• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

名誉毀損阻却の公務員~JRやJP社員は含まない?

犯罪歴や不祥事などの事実は、被害を被った者が真実性の証明を伴って公開した場合であっても、公開された相手側の告訴があれば、名誉毀損罪が成立します。 しかし、公務員に関する事項は、真実性の証明があれば処罰されません。(刑法230条‐2の3項) ここでいう公務員には、公選の議員や行政職員など(いわゆる官僚、官吏など権力行政を行う者)が含まるのはもちろん、公営交通係員などの非権力現業(サービス義務)に従事する者、今はなき公共企業体職員(旧三公社職員)も含まれるとされます。 ところが、民営化後のJR各社や日本郵政グループの社員については、(特殊会社職員たるJR三島旅客会社の社員や郵便事業会社の社員などで、特殊会社法で定める贈収賄規定に絡む事件の当事者や、みなし公務員規定により公務に従事するとみなされる職員で、当該みなし公務の業務に従事する間の者を除いては、)刑法230条でいう公務員には該当しない、つまり、不祥事が真実であっても、むやみに氏名や事実をインターネットで公開すると名誉毀損罪に問われる、と解する法律専門家がいました。 本当に、元公社組織で公益性の高いJR各社や日本郵政グループの社員でも、刑法230条の「公務員」からは除外されるのでしょうか? そうだとすれば、同じサービス業でありながら、都営交通職員に関する不祥事は公開しても罪に問われないのに、JR社員の不祥事は公開すると名誉毀損で逮捕されかねないことになります。 これが「法の下の平等」に反しないことを、プロの法律家はどう説明するのでしょうか? 例えば、道を尋ねた乗客に対し、イライラしたJR係員が暴行を働いた場合、そのような人の「お顔」写真をコッソリ拝借してインターネットで流した場合、名誉毀損でパクられる可能性はありますか? ※もっとも、(某宗教団体代表のような)社会的影響力のある立場にある私人の行為は、2の3項でいう公務員に該当しなくても、公共の利害に係る事項に該当するという観点から、名誉毀損には当たらないとする考えもありますが、ここではあくまで「2の3項」でいう「公務員」に当たるか否かという視点で質問します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数829
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>そうだとすれば、同じサービス業でありながら、都営交通職員に関する不祥事は公開しても罪に問われないのに、 >JR社員の不祥事は公開すると名誉毀損で逮捕されかねないことになります。 >これが「法の下の平等」に反しないことを、プロの法律家はどう説明するのでしょうか? 意味不明。それ事実なら、公務員をクビになっているはずなので公務員でないはず。 >例えば、道を尋ねた乗客に対し、イライラしたJR係員が暴行を働いた場合、そのような人の「お顔」写真を >コッソリ拝借してインターネットで流した場合、名誉毀損でパクられる可能性はありますか? 「お顔」写真をコッソリ拝借は、場合により著作権違反ですが、そこは問わないとして。 また、暴行を働いたというのが真実として。(でないと質問の意味が無い。) 暴行を働いたなら、それは犯罪(傷害罪)。 ゆえに、本人が訴えた以上、230条の2により、公務員であるかにかかわらずアウト。 どうしてこんな例をあげるのかが問題。 公務員かどうかが問題となるのは、公益性のないもの(たとえば浮気)でしょう? それ以外を取り上げても、現行法では差がでないはず。 ヒラの公務員が浮気したとしてつるしあげていいか? まあ、NOでしょ?(純然な私事。) ヒラの公務員が業務でバカやったことをつるしあげていいか? こちらはYES。根拠は、国家公務員法(地方公務員法)違反だから。 fuss_min さんが問題にしているところは、本来ならこの手の問題(公務員のときの、公益に関係ないトラブル)だけです。 公益に関係あるトラブルは、それが真実であるなら、名誉毀損に該当しません。 (刑期を勤め上げた場合は別。社会復旧の傷害になる言動となるのでアウト。) ですから、名横毀損付近の刑法の文の問題点は、 公務員の場合、私事を暴かれても提訴できないが、JR社員は私事を暴かれた場合は提訴できる。 (それ以外:刑法の条文のどここかにひっかかる。) こうなります。 ゆえに、 公務員の場合、私事を暴かれても提訴できない。なぜ??? というならわかります。(まあ、地方公務員法37条が原因だと思う。私事にまで適用できるか記述ないけど。) でも、暴行という、明らかな犯罪行為に対してだからねえ。 刑法230条の2-2により、提示された事例については、公務員であるか否かにかかわらずアウト としかいいようがありません。 ※ヒラ公務員の私事をあばくとことについては、私はNG派です。でも、 >道を尋ねた乗客に対し、イライラしたJR係員が暴行を働いた場合 というのが勤務時間中であれば、私事とはみなさない派です。 個人責任なのか会社責任なのかは、どっちでもいいけど。 この意味で、 公務員の法令違反:個人が責任をとる。(要するに尻尾きり。) 会社:会社が責任を取る。個人に責任は及ばない。(社内制裁により、結局は尻尾切り。) であるので、株式会社の特定個人に対する攻撃は反則、特定公務員に対する攻撃は許容という意見です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • JR、JP社員は刑230条2の3が準用されますか?

    元公務員扱いの公社のためJR、JP社員の不祥事は公開しても、 真実であれば名誉毀損にならないと考えて差し支えないですか? 国土交通省の統計上もJRは民鉄 扱いとされていないこと、民営化後も共済組合員であることが根拠です。

  • 刑法230条(名誉毀損)における公務員の範囲とは?

    事実を公然と公開して他人の名誉を傷つけると、 公開者が当該事実の真実性を客観的に証明しても、 その事実が、(1)公共の利害に関する事実であり、 (2)公開の目的が専ら公益を図ることである、 という二条件を満たさない限りにおいては、 名誉毀損罪(親告罪)が成立し得ます。 しかし例外的に、公務員に関する事実に関しては、 当該事実が真実であることを証明さえすれば、 名誉毀損罪には問われないこととされています。 (刑法230条3項) 果たしてここでいう「公務員」とは、 どこまでの範囲を指すものなのでしょうか? 「公務員」には、公選による首長や議員はもちろんのこと、 一般行政事務職の公務員(官僚・官吏)のみならず、 いわゆる国営企業に携わる職員や、地方公営企業職員、 公共企業体(旧三公社)職員などの現業職員に加え、 みなし公務員をも含むと解するのが一般的です。 では、以下の各種職員については、 同条における「公務員」とみなされるのでしょうか? 【A】国立大学法人・公立大学法人の教員や事務職員 (→法人化後は職員の身分が非公務員) 【B】健康保険組合などの公法人(公共組織)の職員たる民間人 (→主務大臣による認可の下で一部公権力行使あり) 名誉毀損罪に詳しい先生方、教えてください。

  • 侮辱、名誉毀損

    マンション管理組合の理事に立候補しました。 総会での議案審議において私はある組合員(理事長派で私と意見衝突が多い)から、あられもない犯罪(窃盗)を指摘されました。 身に覚えがありませんから証拠を示せと迫りましたが一方的に言いまくられました。 私は参加者から疑いの目を向けられ、結果として理事になれませんでした。 理事長は疑いのある人には賛成できないとして議長委任票を反対に投票したからです。 刑法、民法で訴えたいと思っています。 調べてみると、 侮辱罪(刑法231条)は、「事実を摘示しないで」「公然と」、「人を侮辱した」場合に成立します。これに対し、名誉毀損罪(刑法230条)は、「事実の摘示によって」「公然と」「人の社会的評価を低下させるおそれのある行為をした」ことによって成立します。 「事実を摘示(てきじ)」(摘示とは示すことです)したかどうかによって名誉毀損罪か侮辱罪かが区別され、摘示がなければ侮辱罪、あれば名誉毀損罪ということになります。 私の場合は事実(真実)でないことを適示されたわけですので、刑法に該当しないようにも思えますが該当しますか。該当するとすれば231条ですか230条ですか。 民法で名誉棄損、侮辱、に対する金銭要求できますか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21832)

これは、学説の分かれている問題です。 ○甲説 ここに言う、公務員というのは7条の公務員 と同じだ、と考える説。 第7条 1.この法律において「公務員」とは、国又は地方公共団体の職員 その他法令により公務に従事する議員、委員その他の職員をいう。 2.この法律において「公務所」とは、 官公庁その他公務員が職務を行う所をいう。 ○乙説 そうではなく、この法の趣旨は憲法15条に基づくモノで 公務員の行動を国民の監視におこうとする ものだから、政治家とかに限定すべきだ、と する説。 甲説にたつ学者も、「関する事実」を限定的に 解して、名誉毀損の成立を広く認める傾向にあります。 私は、憲法15条の趣旨から、ここに言う公務員とは 政治家のような公務員であり、国民が不断に監視する 必要のある公務員と理解すべしと考えています。 そうでないと、質問者さんが指摘しているように 民間でもやっている業務を、たまたま 公務員としている場合との間で、均衡がとれないと 考えるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 私企業内の不祥事は、関係者が公開しても名誉毀損となる?!

    労災認定を受けた企業名を労働局が公開しないことは違法として、 夫を過労自殺で亡くした女性が裁判を起こしています。 この種の事例においては、労働局などには頼らずに、 遺族自らが該当の企業名をインターネット等を通じて 世間一般に公表してはいけないのでしょうか? 官公庁における不祥事については公益性が高いといえるため、 当該不祥事を関係者らが自発的に世間一般に公開しても、 名誉毀損には該当しないと一般的には考えられるようです。 しかしその一方で、当事者が民間会社(私企業)である場合、 職場内における不祥事を公開することに関しては、 官公庁の場合と比べて公益性が認められにくくなるそうです。 冒頭のような事例において、社員の遺族などが自らの手により、 社内における不祥事をむやみに公にした場合、 当該関係者が名誉毀損罪に問われる可能性もあるのでしょうか?

  • 社内不祥事を世間に晒すと名誉毀損になる?

    民間会社員は、自身の職場内における セクハラや不正行為の証拠をつかんだ場合でも、 その証拠をむやみに世間に公開すると 名誉毀損罪に問われるのでしょうか? (A) 公務員が勤めている官公庁における不祥事を 公然と摘示する行為 (B) 民間会社員が勤めている私企業における不祥事を 公然と摘示する行為 この両者間では、公開した不祥事の内容が同等であっても、 公益性の有無という観点から 名誉毀損罪の成否が異なる可能性はありますか?

  • 名誉毀損について

    Q1、「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態をいう(wikipediaより)、とあります。 公然性がないと刑法上の名誉毀損や侮辱罪は成立しないようですが、 民法上の名誉毀損罪は、その事実があれば電話や手紙による1対1の状況でも成立するのでしょうか? Q2,下記の事例ではどのような法律に違反する可能性があるのでしょうか? 例、自宅で自分のノートに、太郎(仮名)が次郎(仮名)の名誉毀損をする内容を書いた。 当然ですが、これだけでは名誉毀損にはなりません。 では、この後に太郎が、このノートを切り取り親展で封筒に入れ、太郎よりとまで書いて自宅の次郎宛に送りつけたとします。

  • 名誉毀損になるのでしょうか?

    名誉毀損について質問です。 名誉毀損には230条の2の3項において 「公務員又は公選による公務員の候補者」についての名誉毀損は「真実であることの証明があった場合」には処罰しない旨の規定があります。 そこで、質問なのですが (1)地方選挙への「立候補者、もしくは立候補予定者」についての「刑期を終えた過去の犯罪歴」を、その人を「落選させる目的」で公表もしくは噂を流した場合も名誉毀損とならないのでしょうか? また、 (2)落選させる意図はありつつも「自ら住む自治体のため」を思って、「犯罪歴」を公表もしくは噂を流した場合はどうでしょうか? (3)「処罰しない」という規定があるが、処罰しないだけで、実際には違法であり起訴だけはされたりするのではないか? など多くの疑問があります。 選挙においての立候補者の名誉毀損が、公益や市民のために何処まで許されるのか大変興味があります。 どうぞ、お知恵をお貸し下さい。

  • 名誉毀損について

    会社内で犯罪が多発して怪しいと思われる人物について数名の社員が社長に手紙を書いてだし後日話し合いをした 手紙の内容については細かく触れず 話し合いは終了。そのあと怪しい人物が名誉毀損で訴えると虐待をみたり 他人の私物を破棄したとこは確実に目撃者がいる 会社内で頻繁に事件が起こり社員も精神的苦痛に耐えられず手紙をだした 会社内を善くしたい願いからである これでも立ち上がった職員は名誉毀損にあたるのか

  • 不当解雇の社名公表が名誉毀損になるのはなぜ?

    ゲイであることをテレビに出て話したら、 母親が会社を解雇された、とテレビで訴える人がいました。 この場合、不当解雇の理由が、 息子が同性愛者であることが証明(真実性を証明)できれば、 一般人がネットなどで社名を公表しても問題ないのでしょうか? ある弁護士は、クビになった勤め先が官公庁の場合、 勤め先を公表しても名誉毀損にはならないが、 私企業の会社名をむやみに公表すると 名誉毀損に該当すると言っていました。 ※ただし、誰もが名前の知っているような、  公の利益に強い関連性を持つ大企業や特殊会社の場合には、  別扱いになる可能性もあり得るとも、この弁護士は補足した。 なぜこのような違いが生まれるのでしょうか? 公務員も会社員も被雇用者(サラリーマン)には違いないのに、 このような差異が出ることは、 「法の下の平等」に反しないのでしょうか?

  • 名誉毀損に該当する発言とは?

    ある有名掲示板「にちゃんねる」で連続児童殺傷という凶悪事件を起こした少年の風貌を「目が細く、 つり上がっていて・・・・・気持ち悪い」などとけなした場合、これは名誉毀損に該当するのでしょうか?  また、芸能人などの公人を気に入らないからという 理由で「性格が悪い」などと同じく掲示板でけなした 場合、こちらも名誉毀損に該当するのでしょうか?  刑法の条文を読んだのですがイマイチ名誉の範囲 が曖昧なため質問させていただきました。  誰かお答え出来る方いらっしゃいませんか?

  • 民間企業とのやり取り録音公開は名誉毀損?!

    ひどい対応の保険会社について(明らかに法律逸脱)、 通話録音をネットで公開しようと考えたことがあります。 ところが社名が入ったまま編集なしで流すと、 名誉毀損罪に問われる可能性があると専門家から指摘を受けました。 ※日本の名誉毀損罪は真実かつ違法行為の公開でも成立する。 公営企業(水道・ガス)の場合は、 刑法230条2の3項により意図的に悪意ある編集などをして 真実をねじ曲げない限り問題ないとのことでした。 この法解釈は本当に正しいのでしょうか? コールセンターの話ではありませんが、 本当ならば、仙台市や松山市(仙台市ガス局・松山市ガス局)のように 自治体がガス事業を行っている場合は、 市民は担当者(公務員)の対応に問題があった場合に やりとりの録音を公開しても問題ないのに、 札幌市(北海道ガス)のように私人たる民間企業が ガス事業を行っている場合、 市民が同様の事をすると名誉毀損罪に問われる 可能性が遥かに高くなります。 (少なくとも2の3項は適用されない。 相手が私人の場合、残された救済手段は 「公共の利害」に関する事実であると認定されることのみ。 この要件を満たすのはハードルが高い。) 市民はガス事業者を選択できません。 (保険会社は少し事情が違うかも知れないが・・・。) これが「法の下の平等」に反しないということが、 一体どう説明されるのでしょうか?

  • 刑法230条の2の公共の利害を優先し名誉毀損の罪に問われない発言とはどういう場合ですか

    中学校の保護者会で、校内暴力の被害者の生徒の親が、加害者を名指しして暴行をやめるよう訴えた場合、刑法230条に該当し加害者と加害者の親の名誉を毀損したことになるのでしょうか。刑法230条の2の「公共の利益に関する場合の特例」の具体例としては公務員の行為を非難する場合は名誉毀損にならないようですが、例えば、保護者会において学校内で生徒達が快適な学校生活を維持するという「公共の利益」を目的として暴行をやめるように名指しで訴えた場合は、その特例に該当し許されるでしょうか、それともやはり名誉毀損で訴えられるリスクがあるんでしょうか。教えていただければ有難く存じます。

  • 公務員による犯罪はネットで公開しても罪にならない?

    公務員による犯罪はネットで公開しても罪にならない? 詐欺を働いた女の氏名・顔写真と詐欺事実を、 被害者の男性がインターネット上で公開し、 この男性が名誉毀損で逮捕される事件がありました。 この場合、この女の詐欺行為が真実であっても、 公開した男性に名誉毀損罪が成立するそうです。 ところが一方、もしもこの女の職業が公務員だった場合は、 男性の行為は名誉毀損罪に当たらないと指摘する人がいました。 この詐欺行為は私生活上の犯罪なのに、 本人が公務員だと名誉毀損罪が成立しなくなるのは、 一体なぜなのでしょうか? 県庁や市役所で働く職員は民間人とは違い、 私生活上の犯罪を公開されても文句は言えないのでしょうか?