• ベストアンサー
  • 困ってます

名誉毀損などになるでしょうか

刑法に次のようにあります。 (名誉毀損) 第二百三十条  公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 (公共の利害に関する場合の特例) 第二百三十条の二  前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 某省所管のある国家試験があって、その過去問題と次の(1)とがその国家試験の実施者によってインターネット上に公開されているとします。 その試験の実施者以外の者(以下、これを「著者」と言います。)が次の(a)、(b)の行為を行った場合、これらの行為は、上記第230条と第230条の2のどちらに該当する可能性が高いでしょうか。つまり、その国家試験の実施者がその著者を告訴した場合は、その著者は前科一般になる可能性がありますか。また、その法的根拠は何でしょうか。 (1)その過去問題についての、その試験の実施者が正しいと考える解答(つまり、その国家試験がそれに基づいて採点されて、その試験の合格者が既に確定した解答)。 (2)その過去問題についての、著者が正しいと考える解答。 ※(2)は(1)とは異なるとします。 (a)著者が、その過去問題の解答集(過去問題を引用し、併せて(2)とその解説を記述したもの)を印刷し、印刷した書籍を営利目的で有償で販売する行為。 (b)著者が、上記(a)の書籍の販売促進のために、(a)の書籍の一部(引用した過去問題と(2) とその解説を含む)をインターネット上に公開する行為。 ただし、(a)、(b)とも、純粋に過去問題の引用、(2)とその解説の記述だけにとどめ、その過去問題の実施者又はその過去問題自体について批判めいたことは金輪際、一切書かないとします。 また、その過去問題を(a)、(b)で引用、公開することについてはその国家試験の実施者に事前に了解を取ってあるとします(つまり、著作権法に言う複製権(第21条)の侵害、公衆送信可能化権(第23条)の侵害、のいずれも該当しないとします)。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数194
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • n_kamyi
  • ベストアンサー率26% (1824/6765)

回答による見解の相違なので、名誉毀損にはならないでしょう。 著作権さえ問題なければ、とくに気にする必要はないですね。 ただ、試験の実施者が了解するとは思えないので、現実的な話ではないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございました。

関連するQ&A

  • 正解の公開は、名誉毀損罪、公然侮辱罪になりますか

    刑法に次のようにあります。 (名誉毀損) 第二百三十条  公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 (侮辱) 第二百三十一条  事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。 某省所管のある国家試験があって、その過去問題とその解答である次の(1)がその試験の実施者によってインターネット上に公開されているとします。 (1)その試験の実施者が正しいと考える解答(つまり、その国家試験がそれに基づいて採点されて、その試験の合格者が既に確定した解答)。 その試験の実施者以外の者(以下、これを「受験者」と言います。)が、(1)は正しくないと思ったときに、次の(2)をインターネット上に公開する行為は上記2つの条のいずれかに該当しますか。つまり、その国家試験の実施者がその受験者を告訴した場合は、その受験者は前科一般になる可能性がありますか。また、もし該当しないならば、その法的根拠は何でしょうか。 (2)その国家試験の問題についての、その受験者が正しいと考える解答。 ただし、(2)を公開するに当たっては純粋に問題文の掲示と解答の解説だけにとどめ、その国家試験の実施者又はその国家試験について批判めいたことは金輪際、一切書かないとします。 また、その国家試験の問題をインターネットに公開することについてはその試験の実施者に事前に了解を取ってある(つまり、著作権法に言う公衆送信可能化権の侵害はない)とします。 ただし、(2)をインターネットに公開することについてはその試験の実施者に事前に了解を取ってないとします。取ってないのは、取ろうとするとその試験の実施者が「(2)をインターネットに公開するのなら、(解答ではなく)問題文をインターネットに公開すること自体をそもそも許可しない。」のようなことを言い出すことが懸念されるからです。

  • 私人による“指名手配”は名誉毀損になるのか?

    『この女に注意!』と呼びかけた上で、 ネットで詐欺女の個人情報を公開した男が、 名誉毀損で逮捕されました。 詐欺女の犯罪行為が事実であっても、 名誉毀損が成立するのでしょうか?     *** 名誉毀損容疑で逮捕された男Aは、 女Bに30万円を騙し取られたとのことです。 その後、男Aはインターネット上で、 女Bの個人情報を公開したようです。 当該ウェブページでは、 『この女に注意!』というタイトルが付けられ、 女Bの氏名と顔写真が掲載された模様です。 ところが、刑法230条の規定によると、 『専ら公益を図る目的』での行動であれば、 名誉毀損罪には問われないことになっています。 被害の拡大を食い止めるためにも、 この情報公開は公益に資すると考えられます。 それにも関わらず、男Aが逮捕されてしまったのは、 一体なぜなのでしょうか? 以下の両者を比べ、損害の程度が釣り合わないと、 司法機関によって判断されたためでしょうか? ・女Bによる詐欺行為で、男Aが被った金銭的損害。 ・男Aによる情報公開で、女Bが被った社会的損害。 それとも、司法当局には、 一般市民による犯罪追求を認めたがらない、 何らかの理由があるからなのでしょうか?

  • 氏名非公表の不正を氏名付であばくのは名誉毀損?

    このブログでは琉球大学で起きた研究不正について公表しています。 http://blog.goo.ne.jp/naoki_mori この事件はすでに大学が調査済みで、不正行為者の氏名・顔写真を非公開にして事実を公開し、処分も決定済みでした。 しかし、このブログは大学の調査・処分発表後にこのブログで不正行為者の氏名、顔写真、不正の詳細を公表しています。これは名誉毀損罪になるのでしょうか? 名誉毀損罪(刑法230条1項)は公然と事実を摘示して、名誉を毀損することで成立しますが、このブログはこれを満たしています。しかし、230条の2、1項の違法性阻却規定(通説の見解)では公表行為 が公共の利害に関する事実でかつ(2)専ら公益を図る目的で、かつ(3)真実であることの証明があったとき無罪になります。 このブログは(3)は満たすのでしょうが、(1)(2)を満たすのか疑問です。 なぜなら、すでに不正の詳細は大学が発表しているので、このブログが改めて不正を公表する意味は不正行為者の氏名と顔写真をあばく程度の意味しかなく、(1)(2)を満たすと思えません。むしろ、嫌がらせが主目的に見えます。 確かに、大学の公表よりブログの方が具体的かつ詳細で、不正の概要はよくわかりますが、そういう点があれば(1)(2)は満たすのでしょうか。 要するに氏名・顔写真付で改めて詳細に不正をあばくことが(1)(2)を満たすのかどうかわからず、名誉毀損になるか判断できないので、質問しました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

ならないね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございました。

関連するQ&A

  • 被害者による加害者の氏名公表も名誉毀損になるのですか?

    詐欺女に金を騙し取られた男性が、 逃亡したこの女の氏名と顔写真を インターネット上で公開してところ、 名誉毀損容疑で警察に逮捕されました。 確実な犯罪の証拠を持つ被害者であっても、 容疑者の氏名を不特定多数に公表すると 名誉毀損罪に問われるのでしょうか? その一方で、ある講演会の主催者が、 受付の女性から現金を脅し取った 女子大生らの氏名をネット上で公表しましたが、 このケースでは何も法的問題が起きていません。 上記とは対称的に、この講演会主催者の行為が 名誉毀損とされないのはなぜなのでしょうか?

  • 2005年管理栄養士国家試験

    3月27日(日)に実施した管理栄養士国家試験の解答を知りたいのですが・・

  • 民間企業とのやり取り録音公開は名誉毀損?!

    ひどい対応の保険会社について(明らかに法律逸脱)、 通話録音をネットで公開しようと考えたことがあります。 ところが社名が入ったまま編集なしで流すと、 名誉毀損罪に問われる可能性があると専門家から指摘を受けました。 ※日本の名誉毀損罪は真実かつ違法行為の公開でも成立する。 公営企業(水道・ガス)の場合は、 刑法230条2の3項により意図的に悪意ある編集などをして 真実をねじ曲げない限り問題ないとのことでした。 この法解釈は本当に正しいのでしょうか? コールセンターの話ではありませんが、 本当ならば、仙台市や松山市(仙台市ガス局・松山市ガス局)のように 自治体がガス事業を行っている場合は、 市民は担当者(公務員)の対応に問題があった場合に やりとりの録音を公開しても問題ないのに、 札幌市(北海道ガス)のように私人たる民間企業が ガス事業を行っている場合、 市民が同様の事をすると名誉毀損罪に問われる 可能性が遥かに高くなります。 (少なくとも2の3項は適用されない。 相手が私人の場合、残された救済手段は 「公共の利害」に関する事実であると認定されることのみ。 この要件を満たすのはハードルが高い。) 市民はガス事業者を選択できません。 (保険会社は少し事情が違うかも知れないが・・・。) これが「法の下の平等」に反しないということが、 一体どう説明されるのでしょうか?

  • 著作権について教えてください。

    今、ホームページである国家試験の対策サイトを作成中なのですが、著作権についてたずねます。 もし、その国家試験の過去問題などをホームページで掲載したりしたら著作権法違反になるのでしょうか?普通に国家試験の過去問題などでしたら書店で販売されていますし、何も気にしないでホームページ上に載せようと思っています。現にインターネット上で探したら私と同じように過去問題を掲載しているサイトも多くありますので、そのようなサイトも著作権法違反に当たるわけになりますよね。 まず、国家試験の過去問題を載せたら著作権法違反になるのか? それとならない為にはどうしたら良いのかアドバイスをお願いします。

  • 時効後に、淫行した元教師について書き込みするのは名誉毀損になりますか?

    友人女性から最近告白された件についての質問です。 彼女は22年前、 15歳の時に、当時の中学校の教師と体の関係を持ちました。 彼女は教師から誘惑され、合意の上で2年ほど関係を続けました。 現在、彼女は他の男性と結婚し、家庭を持っていますが、 過去の自分の行いを反省し、とても後悔しています。 相手の教師は既に退職していますが、 私は当時の彼の行いを許すことが出来ません。 ですが、なにぶん22年も前の出来事。 刑事的な時効はとっくに過ぎています。 でも私は、このような教師が何もお咎めなく、退職金も満額支給され、 平然と余生を過ごしているのが納得できません。 せめて彼の行いを世間に知らしめ、少しでも社会的制裁を受けて欲しいと思うのです。 そこで、掲示板での書き込みのほか、 機会があれば、彼に罪を認めさせた様子を撮影し、 ネットで公開することで、世間に知らしめたいとも考えました。 ですが、このような行為は、やはり名誉毀損の対象となるでしょうか。 刑法230条の2第1項でいう、 「公共の利害に関する事実に関係することを、  専ら公益目的で摘示した結果、名誉を毀損するに至った場合には、  その事実が真実であると証明できた場合は処罰されない」 は適用されないでしょうか?

  • 国家試験の解答に疑問があるとき

    国家試験の解答に疑問があります!!! 解答に対する説明などは、問い合わせ先などで教えて頂けないようなんですが、この場合疑問点等をどのようにすると説明してもらえるんでしょうか? また、どのようにすると不適切問題(解答)であることを伝えられるのでしょうか?? 2次試験の日にちが迫っているので申し訳ありませんがどなたか至急教えてください。

  • 今年の9月4日・5日で実施された国家試験とはなんでしょうか。

    今年の9月4日・5日で実施された国家試験とはなんでしょうか。 両日とも朝から晩までの長丁場の試験のようです。

  • 名誉毀損阻却の公務員~JRやJP社員は含まない?

    犯罪歴や不祥事などの事実は、被害を被った者が真実性の証明を伴って公開した場合であっても、公開された相手側の告訴があれば、名誉毀損罪が成立します。 しかし、公務員に関する事項は、真実性の証明があれば処罰されません。(刑法230条‐2の3項) ここでいう公務員には、公選の議員や行政職員など(いわゆる官僚、官吏など権力行政を行う者)が含まるのはもちろん、公営交通係員などの非権力現業(サービス義務)に従事する者、今はなき公共企業体職員(旧三公社職員)も含まれるとされます。 ところが、民営化後のJR各社や日本郵政グループの社員については、(特殊会社職員たるJR三島旅客会社の社員や郵便事業会社の社員などで、特殊会社法で定める贈収賄規定に絡む事件の当事者や、みなし公務員規定により公務に従事するとみなされる職員で、当該みなし公務の業務に従事する間の者を除いては、)刑法230条でいう公務員には該当しない、つまり、不祥事が真実であっても、むやみに氏名や事実をインターネットで公開すると名誉毀損罪に問われる、と解する法律専門家がいました。 本当に、元公社組織で公益性の高いJR各社や日本郵政グループの社員でも、刑法230条の「公務員」からは除外されるのでしょうか? そうだとすれば、同じサービス業でありながら、都営交通職員に関する不祥事は公開しても罪に問われないのに、JR社員の不祥事は公開すると名誉毀損で逮捕されかねないことになります。 これが「法の下の平等」に反しないことを、プロの法律家はどう説明するのでしょうか? 例えば、道を尋ねた乗客に対し、イライラしたJR係員が暴行を働いた場合、そのような人の「お顔」写真をコッソリ拝借してインターネットで流した場合、名誉毀損でパクられる可能性はありますか? ※もっとも、(某宗教団体代表のような)社会的影響力のある立場にある私人の行為は、2の3項でいう公務員に該当しなくても、公共の利害に係る事項に該当するという観点から、名誉毀損には当たらないとする考えもありますが、ここではあくまで「2の3項」でいう「公務員」に当たるか否かという視点で質問します。

  • 97回保健師国家試験

    私は今日,97回保健師国家試験を受けてきました。 問題傾向が変わっていて とても難しかったです。 明後日には看護師の 国家試験があるのですが それまでには保健師の 答え合わせしたいのですが, どこか解答を出しているところはありませんか?? 教えてください。

  • キャリア官僚が煽り運転・当て逃げの映像を公開したら

    キャリア官僚が、プライベートで煽り運転や当て逃げに遭い、 証拠のドライブレコーダー映像をインターネット上で公開したら、 出世に影響は出るでしょうか? 一部の弁護士や大学教授は、そのような行為は私刑に当たり、 名誉毀損罪に問われる可能性があると解説しています。