• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

マルチ商法加入を食い止める方法

ネットでマルチ商法を始めそうな方にこうメッセージしました。 引用ここから れんさんにお声をかけていらっしゃいましたが、れん殿のビジネスは十中八九マルチ商法です。ネットワークビジネスやMLMなどとも言い換えられます。まず主催企業名を聞いてみてください。言わない、もしくは説明に嘘がある。もしくは医師でもないのに健康を約束するなどは疑いましょう。いざという時はhttp://anti-multi-committee.xrea.jp/c-board/c-board.cgiこの掲示板、もしくはビジネスに加入するまえに消費生活支援センターに問い合わせることをお勧めします。 引用ここまで そうしたらこう返されてしまいました。 引用ここから むしろネットワークビジネスの何がそんなに抵抗あるんですか? 海外ではむしろ当たり前の産業だと思いますしMLMは有名企業も取り入れてる産業だとおもいますか… 何かされてるんですか? 引用ここまで ちょっとびっくりしました。学校やテレビで教えないことなので、一度やったことがあるか、ネットの影響かどちらかだと思われます。 そこでマルチの加入をやめさせることは出来ないか。ということです。 ただ、この活動に命をかけているとかじゃないので、お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数416
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

私もお年寄りをサランラップで釣り上げて連行する展示会商法の会場に乗り込んで荒らしたり、ネットワークビジネスのオルグを仕掛けてきた知り合いを逆洗脳しようとしたこともあるのですが、マルチ商法を全く知らない人向けと、ある程度マルチに食い込まれて宣伝文句を鵜呑みにしている人向けで変えないとメッセージは伝わらないですね。N○○W○○Sの大会に出て学芸会のような珍妙な小芝居を見たことがありますが、それはそれは盛況でしたよ。非常に無力感を感じました。 また、ネズミ講は無限連鎖講防止法に該当する犯罪ですが、マルチやネットワークビジネスは犯罪ではありませんので、やたらな批判は注意が必要です。 基本的には他人がマルチをやることを止めることはできないと考えます。その人個人と、その人の周りを全て不幸にさせることで成り立つビジネスですが、あくまで他人であり認知能力のある大人ですので。 もちろん、無知な若者やお年寄りに対する啓蒙活動を頑張ってみることは社会の役に立つと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • マルチ商法の「ラリー」とは何ですか?

    マルチ商法、マルチ、MLM、ネットワークビジネス、連鎖販売取引、言い方は何でもよいです。 そういうビジネスをやってる人に「ラリー」とかいうものの誘いを頂きました。 既にお断りしたのですが、「ラリー」とは何だったのでしょうか? ちなみに普段こちらがメールしても中々返信をくれない人なのに、こういうやり取りの時は返信が早いです。 なんかこういう時だけ温かい人間になるような気がするんですが、「ラリー」に何人誘わなければいけないなどのノルマでもあるのでしょうか? 経験者の方、詳しい方がいましたら、ご回答よろしくお願いします。

  • マルチ商法・ネットワークビジネスに嵌る人とは?

    こんにちは。 マルチ商法・ネットワークビジネスに嵌る人ってどんな人なんでしょうか。 先日、私の友人と電話していると突然ネットワークビジネスの話が出てきました。 そして、ネットワークビジネスの良さを熱心に語られ、仲間はみんな向上心があって楽しいから一緒にやらないかと勧誘されました。 いつ入ったの?って聞いたところ今月に入って登録したとのこと。 あらら、こりゃ宗教みたいにどっぷり嵌ってやがる...と引いてしまいました。 彼は高学歴で一流企業に勤めているので、ビジネスのことを知っているし宗教にも何にも依存しなかった頭の良い彼がまさかネットワークビジネスに嵌るような人間だとは思ってもいませんでした。そのギャップにショックを受けてしまいました。 ネットワークビジネスのことをあまり知らなかったので、ちょこっと調べていたところ、嵌る人は「仲間に飢えている人」が当てはまると書いてありました。 言われてみれば、たしかに彼は去年転勤になり、転勤先で友達がいなくて寂しい寂しいとぼやいていました。学生時代から私の友人で、仲間も友達も多かった印象です。彼の寂しさがそれほどまでに深刻だったのかと思うと、寂しい気持ちになりました。 どういった方がこのネットワークビジネスやマルチ商法に嵌ってしまうのでしょうか。 また、みなさんの中で嵌ってしまった経験、友人が嵌っていたという話はありますか。 よろしくお願いいたします。

  • MLMについて (ウェルウェイなどのネットワークビジネス)

    最近、友人が『ネットワークビジネス』に関心を持ち、ウェルウェイというMLM(マルチレベルマーケティング)の会社の会員になりました。 「MLMの口コミによる宣伝は次世代を担う新しい販売の形」 「将来の自分への投資」 「悪徳ではなく、お金を出すだけの価値がある商品」 と言って、大学生の苦しい財布から月々3万円の会員費を払っているよう です。 私も彼女に連れられてその会社のセミナーなるものに行きましたが、その場では良質な商品と仲間と収入が得られるとても良いビジネスのように語られました。 しかし帰ってからネットで検索したところ「ネットワークビジネス」というのは「マルチ商法」が悪いイメージを持たれないために名称を変えているだけだと知りました。 本当に商品を気に入って使っているなら問題ないのですが、友人が自己啓発セミナーによってマインドコントロールされているように感じてしまいます。 ネットでMLMの評判の悪さを見てから、ネットワークビジネスを信用しきっているその友人のことがとても心配になりました。 長くなりましたが、(株)ウェルウェイやネットワークビジネスに詳しい方、経験者の方、アドバイスや経験談をお願いします。

  • アメリカのビジネス雑誌、「サクセス」について教えて下さい。

    アメリカのビジネス雑誌、「サクセス」について教えて下さい。 先日、友人からサクセス誌を見せてもらいました。 友人が「SoftBankの孫正義も載った雑誌だよ。」と言っていました。 SUCCESSという雑誌を知っていたので確かに、孫正義が載ったと聞いた事があるなと思ったのですが、友人が見せてくれた雑誌をよく見ると【SUCCESS FROM HOME】と書いてある雑誌でした。 (ちなみに、私が知っているサクセス誌はSUCCESS MAGAZINEです。) 私なりに調べたのですが、【SUCCESS MAGAZINE】と【SUCCESS FROM HOME】は全く違う雑誌で【SUCCESS FROM HOME】はネットワークビジネス(MLM・マルチ商法)の業界誌。 【SUCCESS MAGAZINE】と【SUCCESS FROM HOME】のホームページを見たのですが、2誌ともVideo Plusという会社が発行しているようです。 【SUCCESS MAGAZINE】と【SUCCESS FROM HOME】は全く関係性のない雑誌なのでしょうか。 孫正義がネットワークビジネス(MLM・マルチ商法)の業界誌に載るはずがないですよね。 宜しくお願いします。

  • ネットワークビジネスについてです。

    ビジネスには、(1)導入期(2)成長期(3)安定期があると学びました。過去に大きな経済を見つけ、導入期から作り始めた人が、現在、オーナーや投資家になっているようです。彼らは、今の私のような労働型収入ではなく、権利型収入を得ている方々です。私には大した資金力もないため、家賃収入のような権利型収入も少し困難であります。そこで、(1)資金がほとんどかからない、(2)景気に強い、(3)勝算がある、(4)現在、導入期であるものを私ながらに探しました。そして、1つ見つけました。それは、あるネットワークビジネスなのですが、最初は、ネットワークビジネスとねずみ講(無限連鎖講)がの違いが分からなかったので、聞く耳を持たなかったのですが、自分なりに調べた所、ネットワークビジネスは、ねずみ講(無限連鎖講)やマルチ商法(連鎖販売取引)とは違い、小売り販売の一形態であり、多くの企業や消費者が参加していると分かりました。(日本でも1999年度から、早稲田大学の一般ビジネススクールでネットワークビジネスに関する講義がなされているようです。)一方、ネットワークビジネスを採用している企業の1000社あれば、生き残れるのは1社程度のようだとも分かりまました。その企業は、ニューヨーク証券取引所に上場していますのでかなりの確率で生き残れると考えます。(日本では、トヨタやパナソニックなど優良大手企業18社が上場しているようです。) 友達を始め、私の周りの人に上記のような話をすると今まで築き上げてきた関係が崩れないとも限りません。私自身も最近まで、ネットワークビジネスとねずみ講の違いも分からなかったのですから。  私はこのビジネスの世界に一緒に飛び込んでくれて、お互い成功できるパートナーを探しております。どのように探せばよいのでしょうか。異業種交流会も考えましたが・・・。 よろしくお願いいたします。

  • 今世紀最大最強の先駆者リーダー企業間違いなし!

    今世紀最大最強の先駆者リーダー企業間違いなし! この不景気の中、多くの人が将来の生活に不安です。 共通して考えることは・・・? アメリカ1993年創業17年の安心安定企業上陸! しかも、無借金経営企業で、尚!尚!安心の信頼内容! サプリメント・化粧品に、今皆がへきへきしています。 毎月のリピート購入がないビジネスでないと続けられ ないのが今の不況時代です。 それなら、生活必需品でビジネス展開をすればよいの です。 キーワードは『絶対必需品!』しかもオープン前の今! ★このビジネスはリピート購入などありません。 誰もがビジネスとして成立させることができます。 新しい通信ビジネスがスタートします。 消滅することがない、一流企業のビジネスに加入する ことがとても大切です。 http://smd.kirara.st/IDWebCreater/busa/mlm/index.php?id=yu-dai これどう思いますか?

  • ネットワークビジネス 断り方

    少々分かりにくい文章かもしれませんが、すみません。 きっかけは最近知り合った友人です。 その友人と仕事や将来の夢などの話しになり、その友達の尊敬する(目標とする)方々を紹介されました。 はじめ会ったころはネットワークビジネスのことは具体的にはほとんど語らず。 ”お互い最高の人生にしたいよね。がんばろう” ”○○さんは努力して成功していて、時間もお金も自分の好きなように使えてる。人のためになることもしてるんだよ。” ”必死に努力すれば3~5年で○○さんみたいになれるよ” ”○○さんみたいになりたいなら、○○さんから学べばいいよ。教えてくださいって言おう。” って感じの話です。 少々怪しいなと思い、その時点で具体的に何を学んでいくのか?何をするのか?疑問に思い聞いてみましたが、具体的には答えてもらえず。 ”まずは○○さんに教えてくださいって言おう”との返答でした。 私はビジネスにも興味は少しありますし、色々学べるならいいなとの思いもありました。○○さん(成功されている方)も魅力的な方だったので、”教えてください”とお願いをしました。 ”教えてもらうには、最低3年は付いてきてね。がんばってね。”との返答。 その時点では”怪しい”とは少し思っていましたが、確証が得られていなかったので、しっかり断ることができませんでした。 その後にネットワークビジネスの話を持ちかけられました。 調べてみると、やはりマルチ商法のようなことをしている組織でした。 ”説明を聞いてから、断っても大丈夫だから。” ”ビジネスは手段でしかないから、一緒に学んでいこう”・・・って様な誘われ方です。 やはり冷静になって考えてみると、数回しか会っていない、まだ信頼していない人に数年を捧げる気にはなりません。というか、具体的に内容が分からない時点で返事をした私も馬鹿だったと思います。 当然、マルチ商法(合法かもしれませんが)という手段は快いものではありません。 次回の会う約束をしています。 企業の説明会にも誘われていますが、きっぱり断り、今後は会わないようにしようと思っています。 ここで 会って断るべきでしょうか?それともメールなどで断るべきでしょうか? メールで断るのはなんだか失礼な気もします。 しかし、会うとなると相手は2~3人で来るので、断りにくくなったり席を立ちにくくなるのではないかとの心配があります。 ご意見、アドバイスをよろしくお願いします。

  • 一度お願いした派遣の案件、どのように断れば・・・?

    昨日の夕方、登録している派遣会社から、お仕事の紹介の電話をいただきました。 データ入力などの、オフィスでの仕事です。 会社の詳細を聞いて、 「業種については、聞いてもピンとこないかもしれないのでインターネットで見てみてください」 というようなことを言われました。 『興味があります、よろしくお願いします』と返事をしました。 これから営業の方が企業さんと話を進めてくれるそうです。 が、電話を切って、インターネットで検索し、 その会社の業種『ネットワークビジネス』が、 マルチ商法であることに気づきました。 世界で展開している大きな会社ではありますが、 ネズミ算式のビジネス展開というのは、あまりいいイメージが持てません・・・ (合法である限り、ビジネスの成功・失敗は当人の問題だとは思うのですが・・・ ビジネス展開には係わらなくても、 その企業に属して少なからず貢献するというのも考えものではないかと思うのです・・・) 以上の理由で、今回一度お返事した案件ですが 明日一番にお断りの電話をいれようと思っています。 この場合、派遣会社にはどのようにお話すればいいのでしょうか・・・ 正直に、その商法にはあまりいいイメージがないと言ってしまってもいいものでしょうか? 派遣会社でお仕事をされている方、 似たような経験のある方、コミュニケーションが得意な方、 アドバイスよろしくお願いします。

  • アフィリエイトの段階報酬制度とMLM(ネットワークビジネス)の違いについて

    自身の勉強の為と、そして世の中の多くの方達もきっとこの点について疑問をお持ちの方が多いのではないかと思い、質問させて頂きました。 昨今アフィリエイトプログラムはインターネット上でWebサイト主催者などにとっての優良な収益手段の一つとして注目を浴びておりますが、最近「Tier」という表現もしくは「段階報酬制度」という表現で、アフィリエイトビジネスを紹介した相手の売り上げの数%が、アフィリエイトの会社から支払われる仕組みを導入する、アフィリエイト企業が増えてきたと想います。 ネットワークビジネスのようなMLMでは、 法的に、訪問販売法の管理下におかれる事は理解していますが、このアフィリエイト企業の一部が行う、段階報酬制度もしくはTIERと呼ばれる仕組みも、同じく訪問販売法の管理下であり、マルチビジネスと捉えてよいのでしょうか? また、この件に関しまして、 実際にアフィリエイトの段階報酬制度を利用している皆様は、アフィリエイトを紹介する相手として、やはりMLMと同じく、「友人や知人」に紹介するという事が基本になるのでしょうか? その際、個人間で長期間に渡り利害関係を結び続けてしまう危険性についてはどのような認識があるのでしょう?皆様のご意見をお聞かせ下さい。 宜しくお願い致します。

  • ■マルチ商法を辞めさせる方法

    ■マルチ商法を辞めさせる方法 彼がバイト先の先輩に誘われネットワークビジネス「ニュー○キン」のセミナーに行ってきたようです。 まだ活動はしていないとの話ですが、私はマルチ商法の類は拒否感が強く、始めて欲しくありません。 彼の意見としては ・損はしない ・良いと思って買ってもらうのだから、悪徳ではない ・お金を楽に稼ぎたい ・稼げるかどうか一度試して、駄目なら辞めればいい それに対し、 ・ごくアップラインの人しかお金は稼げない ・商品の良さを知るため、と自分で商品を買うことによって  加入者が消費者になっている ・5A-1という評価は、資産の多さであり、評価を得ている訳ではない そもそも、勧誘のみで商品を購入させるわけですから もし身内や友人数名に売れたとしても、高額な利益が入るとは思えません。 (化粧水は2ヶ月に1本。買い込むことはないですし。) きっと始めれば辞め時が分からず、儲かるまでと言い続けるでしょう。 「○○(彼)に勧誘された」という噂が広まれば、あっという間に友達は離れていくと思います。 彼は今のところマルチ商法と分かった上で、一度試したい という気持ちが強いようです。 どうすれば彼を止められるでしょうか?悪い方向に進んで行くんだろうと思うと悲しいです。