• ベストアンサー
  • 困ってます

名誉棄損罪とか侮辱罪になるか?

次の行為は、まだ実際にはやってないのですが、もし仮にやったら、名誉棄損罪とか侮辱罪などの犯罪か何かになるでしょうか? 民事上の責任はどうでしょうか? 次の内容を、ブログ、電子掲示板などに掲載すること。 (1)ある公務員の具体的な氏名と、当該公務員が行った具体的行為を示す事実(完全に客観的に証明できる事実) (2)上記(1)の事実に基づいて、当該公務員の行為が不当であることを主張する意見の表明 刑法230条の2第3項は、公然と公務員に関する事実を摘示した行為は、(公共の利益に関する事実であり、公益目的だとみなして)、事実であることの証明があった場合はこれを罰しないと定めています。 この刑法230条の2第3項によれば、名誉棄損罪にもならず、侮辱罪(刑法231条)にもならないのでしょうか?

noname#221843

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1309
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

”刑法230条の2第3項は、公然と公務員に関する事実を摘示した行為は、 (公共の利益に関する事実であり、公益目的だとみなして)、  事実であることの証明があった場合はこれを罰しないと定めています。”      ↑ 基本はその通りですが、文字通りに解するかに ついては争いがあります。 1,公務員というのは、およそ総ての公務員を意味するのか。  この規定は、民主制を意識したものですから、公務員に  ついても、選挙で選ばれるような地位の公務員に限り、  下級公務員は含まない、とする説があります。  学説では、この説が有力ですが、下級審判例では  巡査も、この公務員だ、として犯罪の成立を否定した  モノがあります。 2,事実には私的な事実も含まれるのか。  学説の多くは私的な事実も含まれ、犯罪にならない  としています。  しかし、不倫事件で、相手方女性に対する名誉毀損  になる、とした判例があります。 3,例え事実であっても、公務員の資質に関係の無い  事実は含まれない、とするのが判例です。  例えば、片手のない議員に対して、方手落ち、と  言うのは名誉毀損になり、これには判例があります。 ”次の行為は、まだ実際にはやってないのですが、もし仮にやったら、  名誉棄損罪とか侮辱罪などの犯罪か何かになるでしょうか?  民事上の責任はどうでしょうか?”     ↑ 以上、説明しましたように、やってみないと 解らない、という面があります。 やらない方が無難です。 なお、侮辱罪については事実を摘示しませんから 虚偽かどうかは問題になりません。 事実を摘示すれば名誉毀損になってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございました。 >なお、侮辱罪については事実を摘示しませんから 虚偽かどうかは問題になりません。 事実を摘示すれば名誉毀損になってしまいます。< この意味、少し不明ですが、摘示した事実が真実でも虚偽でもいずれでも、侮辱罪は成立する(たとえ名誉棄損が違法性阻却されても)ということでしょうか? しかし、そうだとすると、名誉棄損を刑法230条の2第3項で違法性阻却する趣旨が、没却されることになりませんか?

関連するQ&A

  • 侮辱罪の定義

    刑法第231条において「事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、抑留又は科料に処する。」と規定されておりますが、では例えば「この低学歴」といった暴言は侮辱罪に該当する言葉として成立しますか?また、そういう事を本人のいない数名の第三者の前で発言した場合、侮辱罪に問われますか?そもそも「公然」というのは何名程度を指して言うのでしょうか?長文になって誠に申し訳ございませんがどなたかお答え頂けますか?

  • 侮辱、名誉毀損

    マンション管理組合の理事に立候補しました。 総会での議案審議において私はある組合員(理事長派で私と意見衝突が多い)から、あられもない犯罪(窃盗)を指摘されました。 身に覚えがありませんから証拠を示せと迫りましたが一方的に言いまくられました。 私は参加者から疑いの目を向けられ、結果として理事になれませんでした。 理事長は疑いのある人には賛成できないとして議長委任票を反対に投票したからです。 刑法、民法で訴えたいと思っています。 調べてみると、 侮辱罪(刑法231条)は、「事実を摘示しないで」「公然と」、「人を侮辱した」場合に成立します。これに対し、名誉毀損罪(刑法230条)は、「事実の摘示によって」「公然と」「人の社会的評価を低下させるおそれのある行為をした」ことによって成立します。 「事実を摘示(てきじ)」(摘示とは示すことです)したかどうかによって名誉毀損罪か侮辱罪かが区別され、摘示がなければ侮辱罪、あれば名誉毀損罪ということになります。 私の場合は事実(真実)でないことを適示されたわけですので、刑法に該当しないようにも思えますが該当しますか。該当するとすれば231条ですか230条ですか。 民法で名誉棄損、侮辱、に対する金銭要求できますか。

  • 侮辱罪 名誉棄損にあたるのでしょうか?

    私は心を病み、クリニックに通院しているものです。マンションに住んでいるのですが、それをかまをかけられて隣の住人に知られてしまいました。 それ以来嫌がらせが続いています。内壁をこんこん叩かれたり、買い物に行くとき外へ出しようとするときちがいと大声で叫ばれたりします。そのことをほかのマンションの住人に話したりされました。文句を言いに行きましたが、嫌がらせなどしていないととぼけられました。 しかし現実として2度あっていますし被害妄想ではない事は証明できます。むこうがたぶんけん制したかったのでしょう。話しあいにも証人が必要だということで一度警察を呼ばれたことがあります。 しかし一方的にこちらが悪いような感じにとられてしまい。警官は向こうを立てるような発言をくりかえしていました。 その時危害を与えられるんじゃないかと不安だ保健所や警察に行ったが誰も助けてくれない。私がベランダから相手の部屋に侵入するかもしれないときめつけ、やりもしないのにとなりにそんなやつが住んでいることが残念だ。せっかくマンションを買ったのにといわれたりしました。 警察も信用できないし、証拠を取って訴えられるなら訴えたいのですが、侮辱罪 名誉棄損にあたるのでしょうか?費用はどのくらい掛かるのでしょうか?教えてください。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

回答じゃないので恐縮ですが、なぜブログや掲示板? 犯罪であれば警察、告発であれば該当部署へ通すのが筋かと思います。 もしどうしても掲示したいなら、同様の問題を扱っている有名ブロガーに匿名でメールするなんてことでもいいかも。 法律的にどこまでやってよいか分かっているでしょうし、貴重な意見が聞けるかも知れません。 場合によっては、あなたに代わって掲載してくれる可能性もあります(私ならこちらを選びます)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.4
noname#195579

信用棄損罪は、信用を失墜させた罰とでも言える危険なものなので 公務員の個人名を出すときは情報自体の証拠を集めるべです。 名誉棄損は複数の人間に知られる危険がある環境での犯罪ですから。 真実か嘘かは問わないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

>なお、侮辱罪については事実を摘示しませんから 虚偽かどうかは問題になりません。 事実を摘示すれば名誉毀損になってしまいます。< この意味、少し不明ですが、摘示した事実が真実でも虚偽でもいずれでも、 侮辱罪は成立する(たとえ名誉棄損が違法性阻却されても)ということでしょうか? しかし、そうだとすると、名誉棄損を刑法230条の2第3項で違法性阻却する趣旨が、 没却されることになりませんか?     ↑ 名誉毀損と侮辱罪の区別については諸説ありますが、 判例通説は、事実を摘示すれば名誉毀損に、 摘示しない場合は侮辱罪になる、としています。 だから、事実を摘示しない侮辱罪については、事実が 虚偽だったかどうかは問題にならないわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の、また重ねてのご回答、ありがとうございました。 事実摘示があった場合は、名誉棄損だけが問題となり、侮辱罪は問題にならない、ということですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#195579

侮辱罪には虚偽なけば成立しません。 名誉毀損は公益のための証明があれば罰せられないので事実だという。 名誉毀損にもあてはまりません。 信用毀損罪があって個人相手の 攻撃は当てはまる危険があるのでご注意を

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。 >信用毀損罪があって個人相手の 攻撃は当てはまる危険があるのでご注意を< 信用棄損罪を見ました(刑法233条)。「虚偽の風説」とあるので、事実だけでなく意見表明した意見が「虚偽というか誤り」だったら、つまり私がブログなどで書いた「公務員の・・・氏が・・・した行為は・・・なので不正である。」という意見が「誤り」だったら、信用棄損罪になるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 侮辱罪での検挙基準について

    先日、法律の勉強をしていて刑法230条?に侮辱罪なる条文があることを知りました。つまり、公然と他人を「馬鹿」「アホ」「ブス」などと人格を否定する言葉を投げ掛ける行為が該当するようなのですが、そんなものは多くの人が日常茶飯事的に公然として行っている行為であると思われるのに、検挙率が低いのは何故なのでしょうか?勿論、侮辱罪が親告罪で告訴がなければ検挙に踏み切ることができないというのは百も承知なのですが、たとえ仮に被害者から告訴されたところで受理され、検挙されてしまうものなのでしょうか?  私もつい先日、2ちゃんねる内において元会社の同僚を「○○、三流大学の癖して生意気だぞ!」と罵ってしまいましたが、仮に罵られた本人が告訴したとして、受理され検挙される可能性というのはありますか? どなたかその道にお詳しい達人の方、明解なご教授願います。

  • これって侮辱罪にあたらないのかな?

    二週間前に私はとあるトラブルになりました。 それというのは、私が自転車で狭い歩道を走行中そこにバス停がありその時刻表を見ているおじさんがいました。そのおじさんがどかない限り私は走行することができないぐらい細い歩道でしたが、私はその方にベルを鳴らしたり、「どいてください」などの何も言わずに相手がどくのを待っていました。 で、しばらくたつとその方がどいたので私は進もうとしましたが、そうするとその方から 「歩道を自転車で通ったらダメだろ」と怒鳴られてしまいました。 だから、私は 「道路交通法が改正になって歩道を通ってもいいってなっていますよね」 と言うと相手方が 「おまえは何も知らないのか」 「おまえは馬鹿か」 と怒鳴られらちがあかないので警察を呼び警察の方に状況を話、警察の方が道路交通法を調べ、そのおじさんに説明をされましたが、その方は納得されていないようでもめていました。 で、そのあと謝ってきましたがその時の謝り方というのが全然反省がなく、私は納得がいかないですし、馬鹿と言われたことで、名誉棄損あるいは侮辱罪にあたるため私は法的手段を取り、慰謝料を請求したいので相手の名前と住所を聞きましたが、教えていただけなく話が進まなかったので、私からの提案で交番に行って話をすることにしました。 最初はその男性が別室に連れて行かれ警察官の方と話されていましたが、そこでもまだ、道路交通法の話をしており反省していない行動が受け取れました。 そのあと、警察官の方をはさんでその男性と話をしました。 その際にもその方は机に手をつき 「すいませんでした」 と言われましたが私は 「そういう謝り方ではないですよね」 と言いました。 そこで、私は言いました。 「もともとモラルの問題ではないんですか」 と、言うと相手は 「私がいることに気付かなかった」 と言われましたが、私は 「それはそれでいいじゃないですか。それでそのあと通る際に文句を言う必要があるのですか」 と言いました。 「私はあなたがどくのを待って、どいたから通ろうとして文句を言われているわけでしょう。私はあなたに危害を加えるようなことを言ったりしたりしてないのに、なぜそんなことを言われないといけないのでしょうか。」 と言いましたが相手は無言のまま。 そこで、私が 「人間というものは100%の人間はいないから」 というと 「自分はこれからちゃんとしていきます」 と言われました。ですので私が道路交通法が改正されて自転車は左側を行かないといけなくなったので 「じゃあ、家から出て本当は右に行かないといけないのでそれをわざわざ左に行って信号機まで行き、信号を渡って左を行かれるんですか」 と質問をすると 「私はちゃんとそうしますから」 と言われました。 やっぱりこの人は反省をしていない。それに自分がちゃんとしているからと言って、通りがかりの人に因縁をつけていいわけではないですよね。 そこをきちんと言葉にして反省しないと、今度私が右側の歩道を自転車で走行をしていたら絶対に道路交通法だのなんだのと言ってくると思って、民事で訴えようと思い、名前と住所をお聞きしましたが、教えていただけませんでした。 そこで警察官の方が「なぜ住所と名前を教えないんですか」と聞かれました。 そうするとその相手方は 「それを教えると僕が刺されますから」 と言いました。 私はそこで 「私今、犯罪者にされていますよね。それに本当に犯罪を起こそうと思っているのであれば警察官の前で住所と名前を聞かないでしょう。あなたに何かあれば一番に疑われるのは私ですし、こんなことで犯罪を犯すほど私は馬鹿ではないです」 と言いました。 そのあとに、警察官の方が 「もしそうなったらあなたが訴えたらいいじゃないですか」 という言葉に相手がかえした言葉は 「刺されたら、もう、死んでますから」 と言われました。これって私、完全に犯罪者にされているわけですよね。 この内容をふまえ、侮辱罪や名誉棄損罪にならないのでしょうか。 この話を第三者が聞いて、普通の人だったらそんなこと言わないでしょうと、思っている人も多いと思いますがこれは事実です。 よきアドバイスがありましたらよろしくお願いいたします。

  • 侮辱 強要 名誉棄損罪について・・・

     私が、日々学校生活で感じるのが、 「侮辱」 「強要」 「名誉棄損」 という刑法に反した行為を大勢の前で平然と行う人間に対して処罰(刑事的)をすることができるのかが気になります。  いずれも、立派な犯罪ですよね? 刑事責任能力を負える年齢の学生に対し、証拠と言える物 を警察に被害届 を出した場合受理 そして処罰の対象となるのでしょうか?   侮辱 名誉毀損 などについての証拠として 「音声を録音する」 と「目撃証言」 だけで 証拠となり得るのでしょうか?  

  • 公務員の名誉は、どうして保障されないでしょうか?

    公務員の名誉は、どうして保障されないでしょうか? 公益に係る事実ないし真実だと思える事であれば、当該公務員の実名を挙げ公表しても名誉毀損罪は免責されます。しかしながら、公務員は、公人であると同時に一般市民でもあります。 仮に、上記、公益・事実に基づいて当該公務員が実名を公表されても、なんら対抗手段がないとすれば・公務員の負担が大き過ぎると思います。何か、これに対抗するような法律はあるでしょうか。以下、法文参照のこと。 (名誉毀損) 第230条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。 2 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。 (公共の利害に関する場合の特例) 第230条の2 前条第1項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。 3 前条第1項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

  • 名誉毀損罪、侮辱罪の成立について

    はじめまして。 最近、法律を趣味で学ぶにあたり、よくこのサイト内で検索をかけて閲覧しています。 一応検索したものの、わからないことがあったので、質問させてください。 (1)刑法230条でいう「公然」というのは、「不特定又は多数」ということだそうですが、そこで摘示した内容が他者を通じて伝播する恐れがあるというだけで、「公然と」の要件は満たすのでしょうか? そうだとすれば、守秘義務のある者同士である会議等でない限り、たとえば一対一、若しくは一対複数の日常の世間話などで、ある特定の人物の評価を落とすような発言をしたら、かなり広く名誉毀損罪は成立するのでしょうか? (2)名誉毀損罪が成立するためには、実際に社会的評価を低下させたという結果は必要でないらしいですが、結果が発生していない状況で結果が発生する恐れがあるというのは、どのようにして判断されるのでしょうか? たとえば、ある人を名指しで公然と、 ・煙草を吸うから口が臭い ・鼻糞を食べるから気持ち悪い ・過去にグレていたから短気だ ・結婚してから○○キロ太って、だらしがない 等という、いわゆる具体的な事実も含めた悪口、陰口の場合には、社会的評価を落とす事実として根拠が薄いから、本罪は成立しないのでしょうか? 本サイトで、以前「あいつは馬鹿だ」と公然と言うのは侮辱罪、「あいつは試験で0点だったから馬鹿だ」と言うのは名誉毀損罪という記述を目にしたことがあるのですが、「馬鹿」ということと社会的評価を下げる恐れがあることの因果関係があるかどうかというのは、結果が発生しない状況でどうやって判断されるのでしょうか? (3)名誉毀損罪と同じく、侮辱罪も社会的評価を下げる恐れがあるような侮辱を公然とした者に適用されるそうですが、侮辱罪の成立に必要なだけの侮辱というのは、どういうものでしょうか? (2)で、単に馬鹿ということが侮辱罪になるらしいということを書きましたが、最近「おバカタレント」という表現からもわかるように、一種の個性に過ぎないという考えが広まりつつあります。 この条文における「侮辱」というのが、あくまである言葉の辞書的な意味によって侮辱とするのか、世相や状況によって侮辱ととれるもののみ侮辱とするのかがわかりません。 (4)(3)と関係するものですが、侮辱される対象の社会的地位等によって、侮辱と見なされるかどうかの判断は変わるのでしょうか? たとえば、一般に基礎学力が必要とされる者(教師、医師、弁護士、学者、大学生等)を名指しで「頭が悪い」、「馬鹿」等と言うことと、一般に肉体を使って働く職に就く者(プロのスポーツ選手、とび職、各種運転手等)を名指しで「頭が悪い」、「馬鹿」等と言うこととで、社会的な評価が下げられる可能性というものは変わってくると見なされるのでしょうか? (5)判例で、「デブ」と言うことが侮辱罪に当たるとしたものがあるらしいですが、太っていることを指摘することが社会的評価を落とすという根拠を教えてください。 身体の特徴を示す「デブ」という言葉が侮辱に当たるというのは、判決が「デブは悪いこと」と言っているように思えて仕方ありません。 他にも、私は世間と見方が違うのか、馬鹿が悪いことだとは思いませんし、ブサイクも本人の個性の一つでしかないと思ってしまうのですが、判決はあくまで世間一般にどういう評価が為されるか、ということに着目しているでしょうか? 逆に、「ヤセ」、「ガリガリ」、「ガリ勉」、「顔が綺麗すぎる」、「性格がよすぎて騙されやすい」等といった言葉は侮辱に当たらないのでしょうか? (6)名誉毀損罪の2項には、公共の利害に関する事実の摘示は名誉毀損罪に当たらない(事実が真実である場合のみ)とされていますが、「公共の利害に関する事実」というのは、どうやって判断されるのでしょうか? マスコミが影響力のある人物の真実の内容を報道する件についてはわかりやすいのですが、では塾の講師が生徒に「この問題集は、解説が不明確でわかりにくいから買わない方がいいぞ」と言った場合は、どうなるのでしょうか? 公共の利害に当たるから違法性がないのか、生徒の勉強をはかどらせるための正当な業務に当たるから違法性がないのか、それとも違法になるのかがわかりません。 (7)個人が数人に対して、若しくは公園等の不特定の人に聞こえる場で、「あの人の授業わかりにくいよな~」ということを言った場合、名誉毀損罪に当たるのでしょうか? (6)や(7)まで規制すると、言論の自由が制限されてしまう気がするのですが、どうなのでしょうか? 非常に長くなり、申し訳ありません。 本当は業務妨害罪、強要罪についてもお聞きしたいのですが、あまりに長くなるため、質問を分けさせていただきます。 どれか一つについてでも構いませんので、お答えをいただければ幸いです。

  • 掲示板での名誉毀損罪・侮辱罪について

    はじめまして、宜しくお願いします。 相談とかではないのですが、少し疑問に思った事を質問させて下さい。 掲示板上での名誉毀損罪や侮辱罪については「被害者側の個人情報を掲示されていない限り、法的措置は極めて困難」というイメージが私にはありました。 しかし、ヤフーのあるカテゴリーのトピックにおいて、この様な論議で訴訟を起こそうという方がおられます。 「確かに個人情報が出ていないので侮辱罪は適応されないと思われがちだが、○○○というハンドルと存在は3年以上に渡り、掲示板で使われてきて、もはや一人の存在として少なくとも他のHNよりは知られている。」 原文を少し引用させていただきましたが・・・3年以上使われてきたHNには、個人情報と同じ価値があるのでしょうか? ※この方が投稿されている掲示板は結構荒れてますし、この方自身もかなりの誹謗中傷を受けておられます。 ※この方の告訴される内容は侮辱罪です。 ※この方が3年以上使ってこられたHNは、現在は削除されて別のHNを使っておられます。 ※以前のHNを消した理由は侮辱行為とは関係ないと思われます。 ※HNを変えた現在においても、知っている方は知っているという、掲示板では中々、顔の広い方です。 今まで、民事訴訟でHNが個人情報に値する、した、とした例はあるのでしょうか? ちなみに、この方は相手を口頭弁論まで持込むのは確実で、200万近い慰謝料・裁判費用を相手側に請求できる可能性は十分だと豪語されておられるのですが・・・ どんな意見でもかまいませんので、ご返答の方宜しくお願い致します。

  • 名誉棄損における、真実性・相当性の抗弁とは

    名誉棄損における、真実性・相当性の抗弁とは 概要 名誉棄損罪における真実性・相当性の抗弁は具体的にどのような証拠を挙げればいいでしょうか? 詳細 名誉棄損罪においては、真実性・相当性の抗弁、というのが認められています。 以下、ウィキペディアから引用 日本においては、真実性の抗弁・相当性の抗弁が、判例により又は条文上認められている[9]。 真実性の抗弁とは、問題とされている表現行為が、たとえある人の社会的評価を低下させるものであるとしても、公共の利害に関する事実を摘示するものであって(公共性)、その目的が専ら公益を図ることにある場合に(公益性)、摘示した事実が真実に合致するならば(真実性)、名誉毀損の成立を認めない、とする考え方である。 1.摘示した事実が公共の利害に関する事実であること(公共性) 2.その事実を摘示した目的が公益を図ることにあること(公益性) 3.摘示した事実が真実に合致すること(真実性) 相当性の抗弁とは、問題とされている表現行為が、たとえある人の社会的評価を低下させ、真実にも合致しない場合であっても、公共の利害に関する事実を摘示するものであって(公共性)、その目的が専ら公益を図ることにあるときに(公益性)、摘示した事実が真実であると信じるに足りる相当な理由があるならば(相当の理由)、名誉毀損の成立を認めない、とする考え方である。 1.摘示した事実が公共の利害に関する事実であること(公共性) 2.その事実を摘示した目的が公益を図ることにあること(公益性) 3.摘示した事実が真実に合致すると信じるに足りることが相当といえるだけの理由があること(相当の理由) 引用終了 この真実性の抗弁、相当性の抗弁とは、何をどのように指すものか、具体的にな事例を教えてください。 例えば、匿名の投書などに書かれた特定人物A氏の犯罪行為などを、公にした場合(ネットにアップする、雑誌などに掲載する)、 A氏側から名誉毀損で訴えられたとします。 記者が「相当性の抗弁」を行使したい場合、何をどのようにして提示すれば、裁判所は納得してくれるのでしょうか? 「投書した相手と面談して、事件内容を詳細に取材し、自分でも裏付け取材しました。裏付けの証拠はこれこれこういうものです」と自分で取材した結果を示せばいいでしょうか? 「複数の人物からほぼ同様の投稿がありました。それぞれの投稿者は互いに面識はないにも関わらず複数の投稿者からほぼ同時に同内容の投稿があることで、真実であると確信しました」でしょうか? 「裏付けはありません。投稿者の身元も確認してはいません。長年の取材経験から、この投書の内容は真実であると確信しました。記者歴20年の経験は間違いありません!」でしょうか? それとも、法廷で裁判官が記者を観察して、醸し出す雰囲気や喋り口調や、迫真の演技、などから判断するのでしょうか? 具体的にこれこれこういう証拠を提示したら、 「信じるに足る相当の理由としてもよい」 「信じるに足る相当の理由と認めざるを得ない」 という裁判所側のガイドラインとか過去事例はあるのでしょうか? 法知識のある方、お願いします。

  • 名誉毀損罪と侮辱罪について

    知人が悩んでいるのでお聞きします。 知人が某SNSでこのようなニュアンスの日記を書き悩んでます。 内容は嫌いな人や嘘つきな人はお友達解除します。 との内容である方をお友達より解除しました。 もちろん~~とは一言も言っていません。 (貴方が嫌いだ個人を特定していません。) そしたら 以下の内容のメッセが送られてきたそうです。 あんなに誹謗中傷を書いて友達消されたの僕だったんですね これからのあなたの人生の為に言いますがインターネット等の不特定多数の者が閲覧できる場所で個人を誹謗中傷すると罪になります これは立派な犯罪として運営会社に連絡すると共にあなたを刑法・民法両方を適用させ起訴します 名誉毀損罪( 刑法230条 ) 3年以下の 懲役若しくは 禁錮 または50万円以下の罰金である。 侮辱罪( 刑法231条) 事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することによって成立する罪の両方違反で略式起訴したいと思います 顧問弁護士がいたら氏名の公表をお願いします 人生勉強だと思ってきちんとした生活して下さい XXXXXXXXXX(送信者の会社名) XXXX(送信者の本名) 顧問弁護士 ●●県弁護士会 弁護士名記載 再度確認の為記載しますが個人を特定はしていません。 このメッセージはサイトを通じて送られてきました。 先方は業務上弁護士の方とお付き合い(契約)があります。 私は (1)反対にこの文言は恐喝になるのでは?(示談に持ち込みお金を巻き上げようとしているのでは?) (2)送信者本人が弁護士の名を語って勝手に送信したのでは? (3)弁護士の先生がこのような案件を全て面倒見ていたら手が回らないのでは? と思いますが・・・ 本人にしたらやはり真剣に悩んでいます。 この場合事実確認と対応どのようにしたら宜しいのでしょうか? ちなみに先方は男性で悩んでいるのは女性です。 宜しくお願いします。

  • 死者の名誉毀損に該当しますか?

    刑法230条2項 「死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示 することによってした場合でなければ罰しない。」 こう条文には明記されますが、ある故芸能人の 噂話などで「死ぬ前風呂に入らなかったっぽい」 などと電子掲示板に書き込んだ場合、これは名誉 毀損に該当しますか?

  • この生徒は侮辱罪に当たりませんか?

    「ハゲ」と言われ平手打ち 神奈川の教諭、生徒16人に神奈川県小田原市教育委員会は2日、市立中学の50代の男性教諭が生徒から「死ね」「ハゲ」などと暴言を吐かれたことをきっかけに2年生の男子生徒16人を平手打ちする体罰があったと発表した。教諭は生徒や保護者に謝罪、当分の間は教壇に立たないという。  市教委によると、1日午後の数学の授業に男子生徒らが遅れてきたため、教諭は「早く入れ」と促したが、複数の男子生徒が「うるせえ」「ばか」などと言い、笑い声も起きた。教諭は発言した生徒を問いただしたが名乗り出ないため、遅れてきた男子生徒16人全員を廊下に正座させた。再度、ただしたが名乗り出る生徒はなく、教諭は「卑怯(ひきょう)じゃないか」と、16人全員を平手打ちしたという。  授業の後、教諭が自ら校長に報告した。「体罰がこれだけ報道されているのに申し訳ない」と反省しているという。教諭はこれまでも生徒から「ハゲ」などと言われることがあり、「差別はいけない。言ったことの責任を持たなければならない」と諭していたという。 http://www.asahi.com/national/update/0202/TKY201302020238.html?tr=pc という記事がありましたが、侮辱した生徒は侮辱罪(刑法231条・親告罪ですが)に当たらないのでしょうか? もし犯罪行為であれば、そのような観点を抜きにして安易に生徒及び保護者に謝罪する行為は、本当の教育的観点から逸脱しているようにしか思われません。それに、この件で教委がその教諭を処分するとなれば更に納得できません。 宜しくお願いします。