• 締切済み
  • 困ってます

moreの使い方

比較級の勉強をしていたらmoreの使い方がわからなくなってしまいました。 たとえば、「この店はあの店よりたくさんの本を置いている。」と言う文章だと、 this store has more books than that one.で良いのでしょうか?そしてここで使っているmoreはmany の比較級と考えれば良いのでしょうか? では良く使う、more+形容詞/副詞+than のmoreは形容詞を修飾する副詞と考えれば良いのでしょうか、時にはthere are many much CDs in the store.という文章もあり、何だかわからなくなってしまいました。 辞書をみると、moreには形容詞・代名詞・副詞とあり、どの時に何が使われているのかよく分かりません。 ご存じのかた教えていただけると嬉しいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1878
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#77550
noname#77550

there are many much CDs in the store. これ、many more の間違いではないでしょうか? もしそうだとすると、many という形容詞を more という比較級で後から修飾しています。 many more (よりたくさんの)数えられるもの much more          数えられないもの そういう意味から言えば、 This store has many more books than that one. の方がより良いと思います。 比較級は仰るように形容詞・代名詞・副詞のどの方法でも作る事が出来ます。 more は比較変化をしないものに付けて比較級を表わします。 >more +形容詞/副詞+than のmore は形容詞を修飾する副詞と考えれば良いのでしょうか? そのとおりです。 moreを名詞として比較級にした例文をご紹介します。 こういう使い方をするという参考にしてください。 You have more than enough, and yet what more do you want? (たくさんのものを持ちながらこの上何が欲しいのか) 最初の more が名詞的使い方で、後は副詞です。 なるほど、more 以外何の品詞も続いていません。 もうひとつ、 He knows a lot more about Bach than I do. (彼はバッハについて私よりもたくさんの事を知っている) ご質問者の知りたい事に答えられたかどうか自信がありませんが、、、。 ご参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!ご指摘のようにmany moreの間違いでした! moreを名詞としてこんな使い方もできるのですね!勉強になりました!

関連するQ&A

  • many more

    My brother has many more good books than I. という文があり、more+複数名詞を強調するには、muchではなくmanyを用いると説明されています。なぜなのでしょうか?比較級を強調する時にこのようにmuchではなくmanyを使わなければならない場合というのは、他にあるのでしょうか?教えていただけると嬉しいです!

  • A more than Bについて

    moreが副詞のとき A ~more than B… で Bが…するよりさらにAは~する という意味になると思うのですが   A more than Bでmoreが形容詞の時、 Bよりさらに多くA という意味を表しますか? (つまりmoreがAを後ろから修飾している場合はありますか?) もし表すなら例文をお願いします I have more books than he.のようにmore A than B で Bよりさらに多くA という意味になるのが普通だと思いますが

  • 小森のおばちゃまの『モア・ベター』ってどこが誤用法か?

    その昔、テレビの映画解説で、小森のおばちゃまなる人がいて、 今度の映画は『モア・ベター(more better)』よ! の連発を決めゼリフにしていました。 あるとき、この言い方は、いかがわしい英語もどきの言い回しだとして 批判する文章を読んだことがあります。 その文章を思い出すと、たしか、  (1)more better は、形容詞の原級を『more』で修飾するならともかく、 形容詞の比較級『better』を、moreで修飾することはできない。 したがって、副詞のmuchを使って  (2)much better というべきで、これなら正しい、と言うような説明でだったと思います。 当時、なるほど、そういうものか! と妙に合点した記憶があります。 うろ覚えで恐縮ですが、この説明(理解)は、ほんとうに正しかったのでしょうか? 最近、すこしわからなくなっているのですが、 副詞のmuch(原級)を強めて比較級のmoreにすれば 上記の(1)は、OKなんじゃないかと思うようになりました。 つまり、こういう考え方です。  (2)much better <--副詞のmuchで形容詞比較級betterを修飾しています。             たしかにこれは、文法的に文句なく正しいと思います。  (1)more better <-- 副詞のmuchの比較級moreを使って              形容詞比較級betterを修飾しているとみなすことができます。              文意としては、(2)よりも強調の度合いが強い感じがします。 (1)について、こういう考え方をしても、適切なのでしょうか? それとも、やはり文法的には、『much better』しかありえないのでしょうか?

  • 回答No.1

最初に、勘違いしているかもしれないので言っておきます。 there are many much CDs in the store. この文はおかしいところがあります。 ひとつ。 many much連続で使われていること。 ふたつ。 CDは数えられる名詞だからmuchはつかえない。 ということです。二つ目のことはよくわかんなくてもokです そしてこの文を和訳すると 「その店にはたくさんのたくさんのCDがある」 となります。 和訳から考えるように比較級はつかっていません。 私も比較級のmoreについては散々悩みました。 moreはあなたの言うとおりmanyの比較級です。 manyにももうひとつ兄弟がいます。 mostです。 many<more<mostと進化します。和訳すると 多くの<より多くの<最も多くの となります。 ほかにもeasy<easier<easiest 簡単<より簡単<最も簡単 みたいなのがあります。 まあ言ってみればあなたが以前習った現在形<過去形<過去分詞 のようなもので、強さの度合いに応じて変化させるんです。 つまりmoreはより多くの~というときに使います。 もうひとつは、これから習うと思うんですが more difficultのように形容詞と組み合わせてよりむずかしい~ というときにも使います。 はっきし言って 比較級はそこまで難しく考えないほうがいいです。 長文で長々と説明しましたが、先生に聞くとイッパツです。 実際僕がそうでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!ご指摘の通り、many moreの間違いでした。 強さの度合いに応じて変化させると考えれば確かに分かりやすいですね! あまり難しく考えず問題をたくさん解いて慣れることが早道かもしれませんね!

関連するQ&A

  • 「more」の使い方について教えてください。

    「more」の使い方について質問します。 「あなたはもっと勉強すべきです」という文章を英語にすると、 You should study English harder. となるようですが You should study English more hard.  としたら間違いですか? 辞書をみると、 Let's speak more slowly. Be more careful. のように「もっと」という意味で副詞や形容詞を修飾する例が載っているのでいいような気がするのですが。。。

  • lots more to do の文法解釈について

    we have lots more to get to in order to make this happen. この文章の文法についての質問です。 lots は形容詞や副詞の比較的を強調するための副詞だと思うのですが、lots の後ろには 代名詞のmore です。 これは代名詞としてみるのではなく、 独立形容詞としてのmore として 理解したらいいのか分からないです。 解説お願いします。

  • more fewer , more less

    I made more fewer mistakes than he did. という文があります。 fewer は形容詞の比較級でmistakes(名詞)を飾っています。?比較級を副詞で飾るにはmuch、even, far, by far, still, yet とかではなかったですか? much (副詞)も比較級になって+比較級のfewerと一緒にmistakesを飾れちゃうんでしょうか? まだまだ例文はあります。 He exercises more less than I do (me.) She drinks more less wine than beer. などなど。 much で比較級を強めるより さらに強めるのか? と思ってみたり・・・ともかく わかりません。 よろしくお願いいたします。

  • many more books の訳

    My brother has many more good books than I. という文があって、その訳が、兄は私よりはるかに多くの本を持っている。となっています。 しかし、この many は much more money のように「ずっと」という意味ではなく、in addition, further と言った意味だと文法書に書いてありました。 だから、上の訳は、間違いで、「さらに多くの本」とすべきなのではと思うのですが、合ってるでしょうか? また、よくこの many は much と比較して書かれてありますが、それは正しいのでしょうか? many more books と much more money のmany と much はただ後の名詞がUかCかだけの違いではないのではと思っているのですが、どうなのでしょう?

  • 比較級とas~asについて教えて下さい

    as~asの文は~の部分に入るのは形容詞か副詞と思うのですが、形容詞とともにであれば名詞もいいんですか? He has as many books as she. また、最上級ではよく見かけるのですが He is the most famous singer in Japan . 、比較級でも後に名詞が来る場合はありますか? 例えば、 He is a more fsmous singer than she . He has more money than I . よろしくお願いします。

  • no more の more について

    比較文の no more で使われる more は、品詞は何なのでしょうか? 長い形容詞のときの比較級に使われるmore(例えば more unfaithful)と 同じ種類のものだとばかり思っていましたが、 短い形容詞でも使われる(例えば more tall)し、 さらには、名詞でも使われる(例えば more an artist)ので、 とても混乱してしまっています。 1) She is no more unfaithful than her sister。 2) He is no more tall than his brother. 3) He is no more an artist than I am. 形容詞の比較級のときに使われるmoreとは まったく種類が異なるようなのですが、 このmoreの役割と品詞について教えてください。 幾他の参考書をみても、文例先行となっていて なぜ、形容詞でも名詞でもあとに導くことができるのか 肝心の記述がなく、困っています。 よろしくお願いします。

  • many more

    ある英会話教材の本文にit's clear that many more trees are cut down than are planted.とありましたが、moreの前のmanyはどういう意味でしょうか??moreがmanyの比較形なら、manyは不要のように思えるのですが・・・

  • more+名詞って文法的にありなの?

    高校で出た英語の課題にわからないところがありましたので、質問させていただきました。 問題で、ジュディはクラスの誰よりも多くの本を持っています。という文を英語に訳すものがありました。 答えは、Judy has more books than any other student in the class.なんですが、more+名詞ってありなんですか? 中学で、moreは形容詞につくと習ったのですが… また、studentも何故複数形ではないのでしょうか? わかる方は、回答お願いします。 長々とすいませんm(- -)m

  • More than a womanの意味

    BeeGeesの曲で「More than a woman」があります。 これはどういう意味でしょうか? 慣用句なのでしょうか。 恋愛の歌なので、「女性以上」というと「女神」のようだというくらいの意味でしょうか? http://www.lyricsfreak.com/b/bee+gees/more+than+a+woman_20015723.html よろしくお願いします。

  • 比較級について

    My brother has ( ) good books than I. 1.much more 2.many more という穴埋め問題なのですが、比較級を強調するのはmuchだから1としたのですが正答は2でした。解説には「比較級の前には差を表す名詞を置くことができ、manyはその名詞の役割を果たしている。(この名詞は副詞的に機能している「副詞的対格」)したがって答えは2。」とありました。これに関する例文も載っていて副詞的対格の理解は出来たのですが、ではなぜ1は誤答になるのでしょうか?4択ですからより良いものではなく、一つが正答でそれ以外は何かしらの間違いがあるはずですが、1についてはどこがダメなのか分かりません。アドバイスよろしくお願いします。