• ベストアンサー
  • 困ってます

比較級について

My brother has ( ) good books than I. 1.much more 2.many more という穴埋め問題なのですが、比較級を強調するのはmuchだから1としたのですが正答は2でした。解説には「比較級の前には差を表す名詞を置くことができ、manyはその名詞の役割を果たしている。(この名詞は副詞的に機能している「副詞的対格」)したがって答えは2。」とありました。これに関する例文も載っていて副詞的対格の理解は出来たのですが、ではなぜ1は誤答になるのでしょうか?4択ですからより良いものではなく、一つが正答でそれ以外は何かしらの間違いがあるはずですが、1についてはどこがダメなのか分かりません。アドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数280
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

No.3の者です。 補足でおっしゃっている「more自体がmanyの比較級として機能しているから、muchは単独でmoreのみを強めると考えてはダメなのか? 」ということですが、 My brother has much more good books than I. (もしこの文が正しいとして)この文に関して、「muchは単独でmoreのみを強める」と言いたいのですよね?でも、この文ではそれは無理なのでは? moreは、ここでは「many books」という固まりの一部なので、やっぱり「books」(可算名詞)のことも考えてやらないといけないのでは? だからmoreだけにmuchをかけたい!というのは、この文では無理かと思いますが。 "He knew much more than me" こういう文であれば、「muchは単独でmoreのみを強める」と言えるかとは思いますが、、、。 なんだか説得力のない説明ですみません。 その前に、話がずれていたらごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

納得できました! 確かにおっしゃるとおりです。文法ルールのみにとらわれて他の語の関連を甘く見ていました...ありがとうございます!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • 69gou
  • ベストアンサー率36% (54/147)

#2の69gouです。 much moreで「よりよい」と言う意味でなぜいけないのか?ということですね。 その場合は My brotherとIの持っている数を比較しているのではなく、bookの内容の比較ですから、    My brother has much more good books than  mines. となると思いますが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「よりよい」という意味ではなくmoreを強めた(くどく言えば「もっともっと多くの」)という意味にならないのか?ということでした。質問の意図が伝わりにくく申し訳ありませんでした。

  • 回答No.3

こんにちは。 文法書によると、どうやらrockman9さんが言われている「比較級を強調するmuch」のmuchと、この問題の「1.much more」のmuchは、ちょっと違うようです。下の説明をどうぞ。 ◎比較級を修飾する語句 (1)比較級の前につけて、強調したり程度を表す語句 much, far, by far, far and awayなど (2)many[much]more+名詞  「ずっと多くの~」の意では「many more+複数名詞」、「much more +不可算名詞」の形をとる。この場合のmany、muchは「多さの程度」を示す。 だそうです。 わたしも勉強になりました。ありがとうございます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

muchがbooksにかかるのではなく、muchがmoreを強めるとしてはどこが間違いなのでしょうか?more自体がmanyの比較級(可算名詞に使う)として機能していますから、muchは単独でmoreのみを強めると考えてはダメなのでしょうか?

  • 回答No.2
  • 69gou
  • ベストアンサー率36% (54/147)

rockman9さん、ずいぶんむずかしく英語の勉強してるんですね。 >比較級を強調するのはmuchだから とおもってらっしゃるようですが、もっと簡単に 「more=もっと」 そしてmanyもmuchも「多く」です。 使い分けは manyは数を数えることのできないものを比較 muchは数を数えることのできるものを比較 ということだけです。 「tree,pen,dog,bird」の数を比較するならmany 「happy,sad,far,heavy」の程度を比較するならmuch ということですね。 今回はbookという、数えることのできるものの比較ですから、manyでないといけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

可算名詞・不可算名詞については分かっております。ではmuchがbooksにかかるのではなく、muchがmoreを強めるとしてはどこが間違いなのでしょうか?more自体がmanyの比較級(可算名詞に使う)として機能していますから、muchは単独でmoreのみを強めると考えてはダメなのでしょうか?

  • 回答No.1
  • SSSIN
  • ベストアンサー率62% (547/875)

「many」は可算名詞の前に,「much」は不可算名詞の前につきます。 booksは可算名詞ですので「many」が正解になります。

参考URL:
http://www.eigodaigaku.com/archives/000035.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。補足の中に間違えがありました。「manyがbooksにかかるのではなく…」→「moreがbooksにかかるのではなく…」です。

質問者からの補足

はい。それについてはもちろん分かっております。 manyがbooksにかかるのではなく、muchがmoreを強めるとしてはどこが間違いなのでしょうか?more自体がmanyの比較級(可算名詞に使う)として機能しいますから、muchは単独でmoreのみを強めると考えてはダメなのでしょうか?

関連するQ&A

  • many more

    My brother has many more good books than I. という文があり、more+複数名詞を強調するには、muchではなくmanyを用いると説明されています。なぜなのでしょうか?比較級を強調する時にこのようにmuchではなくmanyを使わなければならない場合というのは、他にあるのでしょうか?教えていただけると嬉しいです!

  • many more books の訳

    My brother has many more good books than I. という文があって、その訳が、兄は私よりはるかに多くの本を持っている。となっています。 しかし、この many は much more money のように「ずっと」という意味ではなく、in addition, further と言った意味だと文法書に書いてありました。 だから、上の訳は、間違いで、「さらに多くの本」とすべきなのではと思うのですが、合ってるでしょうか? また、よくこの many は much と比較して書かれてありますが、それは正しいのでしょうか? many more books と much more money のmany と much はただ後の名詞がUかCかだけの違いではないのではと思っているのですが、どうなのでしょう?

  • 比較級の強調

    恥ずかしながら比較級の強調はmuchと思っていましたが、最近manyもあると知りました。 many more yearsです。これをmuchにすると間違いなのでしょうか? ほかに比較級の強調でmanyを使うものはどのようなものがあるでしょうか?宜しくお願いします。

  • 比較級とas~asについて教えて下さい

    as~asの文は~の部分に入るのは形容詞か副詞と思うのですが、形容詞とともにであれば名詞もいいんですか? He has as many books as she. また、最上級ではよく見かけるのですが He is the most famous singer in Japan . 、比較級でも後に名詞が来る場合はありますか? 例えば、 He is a more fsmous singer than she . He has more money than I . よろしくお願いします。

  • The 比較級~、the 比較級~の文について

    ★特に目的語の名詞がからんできたらわかりにくくなります。  形容詞+名詞のカタチがあるときは、それをくずしてはならないと習いました。 1) The more you buy something, the more you spend money. の例文で (1) You buy something more, you spend more money.と考えられます。 →? The something more you buy, the more money you spend. ってできるのでしょうか? 2) The more you have, the more you want. の例文で  (1)You have many things, you want many things. (2) You have more things, you want more things. (3) The more (things) you have, the more (things) you want.という意味で2)の例文があると考えるのであっていますか?  3)The worse situation I'm in, the more deeply I breathe.などとI'm in a bad situation.でbadを比較級で強調した形で作った上の例文はあってますでしょうか? 補語にあたる形容詞や副詞がthe 比較級で文頭に来るカタチは理解できたのですが、形容詞のついた名詞のセットや関係代名詞のカタチみたいな(the worse I'm in)のになったらとたんにわからなくなります。教えてください。

  • moreの使い方

    比較級の勉強をしていたらmoreの使い方がわからなくなってしまいました。 たとえば、「この店はあの店よりたくさんの本を置いている。」と言う文章だと、 this store has more books than that one.で良いのでしょうか?そしてここで使っているmoreはmany の比較級と考えれば良いのでしょうか? では良く使う、more+形容詞/副詞+than のmoreは形容詞を修飾する副詞と考えれば良いのでしょうか、時にはthere are many much CDs in the store.という文章もあり、何だかわからなくなってしまいました。 辞書をみると、moreには形容詞・代名詞・副詞とあり、どの時に何が使われているのかよく分かりません。 ご存じのかた教えていただけると嬉しいです。

  • the 比較級 the 比較級の構文について

    the more~ the more~の形の構文についての質問です。 この構文は副詞などと共に使えるのでしょうか。 例えばsurprisinglyやhe saidなどと共に使えるのですか。 (Surprisingly, he said that the more~, the more~.) それと例えば「本を読めば読むほど、より多くのことを知ることができる」という文章を英訳するとき The more books you read, the more things you can know. The more you read books, the more you can now things. のどちらが正しいのでしょうか。as many books as~の構文のようにやはり上が正しいのですか。

  • the比較級,the比較級の文章について

    こんにちは^^ 僕は、この構文についてなんでもかんでもthe more, the moreとやってはいけないと教わりました。 たとえば、 The more information we have,the less uneasy we feel. この文ではthe more が使われてるわけですが、 これは元の文がWe have much information...とmuchが使われているのでその比較級であるmoreが文頭に来たと解釈できますね。 ということは、元の文にmanyやmuchが使われていたらmoreが使われる可能性があるということですよね。 しかし、次に記す文は、 元の文にmanyやmuchが出てこないはずなのにthe moreと使われています。これはなぜなのでしょうか? The more used you are to using personal computers,... これは、パソコンに慣れればなれるほど・・・という意味ですよね。 この元の文を考えた場合、 You are used to using personal computers. となるはずですが、muchやmanyが入っていないのにthe moreと書かれています。 回答待ってます。

  • much と more 比較級で・・・

    much と more 比較級で・・・ He worked much harder than his brother. ではmuchが使用されてるのに Im more interested in history than she is でmoreになるのはどのような違いがあるのでしょうか

  • 原級・比較級で主節の副詞句はas/thanより後?

    英語で原級・比較級の文章を作る際、 主節(?)の副詞句が比較部(asやthan)より後に回ることを どう解釈すれば良いのでしょうか? 具体的には、以下の文章の語順が気になっています。 1. My brother reads three times as many books as I every month. 2. I would like to eat dinner earlier than usual this evening. これが 1'. My brother reads three times as many books every month as I. 2'. I would like to eat dinner earlier this evening than usual. とならないのは何故なのでしょうか。 【解釈?1】比較部(as~asや比較級~than)には副詞句などを挿入することができない? 【解釈?2】副詞句が文全体にかかっている? 英文は「安河内のはじめて分かる英文法」からです。 手元の文法書(Forest)や、 ネット検索(googleで「英文法 比較 副詞句 後回し」、質問系サイトの横断検索) などもあたってみましたが、よい解説が見つかりませんでした。 宜しくお願い致します。 また、こういった場合に参考になる書籍やウェブサイトを ご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えてください。