• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

公務員の名誉は、どうして保障されないでしょうか?

公務員の名誉は、どうして保障されないでしょうか? 公益に係る事実ないし真実だと思える事であれば、当該公務員の実名を挙げ公表しても名誉毀損罪は免責されます。しかしながら、公務員は、公人であると同時に一般市民でもあります。 仮に、上記、公益・事実に基づいて当該公務員が実名を公表されても、なんら対抗手段がないとすれば・公務員の負担が大き過ぎると思います。何か、これに対抗するような法律はあるでしょうか。以下、法文参照のこと。 (名誉毀損) 第230条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。 2 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。 (公共の利害に関する場合の特例) 第230条の2 前条第1項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。 3 前条第1項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2261
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • mrsara
  • ベストアンサー率18% (103/558)

230条2項については、 公共の利害に関して、公益を図るためであり、事実であれば、名誉を毀損しても罰せられない。ということですよね。 この点に関しては、職業柄公務員は名誉を毀損される可能性は高いように思います。 しかし個人の名誉が毀損されても問題にならないのは、公務員は公益に反する行為をしていた場合に限られます。 公務員は本来、公共の奉仕者ですから公益に反する行為は与えられた職責を全うしないどころか反する行為です。 それが事実であろうという推測の元、事実を摘示するわけなので、決してむやみに名誉毀損されても良いということではありません。 どうしてもそれが嫌なら、公務員という職業を選択しない自由が保障されています。 また、私企業に勤めていても、公益に反する行為は同じように名誉毀損をされても仕方がない状況であるので、公務員が特別に不当な扱いをされているとはいえないのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

mrsaraさんへ 真摯なご回答に感謝致します。「職業柄公務員は名誉を毀損される可能性は高いように思います。」「どうしてもそれが嫌なら、公務員という職業を選択しない自由が保障されています。」・・私も、法律を調べているのですが・・公務員、特に不特定多数の方を相手にする仕事・・市長・議員・教員は、それなりの覚悟が必要になりますね。しかしながら、情報革命といわれるネット社会は、前記公務員については、仮に事実だとしても、軽い過失・不作為によるものならば、受けるダメージを考えると部分的な保護規定が必要な気がします。まだ、整理がついていませんが、現行法では、公務員の名誉の保護規定が貧弱な気がしています。

関連するQ&A

  • 名誉毀損

    名誉毀損に関する質問です。 第二百三十条の二 前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。 となっているのを確認しましたが、一つ疑問が生まれました。 それは、時効が成立した事件についてです すでに時効が成立している事件について、「あいつは昔~をしたんだ」という感じで「公然と事実を摘示」した場合は、名誉毀損は成立するのでしょうか。 どなたか法律に詳しい方、教えてください。

  • 名誉棄損における、真実性・相当性の抗弁とは

    名誉棄損における、真実性・相当性の抗弁とは 概要 名誉棄損罪における真実性・相当性の抗弁は具体的にどのような証拠を挙げればいいでしょうか? 詳細 名誉棄損罪においては、真実性・相当性の抗弁、というのが認められています。 以下、ウィキペディアから引用 日本においては、真実性の抗弁・相当性の抗弁が、判例により又は条文上認められている[9]。 真実性の抗弁とは、問題とされている表現行為が、たとえある人の社会的評価を低下させるものであるとしても、公共の利害に関する事実を摘示するものであって(公共性)、その目的が専ら公益を図ることにある場合に(公益性)、摘示した事実が真実に合致するならば(真実性)、名誉毀損の成立を認めない、とする考え方である。 1.摘示した事実が公共の利害に関する事実であること(公共性) 2.その事実を摘示した目的が公益を図ることにあること(公益性) 3.摘示した事実が真実に合致すること(真実性) 相当性の抗弁とは、問題とされている表現行為が、たとえある人の社会的評価を低下させ、真実にも合致しない場合であっても、公共の利害に関する事実を摘示するものであって(公共性)、その目的が専ら公益を図ることにあるときに(公益性)、摘示した事実が真実であると信じるに足りる相当な理由があるならば(相当の理由)、名誉毀損の成立を認めない、とする考え方である。 1.摘示した事実が公共の利害に関する事実であること(公共性) 2.その事実を摘示した目的が公益を図ることにあること(公益性) 3.摘示した事実が真実に合致すると信じるに足りることが相当といえるだけの理由があること(相当の理由) 引用終了 この真実性の抗弁、相当性の抗弁とは、何をどのように指すものか、具体的にな事例を教えてください。 例えば、匿名の投書などに書かれた特定人物A氏の犯罪行為などを、公にした場合(ネットにアップする、雑誌などに掲載する)、 A氏側から名誉毀損で訴えられたとします。 記者が「相当性の抗弁」を行使したい場合、何をどのようにして提示すれば、裁判所は納得してくれるのでしょうか? 「投書した相手と面談して、事件内容を詳細に取材し、自分でも裏付け取材しました。裏付けの証拠はこれこれこういうものです」と自分で取材した結果を示せばいいでしょうか? 「複数の人物からほぼ同様の投稿がありました。それぞれの投稿者は互いに面識はないにも関わらず複数の投稿者からほぼ同時に同内容の投稿があることで、真実であると確信しました」でしょうか? 「裏付けはありません。投稿者の身元も確認してはいません。長年の取材経験から、この投書の内容は真実であると確信しました。記者歴20年の経験は間違いありません!」でしょうか? それとも、法廷で裁判官が記者を観察して、醸し出す雰囲気や喋り口調や、迫真の演技、などから判断するのでしょうか? 具体的にこれこれこういう証拠を提示したら、 「信じるに足る相当の理由としてもよい」 「信じるに足る相当の理由と認めざるを得ない」 という裁判所側のガイドラインとか過去事例はあるのでしょうか? 法知識のある方、お願いします。

  • 名誉毀損について

    名誉毀損について、いくつか疑問があるので教えて下さい。何が公益を図ることにあると認められるのでしょうか? 法律素人の質問ですみません。 (1)公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実,犯罪行為に関する事実以外に何が公益を図ることにあると認められるのでしょうか? 例えば犯罪行為などで無罪となった場合に、その犯罪行為の容疑を掛けられた事実を公然と摘示して 名誉を傷つけた場合、名誉毀損になりますか? それとも無罪であっても、容疑をかけられた事実を摘示するのことは公益を図ることなるので、名誉毀損には当たらないのでしょうか? (2)公然と処罰を終えた若しくは処罰を受けている最中の犯罪者の住所や個人情報を暴露したり、犯罪事実とは無関係の話題を持ち出して過剰に名誉を傷つけて苦しませたり、生活に支障をきたせるのは、公益を図ることになるんですか? つまり、まさか犯罪者なら何をしても名誉毀損にはならないのですか。 (3)名誉を傷つけた者が、公益を図ることにあると思っていたとしても、裁判で認められるとは限りませんよね? (4)告訴や民事訴訟を起こすこと自体が名誉毀損になってしまうのでしょうか? なるとすれば、名誉毀損に名誉毀損で反訴して永遠に終わりませんよね? (5)「公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は公共の利害に関する事実とみなす」とありますが、それが犯罪行為であることを欠いている、証拠が不十分なため、犯罪行為であることを証明できない場合は、犯罪行為に関する事実とはならないため、公共の利害に関する事実にはなりませんよね…? (6)刑事で名誉毀損にならなかった場合でも、民事で名誉毀損になる可能性はありますか? 考えれば考えるほど、疑問が出てくるのですが、教えて頂けると助かります。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

MDプレーヤーは水に弱いです。 アンテナもそうです。 眠気覚ましに懐中電灯を携帯してみてはいかがです? 男の人用です。 リュックサックよりコンパクトなかばんはいかがですか? 気をつけて。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あの・・質問内容とご回答頂いた事違うのですが・。ご検討戴ければ幸いです。

  • 回答No.3

公務員には本来、民間社員とはちがい、 スト権?だとか社会活動権が公認されていた理由が、、 公の業種に携わる者の権利だったように理解していたのですが・・ つまり・・ 国民が政策として実施されてから知ることを、 法案として議会にかけられる点で、 詳細を知り、調べる立場にあり、 彼らがこういう権利を持つことで、 国民を代表して政治家の私利私欲に利用される防衛策にもなるはずのためだったと思います・・ それが、、渡辺美智雄大臣の下でリクルート事件で 軒並み、日本独立派政治家財界人らが罠にはめあれ、 政界から力を奪われてしまい、 とどめが、、ロッキード事件で 角栄さんの力を無くすことで、 ユダヤ政商の私利私欲のまま、 日本の財政は動かされる羽目になってる・・?!? リクルート事件のころに、官僚たちが、 と米留学し、米国の法体系、経済システム、世界戦略を学んで帰国し、 企業での天下り汚職につながってる点も忘れてはいけないのでは・・?!? 国民の税金で、 国民の利益に反する法体系、経済システムを導入して、 国民が生活の糧にしている 雇用制度を重視する企業視点ではなく、 株主の私利私欲の要求にこたえるべくとする企業視点を政権として取ることに裏切られたおもいがあります。。 公務員は、公の視点で国の番人であり、世話係でもあったのが、 個別の立場で要求するようになって、 国民を奴隷化する方向に向かっている・・?!? アメリカ政府のように・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。リクルート事件の事は、長くなるので略しますが・・在宅起訴されたのが・二人の政治家のみ。未公開株を取得し莫大な利益をあげた大物政治家10人くらいは、東京地検は立件しませんでした。私は納得していませんが。ロッキード事件を含め政治家と金の問題は、今尚、継続しています。  要は、政治家の権限・行政(公務員)の権限は、政党政治である以上両者が密接不離の関係にあり、なかなかチェック機能が働いていないのが実情です。  この問題は、議会制民主主義の限界をよく示している事件とも言えます。これらを防ぐにはスイスのように国民が直接、議会や行政に対してレファレンダム(法案否決権)並びにイニシアティブ(法案提出権)を持てば、行政も国会・議会もいい加減なことが出来なくなります。議員集団が談合したり・行政と政治家がお互いに利益誘導する事は難しくなります。  さて、話を本題に戻して、公務員の名誉の保護が、一般私人に対して、あまりにも貧弱であるという問題ですが。(お礼内容2を参照下さい。) 故意に不正行為・不法行為を行った場合は、全て公開しても良いと思います。ただ過失による場合、ある程度の情状酌量を考慮して、行政とは独立した機関が審理・裁定しても良いのではないかと考えています。要は、無制限に公務員個人の名誉が毀損される事に対する一定の保護規定が必要な時代になっていると考えています。現行法では、公務員の不作為による結果責任についても無制限に取り上げられ、大きな負担になる事を心配しています。

  • 回答No.2
noname#149639

プライベートな部分は保護されてるのでいいじゃないですか。 例えば社会保険庁のボーナス自主返還を拒否した人の名前は公表されてないし。 公務員は何かに付けて優遇されているのにちょっと都合が悪ければギャーギャーわめき立てる人種です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。実名が出されると、プライベートな部分も包括して個人全体に対する各種の憶測が為されると思います。その辺に迷いがあるわけです。社会保険庁職員の場合は・・実名がだされて当然だと思います。納付率の不正操作や虚偽の公文書を作成したり、国家公務員法の規定に反するような労働密約を行ったり等アメリカだったら恐らく社会に問題提起する意味で刑事訴追が積極的に為されると思います。日本の検察は、かなり慎重だと考えていますが・・・。民事裁判でも懲罰的賠償権が認められています。東芝もノートパソコンで、莫大な損害賠償金を支払わされました。  ところで、ご指摘の通り公務員は、身分・給与とも保障されています。社会的な責任が一般私人より重いことは確かで、不正行為に対しては、それなりの社会的制裁を受けるというのも理解できるのですが・・・問題は、ネット社会を刑法第230条の2以下は、想定していなかったのでは・・そこが一番気になっているところです。新聞やテレビは、一時的な部分がありますが・ネットは、実名が間断なく1年でも2年でも公にされ続けます。この問題について私も、まだ頭の中で整理がついていないのでもう少し考えをまとめてみようと思っています。

  • 回答No.1
  • mrsara
  • ベストアンサー率18% (103/558)

考え方次第ではないでしょうか? 公務員の名誉が一般企業人の名誉に比べて保障される必要はないと思います。 一般人と同じように保障されるべきですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。考え方次第とありますが・・・。そこをもう少し解説戴けると助かります。恐らく刑法第230条の2の部分については、法律起案の時点では、現在のネット社会を想定していなかったと考えられます。ネットでは、瞬時に情報が全国津々浦々まで伝わります。また24時間無休です。流された情報を元に戻す事は不可能です。また、公務員も私的な部分も多々ある訳ですから・・何か、ワン・クッションあってもよいかと思っています。

関連するQ&A

  • 過去のストーカー行為を言いふらされた場合

    友人の話なのですが、過去にストーカー行為をしてしまいましたが、相手からはっきり、嫌だという意思表示を受けてからは、その人には近づいていません。 そのことは忘れて暮らしていたのですが、最近になって、会社の人に過去のストーカー行為を知られてしまって、言いふらされて困っています。 言いふらしている相手を名誉棄損罪で訴えることは可能ですか? 本当に訴えることにはならないとは思いますが、このまま嫌がらせが続けるのであれば訴ることを 忠告したいみたいです。 公共の利害に関する場合の特例に 公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 とありますが、過去のストーカー行為はあてはまりますか?

  • 名誉棄損罪とか侮辱罪になるか?

    次の行為は、まだ実際にはやってないのですが、もし仮にやったら、名誉棄損罪とか侮辱罪などの犯罪か何かになるでしょうか? 民事上の責任はどうでしょうか? 次の内容を、ブログ、電子掲示板などに掲載すること。 (1)ある公務員の具体的な氏名と、当該公務員が行った具体的行為を示す事実(完全に客観的に証明できる事実) (2)上記(1)の事実に基づいて、当該公務員の行為が不当であることを主張する意見の表明 刑法230条の2第3項は、公然と公務員に関する事実を摘示した行為は、(公共の利益に関する事実であり、公益目的だとみなして)、事実であることの証明があった場合はこれを罰しないと定めています。 この刑法230条の2第3項によれば、名誉棄損罪にもならず、侮辱罪(刑法231条)にもならないのでしょうか?

  • 某大型掲示板にて、名誉毀損についての質問です。

    以前とある養成所で契約をしましたが一日で辞める事になり、違約金として受けていない受講料も含め多額の請求されました。 この件で私が被告として訴えられましたが合法性が認められず、その多額の違約金を支払わずに済みまして一度の裁判で終わりました。 同じ志を持つ者がこの違法な契約の基でプロを目指すのでは忍びない、それは元よりまた新しく契約をさせた者もいれば履行し続けている方もいると考えると許せなく思い、掲示板で特定できる情報でその情報を書き込みました。 ですがその書き込みを相手が見つけ、配達証明の郵便が届きました。 内容は書き込んだ者への処分、名誉回復を求める書面でした。 ただ、削除、謝罪及び名誉回復など誠意を示すならば裁判まで持ち越さないで和解の方法も検討されているとの事です。 書き込んだ内容は掲示板を特定されかねない上に更にその相手にまたこちらで伺ったことも取り上げられては・・・と思い割愛させて頂きますが違法な契約内容、実情、過去のトラブル等です。 ですが 刑法第230条【名誉毀損】公然と事実を適示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無を問わず、3年以下の懲役、もしくは禁固、または50万円以下の罰金に処する。 第230条ノ2【事実の証明】前条の行為は、公共の利害に関する事実にかかり、その目的がもっぱら公益を図るに出たものと認められるときは、事実の真否を判断し、真実であることの証明があった時はこれを罰しない。 これに当てはめるならば真実であってなおかつその事実に公益性があり、名誉毀損にならないのではと思いました。 近日、弁護士に相談しに行きますが、それに当たって聞いておくべく事、やるべき事など、その他のアドバイスを頂きたく思います。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 刑法230条(名誉毀損)における公務員の範囲とは?

    事実を公然と公開して他人の名誉を傷つけると、 公開者が当該事実の真実性を客観的に証明しても、 その事実が、(1)公共の利害に関する事実であり、 (2)公開の目的が専ら公益を図ることである、 という二条件を満たさない限りにおいては、 名誉毀損罪(親告罪)が成立し得ます。 しかし例外的に、公務員に関する事実に関しては、 当該事実が真実であることを証明さえすれば、 名誉毀損罪には問われないこととされています。 (刑法230条3項) 果たしてここでいう「公務員」とは、 どこまでの範囲を指すものなのでしょうか? 「公務員」には、公選による首長や議員はもちろんのこと、 一般行政事務職の公務員(官僚・官吏)のみならず、 いわゆる国営企業に携わる職員や、地方公営企業職員、 公共企業体(旧三公社)職員などの現業職員に加え、 みなし公務員をも含むと解するのが一般的です。 では、以下の各種職員については、 同条における「公務員」とみなされるのでしょうか? 【A】国立大学法人・公立大学法人の教員や事務職員 (→法人化後は職員の身分が非公務員) 【B】健康保険組合などの公法人(公共組織)の職員たる民間人 (→主務大臣による認可の下で一部公権力行使あり) 名誉毀損罪に詳しい先生方、教えてください。

  • 氏名非公表の不正を氏名付であばくのは名誉毀損?

    このブログでは琉球大学で起きた研究不正について公表しています。 http://blog.goo.ne.jp/naoki_mori この事件はすでに大学が調査済みで、不正行為者の氏名・顔写真を非公開にして事実を公開し、処分も決定済みでした。 しかし、このブログは大学の調査・処分発表後にこのブログで不正行為者の氏名、顔写真、不正の詳細を公表しています。これは名誉毀損罪になるのでしょうか? 名誉毀損罪(刑法230条1項)は公然と事実を摘示して、名誉を毀損することで成立しますが、このブログはこれを満たしています。しかし、230条の2、1項の違法性阻却規定(通説の見解)では公表行為 が公共の利害に関する事実でかつ(2)専ら公益を図る目的で、かつ(3)真実であることの証明があったとき無罪になります。 このブログは(3)は満たすのでしょうが、(1)(2)を満たすのか疑問です。 なぜなら、すでに不正の詳細は大学が発表しているので、このブログが改めて不正を公表する意味は不正行為者の氏名と顔写真をあばく程度の意味しかなく、(1)(2)を満たすと思えません。むしろ、嫌がらせが主目的に見えます。 確かに、大学の公表よりブログの方が具体的かつ詳細で、不正の概要はよくわかりますが、そういう点があれば(1)(2)は満たすのでしょうか。 要するに氏名・顔写真付で改めて詳細に不正をあばくことが(1)(2)を満たすのかどうかわからず、名誉毀損になるか判断できないので、質問しました。

  • 名誉毀損などになるでしょうか

    刑法に次のようにあります。 (名誉毀損) 第二百三十条  公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 (公共の利害に関する場合の特例) 第二百三十条の二  前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 某省所管のある国家試験があって、その過去問題と次の(1)とがその国家試験の実施者によってインターネット上に公開されているとします。 その試験の実施者以外の者(以下、これを「著者」と言います。)が次の(a)、(b)の行為を行った場合、これらの行為は、上記第230条と第230条の2のどちらに該当する可能性が高いでしょうか。つまり、その国家試験の実施者がその著者を告訴した場合は、その著者は前科一般になる可能性がありますか。また、その法的根拠は何でしょうか。 (1)その過去問題についての、その試験の実施者が正しいと考える解答(つまり、その国家試験がそれに基づいて採点されて、その試験の合格者が既に確定した解答)。 (2)その過去問題についての、著者が正しいと考える解答。 ※(2)は(1)とは異なるとします。 (a)著者が、その過去問題の解答集(過去問題を引用し、併せて(2)とその解説を記述したもの)を印刷し、印刷した書籍を営利目的で有償で販売する行為。 (b)著者が、上記(a)の書籍の販売促進のために、(a)の書籍の一部(引用した過去問題と(2) とその解説を含む)をインターネット上に公開する行為。 ただし、(a)、(b)とも、純粋に過去問題の引用、(2)とその解説の記述だけにとどめ、その過去問題の実施者又はその過去問題自体について批判めいたことは金輪際、一切書かないとします。 また、その過去問題を(a)、(b)で引用、公開することについてはその国家試験の実施者に事前に了解を取ってあるとします(つまり、著作権法に言う複製権(第21条)の侵害、公衆送信可能化権(第23条)の侵害、のいずれも該当しないとします)。

  • 社内不祥事を世間に晒すと名誉毀損になる?

    民間会社員は、自身の職場内における セクハラや不正行為の証拠をつかんだ場合でも、 その証拠をむやみに世間に公開すると 名誉毀損罪に問われるのでしょうか? (A) 公務員が勤めている官公庁における不祥事を 公然と摘示する行為 (B) 民間会社員が勤めている私企業における不祥事を 公然と摘示する行為 この両者間では、公開した不祥事の内容が同等であっても、 公益性の有無という観点から 名誉毀損罪の成否が異なる可能性はありますか?

  • 名誉毀損阻却の公務員~JRやJP社員は含まない?

    犯罪歴や不祥事などの事実は、被害を被った者が真実性の証明を伴って公開した場合であっても、公開された相手側の告訴があれば、名誉毀損罪が成立します。 しかし、公務員に関する事項は、真実性の証明があれば処罰されません。(刑法230条‐2の3項) ここでいう公務員には、公選の議員や行政職員など(いわゆる官僚、官吏など権力行政を行う者)が含まるのはもちろん、公営交通係員などの非権力現業(サービス義務)に従事する者、今はなき公共企業体職員(旧三公社職員)も含まれるとされます。 ところが、民営化後のJR各社や日本郵政グループの社員については、(特殊会社職員たるJR三島旅客会社の社員や郵便事業会社の社員などで、特殊会社法で定める贈収賄規定に絡む事件の当事者や、みなし公務員規定により公務に従事するとみなされる職員で、当該みなし公務の業務に従事する間の者を除いては、)刑法230条でいう公務員には該当しない、つまり、不祥事が真実であっても、むやみに氏名や事実をインターネットで公開すると名誉毀損罪に問われる、と解する法律専門家がいました。 本当に、元公社組織で公益性の高いJR各社や日本郵政グループの社員でも、刑法230条の「公務員」からは除外されるのでしょうか? そうだとすれば、同じサービス業でありながら、都営交通職員に関する不祥事は公開しても罪に問われないのに、JR社員の不祥事は公開すると名誉毀損で逮捕されかねないことになります。 これが「法の下の平等」に反しないことを、プロの法律家はどう説明するのでしょうか? 例えば、道を尋ねた乗客に対し、イライラしたJR係員が暴行を働いた場合、そのような人の「お顔」写真をコッソリ拝借してインターネットで流した場合、名誉毀損でパクられる可能性はありますか? ※もっとも、(某宗教団体代表のような)社会的影響力のある立場にある私人の行為は、2の3項でいう公務員に該当しなくても、公共の利害に係る事項に該当するという観点から、名誉毀損には当たらないとする考えもありますが、ここではあくまで「2の3項」でいう「公務員」に当たるか否かという視点で質問します。

  • ネット上での実名公表

     とあるサークルのHP上で、○○は○○の行為をしたので、「除名処分」にしました。と実名をフルネームで公表することは、民事上のプライバシー侵害、刑事上の名誉毀損にでも当たらないのでしょうか?(本人は当該行為について争っていたようですが)いろんなところにリンクされているHPなのでプライバシー侵害の程度は高いようにも思えますが。  例えば、大学を退学処分になった旨掲示される場合も、学籍番号のみで、実名は公表されないものと思います(比較になっているかわかりませんが)。

  • 名誉毀損になるのでしょうか?

    名誉毀損について質問です。 名誉毀損には230条の2の3項において 「公務員又は公選による公務員の候補者」についての名誉毀損は「真実であることの証明があった場合」には処罰しない旨の規定があります。 そこで、質問なのですが (1)地方選挙への「立候補者、もしくは立候補予定者」についての「刑期を終えた過去の犯罪歴」を、その人を「落選させる目的」で公表もしくは噂を流した場合も名誉毀損とならないのでしょうか? また、 (2)落選させる意図はありつつも「自ら住む自治体のため」を思って、「犯罪歴」を公表もしくは噂を流した場合はどうでしょうか? (3)「処罰しない」という規定があるが、処罰しないだけで、実際には違法であり起訴だけはされたりするのではないか? など多くの疑問があります。 選挙においての立候補者の名誉毀損が、公益や市民のために何処まで許されるのか大変興味があります。 どうぞ、お知恵をお貸し下さい。