 以上の文章に、 child more than less obvious but … とありますが、この"more than less"とはどう訳せばいいのでしょうか? less obvious は、(あまり明らかではない)と訳したとしても less の前にあるmore thanの使い方がわかりません。  

  • much more ?

    DUOより Phil is much more interested in academic subjects than in practical skills . 「フィルは実用的な技能よりも学問的なテーマのほうに興味がある。」 more が many , much の比較級なのでしょうが、「実用的な技能」”より”(than)も、many?much?(more)muchとはどういう構造なのでしょうか?どういうことでしょうか?

  • more than justに省略されているもの

    Despite heavy competition from established carriers, Sopot Airlines has managed to do more than just ----- in the narrow luxury niche. という問題で、空欄のところには (A) survived (B) survivies (C) survive (D) survivor をいれます。正解はsurviveなんですが、その解説が、A more than B の形でhas managed to doがAにあたると、Bにあたるのは(has managed to )surviveだというんですが、その意味があまりわかりません。こんなに長い省略を見抜かないといけないんですかね?そして、動詞の原型が使われているから、thanの後ろにも動詞の原型がくるということなんですか?

  • 比較のthanの省略について。

    英会話にの本に載ってた文です。 A:Do me a favor.「ちょっといいかな。」 B:Can we talk about it later. I'm in a hurry.「後にしてくれるかな。今急いでいるんだ。」 A:I think this is much more important.「こっちの方がよっぽど大事なことだと思うんだけど。」 much more importantは比較級だと思うのですが、than以下が省略されているのでしょうか。 もし省略されているとしたら、なぜ省略されているのか教えて頂きたいです。また何が省略されているのでしょうか。 ご教授おねがいします。

  • 和訳教えてください。some days more than other

    和訳教えてください。some days more than othersの訳し方 I want to see you soon too, but as yet I dont know when :-( 私も早く会いたいなぁ。でも今の所はいつになるかわからないよ。 日本語勉強してますか?と聞いた返事です。 I am studying, some days more than others....at the moment I cant concentrate. I have to apply for test in August, can I pass????? 勉強しているよ。数日間他の人?他の物?より??......今の所集中することができない。 8月のテストに申し込みをしないといけない。受かるかな??

  • moreだけで比較は成立しますか?

    American men between the ages of 14 and 45 spend more time in the hospital for mental disorders than for any other cause, and only the delivery of a child accounts 【for more days】 in the hospital for woman of that age. この、【for more days】 は、何との比較になりますか? 私は、文脈的にamerican~causeとの比較ではないかと考えたのですが、 only~of that ageにthanが書かれていないので、確実にそうだと思えることが出来ませんでした。 おそらく、thanが省略されているのかと思うのですが・・・。 そういった省略表現(規則?)があれば教えて下さい。