• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

名誉棄損における、真実性・相当性の抗弁とは

名誉棄損における、真実性・相当性の抗弁とは 概要 名誉棄損罪における真実性・相当性の抗弁は具体的にどのような証拠を挙げればいいでしょうか? 詳細 名誉棄損罪においては、真実性・相当性の抗弁、というのが認められています。 以下、ウィキペディアから引用 日本においては、真実性の抗弁・相当性の抗弁が、判例により又は条文上認められている[9]。 真実性の抗弁とは、問題とされている表現行為が、たとえある人の社会的評価を低下させるものであるとしても、公共の利害に関する事実を摘示するものであって(公共性)、その目的が専ら公益を図ることにある場合に(公益性)、摘示した事実が真実に合致するならば(真実性)、名誉毀損の成立を認めない、とする考え方である。 1.摘示した事実が公共の利害に関する事実であること(公共性) 2.その事実を摘示した目的が公益を図ることにあること(公益性) 3.摘示した事実が真実に合致すること(真実性) 相当性の抗弁とは、問題とされている表現行為が、たとえある人の社会的評価を低下させ、真実にも合致しない場合であっても、公共の利害に関する事実を摘示するものであって(公共性)、その目的が専ら公益を図ることにあるときに(公益性)、摘示した事実が真実であると信じるに足りる相当な理由があるならば(相当の理由)、名誉毀損の成立を認めない、とする考え方である。 1.摘示した事実が公共の利害に関する事実であること(公共性) 2.その事実を摘示した目的が公益を図ることにあること(公益性) 3.摘示した事実が真実に合致すると信じるに足りることが相当といえるだけの理由があること(相当の理由) 引用終了 この真実性の抗弁、相当性の抗弁とは、何をどのように指すものか、具体的にな事例を教えてください。 例えば、匿名の投書などに書かれた特定人物A氏の犯罪行為などを、公にした場合(ネットにアップする、雑誌などに掲載する)、 A氏側から名誉毀損で訴えられたとします。 記者が「相当性の抗弁」を行使したい場合、何をどのようにして提示すれば、裁判所は納得してくれるのでしょうか? 「投書した相手と面談して、事件内容を詳細に取材し、自分でも裏付け取材しました。裏付けの証拠はこれこれこういうものです」と自分で取材した結果を示せばいいでしょうか? 「複数の人物からほぼ同様の投稿がありました。それぞれの投稿者は互いに面識はないにも関わらず複数の投稿者からほぼ同時に同内容の投稿があることで、真実であると確信しました」でしょうか? 「裏付けはありません。投稿者の身元も確認してはいません。長年の取材経験から、この投書の内容は真実であると確信しました。記者歴20年の経験は間違いありません!」でしょうか? それとも、法廷で裁判官が記者を観察して、醸し出す雰囲気や喋り口調や、迫真の演技、などから判断するのでしょうか? 具体的にこれこれこういう証拠を提示したら、 「信じるに足る相当の理由としてもよい」 「信じるに足る相当の理由と認めざるを得ない」 という裁判所側のガイドラインとか過去事例はあるのでしょうか? 法知識のある方、お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1164
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

”記者が「相当性の抗弁」を行使したい場合、何をどのようにして提示すれば、  裁判所は納得してくれるのでしょうか?”     ↑ 相当性とは、真実であると信じるに足りる根拠、資料が あることを言います。 だから、取材した人の資質や、被害者との関係などが問題になります。 また、裏付けがどの程度あるかも、問題になります。 ”「投書した相手と面談して、事件内容を詳細に取材し、自分でも裏付け取材しました。  裏付けの証拠はこれこれこういうものです」と自分で取材した結果を示せばいいでしょうか?”     ↑ (1)相手の資質ですね。その人が信用できる人なのか、被害者と  どういう関係がある人なのかなどが問題になります。 (2)どういう裏付けを取ったのか、が問題になります。 (3)取材結果を示すだけでは足りません。 ”「複数の人物からほぼ同様の投稿がありました。それぞれの投稿者は互いに  面識はないにも関わらず複数の 投稿者からほぼ同時に同内容の投稿があることで、  真実であると確信しました」でしょうか?”       ↑ これは情報のクロスチェックと言われるもので、真偽判定の基本 技術です。これだけでは弱いですね。 相手の資質、被害者との関係なども必要です。 ”「裏付けはありません。投稿者の身元も確認してはいません。長年の取材経験から、  この投書の内容は真実であると確信しました。記者歴20年の経験は間違いありません!」  でしょうか?”       ↑ これは全然だめです。 ”法廷で裁判官が記者を観察して、醸し出す雰囲気や喋り口調や、  迫真の演技、などから判断するのでしょうか?”       ↑ これも、判断の一要因ですが、これだけで判断することは ありません。客観的に誰でもが納得できる根拠を示す必要が あります。 ”裁判所側のガイドラインとか過去事例はあるのでしょうか?”     ↑ 月刊ペン事件という有名な事例で高裁が次の様な 判断を示しています。 「男女関係を示唆するものとして関係証人によつて指摘された諸事実は, (中略)根拠の薄弱なものであつたり、うわさ、風聞のたぐいを出ないものであつたり 事実そのものが疑わしく証言内容の措信しがたいものなどに終始し、 到底その真実性が立証されたとはいいがたい」 「いずれも被告人において真実性を信ずるに足りる相当な理由のあることを 基礎づける資料・根拠とはいいえないものである」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

良くわかる回答をありがとうございました。 また今度質問する機会がありましたらよろしくおねがいします。

関連するQ&A

  • マスメディアは終わったと感じますか?

    昔ザル法と言われ違反しても刑事罰が課せられない、出資法を破れば課せられる グレーゾーン金利のサラ金のCM 次がパチンコ なんの公共性も公益性も無いと思えるわけですが、なぜ平然と放送できるのか? 上記の件で俺的には終わったなと感じますが、マスメディアは終わったと感じる人はどういうところの理由があってマスメディアは終わったとおもわれているのですか?またどうしたらCM等が公共性・公益性のあるものになると思われますか?俺的にはまずサラ金・パチンコのCMは打ち切ると言う方向ならと思います。

  • ダムについての公共性とは?

    ダムについての公共性とはどういうものがあげられるのでしょうか?自治体、国、政府などの国政機関に関連しての公益性とはどういうものなのでしょうか?お答えどうかお願いします。

  • 名誉棄損罪とか侮辱罪になるか?

    次の行為は、まだ実際にはやってないのですが、もし仮にやったら、名誉棄損罪とか侮辱罪などの犯罪か何かになるでしょうか? 民事上の責任はどうでしょうか? 次の内容を、ブログ、電子掲示板などに掲載すること。 (1)ある公務員の具体的な氏名と、当該公務員が行った具体的行為を示す事実(完全に客観的に証明できる事実) (2)上記(1)の事実に基づいて、当該公務員の行為が不当であることを主張する意見の表明 刑法230条の2第3項は、公然と公務員に関する事実を摘示した行為は、(公共の利益に関する事実であり、公益目的だとみなして)、事実であることの証明があった場合はこれを罰しないと定めています。 この刑法230条の2第3項によれば、名誉棄損罪にもならず、侮辱罪(刑法231条)にもならないのでしょうか?

  • 公共性の高い仕事を教えて下さい

    こんにちは。就職活動中の大学3年生です。 私は将来の職業として公益性・公共性の高い仕事に就きたいと思っています。 一般的には公務員やNPOなどがあげられると思いますが、民間企業ではどのようなものがありますか? 「どんな仕事でも社会に貢献している」といった言葉はよく聞きますが、あくまでインフラのように事業自体の公共性が高いものを教えて頂きたいです。 ご回答よろしくお願いします!

  • 公務員の名誉は、どうして保障されないでしょうか?

    公務員の名誉は、どうして保障されないでしょうか? 公益に係る事実ないし真実だと思える事であれば、当該公務員の実名を挙げ公表しても名誉毀損罪は免責されます。しかしながら、公務員は、公人であると同時に一般市民でもあります。 仮に、上記、公益・事実に基づいて当該公務員が実名を公表されても、なんら対抗手段がないとすれば・公務員の負担が大き過ぎると思います。何か、これに対抗するような法律はあるでしょうか。以下、法文参照のこと。 (名誉毀損) 第230条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。 2 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。 (公共の利害に関する場合の特例) 第230条の2 前条第1項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。 3 前条第1項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

  • ネットでの企業告発は名誉毀損に抵触しないんでしょうか?

    インターネットを通して企業の悪事を告発する際、(たとえば2ちゃんねるなどで)、名誉毀損に該当すると思ったのですが、よく調べたところ、「公共性」「公益性」「真実性(実際には真実でなかった場合でもよいが、相当の理由が必要)」の3点を満たせばその成立は阻却される との事でした。(百科事典:ウィキペディア参照)  ネット告発は上記の3点を満たす行為として考えてよろしいんでしょうか?また、「公共性」や「公益性」というのは具体的にどのような 事柄を指すのか教えて頂けませんか?

  • 名誉毀損

    名誉毀損に関する質問です。 第二百三十条の二 前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。 となっているのを確認しましたが、一つ疑問が生まれました。 それは、時効が成立した事件についてです すでに時効が成立している事件について、「あいつは昔~をしたんだ」という感じで「公然と事実を摘示」した場合は、名誉毀損は成立するのでしょうか。 どなたか法律に詳しい方、教えてください。

  • 過去のストーカー行為を言いふらされた場合

    友人の話なのですが、過去にストーカー行為をしてしまいましたが、相手からはっきり、嫌だという意思表示を受けてからは、その人には近づいていません。 そのことは忘れて暮らしていたのですが、最近になって、会社の人に過去のストーカー行為を知られてしまって、言いふらされて困っています。 言いふらしている相手を名誉棄損罪で訴えることは可能ですか? 本当に訴えることにはならないとは思いますが、このまま嫌がらせが続けるのであれば訴ることを 忠告したいみたいです。 公共の利害に関する場合の特例に 公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 とありますが、過去のストーカー行為はあてはまりますか?

  • 名誉毀損について

    名誉毀損について、いくつか疑問があるので教えて下さい。何が公益を図ることにあると認められるのでしょうか? 法律素人の質問ですみません。 (1)公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実,犯罪行為に関する事実以外に何が公益を図ることにあると認められるのでしょうか? 例えば犯罪行為などで無罪となった場合に、その犯罪行為の容疑を掛けられた事実を公然と摘示して 名誉を傷つけた場合、名誉毀損になりますか? それとも無罪であっても、容疑をかけられた事実を摘示するのことは公益を図ることなるので、名誉毀損には当たらないのでしょうか? (2)公然と処罰を終えた若しくは処罰を受けている最中の犯罪者の住所や個人情報を暴露したり、犯罪事実とは無関係の話題を持ち出して過剰に名誉を傷つけて苦しませたり、生活に支障をきたせるのは、公益を図ることになるんですか? つまり、まさか犯罪者なら何をしても名誉毀損にはならないのですか。 (3)名誉を傷つけた者が、公益を図ることにあると思っていたとしても、裁判で認められるとは限りませんよね? (4)告訴や民事訴訟を起こすこと自体が名誉毀損になってしまうのでしょうか? なるとすれば、名誉毀損に名誉毀損で反訴して永遠に終わりませんよね? (5)「公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は公共の利害に関する事実とみなす」とありますが、それが犯罪行為であることを欠いている、証拠が不十分なため、犯罪行為であることを証明できない場合は、犯罪行為に関する事実とはならないため、公共の利害に関する事実にはなりませんよね…? (6)刑事で名誉毀損にならなかった場合でも、民事で名誉毀損になる可能性はありますか? 考えれば考えるほど、疑問が出てくるのですが、教えて頂けると助かります。

  • 豊田大橋の文春記事は違法なのか

    公共事業で作った奇抜な橋が市民から不興を買っている、 という記事内容のようですが、どこが違法なのでしょう。 設計者に触れることは名誉毀損なんですか。 デザインが問題なのに設計者に触れないほうが不自然です。 公共事業の問題性を伝える記事なら公益性も認められるし 市民の声をそのまま伝えるなら真偽を疑う余地もありません。 デザインが問題なのに設計者に触れないほうが不自然です。 建築家・黒川紀章さんの勝訴確定 週刊文春の名誉棄損訴訟 http://www.sankei.co.jp/news/040622/bun051.htm