解決済み

自動詞と他動詞

  • 暇なときにでも
  • 質問No.857353
  • 閲覧数412
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 50% (3/6)

いまだに自動詞と他動詞の違いが
分からないのですが、誰か説明してください↓↓
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル4

ベストアンサー率 33% (1/3)

自動詞・他動詞の区別の仕方といった感じで、お答えします。

自動詞は、その後ろにすぐに目的語((動)名詞)をとりません。
I run.(SV)
I look at the window.(SV+前置詞+前置詞の目的語)

他動詞は、そのすぐ後ろに必ず目的語を取ります。(この、「必ず」とは、文法上文章として完成させる場合です。)
I buy a book.(SVO)
I catch the ball.(SVO)
I give you a chocolate.(SVOO) (これは、I give a chocolate to you.ともかけます。しかしながら、やはり後ろに目的語を取っているには変わりありませんね。)

ある動詞が、他動詞として使われる場合と、自動詞として使われる場合もあります。(辞書を参考にして調べてください。)

また、他動詞は受動態になることができるが、自動詞はできません。
それは、受動態が他動詞の目的語を主語に移動して書く文だからです。

I look at the window.>>The window is looked at by me.×
I see the window.>>The window is seen by me.○

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 63% (4601/7273)

アメリカに35年半住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。 (完全なる自己主張ですので、納得していただけ無ければ聞き流してください)

なぜか日本人の多くは自動詞と言うものと他動詞と言う物がある、と言う理解をしているようですね.

私は間違っていると言いたいのです. この、自動詞と他動詞と言う物がある、と言う文章が英語を始めた人たちにとって非常に英語の理解を妨げる物と館じれられるからなんですね.

何を言っているかと言うと、自動詞とか他動詞とかいうもの自体は存在しない、と言いたいのです.

ただ単に、動詞には自動詞的に使われる時と他動詞的に使われる時とがあり、両方には使えない動詞もある、と言うことだけなのです.

1)I already ate. もう食べました.
2)I ate the cake. ケーキを食べました、ケーキを食べたのは私です.

両方とも同じ動詞のeatの過去形ですね. 1)は「自動詞的に」使われ、2)は「他動詞的に」使われているのです.

他の例として、
1) I see. そうなんですか. 
2) I can see the sky! 空が見える. (空を見ることができる)

これも、seeには自動詞的に使われる時と他動詞的に使われる時がある.ということですね. ですから、自動詞としての意味は、とか、他動詞トイレの意味は、と言う言い方になるわけです.

しかし、日本では(学校では)1のeatは自動詞、2のeatは他動詞、と言ってしまっています. そして、どっちが他動詞でどっちが自動詞なんだと試験にも出ます. だから覚えなくてはなりません.

だから下手をすると、一つの動詞を持ってきて、これは自動詞ですか、他動詞ですか、と聞きたくなってしまうわけですね.

では違いは、と言うと、単に名詞/名詞句/名詞節を直接つなげ動詞の意味を深める使い方をするの方が他動詞用法. 名詞/名詞句/名詞節とは関係なくそれ自体が持つ意味で使われるのが自動詞的用法と呼ばれ、これらの名詞/名詞句/名詞節を使い意味を深める為には前置詞などを持ってくる用法でもあります.

動詞によって、make, haveなど多くの意味を持つ動詞ではどうしても他動詞的用法が多くなり、自動詞的に使う時は形容詞、副詞などを持ってきて独特の「熟語」的フィーリングを作り上げている物もあります.

自動詞的にしか使われない動詞、lookなどはそれ自身で使われる時よりも、前置詞+名詞 (look at him)、形容詞(look sad)のような使い方をして、よりはっきりしたフィーリングを出すような使い方が多いのですね.

ですから自動詞的にしか使われない動詞でも、前置詞を使う事によって他動詞的に使う事もできるわけなんですね.

なお、英語を使う人は、自動詞/他動詞というような区別をしてその動詞を使っているわけではありませんね. 丁度日本語で、あなたがすき、と言う時に、ちょっと待った、すきって動詞だったよな、じゃ、あなたを好きというべきなんじゃないか、なんて考えながら「が」を使っているわけじゃないですね. (もっとも、私は、あなたが好きな彼がすき、って誰が誰を好きなんだろう?って思ってしまいます. 彼があなたを好きなのかな、あなたが彼を好きなのかな、なんてね)

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 57% (634/1101)

自動詞…その動作が他者ではなくて主語自身の動作を表す動詞。 例)ドアが開く

他動詞…自動詞とは反対に、動作が他者に及ぶもの。英語では目的語を取る動詞。 例)ドアを開ける

簡単に言うとこんな感じでしょうか?
お礼コメント
sennri

お礼率 50% (3/6)

ありがとうございます。参考になりました。
投稿日時 - 2004-05-16 21:26:43
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 35% (45/128)

1の方の回答の通り、他動詞は「必ず目的語を取る動詞」です。その際、「前置詞句」は目的語と見なされません。

私からは例を挙げておきます:

see A :Aを見る、Aを目にする
look at A :Aに目を向ける

の場合、seeは、前置詞など用いずに目的語を取る他動詞。逆に言えば、他動詞seeには原則として必ず目的語が必要。

lookは、それ自体で「目を向ける、注視する」という意味の動詞で、目的語は要らない自動詞。目を向ける対象を言いたい場合は、前置詞atを用いて後ろに添えることが出来る。
  • 回答No.4
レベル4

ベストアンサー率 33% (1/3)

訂正です。自身ありと書きながらとんでもない事書いてあったので訂正します。
The window is looked at by me.は書けます。
ただし、I run in the park.は The park is run(過去分詞)by me.は絶対に不可能ですね。

受動態を書く場合で自動詞と他動詞で、どれが書けるか、書けないかは本題を外れるのでここではあまり触れないことにします。知りたい場合はお返事ください。少し説明させていただきます。
see と lookの”意味上”の違いは、#3の言ったように、意識レベルの違いです。watchは「よく見る、観察する、(動いているものを)見る」の意味の他動詞です。
お礼コメント
sennri

お礼率 50% (3/6)

ありがとうございます!分かりやすかったです。それで、もしよろしければ、「受動態を書く場合の自動詞と他動詞で、どれが書けるか、書けないか」を教えてくださいませんか?
投稿日時 - 2004-05-16 21:36:59
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ